いびきを録音するアプリ。 【アンドロイド】睡眠記録アプリのまとめ おすすめは?

【2020年】いびき・寝言を録音できるおすすめアプリ5選を紹介!

いびきを録音するアプリ

いびき・寝言 録音機能• アラーム開始時に時刻の音声読み上げ• アラーム時にバイブレーションとライト点滅の指定• アラーム後にiPhone標準カレンダーの音声読み上げ 寝言といびきを録音してくれるのはもちろん、さらには眠りの浅いタイミング(レム睡眠)のときにアラームが鳴って起こしてくれる機能も搭載されています。 睡眠状況を正確にグラフ化もすることができ、寝ている間がどんな状態だったのか一目瞭然です。 毎晩利用するので、アプリは シンプルかつ分かりやすいレイアウトになっており感覚的に操作することができます。 「どのアプリも機能が多すぎて使い方がよく分からないな。 」という方は、このアプリを使ってみましょう。 いびきの音のサンプルを録音• いびきの強度を測定 いびきスコア• 睡眠統計を録音• いつ、どのようにいびきが激しかったかを表示 いびき・寝言アプリの中で定評のあるアプリです。 いびきの記録、測定、追跡、さらにはそれを低減するための効果的な方法をあなたに提示してくれます。 アプリの使用方法はとても簡単です。 あなたが眠る枕の元にスマホを置いてアプリを実行するだけ。 起きたときにいびきのスコア、いついびきをかいたのか、どれだけ大きないびきをかいたのかを正確にハイライトしてくれます。 このアプリは 専門医師、歯科医、ユーザーから多くの支持を集めています。 睡眠時無呼吸症候群といった睡眠障害が心配な方は、このアプリを通して医療機関に相談することもできます。

次の

睡眠アプリのおすすめ人気ランキング10選【アラームや録音機能もある!】

いびきを録音するアプリ

いびきを録音する無料アプリまとめ 睡眠時無呼吸症候群のチェックに 睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状として現れる「いびき」。 自分がいびきをかいているかどうか確認したい時に便利なのが、 いびき録音アプリです。 録音の他にも様々な機能があり、無料で使用できるものがあります。 今回は、 いびきのチェックに役立つ「無料の録音アプリ」についてまとめます。 録音アプリでいびきのセルフチェック いびき録音アプリを使うと、自分の「睡眠時の呼吸の状態」を把握することができます。 継続してチェックを行うことで、そのいびきが一時的な「問題の無いいびき」なのか、治療が必要なレベルの「病的ないびき」なのかについての判断材料となります。 また、いびき録音アプリには、記録したいびきをグラフ化したり、原因を分析したりする機能がついてるものもあり、大変便利です。 本来、は入院して睡眠時の状態を検査するのですが、大がかりな装置をつけるためなかなか寝つけなかったり、一度の検査では正確なデータが取れない場合もあります。 そこで、 いびき録音アプリを使えば普段から手軽にいびきの状態をチェックできますし、一人暮らしの人でもデーターを取ることが可能になります。 人気の無料いびき録音アプリ 特に人気の高い無料のいびき録音アプリには、下記のようなものがあります。 1.いびきラボ 眠る前に起動しておけば自動でいびきを録音し、グラフ化してくれます。 また、いびきの要因もチェックできるので、継続して使用することで、原因の特定にも便利です。 医師も推奨しています。 本気でいびきを治したいあなたへ……。 録音から対策まで、全部こなします• 大音量だった時の衝撃。 自分のいびきを自覚できる録音アプリ• アルコールなどの要因を登録しながら記録を続ければ、原因を特定できる• いびき対策の登録も可能。 効果があったものを続ければ、治る可能性も大 引用元: 2.ねごと・いびきレコーダー 自分では気づけない寝言やいびきを録音しグラフ化してくれます。 毎日データを取ることでいびきの傾向がわかり、医療機関を受診した時も症状の説明がしやすくなります。 バックグラウンド録音機能付きです。 ぐっすり寝たつもりなのに、ぐったり疲れてる。 その原因、いびきかも• 自分では気付けない、いびきや寝言を録音してくれるレコーダー• いびきや寝言がグラフに記録されるため、客観的に把握できる• 録音しておくことで、お医者さんに行った際も説明しやすくなる 引用元: 3.SnoreClock — いびきをかきますか?(AndroidOSのみ) 上記二つのアプリと同様寝言やいびきを録音してくれる無料アプリです。 しかしインターフェイスはかなり独特で、いびきの大きさをタコメーターで示してくれます。 さらに録音データをベースに「いびき時間」や「いびき比率」などのデータも作成してくれます。 SnoreClockを使えば自分がいびきをかいているのか簡単にチェックできます。 寝る前にスマホを枕元に置いてSnoreClockの赤いボタンを押してください。 次の朝にはいろんなことが分かるでしょう! 引用元:.

次の

自分がいびきをかいてるか確認するには?スマホアプリで録音する方法

いびきを録音するアプリ

いびきラボの特徴 「いびきラボ」は、いびきの録音と分析をしてくれる便利なアプリです。 どのくらいいびきをかいているのかは、自分自身では分かりませんし、家族に聞いても気遣いから実情を教えてくれない可能性があります。 自分のいびきを客観的にするのは意外に難しいものなのです。 しかしこのアプリは、そうした困難を一挙に解決してくれる優れた機能を持っています。 いびきラボの良いところ 「いびきラボ」の優れた点は、いびきの強さを分析して視覚かしてくれる高度なアルゴリズムを持っていることです。 いびきは、同じ大きさで一晩中かくものではありません。 ですから、いびきを録音するには、単に一晩中寝室の音を録音するだけでは効率的ではないのです。 その点、このアプリは、いびきの強さをグラフ表示してくれるので、どの時間帯にどの程度のいびきをかいていたか一目瞭然に把握することができます。 しかも、ある時点でのいびきの録音を聞くことができるので、実際に自分の耳でいびきの音を確認することもできます。 クリアな音で録音してくれる点も「いびきラボ」の長所の一つです。 多機能で簡単 分析機能の充実も「いびきラボ」の特徴です。 例えば、モニタリングした睡眠時間の内、いびきをかいていた時間が何パーセントかを計算してくれます。 さらに、一晩のいびきの様子を分析して点数化した「いびきスコア」を計算し、記録する機能もついています。 この「いびきスコア」を使うことで、複数日のいびきを比較することが容易になります。 この際、単純にスコアの数字を比較するだけでなく、その日に飲酒をしていたか、鼻づまりであったか、カフェインを摂取したか、何らかのいびき対策グッズなどを利用していたかを記録することができるので、様々な要因がどのようにいびきに影響を与えるか確認することができます。 そこから、いびきの原因を特定したり、効果的な改善策を検討することも可能になります。 いびきについて知識を深めることも アプリ内でいびきについて学ぶことができるのも、「いびきラボ」の特徴です。 いびきの要因や対策、関連する病気についての情報を得ることができます。 加えて、このアプリには目覚まし機能もついています。 ですから、いびきの録音をセットするついでに目覚ましの設定も終えることができます。 寝る前に、眠い目であれこれ複数のアプリを操作するのは面倒ですから、この目覚まし機能は小さなものではありますが便利な機能といえるでしょう。 このように、録音、分析、学習、改善策の検討までを1つのアプリで完結することができるというのが、「いびきラボ」の特徴なのです。 いびきラボの使い方 「いびきラボ」は、AndroidでもiOSでも利用できるアプリです。 それぞれのアプリストアから、無料でインストールすることができます。 ただし、継続的な利用には課金が必要です。 無料のままでも数日の録音が可能ですが、それ以降は日を空けないと録音できなくなってしまうのです。 毎晩連続で録音・分析することでいびきの改善につなげるのがアプリの目的ですから、課金しての利用も前向きに考えると良いでしょう。 無料版では、いくつかの機能に使用制限もかかっています。 ただ、アプリは完全に日本語化されているので、言語の心配はありません。 アプリの設定 いびきのモニタリングは、寝る前にスタートボタンを押すことで始まります。 この際、ボタンを押した何分後から実際の録音を開始するか自分で設定することができます。 布団に入ってから何分で眠りに入るかを事前に正確に知ることはできませんが、デフォルトの30分に設定しておけば概ね大丈夫でしょう。 おこの際に、飲酒や鼻づまりなどのいびきに影響する要因があるかどうか、何らかのいびき対策の使用があるかを入力することもできます。 少々の手間にはなりますが、これをきちんと入力しておくことで、数日間の「いびきスコア」の比較が容易になり、やがてはいびきの改善にもつながります。 ですから、面倒でも入力は行った方がいいでしょう。 また、目覚ましアラームの設定をすることもできます。 実際の使用方法 アプリを起動したら、あとは布団に入って寝るだけです。 一晩中アプリを動かすことになりますから、寝ている間、スマートフォンは電源につないでおくよう指示が出されます。 充電が十分ならば一晩バッテリーが持つかもしれませんが、翌朝また充電し直すのも時間の無駄ですから、電源につないでモニタリングするのが望ましいでしょう。 また、うまく録音できるようにマイク位置を意識することが望まれます。 そうした点についても、アプリ内で情報を得ることができます。 なお、録音感度のいいアプリではありますが、近くで別の人が寝ている場合は、当然他人のいびきが混入することでデータが不正確になる恐れもあります。 一人の寝室で使用する方が理想的でしょう。 スポンサーリンク 使用後のチェック 翌朝、目が覚めたら、画面のスワイプでモニタリングを停止します。 すると、アプリがその晩の自分のいびきについて分析したデータを集計してくれます。 まず大まかなチェックとして、睡眠時間に占めるいびき時間の割合を確認するといいでしょう。 さらに、いびきの強さを視覚化したグラフが表示されるので、どの時間帯にどの程度のいびきをかいたのか確認しましょう。 グラフ上ではいびきの強さが大まかに「穏やか」、「騒がしい」、「大音量」の3つの層に分けられていて、傾向の把握の助けになります。 またこの段階で、前夜のいびき要因やいびき対策がどの程度の影響を与えたか短期的な検討を行うことも効果的です。 録音データについて もし必要であれば、グラフ内の特定の時間帯を指でタップすることで、実際の録音データを聞くことができます。 あるいは、一晩で録音されたいびきを順次再生することもできます。 再生の際は、アプリが音声の波形データを表示してくれます。 なお録音モードには、サンプル録音とフル録音の2種類があります。 サンプル録音の場合は、いくつかのいびき音のサンプルが断片的に残されるのに対し、フル録音(無料版では不可)では一晩の音声データが全て残されます。 フル録音の方が優れているように思われますが、録音された音声データはそれなりのデータ量になり、スマートフォンの記憶容量を圧迫することになります。 ですので、課金後もサンプル録音を使うことも十分考えられます。 なお「いびきラボ」では、一晩の録音を一セッションとしてとらえ、そのセッションの分析データと録音データを別々に保存しています。 記憶容量を圧迫する録音データはすぐに削除し、分析されたセッションのデータだけを蓄積していくことも可能です。 いびきスコアについて こうして数日間のいびきのデータが得られたら、それらを比較して中期的・長期的な変化についてチェックすることが可能になります。 そうした数日間のチェックにおいては、時間経過とともに変わるいびきの変化を示すグラフよりも、その日のいびきを全体的にとらえて点数化した「いびきスコア」の方が向いているでしょう。 「いびきスコア」の計算は自動で行われるので、特別な操作は必要ありません。 数日間のスコアはグラフにして一覧で見ることが可能です。 その際にも、それぞれの日のいびき要因やいびき対策について表示されますので、中・長期的にいびきの原因を突き止め、改善することが容易になっています。 また集めたデータは、データをエクセルやGoogleDocsなどにエクスポートすることができます。 さらに録音データをメール送信する機能も付いています。 これらを利用し、スマートフォンからPCにデータを移して、さらに詳しく分析することもできます。 まとめ 「いびきラボ」は、録音から分析・集計までをわずかな手間で行ってくれるアプリです。 さらにいびきのデータを蓄積することで、いびきの原因の考察から改善策の検討にまでつなげることが可能になります。 しかも手軽にいびきについての情報を学ぶこともできます。 これだけの機能を1つのアプリに詰め込んでいる点で、大変に優れたアプリだといえます。 いびきは、他人に迷惑をかける可能性がありながら、面と向かって指摘しづらい繊細な問題です。 場合によっては、より大きな健康の問題につながっていることもありえます。 まず自分自身のいびきについて知り、さらに必要に応じてその改善に取り組むことが大切です。 そのために、このアプリは大きな助けになるでしょう。

次の