星野 源 ain t nobody knows。 【星野源/Ain’t Nobody Know】歌詞(和訳)の意味を徹底解釈!荒々しいタイトルの意味に注目。

星野源『Ain't Nobody Know』歌詞の意味を考察・解釈

星野 源 ain t nobody knows

本月,日本男星 星野源 公開了他最新的音樂 EP 作品《Same Thing》,同名主打單曲找來了日前相當受到關注的新興樂團「超個體」合作,由星野源作詞作曲,超個體則負責編曲部分。 說起星野源,或許不少朋友是因為爆紅日劇《月薪嬌妻(逃避雖可恥但有用)》而熟知他,但隨著人氣高漲,星野源多方位的才能更被大眾看見。 不僅是名專業演員、創作歌手,星野源更是作家、藝術家,是日本藝能圈近年來少見的全能藝人。 而這三款聯名商品目前已可於日本 BEAMS 網路商店預約購買,有興趣的朋友們不妨率先至官方預定吧。 Source :• 2020. 2020. 20 這次找上真的水果店合作!FRUIT OF THE LOOM 的春夏跨界聯名• 2020. 20 橫跨街頭與正裝的硬派風格!WACKO MARIA 發佈 2020 春夏系列形象• 2020. 20 你熟知的藝術家都出現於此!UNIQLO 攜手澀谷藝廊 NANZUKA 發佈系列聯乘• 2020. 19 全靠「連身工裝服」就搞定!一件即刻塑造出懂穿的性格印象• 2020. 18 低調戶外氣息!「Salomon」攜手「and wander」打造全新鞋型!.

次の

【星野源/Ain’t Nobody Know】歌詞(和訳)の意味を徹底解釈!荒々しいタイトルの意味に注目。

星野 源 ain t nobody knows

細部まで凝ってますね~。 これ、女性ファンはたまらないのではないでしょうか。 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 冒頭に描かれているのは 君との出逢い。 初対面なのに、過去に会ったように感じるのは、 「本能が運命を感じている証」 と、恋愛心理学では言われています。 つまり、これからの歌詞で綴られていくのは、 運命的な大人の恋愛です。 暗闇 温かな肌 言葉の裏の想いが 心の首筋舐めた その後で 情景は 「ふたりの夜」に移っていきます。 君の肌に触れながらも、耳元で囁く。 首筋を舐めるという行為は、愛撫の1つ。 心の~とありますから、とにかく君を気持ちよくさせる、心地良くさせるような言葉を彼女に囁いているのです。 この囁き後の展開がサビの情景になります。 実は、運命に環境要素って必需的ですよね。 卑劣が肩を叩けば 笑顔が唾の代わりさ 誰も来られない場所に 僕ら居る 卑劣とは、 品性や言動がいやしいこと。 人格的に低級であること。 肩を叩くとは、 危機的状況に陥る。 ビジネス用語で といった意味を、それぞれ持ちます。 つまり、 卑劣が肩を叩けば という歌詞が意味するのは 社会に軽蔑され危機的状況に陥れられた といったところではないでしょうか。 続いて 笑顔が唾の代わりさ という一文について。 唾とは、すなわち唾液のことで、基本的には食べ物の消化を助ける役割として働くのですが、ここの歌詞では 「唾を付ける」といったマーキング的な意味で使われているのではないかと筆者は考えています。 物語の流れ的に、汚いものを表す言葉とも違うような気がしています。 そのため• 笑顔が忘れられない• 笑顔に救われた などのニュアンスを含むのだと解釈しています。 息苦しい社会から脱却した二人は、 心理的に駆け落ちをしたようなもの。 だからこそ余計に、二人で過ごす時間が情熱的になり、それをテーマにしている楽曲も自ずと色気に溢れているのではないでしょうか。 感想 美しくもあり、生々しくもあり、妖艶さが漂う楽曲だったのではないかと思います。 誰もが お洒落かつセクシャルな夜の情景 を想像したのではないでしょうか。 ほんとに星野源の楽曲は、曲によって顔色を変えますね~すごい。

次の

星野源『Ain't Nobody Know』歌詞の意味を考察・解釈

星野 源 ain t nobody knows

カテゴリ• 同年10月14日にリリースされた星野源『Same Thing』EPに収録されています。 深夜公開にも関わらず 公開から僅か5分で動画再生回数が 1万を超えていました。 同曲は 星野源さん(以下、星野さんと表記)と トム・ミッシュ(Thomas Abraham Misch)さんの共同プロデュースとなっています。 2人の知り合ったきっかけは同年5月に行われたトム・ミッシュ来日公演時に行われた対談でした。 トム・ミッシュさんは英国のミュージシャンでありプロデューサーです。 16歳の時に自身の音楽をネット上でアップし、絶大な人気を確立してきました。 こうした実力から 「ロンドンの若き天才」その後も 「22歳の逸材」など異名を持つことになりました。 そんな実力派と日本を代表するアーティスト星野源さんの生み出す名曲のMVが見れるなんて光栄ですね。 さて今回プレミア公開されたMVの内容や曲調に触れてみたいと思います。 MVでは星野さんと 松重豊さん(以下、松重さんと表記)が一室でゆったりと語らっています。 2人の仲の良さは今では知らない人がいないほどになっていますね。 2018年に「引っ越し大名」の撮影現場で初めて顔を合わせた2人は、初日に音楽の話で盛り上がり食事を共にしました。 役柄の格好(松重さんは家老、星野さんは侍)のままでサウスロンドンの音楽の話をしている様は異様だったことでしょう 笑) 松重さんは星野さんについて次のようなコメントも述べています。 「初めてこんなにすぐ人と仲良くなれた」 smart-flashより 本当に松重さんが星野さんを気にっており、星野さんも松重さんが大好きな様子を映像からも見て取れましたね。 曲調はどのようなものでしょうか。 イントロのメロディアスなギターは聴く人の心に何かをそっと語りかけてくるようでした。 音が現れては消える、そんな音楽表現はまるで「人が言いかけてはまたやめる」を繰り返しているように感じました。 それではさっそく気になる歌詞の意味を考察していくことにしましょう。 一説によれば18世紀頃から広く用いられるようになったとされています。 方言独特の 粗野で粗暴な面を持ち合わされており 「~だぜ」「~じゃねぇ」といったニュアンスを伝えるようです。 「Nobody Know」は 「誰も知らない」という意味です。 星野さんは普段の会話や役柄でも丁寧に綺麗な言葉を話すことが多いですね。 ですが今作や「さらしもの」におけるラップなどで尖ったテイストを露出してきてますね(どちらも魅力です) タイトルが何について「誰も知らねぇぜ」と述べているのかについては続く部分で考えてみたいと思います。 「温かな肌」という表現から2人が 互いに触れ合う関係であると理解できるでしょう。 とりわけ注目したいのが 「心の首筋 舐めた」というフレーズです。 コメント欄でも多くの方が注目されていたフレーズの1つであり今作にアダルティ要素を感じさせる部分でしょう。 首筋また首を舐める(あるいはキス)する心理状態について調べてみました。 多くの場合、それは 「独占欲」や 「嫉妬心」からくるものとしていました。 また首に上記の行為をされると 「驚いたり」その後に 「安心感」が生まれるようです。 筆者はそのような心理状態を踏まえて、2人が互いを自分だけの特別な存在に思っていたと考えました。 また 互いの言葉の意図を把握し驚いたり安堵していたのだと解釈しました。 具体的に言えば 「なんで自分のことそこまでわかるの!?」と最初は驚き、後に 「こんなに共感してくれるんだ」と安堵するといった感じだと思います。 しかし今回はスラングとしての意味 「わかなない」が適当かと考えました。 この表現から彼がさまざまな分野でわからなくなったことを予想できます。 ・自分の事がわからなくなった ・世の中の事がわからなくなった ・彼女のことがわからなくなった いずれにせよ彼は彼女と 踊り明かすことでこの問題を解決したようです。 続く歌詞には 「卑劣が肩を叩けば 笑顔が唾の代わりさ」という難解なフレーズが登場します。 「卑劣」は 「正々堂々としていない汚いこと」を意味しています。 「肩を叩く」というのはビジネス界において 「上下関係」や 「退職を勧められる」ことを暗示しているようです。 「唾」は 唾液のことで物を 消化するのを助ける働きがあります。 粘り気があるのも特色の一つでしょう。 以上を併合して考えると、彼の次のような考えを理解できます。 「周囲の卑劣さが自身の上に覆い被さり、その場から退けられそうな気持ちになっても、お前の笑顔がそれらを消化して粘り強く生きる助けになるんだ」 彼女の笑顔に彼はその後もずっと救われたに違いありません。 ですから人の目が気になった彼女に対し彼が 「誰も知らねぇぜ」「誰も俺たちを見てねぇぜ」と言っているのでしょう。 それから2人は言葉を口にするのをやめ、互いの唇を重ね合わせることだけに集中していきました。 歌詞の表現からも明らかなように、そうした時間は永遠に続くように感じたことでしょう。 終わりのないキスに2人は闇夜に溶けていくようでした。。 まとめ いかがだったでしょうか。 MVはとても微笑ましく、星野さんと松重さんの仲睦まじい感じがたまりませんでしたね! 2人で飲み物を飲みながら談話したり写真を撮り合ったりと、、ただただ微笑ましかったし羨ましかったです(笑) 歌詞の内容はとてもアダルティであり男女の愛のカタチと感情のやりとりを汲み取ることができました。 歌詞を最後まで見るとずっとは一緒にいられないと互いに理解しているのでしょう。 だからこそ刹那の時間に永遠と錯覚するほどのキスを重ねていたのだと筆者は考えました。 星野さんの今後の活動と次回作に期待し注目していきたいと思います。 また松重さんもずっと元気に笑顔で活動して下さい。 情熱的で味わい深い作品をありがとうございました。

次の