妊娠初期 お腹 張る。 妊娠初期にお腹が張る理由と対処法|毎日の生活で気をつけることは?

妊娠超初期~初期、注意したい腹痛・気にしなくていい腹痛|たまひよ

妊娠初期 お腹 張る

生理前にお腹が張る原因は、PMS(月経前症候群)です。 PMSは、女性ホルモンの急激な増減によって起こります。 女性ホルモンのバランスは腸の運動機能である「ぜん動運動」にも大きく関わり、お腹が張る場合は女性ホルモンのバランスの変化によって、ぜん動運動が弱っていると考えられます。 お腹が張る以外にどんな症状があるの? PMSによる症状には個人差があります。 お腹が張る以外に出やすい症状に、以下のようなものがあります。 体の不調 下腹部痛、胸の張りと痛み、肌荒れ、めまい、肩こり、倦怠感、食欲増進、便秘、下痢など 心の不調 イライラする、無気力、気分が落ち込む、集中力低下、緊張感など PMSの原因はいまだにはっきりしておらず、ホルモンバランスの影響などが関与していると考えられています。 また、ストレスや嗜好品(アルコール、たばこなど)によってPMSが悪化する可能性も指摘されているので、できるだけ控えましょう。 お腹の張りがひどい場合は婦人科の受診を PMSによるお腹の張りは、多くの場合生理が来るとともにおさまるため、基本的には病院で治療を受ける必要はありません。 しかしお腹の張りや痛みといった症状がひどく、日常生活に支障が出る場合は、婦人科を受診することをおすすめします。 生理中にお腹が張る主な原因は、体の中にある「プロスタグランジン」という物質です。 プロスタグランジンは、発熱や体のさまざまな痛みを生み出す物質です。 生理中にプロスタグランジンが分泌されるのは、子宮を収縮させて経血を体の外に出すのを助けるためです。 子宮が収縮されると腸の動きが活発になるため、お腹の張りが起こりやすくなります。 お腹が張る以外にどんな症状があるの? 生理中にプロスタグランジンが分泌されると、便秘や下痢、腰痛といった症状も現れることがあります。 生理中に腰痛が起こるのは、プロスタグランジンの働きで子宮まわりの血管が過剰に収縮することが原因と考えられています。 生理中にできる対策は? 血管が過剰に収縮している生理中は、血流が悪く体が冷えやすい傾向にあります。 お腹の張りをはじめとした症状を和らげるには、下腹部を冷やさないようカイロを貼ったり、ひざ掛けなどで温めたりといった対策を行いましょう。 睡眠不足やストレス、過労も血流を悪化させる原因です。 生理中はできるだけゆとりをもって過ごすように心がけましょう。 また、プロスタグランジンの生成をおさえる薬を使用することでも改善が期待できます。 有効成分「ロキソプロフェン」が、生理痛やお腹の張りの原因となる「プロスタグランジン」の生成をおさえます。 それでも日常生活に支障が出るほどのお腹の張りや不快な症状が出る場合は、婦人科を受診してください。 生理前や生理中でもないのにお腹が張る・生理が来ない場合は、妊娠の可能性も考えられます。 基礎体温で高温期をチェック 基礎体温を測っている場合は、高温期がどれくらい続いているかチェックしてみましょう。 高温期が2週間以上続いている場合は、妊娠をしている可能性が高くなります。 ただし妊娠の兆候には個人差があり、中には「高温期7日目からお腹が張るようになり、妊娠が分かった」というケースもあります。 お腹が張る以外にみられる兆候は? 妊娠した場合、お腹が張る以外にもさまざまな変化が起こります。 以下のような兆候がみられる場合は、妊娠初期症状である可能性が高いです。 ・少量の出血があった ・胸が張り、乳首が敏感になる ・胸や胃がむかむかする ・おりものが増える ・体がだるい、熱っぽい ・トイレが近い メーカーにもよりますが、多くの市販の妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から使えます。 生理が来ず、妊娠の可能性がある場合は、妊娠検査薬を使用してみると良いでしょう。 ただし、妊娠しているかどうかの最終確認は必ず産婦人科で行ってください。 女性が感じるお腹の張りは、生理周期によって原因が異なります。 生理前のお腹の張りが気になる人であれは、生理周期を把握して、PMSが現れやすい時期は症状を悪化させない生活を心がけることが大切です。 一方で、お腹の張りが妊娠や病気のサインであるケースも考えられます。 判断が難しい場合は、1人で悩まず婦人科で原因を特定しましょう。

次の

【医師監修】妊娠初期症状「お腹が張る」原因と対処法|妊娠・出産・マタニティ情報サイト

妊娠初期 お腹 張る

妊娠中は、ほとんどの妊婦さんが便秘に悩まされています。 妊婦さんの中には、便秘と下痢を繰り返したり、頭痛や吐き気を伴ったり、切れ痔になったりする方も多く、みなさん苦労しているようです。 便秘が悪化すると、お腹がパンパンに張ってしまいますが、妊娠中の「子宮の張り」との違いがわからず、不安になっている方もいらっしゃるでしょう。 今回は「妊娠中の便秘の張りと、子宮の張りの違い」についてご紹介します。 スポンサーリンク 妊娠中は便秘になりやすいのはなぜ? 妊娠中は、女性ホルモンに分泌が増加することによって、腸のぜん動運動が鈍くなっており、便秘になりやすくなっています。 また、妊娠初期は、つわりの影響で、十分な水分が摂取できなかったり、食の志向が偏るので食物繊維が不足しがちになります。 妊娠中期から後期にかけては、大きくなるお腹に腸が圧迫されて、腸の動きが鈍くなることや、体が思うように動かなかったり、赤ちゃんの成長が気になるなど、精神的ストレスによって、自立神経が乱れることも、便秘を引き起こす原因となっています。 (「」に関連記事を書いています。 ) 妊娠中の便秘の張りとお腹の張りの違いがわからない!? 妊娠初期は、生理的な子宮の張りは起こりにくいと言われており、子宮の張りを感じるようになるのは、妊娠中期以降だと考えられます。 妊娠中期以降、お腹が張って苦しいと感じても、その張りが「便秘によるもの」なのか「子宮の張り」なのか、その違いがよくわからないという妊婦さんは多くいらっしゃるようです。 便秘が原因なのかよくわからない。 安静にすべきか、便秘解消のために運動すべきか、わからない。 妊娠中のお腹の張りの症状は? 妊娠中は「お腹が張る」とよく言われますが、お腹が張るとはどんな症状なのでしょうか? お腹の張りは「子宮の収縮運動」です。 子宮は筋肉からできており、出産に向けて、収縮と弛緩を繰り返しています。 一番大きな子宮の収縮が、陣痛であり、子宮を収縮させて、赤ちゃんを生み出すのです。 妊娠中、母体に何らかの刺激が加わると、その反応として、子宮が緊張して収縮します。 子宮が収縮すると、ギュっと縮まって固くなるので、「お腹が張る=お腹が固くなる」のです。 この子宮の収縮運動は、生理現象なので、あまりにもひどいケースを除いて、心配することはありません。 子宮が収縮しやすい状態は、長時間立ちっぱなし、座りっぱなしなど同じ姿勢をしていることや、家事や運動で動いたとき、疲れたとき、ストレスが溜まっているとき、などに起こりやすくなります。 そのほか、腸が動いているとき、または便秘によって引き起こされることもあります。 お腹の張りは、子宮の筋肉が緊張していることなので、子宮の筋肉をほぐすために、体を休め、リラックスすると、お腹の張りが治まってきます。 お腹が張ったら、座ったり、体を休めるようにしましょう。 お腹がパンパンになったような「膨満感」はありますが、カチカチに固くなることはありません。 お腹が痛む場合は、便意の痛さであり、子宮の収縮の痛さとは、まったく異なります。 便秘によるお腹の張りや痛みは、横になったり、体を休めても、改善されず、根本的な原因である便秘を改善しないかぎり、お腹の張り(膨満感)はなくなりません。 腕に力を入れて「力こぶ」を作っているような状態なので、筋肉(子宮)はカチカチに固くなっています。 お腹の張りに伴って、子宮を絞られるような痛みを感じることもあります。 子宮の収縮は、生理現象なので、できるだけ横になって体を休めていれば、自然と治り、再び柔らかいお腹に戻っていきます。 ただ、お腹の張り具合にも個人差があるので、お腹が張ってもカチカチになりにくかったり、お腹が大きく目立ってくるまではお腹の張りを自覚しにくい、という方もいらっしゃるようです。 お腹が張りやすくなるのは、前述したように、長時間同じ姿勢をしていることや、運動、疲れ、ストレスなどもありますが、「便秘」もお腹の張りを引き起こす原因となります。 子宮の収縮によるお腹の張りは、生理現象とは言え、あまりにも回数が多い場合は、切迫流産や切迫早産を引き起こす可能性がありますので、お腹を張りにくくするためにも、便秘を解消することが大切です。 スポンサーリンク 妊娠中の便秘を解消するには? 妊娠中に、子宮収縮によってお腹が張るのは、生理現象の一つなので、過度に心配する必要はありません。 しかし、便秘が原因でお腹が張ることもありますので、便秘は改善しておく必要があります。 そもそも、お腹が張るかどうかに関わらず、便を溜めておくのは、よくありませんからね。 妊娠中の便秘を改善するには、水分をしっかりと取り、腸内環境を整えると言われている発酵食品(ヨーグルト、納豆、漬物、みそなど)や食物繊維を多めに取るなど、食生活を見直すことが大切です。 を習慣にすることもお勧めです。 さらに、腸に刺激を与えるために、歩いたり雑巾がけをするなど、適度に体を動かすようにしましょう。 食生活を見直したり、程度な運動も心がけているのに、便秘が改善されないという方は、食事の仕方に問題があるのかもしれません。 いくらヨーグルトを食べても、ヨーグルトに含まれる善玉菌が、腸まで届いていない可能性があります。 食物繊維をたくさん食べても、食物繊維の種類によっては、便のカサを増やすだけで、鈍くなった腸が働かず、便秘を悪化させてしまうこともあります。 妊娠中は、体を動かしたくても、切迫早産などの理由で、安静にしてなければならない妊婦さんもいらっしゃるでしょう。 誰でも簡単にできる便秘対策としては「オリゴ糖」を摂取することがお勧めです。 オリゴ糖は、腸内環境をよくする「善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす」働きがあります。 便秘だけでなく、便秘と下痢を繰り返す方、おながのニオイが気になる方にもお勧めです。 オリゴ糖は砂糖と同じように、飲み物や料理に使えるので、体調が優れない妊婦さんでも、簡単に摂取できるのですが、スーパーなどで売られているオリゴ糖シロップは、オリゴ糖の含有量が少ないものが多く、効果を実感できないケースが多くあります。 オリゴ糖を摂取するなら、を摂取することをお勧めします。 まとめ 私は、第二子、第三子の妊娠中は「切迫早産」になってしまい、お腹が張りがひどく、「絶対安静」状態になってしまいました。 お腹がカチカチになって、子宮を掴まれているような痛みがあります。 もちろん、妊娠中は便秘にも悩まされましたが、便秘のときの痛みは、下腹部の左右どちらかの脇が痛かったり、便意による痛みなので、明らかに「子宮の痛み」とは異なります。 お腹がまだ目立たないうちは、子宮の収縮はあまり自覚できませんが、お腹が大きくなってくると、わかってくると思います。 子宮の収縮は、自力で防ぐことはできませんが、便秘は自分で改善していくことが可能ですし、便を溜めておくのは、健康上よくありません。 アレコレ試して、あなたに合う便秘解消法を探してみて下さいね! スポンサーリンク.

次の

妊娠中の便秘の張りとお腹の張りの違いは?

妊娠初期 お腹 張る

ひどいお腹の張りを感じた場合、子宮頸管長が短くなっている可能性があります。 妊娠後期であれば子宮口が少しだけ開いている可能性もあるでしょう。 切迫流産や切迫早産の危険性が高まるため、病院から自宅で絶対安静という指示が出される人もいます。 自宅安静とは、家で横になるという意味であり、基本的に家事はせずに食事とトイレ以外は動いてはいけません。 お腹の張りの状態によっては、薬が処方されます。 動悸などの副作用が出る場合がありますが、自己判断で勝手に服用をやめるのは控えましょう。 破水を招く可能性があるため、性交渉も避けましょう。 入院ではないからと油断するのは危険です。 体調が悪いわけではなく、「自分は大丈夫」だと思っていても、家事などはパパや家族にお願いしましょう。 どうしても家族の協力が得られない場合には、医師から入院をすすめてくれることもあります。 困ったときには、主治医に相談しましょう。 子宮頸管があまりにも短くなり、お腹の張りがおさまらない場合には、安静入院になる可能性があります。 大半が突然の入院となるため、自分だけでなく家族にとっても一大事です。 上の子がいる場合は、急に母親がいなくなるために子ども自身もつらく、世話をするほかの家族も対応に追われるでしょう。 出産までに症状が落ち着けば退院できますが、落ち着かなければ出産まで病院を出られない人もいます。 子宮頸管が短くなった、または子宮口が開いているなど切迫早産の症状の重さによって安静度は変わりますが、基本的にはトイレとシャワー以外はベッドで寝ていなくてはなりません。 お腹の張りがひどいケースでは、排泄・食事ともに寝たきりで、シャワーも禁止され、非常につらい毎日を送ることになります。 服薬でお腹の張りが治まらない人は、ウテメリンなどの薬(子宮収縮抑制剤)が24時間点滴されます。 点滴が長期化すれば血管がぼろぼろになり、点滴の針を刺す場所がなくなります。 常に薬が血管を流れることで血管に負担がかかるため、炎症が起こったら血管炎の痛みとの戦いにもなるでしょう。 寝たきり状態が続くと筋肉もおとろえ、「分娩にたえられるだろうか」と不安になるかもしれません。

次の