サザン クロス 歌詞。 「サザンクロス」の楽譜一覧

「サザンクロス」の楽譜一覧

サザン クロス 歌詞

タグ 新曲 セトリ 用語集 隠しトラック live BFLY ファッション 直井由文 升秀夫 増川弘明 RADWIMPS PATHFINDER jupiter インディーズ ユグドラシル MOR orbital period COSMONAUT Butterflies THE LIVING DEAD FLAME VEIN 米津玄師 カップリング 野田洋次郎 川村元気 COUNTDOWN JAPAN 藤原基央 チャマ Fujiki RAY 山崎貴 ニコル タイアップ ROCK IN JAPAN WILLPOLIS 2014 BUMP OF CHICKEN 2016 ツアー フェス 海外 プラネタリウム 天体観測 ラブソング 2000 人形劇ギルド 2002年 2004年 2003年 2019年 2016年 2014年 2007年 お役立ち情報 羽海野チカ 2018年 2017年 アルバム 松本理恵 2015年 テレビ出演 1997年 2000年 2005年 1999年 2006年 松坂桃李 2010年 ゴスペル お題シリーズ 過去基軸 アイルランド民謡 2009年 2013年 2012年 2011年 井上雄彦 ダニーボーイ 物語形式 2001年 aurora arc aurora ark オススメ曲 バラード グッズ COSMONAUT. 2010年 音楽聴き放題 UVERworld 目次• BUMP OF CHICKEN「サザンクロス」の公式情報 BUMP OF CHICKEN「サザンクロス」の基本情報 タイトル サザンクロス 発売日 2014年3月12日 作詞作曲 藤原基央 完成時期 2010年12月28日 収録作品 RAY 7th Album タイアップ なし BUMP OF CHICKENの 「サザンクロス」はアルバム『』に収録されている楽曲です。 「サザンクロス」の制作背景 2010年に書いた最後の曲 曲が完成したのは年末の2010年12月28日で、 「2010年のうちに1曲書きたい」という気持ちで書き上げました。 ちなみその少し前の12月15日には6枚目のアルバム『』がリリースされています。 「サザンクロス」のタイトルの意味 サザンクロスとは南十字星 南十字星 【サザンクロス】・・・「南十字星」は南半球で見える星で、昔の人は北極星と同じように航海する時に海の上で迷わないように目印としていました。 作曲者の藤原基央はサザンクロスは見たことはないと答えています。 直観的に付けたタイトル 南十字星の名を持つタイトルですが、 作曲者である藤原基央は南十字星を見たことはありませんでした。 MUSICA 2014年4月のインタビューで、メンバーやからタイトルの由来について質問攻めされましたが、藤原は作曲した当時の自分に訊いてみないとわからないと答えています。 歌詞の字面を見て感じるものがあったそうです。 「不安だったり勇気を出そうとしたのかも」とも答えています 「サザンクロス」のレコーディング バンド内で流行していたリズムの移り変わり COSMONAUT期では、2拍目と4拍目にアクセントが来ないリズムがバンド内で流行っていて、 RAY期に入ると、四つ打ちで2拍目と4拍目にアクセントが来るリズムが流行りました。 「サザンクロス」は2010年12月28日に作られた曲なので、COSMONAUT期からRAY期へと流行が移り変わる時に作られています。 2拍目、4拍目のアクセントで聴かせていこうっていう気持ちも少し出始めてる。 流行が移り変わる狭間にいる曲っていうか 藤原基央 出典:MUSICA 2014. 多くのアーティストに長年愛されてきた歴史あるスタジオでしたが、 2012年春をもって閉鎖することになりました。 バンプも長年メインのホームスタジオとして慣れ親しんだ場所であり、サザンクロスのレコーディングを最後に、母校ともいえるスタジオに別れを告げました。 北極星ではなく南十字星をタイトルに選んだ理由は、 星の数をBUMP OF CHICKENのエンブレムの星に重ねたからだと思われます。 BUMP OF CHICKENのエンブレム バンプのエンブレムにある4つ星は藤原基央、直井由文、増川弘明、升秀夫の4人を表しています。 ロゴも南十字星と星の並びがいっしょで星同士を結ぶと十字になります。 なので『サザンクロス』というタイトルは BUMP OF CHICKENのメンバー4人で結んだ絆を象徴するものであると考えられます。 バンドの現在地を確認する唄 南十字星が位置を知るための目印としての役割を果たしているように、この曲も過去から未来へと続く時間の中で 今という現在地を確認させてくれていると思います。 星を見ることは、過去の光を見ることでもあり、 《どんな今を生きていますか》というサビのフレーズは「過去の自分」が「未来の自分」へ向けて送っているメッセージだということがわかります。 過去がくれる勇気 COSMONAUT期の後半にできた楽曲には「」や「」など、 過去がくれる勇気というテーマを持ったものが多く存在します。 やはりこの曲にもその名残があります。 おそらくバンドが次の新しいドアを開くために、前に進む勇気が欲しかったのだと思います。 不安だったり、勇気を出そうとしていたり、そういう感じなんでしょうね 藤原基央 出典:MUSICA 2014. 《さよならを言った場所》とは「変化する前の自分」のことなのでしょう。 今までのやり方とはお別れをして次に進んで新しい音楽を作っていく。 だけど音楽に対する本質的な信念は守っていく。 それが 《約束》なのでしょう。 「サザンクロス」は、 どれだけ物事が変わっていこうと、本質を見失わずに4人で音楽を続けていくというメッセージが込められていると思います。 星を読み、現在地を確認して、心の声に従って前に進んでいく。 『サザンクロス』はBUMP OF CHICKENという旅人が、音楽の世界で迷わないように目印として機能している曲だと思います。

次の

稲垣潤一 サザンクロス 歌詞

サザン クロス 歌詞

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

星の河 歌詞 サザンクロス ※ sva.wistron.com

サザン クロス 歌詞

バイオグラフィ [ ] に「さようなら幸せに」でデビュー。 「意気地なし」「足手まとい」(後にがカバー)などのヒット曲を世に送り出し、に大ヒットした「」は、同年開催されたのテーマソングにもなり、現在でも北海道のテレビ・ラジオで放送されるなど、一定の人気がある。 発表の「ひとり占め」を最後に解散する。 には、元メンバーのがソロデビューし、には、元の、元の木下あきらとともに「」を結成している。 敏いとうの勧めもあり、に再結成。 その後、2016年には森雄二が脱退、消滅。 菅野ゆたか、山口晃生と共に旭川を中心にディナーショーを開催。 4名は(田村修三の死去後は3名)で「サザンクロス」として活動を行っていた。 2013年末、ボーカルの田村修三が肺炎で倒れ、その後多臓器不全を併発し危篤状態のまま翌2014年1月16日に52歳の若さで生涯を閉じた。 2018年4月18日、森雄二が腎不全のため75歳で死去した。 グループの特色は、メイン・ボーカリストのが鼻にかかった独特の声質で、男女の別れ話を題材にした歌詞が多く歌われる。 レパートリーの大半が()なので、哀愁・悲壮感が常に漂う。 またラテン音楽を意識したアレンジやイントロ・間奏・エンディング等で流れる森雄二のレキントギターの音色も楽曲を彩る重要な要素である。 そしてバック・コーラスは裏声を多用し女声の声域でちりめんビブラートを効かせ「ウ〜〜、ウ〜〜、ア〜〜〜〜〜。 」と演奏するのが定番中の定番である。 1978年に発表された「母性本能」は、曲名として甚だ衝撃的であり、マニアの間ではことに有名なナンバーでカラオケでも隠れた人気曲である。 現在のメンバー [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年1月)• 森雄二( ()、) 2018年4月18日死去 「サザンクロス」• 生田目章彦(、)• 島ゆたか(ボーカル)• 柳田さとる(、コーラス) 「森雄二とサザンクロス」 [ ]• 菅野ゆたか(ボーカル)2017年脱退• 山口晃生(ボーカル)• 奥野広道(コーラス) 元メンバー [ ]• 菅野ゆたか(ボーカル)• 結成時のメンバー。 初代リードボーカル。 1985年の一時解散後、1987年にソロデビュー。 には、元の、元の木下あきらとともに「」を結成。 小川良雄(サイドギター) - 結成時のメンバー。 川池真一(ベース) - 結成時のメンバー。 大前あつみ(ベース)• 川池真一に代わって加入。 1985年の一時解散後、1996年から (森雄二と)サザンクロスとは別のメンバーで「」として活動。 奥野広道(レキントギター・コーラス)• 1985年の一時解散後、再結成し1987年「ふたりのシュビドゥバ」発表時のメンバー。 その後いくつかの曲では編曲、コーラスアレンジも手掛けている。 矢藤史郎(ボーカル) - 「ふたりのシュビドゥバ」発表時のメンバー。 三井純平(ギター、コーラス) - 「ふたりのシュビドゥバ」発表時のメンバー。 菅谷聡(ベース、コーラス) - 「ふたりのシュビドゥバ」発表時のメンバー。 山口晃生(ボーカル)• 1992年「足手まとい'92」でデビュー。 1996年には演歌デュオ「金剛と榛名」(もう一人は田村修三)としてもデビューしている。 田村修三(ボーカル)• 1996年には演歌デュオ「金剛と榛名」(もう一人は山口晃生)としてもデビューしている。 2014年1月16日死去。 ディスコグラフィー 森雄二とサザンクロス) [ ]• さようなら幸せに/愛してくれてありがとう(1975年、CW-1510) - デビュー曲。 夜の銀狐 / (1976年、CW-1533)• 意気地なし/縁があったら逢いましょう(1976年、CW-1540)• 札幌の星の下で/生命のブルース(1976年、CW-1563)• 渚ホテル/感謝しています(1976年、CW-1590)• 四国のおばあちゃん(1976年、CW-1610)• 二人だけの世界/帰っておいでよ(1977年、CW-1617)• 足手まとい /やさしく別れて(1977年、CW-1646)• トゥワイライト・サッポロ/可愛がられて(1977年、CW-1682)• 女子大小路のあの店で/女子大小路ホステス小唄(1977年、CW-1704)• 生命のブルース/生命のブルース(カラオケ)(1978年、CW-1750)• 母性本能/泣きたいわたし(1978年、CW-1780)• 夜の甲府 /わたしのあなた(1979年、CW-1809)• サザンクロスのサンバ北海盆唄/サザンクロスのディスコ・ソーラン節(1979年、CW-1826)• サザンクロスのディスコ常磐炭鉱節/サザンクロスのディスコ会津磐梯山(1979年、CW-1847)• あゝばかみたい/あゝショックだね(1979年、CW-1877)• 死にもの狂い/罪つくりなあなた(1980年、CW-1904)• アロハまつり(1980年、CW-1919)• 今は仲良くやってます/今夜はそっとしておいて(1980年、CWA-3)• 三の宮ブルース/三の宮ブルース(カラオケ)(1980年、CWA-30)• /もっと愛していたら(1981年、CWA-55)• モシモシタンゴ/小雨にぬれたネオン街(1981年、CWA-71)• 足手まとい /献身(1981年、CWA-95)• その名はレイコ/鍵をかえして(1982年、CWA-117)• 前橋ブルース/いちりんざし(1982年、CWA-124)• はじめまして仙台/旅情・みやぎ路(1982年、CWA-129)• 金沢のひと/男と女のミステリー(1983年、CWA-159)• かえるのうた (1983年、CWA-160)• 起こさないでね /それはキッスで始まった(1983年、CWA-199)• ひとり占め/甘ったれ(1984年、CWA-215)• 京都ろまん/誰かが泣いて・・・(1984年、CWA-233)• 愛はゆらゆら/五分五分(フィフティ・フィフティ)(1984年、CWA-254)• ふたりのシュビドゥバ/モイザ・ソウル(1987年)• 夫婦げんか/ふるさとに帰ります(1989年)• 酔いしれて歌舞伎町/地球岬(1991年) ポニーキャニオン• ためらい/意気地なし (1994年、PCDA-00538) スバック• メンバー [ ]• 大前あつみ(ボーカル)• 赤坂憲一(コーラス、レキントギター)• 阿部康幸(コーラス、エレキギター、キーボード)• 岩浪晴彦(ドラムス)• 織井仁(キーボード)• 須藤哲史(コーラス、キーボード)• 塚本行男(コーラス、ベースギター) ディスコグラフィー [ ]• 星の河〜ニューバージョン〜(2008年) - 「愛されて高崎」カップリング曲のニューバージョン• 永遠(とき)をこえて(2017年) 関連項目 [ ]• 出典 [ ]• 斉条史朗のカバー。 のカバー。 のカバー。 橋本直美とのデュエット。 A面は美川憲一「お待ちしてます」。 編曲:小笠原寛、2コーラス半。 山下洋治とムーディ・スターズのカバー。 中谷由美子とのデュエット。 三條れい子とのデュエット。 B面は三條れい子「忘れじの宿」。 編曲:神山純一、3コーラス。 後年のCDにはこちらのバージョンが収録されている。 仙台市観光協会推薦曲。 童謡の「かえるの合唱」とは別曲。 A面は、星恵津子「お待たせ音頭」。 作詞:(補作詞:高畠諄子)。 「森雄二とサザン・クロス&真貴子」名義。 デュエット:吉村真貴子。 新メンバーによる新録音。 移籍後第1弾シングル。 外部リンク [ ]• - (2019年11月1日アーカイブ分) - 公式ブログ。 この項目は、に関連した です。

次の