読売新聞社杯全日本選抜競輪 予想。 2020年読売新聞社杯全日本選抜競輪(G1)に関する情報だ。予想にオススメのサイトも紹介するぜ。

第27回読売新聞社杯全日本選抜競輪(GI)

読売新聞社杯全日本選抜競輪 予想

G1豊橋全日本選抜競輪:概要• 日程:2020年2月8日〜11日• 開催地:豊橋競艇場• 優勝賞金:3000万円 G1全日本選抜競輪とは 都道府県単位でチームを結成して各種目別に個人優勝と団体優勝を争った特別競輪、『 全国都道府県対抗競輪』。 その後名称を『全国都道府県選抜競輪』と改める等の変更はあったものの、昭和26(1951)年の第1回(大宮)から毎年全国各競輪場の持ち回りで開催されてきた。 しかし、昭和44(1969)年8月に甲子園競輪場で開催予定だった『第26回全国都道府県選抜競輪』が地元住民の猛烈な反対運動にあい、開催10日前に中止。 昭和30年代から40年代当時は普通開催でさえも車券売上高が増加し、場内はファンであふれかえるといった状況で、どこの競輪場でも万一の事故を懸念して特別競輪の開催を躊躇するような雰囲気があった。 正直、普通開催で場内が溢れかえると言った状況は想像が難しい。 慎重な検討を重ねて誕生したのが、全国を8地区に分けた地区ごとの成績上位者によって争われている『全日本選抜競輪』である。 第1回は昭和60(1985)年7月、前橋競輪場で開催され、当初は6日制で行われていたが、平成7(1995)年第11回大会時に4日制に改められ、現在に至る。 第17回の平成13年から、グレード制導入によって【GI】に格付けされるとともに読売新聞社より社杯が授与されて名称を『 読売新聞社杯全日本選抜競輪【GI】』と改めて実施している。 G1全日本選抜競輪:出場選手 選抜方法 読売新聞社杯全日本選抜競輪の出場選手は、 各都道府県において最も成績を残している選手を中心に選抜される。 毎回若干変更・修正されるものの、概ね以下の資格順位により正選手108名、補欠選手8名を選抜。 選考期間…前年6月~11月(6ヶ月)、選考月…12月最低出走回数…24出走• S級S班在籍者• 過去3回以上優勝した者• 開催時S級1班在籍選手のうち 47都道府県それぞれにおいて平均競走得点1位の者• 全国を8つに分けた地区毎の平均競走得点1〜3位の者• 正選手のうち、S級S班在籍者と平均競走得点上位者の合計27名については、 特別選抜予選に出走できる。 開催回 開催年 開催場 優勝者 府県 34回 2019年(平成31年) 別府 中川 誠一郎 熊本 33回 2018年(平成30年) 四日市 新田 祐大 福島 32回 2017年(平成29年) 取手 平原 康多 埼玉 31回 2016年(平成28年) 久留米 渡邉 一成 福島 30回 2015年(平成27年) 静岡 山崎 芳仁 福島 29回 2014年(平成26年) 高松 村上 博幸 京都 28回 2013年(平成25年) 松山 平原 康多 埼玉 27回 2011年(平成23年) 岸和田 伏見 俊昭 福島 26回 2010年(平成22年) 宇都宮 佐藤 友和 岩手 25回 2009年(平成21年) 大垣 山崎 芳仁 福島 G1全日本選抜競輪:総注目選手 令和初G1で2020年GPの切符を手にする選手は誰だ! 全日本選抜競輪は初のGI開催となる豊橋競輪場が舞台。 いち早くGP切符を手にするべくトップスターがしのぎを削る。 期待を集めるのは地元中部勢。 充実期を迎えた柴崎淳、実績で群を抜く浅井康太の三重コンビを軸にホームで気合の金子貴志、総力戦で臨む吉田敏洋ががっちりスクラムを組んで。 GP王者の佐藤慎太郎を中心に好メンバーを揃える北日本勢。 山崎芳仁、 渡邉一成、 小松崎大地、 新山響平、 菅田壱道と機動力の充実度は相変わらず。 佐藤、 成田和也が上手くリードして結束する。 安定感なら 平原康多。 吉澤純平、 鈴木竜士、 吉田拓矢、 木暮安由、 諸橋愛との関東連係から確実に優勝争いに参戦。 時の勢いは中四国勢。 松浦悠士、 清水裕友のS班コンビに 原田研太朗、 太田竜馬の徳島コンビ、ヤングGPを制した 松本貴治まで上昇気流。 連覇を狙う 中川誠一郎が率いる九州勢は 園田匠、 山田英明、 井上昌己に復帰する 山崎賢人にも注目。 南関からは新S班の郡司浩平に 和田健太郎、 和田真久留、 松井宏佑、 渡邉雄太ら。 村上博幸、 義弘兄弟が 三谷竜生、 稲毛健太、 古性優作を牽引の近畿勢も見逃せぬ。 金子貴志選手 地元ベテランの存在感 豊橋競輪界を長年支えてきた第一人者。 いよいよ迎える初の地元GIに気合は人一倍のはず。 依然として自力を兼備する決め脚はトップクラスを維持。 場内の声援を自らの力に変え開催を盛り上げる激走に期待。 松浦悠士選手 飛躍を続ける新競輪王 競輪祭で初のGI制覇を達成してグランプリレーサーの仲間入り。 壁を破って名実ともに競輪界トップの地位へ登り詰めた。 自力から追込みまでハイレベルにこなす総合力は屈指の存在。 GI連覇へ気迫の攻めを。 佐藤慎太郎選手 今年は グランプリ王者として1番車を背負う。 一級品のマーク捌きと差し脚を発揮してファンの期待に応える走りみせる。 平原康多選手 屈指のオールラウンダーとして君臨。 どんな展開にも対応できる攻めで安定感は抜群。 大舞台に強く経験と技を魅せる。 中川誠一郎選手 昨年は全日本選抜と高松宮記念杯のGIを2度制覇して競輪界をリード。 爆発的な捲り脚は健在。 勝負強さも兼備える。 郡司浩平選手 力強さが増し着実にパワーアップ。 昨年はGPに出場。 南関のエース格として自力自在戦で今年は初のGI制覇に燃える。 村上博幸選手 昨年は寛仁親王牌とサマーナイトを制しベテランの味を発揮。 シャープな決め脚も復活して 貫禄の立ち廻りをみせる。 豊橋競輪のバンク・コース特徴• 豊橋競輪場のアクセス・基礎情報 無料バスのご案内 (電車・バスのご案内) JR豊橋駅東口側ペデストリアンデッキ突き当たり下のローソン前から無料バスで15分 路面電車「競輪場前」電停下車、徒歩約8分 お車でのご案内 名古屋方面からの場合 東名高速道路「豊川インター」下車、約30分 東京方面からの場合 東名高速道路「三ケ日インター」下車、約30分 駐車場 無料駐車場1,300台 見なし直線距離 60. 3m バック幅員 9. 3m センター幅員 7. 8m 豊橋競輪場 は400mを使用しています。 クセがなく、先行選手は走りやすいバンク。 直線が結構長く、先行が駆かっていても2角から出て行けば捲りも決まり安いと言える。 豊橋競輪場の 決まり手 1着決まり手:【逃げ22%】・【擦り32%】・【差し46%】 2着決まり手:【逃げ17%】・【擦り18%】・【差し28%】・【マーク37%】.

次の

第27回読売新聞社杯全日本選抜競輪(GI)

読売新聞社杯全日本選抜競輪 予想

概要 [ ] 本大会は特別競輪(現在の)相当のビッグレースがそれまで存在しなかった夏季に主として避暑地の地方都市を舞台に開催することを目指して発足し、の第1回より「全日本選抜競輪」という名称で開催された。 当初は6日制だったが、の第12回から4日制に短縮された。 度から実施された競輪の番組制度改革に伴い、2001年の第17回から以下のように変更された。 開催時期がそれまでの下旬 - 上旬の間からに変更された。 年末開催になったことにより、出場の事実上の最終選考会的な要素(優勝者は自動的に同レースに出走できる)が含まれるようになった。 から社杯が授与されるようになり、それに伴い開催名称が現在の名称に変更された。 本大会の出場選定方法も見直され、 (4月、6月、8月の3回にわたってので開催)の各決勝戦に勝ち上がった9選手(計27選手)がシードされ、そのうち上位入賞3選手(計9選手)が特別選抜予選(2次予選に自動的に勝ち上がり)へ出場できるようになった。 の第21回から開催時期がに変更され、さらに2005年度よりふるさとダービーが全日本選抜競輪のではなくなった ため、ふるさとダービーの各決勝戦上位入賞3選手が特別選抜予選にシードされるシステムはわずか4年で廃止された。 の第25回から本大会の開催時期が8月に移行し、以前のような夏季開催が復活した。 これにより、本大会はKEIRINグランプリへの最終選考会的な要素が含まれなくなった。 度から、特別競輪(GII以上)のレース体系の再見直しによる日程のバランス調整のため、開催時期を年度末の2月に再変更し2008年以来の冬季開催となり、現在に至る。 なお、2012年度の大会は2月開催だったため、2012年の同大会は日程調整上行わなかった。 賞金 [ ] 優勝賞金は、のでは本賞金が2850万円に増額されたため、副賞込みで3040万円となっている。 なお、近年では2990万円(・ 、・ 、・ )ないし3000万円(・、・ )であった(いずれも副賞込み)。 以下は、決勝戦における各着順の賞金額。 ( )内は副賞(1〜3着に授与)を 含んだ金額。 大会(年) 1着 2着 3着 4着 5着 6着 7着 8着 9着 2,800万円(2,990万円 ) 1,440万円(1,480万円 ) 940万円(964万円 ) 680万円 560万円 470万円 380万円 350万円 330万円 2,850万円(3,040万円 ) 1,467万円(1,507万円 ) 957万円(981万円 ) 693万円 570万円 478万円 387万円 356万円 336万円 出場選手選抜方法 [ ] 読売新聞社杯全日本選抜競輪の出場選手は、各都道府県において最も成績を残している選手を中心に選抜される。 毎回若干変更・修正されるものの、概ね以下の資格順位により正選手108名、補欠選手8名を選抜する。 選考期間…前年6月~11月(6ヶ月)、選考月…12月、最低出走回数…24出走(但し変更になる可能性がある)• S級S班在籍者• 過去3回以上優勝した者(開催時S級1班所属が条件)• 開催時S級1班在籍選手のうち47都道府県それぞれにおいて平均競走得点1位の者 ただし、選考時において1年以上同じ都道府県に在籍している選手に限る また、S級1班が不在の都道府県からは誰も選出しない• 全国を8つに分けた地区 毎の平均競走得点1〜3位の者• 選手選考対象期間において2ヶ月以上(開催時S級1班所属が条件)• 残余は平均競走得点上位者より順次選抜 なお、補欠選手は正選手を除く平均競走得点上位者からさらに順次選抜される。 また、正選手のうち、S級S班在籍者と平均競走得点上位者の合計27名については、特別選抜予選に出走できる。 勝ち上がり方式 [ ] 初日〜4日目すべて12レース。 初日 0002日目 000 0003日目 000 最終日 STR賞(1) 準決勝(3) 特選予選(3) 二次予選(6) 00 決勝(1) 00 一次予選(9) 敗者戦 00- 00 (5) (9) (11)• 初日 「一次予選」 合計9レース行われ、各レース1〜4着36名が「二次予選」進出。 「特別選抜予選」 一次予選の後に合計3レース行われ、各レース1〜3着9名は無条件で2日目の「スタールビー賞」と、3日目の「準決勝」進出権利が同時に得られる。 4〜9着18名は「二次予選」進出。 2日目 「二次予選」 合計6レース行われ、各レース1〜3着18名が「準決勝」進出。 「スタールビー賞」 二次特別選抜予選として、最終レースに行われる。 失格にならない限り、9名全員が「準決勝」進出。 3日目 「準決勝」 後半3レース。 各レース1〜3着9名が「決勝」進出。 4日目(最終日) 「決勝」 最終レース。 上位3着は表彰式で表彰台に上がることができる。 また、優勝者には優勝インタビューやウイニングランなどが執り行われる。 「特別優秀」 「決勝」前の合計2レース。 「準決勝」各レース4〜6着9名と、二次予選敗退選手による3日目「特選」各レース1〜3着9名の18名により行われる。 その他、2日目以降に予選敗退者を対象とした「特一般」(2日目)、「一般」、「選抜」、「特選」(3日目以降)が開催される。 過去 [ ] 二次特別選抜予選「スタールビー賞」は、1994年(第10回大会)に限り、提供による「ルビーカップ」として行われた。 また、2007年(第23回大会)までは、初日の「特別選抜予選」4〜6着9名が2日目の「優秀」に進み、そこでの6着までが準決勝進出となった。 過去の優勝者 [ ] 回 開催年 開催場 優勝者 府県 STR賞勝者 01 (昭和60年) ( 41佐賀) 02 (昭和61年) 03 (昭和62年) ( 12千葉) 04 (昭和63年) ( 40福岡) 05 (平成元年) 前橋 06 (平成 02年) 青森 井上茂徳 ( 41佐賀) 井上茂徳 07 (平成 03年) ( 12千葉) 滝澤正光 08 (平成 04年) ( 38愛媛) 坂本勉 09 (平成 05年) 青森 ( 14神奈川) 10 (平成 06年) ( 10群馬) 11 (平成 07年) 青森 ( 09栃木) 12 (平成 08年) ( 24三重) 13 (平成 09年) ( 37香川) 14 (平成10年) 青森 ( 21岐阜) 15 (平成11年) 大垣 ( 40福岡) 16 (平成12年) ( 07福島) 17 (平成13年) ( 21岐阜) 18 (平成14年) 岸和田 ( 26京都) 19 (平成15年) ( 07福島) 20 (平成16年) 大垣 ( 25滋賀) 21 (平成17年) 岸和田 ( 21岐阜) 22 (平成18年) いわき平 ( 43熊本) 神山雄一郎 23 (平成19年) 熊本 ( 07福島) 24 (平成20年) ( 33岡山) 25 (平成21年) 大垣 山崎芳仁 ( 07福島) (平成22年) 宇都宮 ( 03岩手) (平成23年) 岸和田 ( 07福島) (平成25年) ( 11埼玉 (平成26年) ( 26京都) (平成27年) 山崎芳仁 ( 07福島) (平成28年) 久留米 (平成29年) 平原康多 ( 11埼玉) (平成30年) ( 07福島) 諸橋愛 (平成31年) ( 43熊本) (令和2年) ( 35山口) 今後の開催予定 [ ]• 第36回 - (令和3年)2月20日〜23日 - (初開催)• 第37回 - (令和4年)2月20日〜23日 - (5年ぶり2回目) エピソード [ ]• 第35回(2020年)までで、完全優勝(予選・準決勝とも全て1着)達成者は、1名。 (第2回) 決勝戦テレビ中継 [ ]• 決勝戦のテレビ中継は、これまで系列がほぼ独占していたが、以降は(当時は日本自転車振興会)が「KEIRIN」としてスポンサーとなり、読売新聞社系列のとにて放送されている。 からはを司会に起用し、のタイトルで放映されている。 この他、2011年まではでも違う内容で中継を放映するケースがあった。 脚注 [ ]• 2020年2月11日. 2020年2月11日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2016年2月15日. 2018年2月13日閲覧。 2018年2月12日13面• 2017年2月19日. 2017年2月19日閲覧。 副賞を含まない金額• 副賞を含まない金額• 北日本、関東、南関東、中部、近畿、中国、四国、九州に分ける• - KEIRIN. JP、2017年8月24日()• 2月の大会までは、4日目(最終日)のみ全11レースしか設定されないため、3日目「一般」各レース7〜9着9名が最終日を待たずに強制的に(失格はなくても)途中帰郷(「お帰り」)させられていた。 KEIRIN. 2019年5月27日閲覧。 なお2014年のでは開催が一日順延となったため決勝戦も当初予定より一日遅れてに行われたが、放送は順延されず当初の予定通りに準決勝戦12Rを放映している。 2010年のは、でも制作のものを放送した。 外部リンク [ ]• 競輪資料室|KEIRIN. JP 関連項目 [ ]•

次の

読売新聞社杯全日本選抜競輪

読売新聞社杯全日本選抜競輪 予想

氏名 府県 年齢 脚質 身長 体重 胸囲 太股 背筋力 肺活量 松浦 悠士 マツウラ ユウジ 広島県 29歳 両 168. 0cm 73. 0kg 91. 5cm 60. 0cm 176. 0kg 4620cc 平原 康多 ヒラハラ コウタ 埼玉県 38歳 両 185. 0cm 97. 0kg 100. 0cm 67. 0cm 192. 0kg 6700cc 清水 裕友 シミズ ヒロト 山口県 25歳 逃 166. 1cm 78. 6kg 101. 5cm 65. 0cm 142. 0kg 4400cc 郡司 浩平 グンジ コウヘイ 神奈川県 29歳 逃 167. 0cm 78. 0kg 98. 0cm 62. 0cm 200. 0kg 4500cc 佐藤 慎太郎 サトウ シンタロウ 福島県 43歳 追 165. 0cm 80. 0kg 110. 0cm 61. 0cm 200. 0kg 3000cc 会場:豊橋競輪場.

次の