北 朝鮮 ミサイル j アラート。 北朝鮮ミサイル2017年の発射回数と最新情報について!

Jアラートの受け手である市民が困惑するのはマスコミが説明する報道を怠っているからだ

北 朝鮮 ミサイル j アラート

発射日時 [ ] 2月 [ ]• 2月12日に発射 (を参照) 3月 [ ]• 3月6日に発射• 3月22日に発射(打ち上げ直後失敗) 4月 [ ]• 4月4日に発射• 4月16日に発射• 4月29日に発射 5月 [ ]• 5月14日に発射 (を参照)• 5月21日に発射 (を参照)• 5月29日に発射 6月 [ ]• 6月8日に発射 7月 [ ]• 7月4日に発射 (を参照)• 7月28日に発射 (を参照) 8月 [ ]• 8月26日に発射• 8月29日に発射() 9月 [ ]• 9月15日に発射 (を参照) 11月 [ ]• 11月29日に発射 (を参照) 脚注 [ ] 出典 [ ]• 首相官邸 2017年2月11日. 2017年11月19日閲覧。 首相官邸 2017年3月6日. 2017年11月19日閲覧。 ニューズウィーク日本版 2017年3月22日. 2017年11月19日閲覧。 BBC. 2017年4月5日. 2017年9月4日閲覧。 CNN. 2017年4月18日. 2017年9月4日閲覧。 The Guardian. 2017年4月29日. 2017年9月4日閲覧。 BBC. 2017年5月14日. 2017年9月4日閲覧。 首相官邸 2017年5月21日. 2017年11月19日閲覧。 首相官邸 2017年5月29日. 2017年11月19日閲覧。 2017年6月8日. 2017年9月4日閲覧。 ABC News. 2017年7月5日. 2017年9月4日閲覧。 BBC. 2017年7月28日. 2017年9月4日閲覧。 BBC. 2017年8月26日. 2017年9月4日閲覧。 The Guardian. 2017年8月29日. 2017年9月4日閲覧。 CNN News. Cable News Network. 2017年9月14日. 2017年9月15日閲覧。 毎日新聞. 2017年11月29日. 2017年11月29日閲覧。 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

なぜ北朝鮮はミサイルを撃つのか?~今後の日本と朝鮮の予言~ | リバータリアン心理学研究所

北 朝鮮 ミサイル j アラート

菅義偉官房長官や小野寺五典防衛相が発表した。 北朝鮮の弾道ミサイルは約14分間飛行し、北海道の渡島半島から襟裳岬にかけての上空を約2分間で通過したもよう。 落下地点は日本の排他的経済水域(EEZ)外。 事前通告はなかった。 日本領域への落下物や、付近を航行する航空機や船舶への被害情報は現時点で確認されていない。 菅氏は「日本海上空で3つに分離した可能性がある」と指摘し、小野寺氏は「すべて太平洋の(襟裳岬の東)1180キロメートル付近に落ちたと推定される」と語った。 小野寺氏は記者団に、最高高度は約550キロメートルと指摘。 北朝鮮が5月14日に発射した中長距離弾道ミサイル「火星12」と同型の可能性があると表明した。 記者会見では「最大飛距離は5千キロメートルで、当然(米領)グアムに届く弾種だ」と述べた。 ミサイルの軌道については「通常の形で撃たれたものと推定している」と話した。 5月14日のように発射角度を通常より高くする「ロフテッド軌道」ではなかったとの認識を示した。 小野寺氏は海上自衛隊のイージス艦や航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)による弾道ミサイルの破壊措置は実施していないと説明。 「自衛隊の各種レーダーで発射を確認したが、わが国に向けて飛来する恐れがないと判断した」と述べた。 政府は午前7時8分ごろから安倍晋三首相や菅氏、河野太郎外相らが出席して国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会合を開いた。 「国際社会と引き続き連携し、北朝鮮に強く自制を求め、国連安全保障理事会でのさらなる対応を含め、断固たる対応をとっていく」と確認した。 政府はミサイル発射を受け、全国瞬時警報システム(Jアラート)で北海道や青森県など12道県にミサイル発射と日本上空の通過を伝えた。 総務省・消防庁は「12道県から被害なしとの報告を受けた」と発表。 12道県の全ての市町村がJアラートによる情報を正常に受信したことも確認した。 日本の上空を通る北朝鮮のミサイル発射は5回目。 2016年2月に発射した長距離弾道ミサイルが沖縄上空を通って以来となった。 北朝鮮のミサイルが初めて日本を通過したのは1998年8月だった。

次の

Jアラートの受け手である市民が困惑するのはマスコミが説明する報道を怠っているからだ

北 朝鮮 ミサイル j アラート

から再びミサイルが発射されて大騒ぎでしたね。 ですが、基本的には日本を攻撃したいわけじゃないんですよ。 は、韓国・米国と今も戦争中で、停戦中なだけです。 いつ、韓国・米国に攻め込まれるかわからない状況であり、目指すは和平です。 そういう状況下で、北からするとメインの敵はアメリカなんですよ。 だからこその核、だからこその なわけで。 日本をやるんだったらノドンで狙えば良いだけですから。 弾道ミサイルと核なんて必要ありません。 邪魔をしてくれるな日本よ。 我々はと聖戦中なんだ!と言うのがの言い分です。 はの親を持ってたりもしますしね。 前回と今回の実験も、北海道と青森の間のを通しているじゃないですか。 あれは精一杯の配慮なんですよ、おそらく。 まずロケットは東向き、つまり右側に飛ばす要があります。 から右側はで、頻繁にそこに落としていたのは、そこしか場所がないからなんです。 弾道ミサイルの実験のために距離を稼ごうとすると今度は日本列島がずでーんと居座っているわけで。 北からすると非常に邪魔なんですね。 でもどうしても打たなきゃならない。 もし失敗しても日本にも迷惑がかかる可能性が一番低い場所、となるとだ、となるわけです。 個人的な憶測ですが、おそらく官邸には連絡行ってるんじゃないかなぁと思います。 一時期話題になった A アラート。 ミサイル発射前日に必ず氏が普段は居ない総理官邸で過ごしていると言うアレです。 北からすると日本とはもめたくないわけで。 連絡は行っていると思うんですよね。 なのに J アラートぶっ放して国民不安を煽っているのはへ向けたと、森友・加計問題からの話題反らしもあるんでしょう、きっと。 それか、北から連絡きてミサイル来るらしいけど、まぁ実験だから安心してね!なんてことを言ったら、を支える右サイド気取りの方々から文句が来るからでしょうか。 まぁ憶測は置いておいて、の気持ちになると本当に大変な状態ですよ。 親父であるが死んで、国を継がなきゃいけないものの、長男は不倫の子、はへんてこな病気、結果三男の正恩が継がされて、一体どうすりゃ良いのかわからない。 中国や韓国、米国は引きずり下ろしにかかってくる、さらには斬首作戦なんてぶっそうなものを企てられ、周りの人間もすべて誰がスパイかわからない状態。 もう手当たり次第に粛清するしか無い。 親父は生前アメリカと話をするには核しか無いと言い、核がないばかりに、のようなに滅ぼされた連中を目の前にして、いざ核開発してみたら四方八方から。 話をしてくれるかと思いきや、強硬にを食らうだけ。 いったいなんなんだ!と。 どうすりゃいいんだ!と。 どこぞの北東アジアの島国がこんな具合に70年前にを食らって、米英相手に開戦しましたね。 そうです、我が国日本です。 が泥沼化している真っ最中に、突きつけられて、半年分の石油備蓄しか無い状態で、米国から対日禁輸を食らいました。 動ける半年の間に南方資源を確保できなきゃどうにもならん!おい海軍!陸軍は対中戦でそれどころじゃない!お前らだけで、さっさとどうにかしろ! とケツを叩かれ、半年戦って後は野となれ山となれ大作戦で自暴自棄な対米英戦をおっぱじめて、後はみなさまの知るところ。 まぁ、あの戦争が、禁輸が最終的な引き金であること。 あの戦争で日本は一度滅んだこと。 これを知らない日本人があまりに多くてドン引きなんですけどね。 参戦がもうちょっと早ければ、日本はよろしく、東西日本に分かれていたかもしれない事実すら知らない。 上から下まで、の結果を真剣に考えていなからこそ、今の問題もどうもならんわけですよ。 総括がなされていないというのは非常に愚かしいことです。 が全く役に立たないことを身をもって知っているのは誰でもない日本です。 の気持ちが一番わかるはずなんです。 どんどん意固地になるだけで、やばい、急げ!とパニックで行動を起こすだけだということを知っています。 なのではさっさとやめるべきで、それをに働きかける必要があります。 最も重要なのはと米国との対話。 中国とロシアを担いで、北と日韓米中ロのうち何カ国かを交えて会談を行うべきです。 一番の落とし所は の破棄と、鮮和平の引き換えでしょうね。 そしてを一つの国としてしっかり認める。 これが基本となります。 そこから先、戦争をしないためには、経済的に密接に絡み合う必要があります。 そうして、互いに正常な経済活動で忙しくなれば良いんです。 極端に言うと、やることなくて暇だから戦争は起こるんですよ。 実際戦争は経済的に行き詰まってから発生しますし、そもそも戦争というのは勝ち組負け組の別れ方が極端で凄まじい経済活動の一環ですから。 負け組は死にますからね。 しかも大多数が負け組と化すです。 負け組が凄まじい負け方をする上にありえない大勢となる分、者等の勝ち組は恐ろしいレベルの勝ち方が出来ます。 大多数が不幸になってしまう戦争にならないよう、で企業を誘致したり、お互いに移民を交換する等して密接な経済的関わりを持つ。 これが平和維持で一番大切なことだと思います。 逆に経済的な断裂が生まれてしまうと、戦争しか起きません。 この点からは間違っていると言えます。 北は戦争したくないでしょう。 やったら一瞬で終わりだと言うことをよくわかっています。 ただ、今は強情を張るしか無い。 そうしないと、それはそれで国が崩壊するからです。 、ーの二の舞いは嫌でしょうから。 ミサイル実験もキツイ下で外貨獲得するための武器輸出の広報活動であるというのが主な目的である部分が大きいでしょうし。 は「もし、をそのまま続けていたら」を実践している国家でもありますし、日本も決して他人事じゃないわけです。 米国に任せっきり、迎合しっぱなしではなく、和平へ向かうようにへ働きかけるべきです。 はロシアに働きかけているようですが、石油の禁輸で一致しているようです。 完全孤立でいじめられまくりの。 いくらしてもミサイルを飛ばしまくるだけですよ。 そして国民が飢えていくだけ。 トランプに至ってはで「完全破壊」と相変わらずの状態。 独のが平和的解決を説得してもまるで無駄。 困ったもんです。 米国がを攻撃してが再開した際に、基地を叩くために日本国内で米軍基地がある場所が攻撃される可能性があります。 安保法制に則ってを発動し、がへ参加すれば、日本中が標的になりえます。 その時は、+バリアぐらいしかなくなりますね。 バリアにならず逆にゲリラ戦が繰り広げられる可能性もゼロではありません。 それより日本人が先に攻撃を仕掛けて無茶苦茶する可能性もあります。 海外にツテがあるとか経済状況に余裕があるのなら一時日本から離脱しておくのが一番賢いでしょうね。 自分にはそんな余裕もへったくれも無いので、お地蔵さんにお祈りでもしておくしかありません。 「せんそーがおきませんよーに」と七夕に書いておけばよかったと今更後悔です。 助けて!ならなんとかできる!なんとかトランプと正恩の会談をー! さすが我らが猪木は良い事を言っています。 猪木「おれが言いたいのは、ドアを閉め切る外交というのが世界中どこにあるのかということです。 話し合いもしないで、どうして解決するんですか(中略)制裁をかけたら『ごめんなさい』と言うほど、相手は甘くない」 やれるのかオイ!てめぇの力で勝ち取ってみやがれ! 頼りが猪木 寛至しかいないとか日本どうなってんだバカヤロー! wolfbash.

次の