エリック コマス セナ。 F1

「紳士の休日 ~アイルトン・セナDVD鑑賞~」nisylvianのブログ | ジーノを愛したスパイ ~The Spy Who Loved Gino~

エリック コマス セナ

数あるセナのエピソードの中でも、個人的に一番好きなのがエリック・コマスの救出劇だ。 92年ベルギー、フリープラクティス。 エリック・コマスが大クラッシュ。 マシンは砕けてコース上に停車。 ドライバーは気を失っていた。 そのとき事故現場を通ったセナは、とっさにマシンを停車し、誰よりも先にコマスのところまでかけて行ったのでした。 ガソリンが漏れ引火する恐れがある中、気を失ったコマスの代わりにセナがキルスイッチを押し、安全を確保。 幸いコマスに大きな怪我はなく。 二次災害の危険性もあるし、これがドライバーとして最善の行動かは意見が分かれるところかもだけれど、ただ一目散にコマスの元へ走っていくを見ると、心を動かさざるを得ません。 ちなみに。 あまり知られていないけれど、94年のイモラでセナが事故にあった時、赤旗を振り切ってセナの元までF1マシンで駆けつけたのがエリック・コマスだった。 残念ながら、コマスの想いが届くことはなかったけれど。 とてもカッコイイ、男たちのドラマ。 1:博物館外観。 アブダビ市街から車で40分くらい。 とにかく砂漠を突き進み。 目の前に現れるこの奇妙な光景。 そびえ立つピラミッドと、砂漠のど真ん中になぜか航空機。 入り口で1000円くらい払って敷地内にはいるとこんな感じ。 あまり手入れされてない駐車場、その真ん中に誇らしげにたたずむでっかい地球型のクルマ。 中に人が乗れるらしい。 来場者をまず驚かせるサプライズらしい。 まったく興味をひかれなかったのでとりあえずスルー。 こっちには世界一でかいジープ(飾りじゃなく実際に動く)。 ちなみに、奥に見えるでっかいプレハブ小屋も牽引式キャンピングカー。 東京にある一軒家よりも確実にデカイ。 これらも容赦無くスルー。 博物館入り口に放置されていたのは、メルセデス350SEL。 いつもと少し雰囲気が違うのは、オシャレな足元のせい。 夜の銀座でもしっかりと個性を発揮する絶妙なハミタイ具合。 2:博物館内部へ。 もう中に入らないで帰ろうかなと思ったんだけど、一応ピラミッドの中へ。 そしたら一転。 すごいったらアリャしない。 この所蔵台数。 イケてるディスプレイ方法(マジで凄い!)。 主には古いアメ車を中心とした内容で、年代ごとに並べられたその光景は圧巻。 いやー、すごい。 うんうん。 スゴイスゴイ。 けれども。 ボクがこの辺まったく詳しくないので細かいハナシは割愛。 3:ザ・石油王なメルセデスが最高すぎる。 さて、ここからが本番。 エミレーツ国立自動車博物館のピラミッドのなかで一番のホットポイントがメルセデスコーナー。 虹色に輝く560SEL。 この光景をみて思い出した。 そういえば小学生のころに「どこぞの砂漠の国王がベンツの最上級モデルを虹色で揃えてる」みたいな話を聞いてビックリした記憶があるもの。 それが目の前にあると思うとなかなかの感動。 内装までフルコーディネート。 サイドマフラー&オバフェンなどといったさり気ないセンス。 奇抜カラーリングだけに頼らないディテールも胸アツ。 上は闇金仕様のSEL500。 下は配色の妙で魅せるSL。 レインボーカラーとゴールドクロームの色使いはオシャレ上級者テク。 W220 Sクラスのオープン。 2010年に1億5000万円で特別販売されたマイバッハ・ランドレー(下写真)を先取りしたかのような一台。 こういうビミョーなクルマ(上写真)が、国立を名乗る博物館に、素晴らしいディスプレイの中で鎮座。 クセの強さがとても異次元。 4:実は全部がとある人物のプライベートコレクション 最後を飾るのはコレ。 世界一大きいダッジのトラック。 前にちょこんと置いてあるのが普通のやつ。 車体の下の階段を使ってきちんとクルマにも乗れるようになってる。 少し真面目な話をすると。 デカいトラックの後ろに肖像画が飾られてることにピンと来る人もいるかもだけど。 この博物館にあるクルマの数々は、もともとはハマド・ビン・ハムダン・アル・ナヒヤーン氏のプライベートコレクション(ナヒヤーン家はアブダビ首長)。 偉大な功績を残し、レインボー・シェイク(シェイクは首長の意味)と呼ばれたそうで。 そんなエピソードを知ると、あの虹色メルセデスに隠された想いも見えてくる。 デカさにこだわり。 虹色にこだわり。 クルマ選びもどこか一般とはズレた選球眼で。 少し変。 でも滲み出るクルマ愛。 そこが魅力のエミレーツ国立自動車博物館。 今よりももっと昔。 まだ中東の国が謎めいていた時代。 そんな時に砂漠のど真ん中で繰り広げられていた「豪華絢爛アラビアン国王ライフスタイル」を今に伝えるかのような。

次の

1994年サンマリノグランプリ

エリック コマス セナ

もちろん、あの頃のF1は今に比べてはるかに危険だった、でもあの場面はセナという男について多くのことを物語ってる。 もちろん最近は、マシンが爆発する可能性はほとんどないけどね。 休みだったから月曜日まで滞在したんだ。 私は1993年にアイルトンがくれたサインを持っていた。 私より一歳年下の男の子と父親が、お金を全部使ってマナウス(ブラジルの都市)からパリまでグランプリを見に、そしてセナがクラッシュした場所を見にやってきていた。 私達は会話をした。 そして、私はその長旅への決意を思って、セナのサインを男の子にあげたんだ。 私もセナが好きだった、でもその男の子もセナが好きだったからね。 その日は悲しい日で悲しい場所だったが、私は彼の笑顔と涙を消して忘れないし、その日は私にとって特別な日になった。 少年エルネストは2000年4月21日に11歳で亡くなった、という彼の父親からの手紙、そしてセナのサインを受け取るまで私は交流を続けていた。 セナは天才ドライバー。 セナはステアリングホイールの神だった。 5秒の差をつけられるとは思えないね!ただただアメイジングだ。 5秒早い、このラップは俺にとって世紀のラップだよ。 しかも一番短いトラックの一つで。 軽々とやってのけたこと。 セナは「かろうじて」抜いたわけではなかった。 マシンは別次元から来たみたいに軽々と動いていた。 まるで他のマシンが同じトラックにいないような感じだった• あのシーズンで3番手4番手だと思われていたマシンでやったこと• その後、合計で12のF1タイトルを取るドライバーたちを追い抜いていたこと• シングルラップでそれをやったこと もう一回言うけど、モナコを6回、そのうち5回は連続して優勝した人物について話してる。 ウェバーがモナコGPで優勝した後、セナと同じ場所にいることを誇りに思うと言ったときに誰かが、セナと同じ舞台に立つためには5回連続で優勝しなければならないねと言ったときのようにね。 アイルトン・セナに並ぶ者はいないと言うのは、本当に正しいことなんだよ。 そして上に書いたことは、彼が若くして亡くなったこととは全く関係がない。 彼はそれほど素晴らしかった。 アイルトン・セナは25年前に亡くなった。 しかし彼の伝説はF1ファンの心と精神に鮮やかに残っている。 アイルトンよ安らかにお眠りください、私たちは決して忘れない。 シューマッハ• プロスト• ファンジオ• ハミルトン•

次の

エリック・コマス : definition of エリック・コマス and synonyms of エリック・コマス (Japanese)

エリック コマス セナ

この記事のもくじ• | 今も現役。 元F1ドライバー、エリック・コマスが自身のランチア・ストラトスを走らせる | ランチア・ストラトスがドリフトしながら思いっきり走る動画が公開。 これまでもランチア・ストラトスはオークションに登場したりと様々な個体が紹介されているものの、実際に走行する動画は「かなり珍しい」と思います。 ランチア・ストラトスはラリー全盛期に作られたクルマで、しかし多くのラリーカーがそうであったように「市販車を改造」したのではなく、ラリーのため「レギュレーションを逆算して」レース用に作られたクルマ。 つまり、レギュレーションにあわせて「勝てるスペックを」詰め込み、競技に参加するのに必要なホモロゲーションを取得するために市販車である「ランチア・ストラトス・ストラダーレ」を生産したという、半ば反則とも言える一台です。 そして当然ながらそのポテンシャルは強烈で、実際に1974年、1975年、1976年とWRCではタイトルを獲得。 1975年からはかの有名な「アリタリア」カラーを身にまとい、勝利を量産することで露出が高まった結果、「ストラトス=アリタリア」という図式が成り立つこととなっています。 これまでも4台のランチア・ストラトスを所有 今回、ランチア・ストラトスを走行させるのはエリック・コマス氏。 元F1ドライバーであり、ル・マン、SUPER GTで活躍したことでも知られますね。 そして今回彼がドライブするランチア・ストラトスはエリック・コマス氏個人の所有物とのことで、これまで4台を所有してきたストラトスのうちの一台。 さらに同氏はこのストラトスを駆ってヒストリックレースにおいて2つのチャンピオンシップを獲得している、という筋金入りのストラトス使いだと言えそう。 エンジンはフェラーリ・ディーノ246用の2. 一方レースバージョンは275馬力、最終的には320馬力にまで出力が引き上げられた、とのこと。 それでは動画を見てみよう こちらが思いっきりドリフトしながらランチア・ストラトスが峠を駆け抜ける動画、「1974 Lancia Stratos Group 4: Sliding The Rally Queen」。 他にはこんな「ストラトス」もある なお、ランチア・ストラトスには様々な「歴史」が存在。 もともとはベルトーネによるコンセプトカー「ランチア・ストラトス・ゼロ」が元祖。 その後に作られたのが今回も登場する「ランチア・ストラトス」、そしてそのストリートバージョンである「ランチア・ストラトス・ストラダーレ」。 そしてランチア・ストラトスの前身「ランチア・ストラトスHFプロトーティポ(1971)」を、当時のデザイナーであるマルチェロ・ガンディーニ氏が再解釈した「ストーラS81」。 そしてやはりベルトーネがその100周年記念として発表した、「ストラトス・ゼロ」の現代版、「ベルトーネ・ヌッチオ(2012)」。 そして最新の「ストラトス」はフェラーリF430をベースにしたコンプリートカー、「ニュー・ストラトス」。

次の