ホジュン キャスト。 韓国ドラマ《ホジュン〜伝説の心医〜》画像でキャスト・あらすじを紹介!

朝ドラW1部「ホジュン~伝説の心医~」

ホジュン キャスト

基本前作とほぼ同じストーリーだが、前作では描かれなかったエピソードや前作で登場していない人物も追加されている。 ホジュンは実在の人物であり、聡明な少年だったがm武官の庶子として生まれ、差別を受け育つ、密貿易で稼ぎを出していたが、ある日両班の娘ダヒを助け、それがもとで捕えられ、逃亡。 ジュンは逃亡先で名医ユ・ウィテに心服し、市の元で厳しい修行に励む。 前作は見ずに視聴しました。 韓国にて30分135話で放送された長編ドラマですがですがスピードのあるストーリー展開に引き込まれます。 涙、涙、涙なしでは見れませんでした。 主人公ホ・ジュンが不運な生い立ちにも関わらず不器用ながらも誠実に医師を目指していく姿には胸打たれます。 ホ・ジュンを愛し支える人々、母や妻ダヒ、医女イェジンの心根もとても切ないです。 ホ・ジュンが自分のことを放って病人を助けるシーンがたくさんあるのですがその時のホ・ジュン役のキム・ジュヒョクさんの憂いのある優しい表情が何とも好きでした。 何といっても脇を固める俳優さんたちの個性も素晴しく魅力的なキャラクターたちなので真面目なドラマの中でも笑いありで、心温まるシーンも多いです。 中でもお笑い担当はオグンさんでしょうか。 このドラマを見た後、別の時代劇を見てみてください。 医官や医女が出てくることがあると思いますが、このドラマの裏でホジュンたちの世界が広がっているのだと考えると何だか胸がトキメキめくことでしょう。 人間の生と死を考える名作。 見て損はないはずです。 aflさんの感想より 「ホジュン」は困難に立ち向かっている人におすすめのドラマ! 「ホジュン 伝説の心医」を初めて知った時は、登場人物キム・ジュヒョクに余り興味が無く、軽い気持ちで見始めました。 しかし一度「ホジュン」を見始めると、見る度に引き込まれて目が離せなくなります。 特に現在自分の現状に満足していない方や、困難と向かい合っている人には、とても励まされる作品だと思います。 どんな困難がきても決して諦めず、努力を重ねるホジュンに励まされる方は少なくないのではないでしょうか?! 登場人物のホジュンは身分の低い側室の子という家庭に生まれ、始めはいわゆる不良みたいな人物なのですが、ある人物に会いひょんなことから医者を目指します。 途中韓流ドラマ特有の波乱万丈や嫉妬からのいじめや嫌がらせに巻き込まれ、困難に立ち向かうホジュンが見所です。 このドラマではホジュンやホジュンの家族が、とても良い人ばかりで心が癒されます。 ホジュンの奥さんダヒも貧しくなっても、心を曲げることなく夫についていき、身分違いの結婚を果たします。 現代では考えられないような妻の愛も随所にちりばめられています。 ホジュンが頑固すぎて、時にまどろっこしく思わず「ホジュン~」と叫んでしまいそうになる所も多いのですが、自分に、周りに常に正直に生きたホジュンはとても立派で日頃の励みになる作品だと感じました。 ホジュンを支える仲間達の絆も面白いです。 個人的にはズバズバ物を言うハマン・宅役のキョン・ミリさんも好きです。 ドラマの中でいい味を出していますので、お見逃し無く! kobanabiyoriさん 貧しい身分から努力に努力を重ねて、立派な医者となるサクセスストーリー。 そんなホジュンを支える女性たちにも注目して見ていました。 イェジンがホジュンを慕う気持ちも応援したかったです。 主演のキム・ジュヒョクさんが今は亡き人となってしまったのがとてもショックです。 親子で同じ役を演じたということで当時話題になったようですが、更に貴重な作品になりました。 miikhuwaamsukさん キム・ジュヒョクが演じたホジュン役の人柄が、誰からも愛される人柄で見ていて心を洗浄してくれるような内容が好きです。 ホジュンの様な人を妬み、陥れようとする悪人も登場して冷や冷やさせられるのも見どころの一つではないでしょうか。 色々と考えさせられる良い作品です。 タケルさんのコメントより 純粋、誠実、信念、博愛、自分の命より患者に身を捧げる。 心医とは、患者の心まで治す、彼は、地下を流れる水の様な人心温まる代表的韓流ドラマです。 リメイク版の方が画像が美しく、シナリオも洗練されています。 やはり、昔のをみましたが中途挫折しました。 【スポンサーリンク】 【スポンサーリンク】 2020年第2回開催 2020年第2回開催 カテゴリー• 306• 108•

次の

ホジュン宮廷医官への道|あらすじ・登場人物キャスト・最終回感想

ホジュン キャスト

ドラマ「 ホ・ジュン 宮廷医官への道」は李氏朝鮮第14代宣祖の時代に実在した医官 (許浚)の生涯をドラマにしたものです。 ホ・ジュンは現在でも韓国の人々の尊敬する人物で、韓国医学の基礎を築いた人物です。 朝鮮時代の三大医学者の1人で、彼の編遷した『 東医宝鑑(トンイボガム)』は朝鮮隋一の医学書として高い評価を得ています。 視聴率63. 7%という驚異の数値で、韓国史上この視聴率はいまでも1位をキープしている最高傑作の歴史ドラマです。 2013年にはリメーク版として「亀厳許浚(クアム ホ・ジュン)」が放送された。 しかしそんなホ・ジュンは逃亡先で出会った恩師の言葉によって医員(医師)を目指すようになる。 宮廷の内医院(宮中で働く人のための医療機関)働きはじめても、世間の弱い立場の人々のために献身的に自身の医学の知識と技術を役立てようと務める。 その医療の志と高い技術が評価され両班の身分を与えられるまでになる。 宮廷の高官や王室からの信頼を得るまでになったホ・ジュンは、第14代朝鮮王朝宣祖の主治医(御医)となる。 そして宣祖の命を受け韓国医学の書「東医宝鑑」を完成させる。 しかし宮廷の権力や宣祖の後継者争いに巻き込まれることになり苦境に陥るが、自分の信念と正道を持ち続け生涯を全うする。 ドラマに出てくる人物や前半のエピソードはフィクションの部分が多いですが、ホ・ジュンの医学や人生に対する一貫した姿勢に感銘します。 韓国三大医学者の1人で、韓国医学の書「東医宝鑑」を完成させる。 両班の娘だったが、謀反人の家族として逃亡。 後に身分が回復するが、その身分を捨ててホ・ジュンの妻となる。 ホ・ジュンが逃亡中にであった医師。 ジュンの師匠であり恩師となる存在。 彼の存在がジュンを医師へと導く。 ユ・ウィンテの息子。 ホ・ジュンにライバル意識を燃やす。 患者への配慮が欠け父親に絶縁される。 幼いときにユ・ウィンテに引き取られ医術を学ぶ。 後に医女となるが宮中の噂がもとでジュンの元を去る。

次の

ホジュン宮廷医官への道|あらすじ・登場人物キャスト・最終回感想

ホジュン キャスト

概要 [ ] このドラマはからにかけて放送された『』(主演)のリメイクでキム・ジュヒョクがかつて父・ ()が演じたを演じ、前回では省略されていた子供時代や新たな登場人物が加わった。 あらすじ [ ]• 軍官の父に憧れて育ったホ・ジュン(キム・ジュヒョク)は聡明な少年だったが、身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。 成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰へと逃げることに。 そのころ、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒ(パク・ウンビン)と出会ったジュンは、彼女と生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚はできないと彼女を置いて母と山陰にやってくる。 そこで名医と名高いユ・ウィテ(ペク・ユンシク)を知り、彼に弟子入りを志願するのだった。 間もなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。 だが、その道は険しく、様々な苦難に満ちていた...。 登場人物 [ ] 登場人物の詳細はを参照• イェジン:• イ・ダヒ:• ユ・ドジ:• ユ・ウィテ:ペク・ユンシク• ソン氏:コ・ドゥシム• オ氏:キム・ミスク• サムジョク大師:• アン・グァンイク:チョ・ホビン• ヤン・イェス:• イム・オグン:• ヤンテ:ヨ・ホミン• ク・イルソ:パク・チョルミン• ハマン:• :チョン・ホミン• :チャン・ジウン• :チョン・ジアン• :イン・ギョジン 出典・脚注 [ ].

次の