三幸 製菓 cm。 指原莉乃さん出演「三幸の柿の種 梅ざらめ」新TVCM 全国にてオンエア!

三幸製菓CMの餅つき相楽樹はイエローハット、ゲゲゲの女房!本名と同級生?

三幸 製菓 cm

松平さんの掛け声とともに、こどもたちがおつかいにチャレンジ! 第3弾「シン、雪の宿にチャレンジ」篇、「ジョセリン、三幸の柿の種にチャレンジ」篇 米菓の製造・販売メーカーである三幸製菓株式会社(本社:新潟市北区、代表取締役社長: 佐藤裕紀は、子供たちが三幸製菓のおせんべいのおつかいに挑戦するCMシリーズ、「シン、雪の宿にチャレンジ」篇を9月29日(土)より、「ジョセリン、三幸の柿の種にチャレンジ」篇を、11月20日(火)より関東、関西、名古屋、静岡、新潟地区で放送を開始いたします。 また三幸製菓サイトでは、二つのCMを同時9月28日(金)から同時に公開しています。 CMには、おなじみの松平健さんが「三幸のおつかいチャレンジ」のMC役として登場。 子供たちに「おつかいチャレンジ!」と声をかけ、子どもたちがおつかいにチャレンジします。 第3弾となる今回のおつかいにチャレンジするのは「シン」くんと、「ジョセリン」ちゃんというグローバルな顔ぶれです。 おつかいの舞台となるのは、古き良き日本の風情漂う街。 「シン、雪の宿にチャレンジ」篇ではシンくん(4歳)が「三幸の雪の宿」のおつかいにチャレンジ。 「ごめんなすって~」を連呼の末、まずは元気いっぱいにお店のおじいちゃんに声をかけることが出来ました。 全身を使って一生懸命、伝えようとする姿は見ていて思わず笑みがこぼれてしまいます。 「ジョセリン、三幸の柿の種にチャレンジ」篇はジョセリンちゃん(4歳)が「三幸の柿の種」のおつかいにチャレンジ。 お店へ向かう途中、習いたての「ごめんなっすって~」を何度も繰り返しながら、そして頭に刻み込むように連呼しながら駆け抜けていきます。 しかし、駄菓子屋のおばあちゃんは、外国語訛りのジョセリンちゃんの言葉が斬新過ぎるのか、それとも少し耳が遠いせいなのか、なかなか伝わりません。 30秒編は新潟地区のみでの放映。 番組MCを務める松平健さんの「おつかいチャレンジ!」というタイトルコールでおつかいがスタートします。 今回、舞台となるのは、日本の風情漂う街。 おつかいにチャレンジするシンくんとジョセリンちゃんが、古き良き日本の街でおつかいにチャレンジします。 「雪の宿」のおつかいに挑戦するのは日本とアメリカのハーフの中嶌信くん。 元気良くお菓子屋さんへ向かいます。 お店のおじいちゃんに「おせんべい、ウリアゲナンバーワン、下さいな!」と大きな声で元気に話しかける事が出来た信くん。 その姿におじいちゃんも思わずにっこりとお店から出てきてくれましたが、信くんの懸命な言葉をなかなか聞き取ることが出来ません。 諦めずに伝えようとする姿はついつい応援してしまいたくなるほっこり温かい内容となっております。 一方、「三幸の柿の種」のおつかいに挑戦するのはアメリカ人のジョセリンちゃん。 お菓子屋さんへ行く途中、人力車の中や船で川下りをしている最中にも、習いたての「ごめんなすって~」を何度もリピートしています。 たどり着いた駄菓子屋さんで、おばあちゃんに、「マツケンの柿の種下さいな。 」と言ってみますが、そのアクセントから「まつげ?」と聞き間違えられてしまいます。 それでもめげずに一生懸命伝えようとする小さな頑張り屋さんに注目です。 この松平さんの目力に、子どもたちの演技にもパワーをもらえた形になりました。 そして実際におつかいの撮影に臨んだシンくんとジョセリンちゃん。 千葉県香取市という古き良き日本の街並みが残る街で撮影が行われました。 子どもながらに懸命に覚えた日本語や、慣れない発音を駆使しながら必死にお店の人に伝えようとするその姿は、とっても一生懸命でかわいらしい表情でした。 シンくんは、撮影中に「ジュースを飲みたい!」なんて言って、お母さんに怒られたりもしましたが、男の子らしい元気いっぱいの演技がとってもかわいらしかったです。 ジョセリンちゃんは、まだ日本語にあまり慣れていない状況での撮影でした。 でも、監督からの身振り手振りを使った指導やお母さんからの表情や仕草のアドバイスなどもあり、とってもチャーミングな演技を見せてくれました。

次の

三幸製菓 CM『おつかいチャレンジ』第3弾! 今度のおつかいは、グローバル?! 上手に伝えられるかな?|三幸製菓株式会社のプレスリリース

三幸 製菓 cm

気球に乗って登場した指原さんが、ある街の上空から多くの「雪の宿」を街の人々と分け合います。 CM の 狙い 三幸製菓「雪の宿」の発売は1977年。 40年以上にわたって幅広い層に親しまれてきたロングセラーです。 その幸せを広く全国に広げたい。 そんな三幸製菓の願いと、明るく元気な新キャラクター指原莉乃さんにぴったりのストーリーとして、このTVCMは生まれました。 CM ストーリー 突然、空から聞こえてくる「みなさーん!にこにこしてますかー!」という元気な声。 気づいた街の人々が見上げると、「雪の宿」の商品キャラクター「ホワミル」の気球に乗った指原さんが。 人々が集まってきたのを確認すると、指原さんはバズーカを担ぎ発射!たくさんの「雪の宿」が一人ひとりに向けて届けられます。 喜ぶ人々を見て満足そうに自分も雪の宿を味わう指原さん。 ふと、もう一機の気球を発見。 新登場の黒糖みるく味のキャラクター「チャミル」の気球なのでした。 歌うのはもちろん指原さん。 指原さんらしく明るく楽しいサウンドに仕上がりました。 WEB 動画も必見 ! 雪の宿ブランドサイトでは、「雪の宿」の意外なおいしい食べ方を動画でご紹介。 出演はもちろん指原莉乃さん。 「教えて!ホワミル先生」と題し、雪の宿ファンの間では常識となっている「ひっくり返して食べる」という食べ方から、きわめつけの「あんことバターをはさむ」という食べ方まで、4つの食べ方をホワミルが教えてくれます。 見ごたえのあるバラエティ番組風に仕上げました。 出演者プロフィール 指原莉乃 1992年11月21日生まれ。 大分県出身。 2019年4月に行われた卒業コンサートでHKT48を卒業。 AKBグループ時代には総選挙で4度女王の座に輝いた。 現在は様々なバラエティ番組で活躍。 商品紹介 雪の宿 サラダ おかげさまでロングセラー。 北海道産生クリーム使用の 砂糖蜜のマイルドな甘さと おせんべいの塩味が 絶妙なハーモニー! 雪の宿 ミルクかりんとう 北海道産の牛乳を 生地に練り込み、 さっくりとした食感と まろやかでやさしい甘さに 仕上げました。 雪の宿 黒糖みる く 味 黒糖を練り込んだ さっくり軽い食感の生地に、 沖縄県産黒糖使用の クリームを使用。 コクのある 甘さに仕上げました。 雪の宿ブランドサイト.

次の

三幸製菓 新潟仕込みCMの女性(女優)は誰?指原莉乃がマジシャンになってソファーでせんべいを食べる

三幸 製菓 cm

松平さんの掛け声とともに、こどもたちがおつかいにチャレンジ! 第3弾「シン、雪の宿にチャレンジ」篇、「ジョセリン、三幸の柿の種にチャレンジ」篇 米菓の製造・販売メーカーである三幸製菓株式会社(本社:新潟市北区、代表取締役社長: 佐藤裕紀は、子供たちが三幸製菓のおせんべいのおつかいに挑戦するCMシリーズ、「シン、雪の宿にチャレンジ」篇を9月29日(土)より、「ジョセリン、三幸の柿の種にチャレンジ」篇を、11月20日(火)より関東、関西、名古屋、静岡、新潟地区で放送を開始いたします。 また三幸製菓サイトでは、二つのCMを同時9月28日(金)から同時に公開しています。 CMには、おなじみの松平健さんが「三幸のおつかいチャレンジ」のMC役として登場。 子供たちに「おつかいチャレンジ!」と声をかけ、子どもたちがおつかいにチャレンジします。 第3弾となる今回のおつかいにチャレンジするのは「シン」くんと、「ジョセリン」ちゃんというグローバルな顔ぶれです。 おつかいの舞台となるのは、古き良き日本の風情漂う街。 「シン、雪の宿にチャレンジ」篇ではシンくん(4歳)が「三幸の雪の宿」のおつかいにチャレンジ。 「ごめんなすって~」を連呼の末、まずは元気いっぱいにお店のおじいちゃんに声をかけることが出来ました。 全身を使って一生懸命、伝えようとする姿は見ていて思わず笑みがこぼれてしまいます。 「ジョセリン、三幸の柿の種にチャレンジ」篇はジョセリンちゃん(4歳)が「三幸の柿の種」のおつかいにチャレンジ。 お店へ向かう途中、習いたての「ごめんなっすって~」を何度も繰り返しながら、そして頭に刻み込むように連呼しながら駆け抜けていきます。 しかし、駄菓子屋のおばあちゃんは、外国語訛りのジョセリンちゃんの言葉が斬新過ぎるのか、それとも少し耳が遠いせいなのか、なかなか伝わりません。 30秒編は新潟地区のみでの放映。 番組MCを務める松平健さんの「おつかいチャレンジ!」というタイトルコールでおつかいがスタートします。 今回、舞台となるのは、日本の風情漂う街。 おつかいにチャレンジするシンくんとジョセリンちゃんが、古き良き日本の街でおつかいにチャレンジします。 「雪の宿」のおつかいに挑戦するのは日本とアメリカのハーフの中嶌信くん。 元気良くお菓子屋さんへ向かいます。 お店のおじいちゃんに「おせんべい、ウリアゲナンバーワン、下さいな!」と大きな声で元気に話しかける事が出来た信くん。 その姿におじいちゃんも思わずにっこりとお店から出てきてくれましたが、信くんの懸命な言葉をなかなか聞き取ることが出来ません。 諦めずに伝えようとする姿はついつい応援してしまいたくなるほっこり温かい内容となっております。 一方、「三幸の柿の種」のおつかいに挑戦するのはアメリカ人のジョセリンちゃん。 お菓子屋さんへ行く途中、人力車の中や船で川下りをしている最中にも、習いたての「ごめんなすって~」を何度もリピートしています。 たどり着いた駄菓子屋さんで、おばあちゃんに、「マツケンの柿の種下さいな。 」と言ってみますが、そのアクセントから「まつげ?」と聞き間違えられてしまいます。 それでもめげずに一生懸命伝えようとする小さな頑張り屋さんに注目です。 この松平さんの目力に、子どもたちの演技にもパワーをもらえた形になりました。 そして実際におつかいの撮影に臨んだシンくんとジョセリンちゃん。 千葉県香取市という古き良き日本の街並みが残る街で撮影が行われました。 子どもながらに懸命に覚えた日本語や、慣れない発音を駆使しながら必死にお店の人に伝えようとするその姿は、とっても一生懸命でかわいらしい表情でした。 シンくんは、撮影中に「ジュースを飲みたい!」なんて言って、お母さんに怒られたりもしましたが、男の子らしい元気いっぱいの演技がとってもかわいらしかったです。 ジョセリンちゃんは、まだ日本語にあまり慣れていない状況での撮影でした。 でも、監督からの身振り手振りを使った指導やお母さんからの表情や仕草のアドバイスなどもあり、とってもチャーミングな演技を見せてくれました。

次の