お たから や フランチャイズ。 おたからやのフランチャイズは失敗する?参入タイミングが重要である

足抜けって?フランチャイズから抜けるには?

お たから や フランチャイズ

コンビニや飲食店、クリーニング店や塾などフランチャイズで独立開業する店舗は多数あります。 フランチャイズには企業側と加盟店側、それぞれにどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。 フランチャイズとは フランチャイズとは、フランチャイズ本部(フランチャイジー)とフランチャイズ加盟者(フランチャイザー)が一定の条件で契約を結ぶことで、フランチャイズ加盟者がフランチャイズ本部の看板を掲げて営業を行うことです。 フランチャイズ加盟者は、加盟金やロイヤリティなどをフランチャイズ本部に支払うことで、フランチャイズ本部の商品やサービスなどを活用できます。 そのため、新たに独立開業したいが経験も知識も何もない方でも、フランチャイズへの加盟は、効率的に開業を行う1つの手段となります。 フランチャイズ企業には、コンビニや飲食店、クリーニングや塾、整体や理美容、介護や携帯電話、買い取り販売など、多数の業種があります。 自営業を行っていた方がフランチャイズに加盟したり、サラリーマンが会社を辞めてフランチャイズで開業したりしています。 フランチャイズのメリットとは (1)企業側のメリット 企業がフランチャイズチェーンを展開する目的の1つはコスト削減です。 企業が直営店をオープンするには、土地代や店の建設費、人件費などの全ての費用を企業が出資する必要があります。 フランチャイズの場合は、店舗開設の費用の一部を、加盟金や保証金、開業準備金や内装工事費用などの名目で加盟者に拠出してもらうため、企業側が出資する初期費用を安く抑えるメリットがあります。 また、店舗が複数あることで、原材料を大量に買い付け、商品を大量に生産できるため、仕入れや製造のコストが削減でき、さらに店舗数が増えると流通コストも削減することが可能となるメリットがあります。 (2)加盟店側のメリット フランチャイズ加盟店側は、フランチャイズ本部の実績と経験に基づいたマニュアルが活用できるため、事業経験のない分野での開業が可能であることがメリットです。 また、フランチャイズ本部が保有する仕入れ先や流通経路が利用できるため、新たに仕入れ先や流通経路を探す必要がなく、早期に事業を開始することができます。 さらに、フランチャイズ本部に税務や会計などの経営指導や、販売促進や教育などの援助を受けることで、加盟店は営業に専念でき、売り上げにつなげることができます。 加盟店では、店舗に一般的に知られている名称やマークを利用できるため、企業ブランドの信用度で顧客の信頼を得ることができ、個人で開業するより成功する確率が高いと考えられます。 フランチャイズ加盟店はそれぞれが個人事業であり、売り上げが上がれば収益も上がるというやりがいもあります。 フランチャイズのデメリット (1)企業側のデメリット フランチャイズ加盟店はそれぞれが個人事業主で、フランチャイズ本部とフランチャイズ加盟店はビジネスパートナーという位置づけです。 加盟店が売上を増やしても企業側はその一部をロイヤリティとして受け取れはしますが、全額が企業の利益になるのではありません。 また、フランチャイズ本部のマニュアルを加盟店に展開してはいるものの、加盟者の裁量によってサービスの質や内容に差が生じることもデメリットの1つです。 例えば、数多くある加盟店のうち、たった1店舗で不適切な労働管理や、食品衛生上好ましくない行動があることで、企業全体のブランドイメージそのものが混乱することもあります。 (2)加盟店側のデメリット フランチャイズ加盟店のオーナーになるためには、開業前にフランチャイズ加盟金や保証金をフランチャイズ本部に支払います。 フランチャイズ本部によっては、個人で開業するのと同じくらい費用がかかる場合もあります。 また、頑張って売上を上げたとしても、利益の一部をロイヤリティとして本部に納めるため、全て自分の利益にできないデメリットがあります。 フランチャイズ本部には経営方針があり、マニュアルも統一化されています。 つまり、フランチャイズ加盟店の自己判断で販売価格を変更したり、取扱商品を増やしたり、独自のルートで仕入れたりなど、加盟者個人の自由な店舗運営に制限がかかるというデメリットもあります。 直営店とフランチャイズのメリット・デメリットの違い フランチャイズには、直営店とフランチャイズ加盟店の2つの店舗のタイプがあります。 直営店とは、フランチャイズ本部が出資して開業した店舗であり、店舗の運営は本部の社員が行います。 フランチャイズ本部は、まず直営店を展開して運営のノウハウを蓄積し、経営方針などをマニュアル化してから、フランチャイズ加盟店を増やしていきます。 直営店のメリットは、店舗の収益が全て会社の収益となることや、店舗で働く方が企業の社員であるため、マネジメントが徹底できることなどです。 その一方で直営店のデメリットは、企業が出店のために資金準備が必要となること、社員を店舗に配置するため人件費が必要となることなど、資金面の負担があり、早期に店舗を増やしていくことが難しいことです。 まとめ フランチャイズは、短期間で売り上げが上がる店を作ることができるシステムですが、企業側にも加盟店側にもメリットとデメリットがあります。 フランチャイズビジネスを始めようと考えた場合には、始める前にメリットとデメリットを把握しておくことが必要でしょう。

次の

フランチャイズって儲かるの!?開業歴5年以上のベテランフランチャイズオーナー40人に聞いた「経営」と「収入」の実態とは? │ マイナビ独立フランチャイズマガジン

お たから や フランチャイズ

主人が脱サラして「おたからや」というフランチャイズで独立しようとしています。 夫婦ともに40代前半、子供がふたり、中学生と小学生の男の子がおります。 主人はいわゆる大企業に勤めていますが、最近業績が落ち込んでおり、部下のリストラの肩叩きを何度かやってきました。 その度に荒れたり落ち込んだりしていたのですが、これ以上肩たたきするなら自分が辞めたいと・・・。 主人は大企業に勤めることに嫌気がさしているらしく、かといって、これから進学を控える育ちざかりの男の子を二人抱えて不安定な中小企業へ勤めるのも不安。 それならば独立、でも一から事業を起こすのもリスクが高い。 ということでフランチャイズという思考だそうです。 おたからやのフランチャイズ募集を見ると、良いことばかりが書いてあり、もちろんそれは広告なのですが、他にもいろいろと良い評判も見たようで、主人の中ではもうおたからやで独立するというのがほぼ固まっているようです。 私としては、今の会社に残ってほしいです。 景気も上向いてきて、業績も復活しつつある中、肩たたきも減るんじゃないかと思いますし、やっぱり老齢退職金がないと老後が不安です。 それが無理なら、中小企業でもいいので、転職してほしいです。 どうすれば考え直してもらえるでしょうか?.

次の

買取専門店「おたからや」/株式会社いーふらんのフランチャイズ(FC)加盟募集で独立・開業・起業【ビジェント】

お たから や フランチャイズ

フランチャイズ起業するとき、単純に人気モデルを選ぶだけでは間違いなく失敗します。 世の中には「儲からないモデル」にも関わらず、ネームバリューだけで人気を博している残念なモデルが多いからです。 では、どのようにして「儲かるモデル」「儲からないモデル」を見極めれば良いのでしょうか。 それは、自身で「収益分析」を行うことです。 本部が開示している収益モデルを信じるのではなく、開業前資金・イニシャルコスト・借入返済計画・プロフィットなどを正確に算出すれば良いのです。 ただ、多くの人は「よく分からない」という理由でこの作業を行いません。 しかし、これが成否を分ける最も重要な作業であるため、結果的に地獄の苦しみを味わうことになるのです。 そこで、私がそれらすべてを代行します。 フランチャイズモデル選びの注意点 素人が失敗する例として、「売上分母」「利益率」「年間利回り」「回収期間」などをそれぞれ「点」で見ていることがあげられます。 「売上1000万円!」「利益率30%!」というようなキャッチに素直に「すごい・・」と感じてしまうからです。 しかし、本当はそうではありません。 例えば、下記のような事例は山ほどあります。 つまり、それぞれの項目を点で見るのではなく、「線」で考えなければならないということです。 これができて、ようやく儲かるフランチャイズモデルを選定できるようになるのです。 また、たとえ優秀なFCモデルであったとしても、イニシャルコストが数千万円もかかる場合はお勧めできません。 100%成功するビジネスは存在しないため、万が一失敗したときに再起不能に陥ってしまうからです。 そのため、できる限り少ない投資で大きなリターンが狙えるモデルを探すべきなのです。 詳細についてはレビューページで「かなり具体的に」解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。 【宅配弁当部門】1位:まごころ弁当 時代の恩恵を傍受:高齢者向け宅配弁当サービス まごころ弁当フランチャイズの収益モデルは非常にポテンシャルが高いです。 イニシャルコストを小さく抑えつつ大きな利益を見込むことができます。 例えば、以下はまごころ弁当フランチャイズの総イニシャルコストです。 利益率:28. 原価率:41. 年間利回り:1364%• 回収期間:0. 9ヶ月• 推定オーナー年収:14,050,688円 これらデータは机上の空論ではありません。 「返済計画」「減価償却値」なども含め、私が独自プロフィットで算出した数字だからです。 なお、「数字の根拠」を知りたい人は詳細レビューページをご覧ください。 買取・販売といったリユース市場は拡大の一途を辿っています。 作業そのものは、「買い取って売るだけ」であり、言ってしまえば商品を右から左へ流すお仕事です。 最も利益率の高い「仲介ビジネス」に類似しているとも言えます。 何かを生産して売るという労働コストは必要ないため、どれだけ売上が大きくなっても人件費は変わらない、という強みを持っています。 なお、下記はおたからやフランチャイズのイニシャルコストです。 原価率(仕入れ値)64%• 粗利益率:36%• 利益率:20%• 年間利回り:300%• 回収期間:4ヶ月• 推定オーナー年収:14,337,187円 【ハウスクリーニング部門】1位:おそうじ本舗 粗利率95%以上の珍しいモデル おそうじ本舗フランチャイズは、「小さく売って大きく稼ぐ」を実現化した珍しいFCモデルだと言えます。 例えば、100~200万円程度しか売れないスモールビジネスの場合、通常なら原価を必要としない「広告業界」くらいしか儲かりません。 特に店舗型で在庫を抱え、かつ生産などによる労働コストが必要になるモデルでは成り立たないのです。 しかし、おそうじ本舗フランチャイズに至っては「無いに等しい5%未満の原料費」のお陰で、効率よく利益をあげられる仕組みが完成しています。 粗利率95%以上など滅多にないケースであり、人時生産性が極めて高いモデルだと言えるでしょう。 また、加盟パターンは2つ用意されており、「無店舗型」「有店舗型」から選ぶことができます。 下記は参考までに「有店舗型」イニシャルコストの内訳になります。 加盟金:200,000円• 保証金:200,000円• 研修費:440,000円• 機材費:1,550,000円• システム導入費:150,000円• 諸経費:30,000円• 開業支援チケット:50,000円• 内外装工事費:300,000円• 運転資金:500,000円• それでも、約500万円ほどのイニシャルコストで有店舗型を開業することができます。 こうした初期投資額の高低については、下記収益モデルを確認してから判断するようにしてください。 原価率(仕入れ値)4. 粗利益率:95. 利益率:49. 年間利回り:288%• 回収期間:4. 2ヶ月• 推定オーナー年収:8,173,653円 【結婚相談所部門】1位:IBJ日本結婚相談所連盟 ローリスク・ハイリターン「ストック型ビジネス」 結婚したい人同士を成婚へ導く結婚相談所ビジネスです。 集客や作業はすべてPCで行うため、ネット環境さえ整っていれば自宅で開業することができます。 テナントを賃貸したり材料を仕入れたりしないため、ランニングコストを極限まで抑えることが可能です。 また、このモデルの本質は「情報仲介ビジネス」であり、言わば空気に価値を与えお金に変えるようなビジネスです。 そのため、利益率は非常に高くなり、ローリスク・ハイリターンを実現できる希少なモデルだと言えます。

次の