ドラえもん 募金 の ウェブ ページ。 各報道機関様によるネパール地震被災者への災害募金番組開設に伴う「災害募金サービス」の提供について

ドラえもん募金騒動に関して雑感: MiSTTiMES Blog

ドラえもん 募金 の ウェブ ページ

詳細は「」を参照 作者によれば、のび太のモデルは、少年時代の作者自身である。 作者の少年時代は、運動能力が低く、いつも漫画を描いていたらしい。 他の登場人物もで過ごした少年時代の人間関係をモデルにしているという。 藤子・F・不二雄の少年時代の友人の間では「ジャイアンのモデル」と目されている者もいるとのこと。 さらに、しずかについては作者の理想の女性を描いたものだとする説がある。 舞台設定 作品の舞台となる、ドラえもんやのび太たちが住むは、「月見台すすきヶ原」という町である。 「多奈川」という大きなが流れている。 都内ではあるが、まだ裏山や空き地が開発されずに残されており、主人公たちの遊び場になっている(作者が少年時代を過ごした富山県高岡市の影響ともされる )。 大長編では、地球上で絶滅したが地底では生き残っていて、に進化したものが文明を築いていたことが判明する。 また地球には他にも人類以外の知的種族(アフリカ奥地の種族、、小人族など)や独自の発達を遂げた人類(海底に移住した人=、雲の上の天上人など)が一般の人類に知られず 存在し、には多種のも存在することが明かされた。 また、この世界には複数のが存在しており、一個はかつて学会で提唱されていたとおりの太陽の裏側のラグランジュポイントに存在し、22世紀では存在を知られている。 もう一つは別の恒星系に文字どおりに、すべてあべこべなが存在している。 のび太の家 ドラえもんとのび太が住む。 のび太の部屋は、窓の下が玄関上の屋根に面しており、のび太は屋根の上で昼寝や日光浴などをすることもある (も参照)。 稀にドラえもんもネコのように丸くなって昼寝をすることがある。 野比家の持ち家ではなく借家。 空き地 ドラえもんやのび太たちが住む町内にある。 が3本(6本)、ピラミッド状に積み上げられている。 子供たちが集まっておしゃべりしたり、野球をしたりと、子供たちの憩いの場となっている。 のび太の幼少時、またのび太の父の小学生時代には木材が多く置かれていた。 このことから単なる空き地ではなく、本来は材木を管理する企業が資材置き場として用いていた敷地の可能性がある。 また、空き地の所有者も確認できる。 ジャイアンのは、ここで開かれることが多い。 この空き地は、日頃から自由に使えるようになっていて、原作やテレビアニメの中でも度々登場する。 さらに、空き地で不発弾が確認されたこともあった。 学校の裏山 小学校の裏にある小山で、のび太の憩いのスポット。 山の頂上には「千年杉」と呼ばれる木がそびえ立つ。 モデルは少年時代の作者が息抜きに通っていたともされ、開発が及んでいない緑豊かな土地である。 近辺の崖からは、新種の や大型肉食の化石 が発掘されている。 団地の建設で一部掘り崩されたり 、宅地開発の対象になったり 、ゴルフ場建設が計画されたり など、造成の対象にもされており、25年後には頂上にヒルトップマンションという名前のマンションが建設され、千年杉は姿を消している。 未来の世界 ドラえもんが生まれた時代。 22世紀(連載初期は21世紀となっていた )。 はで制御しており、農作物や経済の動向などをふまえた上で厳正に決めている。 は上陸する前に消滅させている。 タイムマシンが普及しており、時間旅行をする際のルールとして「航時法」という法律が制定されている。 24世紀には、航時法の違反を取り締まる組織「」(略称:時警)の本部がある。 時代設定 漫画連載時期、アニメ放映時期に合わせて、作品内に登場するものにも多種の変化が見られる。 家電は時代に合わせて変化しており、当初はであったのび太の家の電話もに変わっていて、テレビも白黒からカラーへ(野比家がカラーテレビを購入したのは「」騒動の後)、そして薄型テレビへと変わり、に放映されたテレビアニメではスネ夫の家に3Dテレビが登場している。 もっとも、大枠では連載開始当時()の生活様式を維持している。 テレビアニメ第2作1期では、のび太は「基本的」に、紺色のと白色のハイソックスに黄色のシャツを着用しており、のび太の服装は(開始から現在まで一切)変化していない。 これは・・が子供だった当時の典型的服装である。 ただし、連載中期 - 後期においては上着に関してはさまざまなバリエーションが登場している。 また高校生は必ずに詰襟の姿という描写で登場する。 テレビアニメ第2作第2期ではリニューアルによってのび太たちの服装に変更が加えられた。 「してない貯金を使う法」(第4巻第8話)ではにが日本で初めて導入したが、「月ぷ」(月賦)という表現で登場し、父と叔父のやり取りを見ていたのび太が「これこそ現代人の生き方」と評している。 公共交通機関を利用する事もない(第2巻第13話「地下鉄をつくっちゃえ」で夕方のラッシュに巻き込まれて辟易するシーンが一度出て来るのみ)。 また、ドラえもんでは、作品中においてその年代について言及される場面が何度かある。 「りっぱなパパになるぞ! 」(第16巻収録)では、のび太としずかが結婚してマンションに住み、息子のノビスケがのび太くらいの年齢となった近未来がとされている。 「白ゆりのような女の子」(第3巻収録)では、のび太の父親であるのび助についての戦時中におけるの話がある(当時10歳前後であるとすると)。 しかし、テレビアニメ第2作第1期「タイムマシンでお正月 」では、生まれという設定となっている。 また、「ハリーのしっぽ」(第33巻収録)ではハレー彗星接近の前年で、現在はとなっているが、やといった現在首都圏内でよく見られる高層ビル街はほとんど描かれない。 「ママのダイヤを盗み出せ」(第7巻収録)では、母親である玉子の少女時代は1948年とされている。 しかし、テレビアニメ第2作第2期「ママのダイヤを盗み出せ 」では、玉子の7歳の時代が松田聖子がデビューして間もない初めになっている。 ドラえもんの道具にも時代の変化がみられる。 藤子・F・不二雄自身の中にある設定について、『ドラえもん』の数年前として『』 、ほぼ同時期の設定として『』『』『 』など、数十年後として『 』などがある。 のち、藤子・F・不二雄名義に。 本来のサイエンスフィクションのSFではない• 本の上部、左右端やのど(中央折り目)付近の、縦に細長いエリア。 ヘッダー。 単行本1巻分程度のボリューム• 『小三』と同時掲載• 『小五』と同時掲載• 絶筆作品である『大長編ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記』も含めている• 1978年発行『コロコロコミックデラックス ドラえもん・藤子不二雄の世界』初出(藤子・F・不二雄大全集『ドラえもん』第20巻、てんとう虫コミックス『ドラえもん』第0巻収録)。 映画『』の原案の一部にもなっている。 読みは「 トラエモン」(韓国語は語頭の [d] が [t] に変化するため)。 この枕詞は日本で発行している『SHOGAKUKAN ENGLISH COMICS Doraemon』のタイトルにも使われている。 月見台、あるいは大字田無。 詳細はを参照。 なお、川崎市による「ドラえもん特別住民票」では、「神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号」と記載されている。 「ぼくの生まれた日」の雑誌での初出(『小学四年生』1972年8月号掲載)では、生年は1962年とされており、てんとう虫コミックスで単行本化される際に「1964年」に変更された。 藤子不二雄ランドの単行本では「10年前」とされ、藤子・F・不二雄自選集でもその設定は引き継がれた。 漫画では4年生(雑誌掲載時は雑誌ごとに学年が異なっていた)、アニメ版では5年生。 作者は1989年の講演( ドラえもんチャンネル)にて、「(この作品の)副主人公」と語っている。 アニメ版ではキャスト紹介でドラえもんが1番目、のび太は2番目であり、字幕もドラえもんが主人公を表す黄色で、のび太は準主人公を表す水色。 ただし学童疎開体験については時代設定の関係上父親ののび助の体験として描いている。 この土管は何度か破壊されたこともある。 テレビアニメ第2作第2期「夢まくらのおじいさん」(2010年6月11日放送)では、敷地の奥にある倉庫には「石田材木」の看板が見える。 テレビアニメ第2作第1期においても、空き地の奥に倉庫を配置することがしばしばあった。 「ゆめの町、のび太ランド」の回では、空き地が資材置き場として使われており、子供たちが遊べないという設定になっている。 『のび太の日本誕生』ではこの空き地の地主(声 - 田口昂)が登場し、不動産会社が3億円で買い取ろうとしていた。 藤子・F・不二雄大全集第1巻収録「未来から来たドラえもん」(『小学二年生』1970年1月号)では、ドラえもんが「百十一年あとのせかい」から来たと発言している。 また、連載初期の話の初出時は「21世紀」をドラえもんが来た未来とするセリフがいくつか散見され、単行本収録時にも初期の版では「21世紀」のままになっている話(第1巻収録「古道具きょう争」「走れ! ウマタケ」、第2巻収録「オオカミ一家」、第7巻収録「好きでたまらニャい」「ネズミとばくだん」「エスパーぼうし」)がある。 後の版で全て「22世紀」に変更された。 1980年1月1日放送• 日本初の高層ビル・ができたのが、西新宿での第1号・ができたのが。 2007年8月17日放送• 第19巻収録「影とりプロジェクター」でそれを示唆する記述があり、第24巻「めだちライトで人気者」で明確となる。 ただし、原作では「ジャイアンがのび太を殴る」「ジャイアンがスネ夫の持ち物を脅し取る」「スネ夫がのび太に対し陰湿極まりないいじめを行う」「のび太がしずかの入浴シーンを」などの反社会的な行為が描かれている。 後者の場合、「こじき」「ノータリン」「狂う(「狂ったように」などの類義語も含む)」などのセリフ、ホームレス・人食い人種・黒人・キャラクターが頭の横で指を回し「頭がおかしい」と表現する・気絶したキャラクターの口から噴き出る泡といった描写など差別等につながる不適切な表現は特に一掃されている。 そのため、「狂時機」のようにひみつ道具の名称変更や28巻「なぜか劇がメチャクチャに」のようにストーリーの大幅な書き換えを強いられたケースも少なくない。 書き換えに関しては、34巻「水たまりの大ピラルク」(後述)など作者の意向で書き換えられたケースもある。 その一方で5巻「ドラえもんだらけ」などのように「殺してやる」などといった過激な発言はそのままになっていることが多い(当然、アニメでは言い換えられている)。 「動物キャンディー」「しょうげき波ピストル」。 また「ヨット大冒険」は、同誌以外では、ぼくドラえもんの付録のみの収載であった。 「人間あやつり機」「のび太の恐竜」(短編)「ドンブラ粉」「宝さがしごっこセット」「悪の道を進め!」「あらかじめ日記はおそろしい」「おかしなおかしなかさ」「サンタえんとつ」「忘れものおくりとどけ機」「いたずらオモチャ化機」の計10作品は同誌に掲載されなかった。 ただし、小学館学年雑誌収載時とコミックス収録時に大幅に内容が書き換えられた作品もあり、書き換え前の話は未収録。 代表的な例としててんとう虫コミックス34巻収録「水たまりの大ピラルク」があり、話の展開が全く異なっている。 『ドラえもん プラス』スペシャルパックは〈小学館プラスワン・コミックス〉。 増版時に藤子・F・不二雄に変更されている。 自選集全10巻のうち7巻までが「ドラえもん」• 大全集としての通巻巻数も同じ。 内はFFランドの通巻巻数。

次の

100年ドラえもん 50周年メモリアルエディション:『ドラえもん』全45巻・豪華愛蔵版セット

ドラえもん 募金 の ウェブ ページ

詳細は「」を参照 作者によれば、のび太のモデルは、少年時代の作者自身である。 作者の少年時代は、運動能力が低く、いつも漫画を描いていたらしい。 他の登場人物もで過ごした少年時代の人間関係をモデルにしているという。 藤子・F・不二雄の少年時代の友人の間では「ジャイアンのモデル」と目されている者もいるとのこと。 さらに、しずかについては作者の理想の女性を描いたものだとする説がある。 舞台設定 作品の舞台となる、ドラえもんやのび太たちが住むは、「月見台すすきヶ原」という町である。 「多奈川」という大きなが流れている。 都内ではあるが、まだ裏山や空き地が開発されずに残されており、主人公たちの遊び場になっている(作者が少年時代を過ごした富山県高岡市の影響ともされる )。 大長編では、地球上で絶滅したが地底では生き残っていて、に進化したものが文明を築いていたことが判明する。 また地球には他にも人類以外の知的種族(アフリカ奥地の種族、、小人族など)や独自の発達を遂げた人類(海底に移住した人=、雲の上の天上人など)が一般の人類に知られず 存在し、には多種のも存在することが明かされた。 また、この世界には複数のが存在しており、一個はかつて学会で提唱されていたとおりの太陽の裏側のラグランジュポイントに存在し、22世紀では存在を知られている。 もう一つは別の恒星系に文字どおりに、すべてあべこべなが存在している。 のび太の家 ドラえもんとのび太が住む。 のび太の部屋は、窓の下が玄関上の屋根に面しており、のび太は屋根の上で昼寝や日光浴などをすることもある (も参照)。 稀にドラえもんもネコのように丸くなって昼寝をすることがある。 野比家の持ち家ではなく借家。 空き地 ドラえもんやのび太たちが住む町内にある。 が3本(6本)、ピラミッド状に積み上げられている。 子供たちが集まっておしゃべりしたり、野球をしたりと、子供たちの憩いの場となっている。 のび太の幼少時、またのび太の父の小学生時代には木材が多く置かれていた。 このことから単なる空き地ではなく、本来は材木を管理する企業が資材置き場として用いていた敷地の可能性がある。 また、空き地の所有者も確認できる。 ジャイアンのは、ここで開かれることが多い。 この空き地は、日頃から自由に使えるようになっていて、原作やテレビアニメの中でも度々登場する。 さらに、空き地で不発弾が確認されたこともあった。 学校の裏山 小学校の裏にある小山で、のび太の憩いのスポット。 山の頂上には「千年杉」と呼ばれる木がそびえ立つ。 モデルは少年時代の作者が息抜きに通っていたともされ、開発が及んでいない緑豊かな土地である。 近辺の崖からは、新種の や大型肉食の化石 が発掘されている。 団地の建設で一部掘り崩されたり 、宅地開発の対象になったり 、ゴルフ場建設が計画されたり など、造成の対象にもされており、25年後には頂上にヒルトップマンションという名前のマンションが建設され、千年杉は姿を消している。 未来の世界 ドラえもんが生まれた時代。 22世紀(連載初期は21世紀となっていた )。 はで制御しており、農作物や経済の動向などをふまえた上で厳正に決めている。 は上陸する前に消滅させている。 タイムマシンが普及しており、時間旅行をする際のルールとして「航時法」という法律が制定されている。 24世紀には、航時法の違反を取り締まる組織「」(略称:時警)の本部がある。 時代設定 漫画連載時期、アニメ放映時期に合わせて、作品内に登場するものにも多種の変化が見られる。 家電は時代に合わせて変化しており、当初はであったのび太の家の電話もに変わっていて、テレビも白黒からカラーへ(野比家がカラーテレビを購入したのは「」騒動の後)、そして薄型テレビへと変わり、に放映されたテレビアニメではスネ夫の家に3Dテレビが登場している。 もっとも、大枠では連載開始当時()の生活様式を維持している。 テレビアニメ第2作1期では、のび太は「基本的」に、紺色のと白色のハイソックスに黄色のシャツを着用しており、のび太の服装は(開始から現在まで一切)変化していない。 これは・・が子供だった当時の典型的服装である。 ただし、連載中期 - 後期においては上着に関してはさまざまなバリエーションが登場している。 また高校生は必ずに詰襟の姿という描写で登場する。 テレビアニメ第2作第2期ではリニューアルによってのび太たちの服装に変更が加えられた。 「してない貯金を使う法」(第4巻第8話)ではにが日本で初めて導入したが、「月ぷ」(月賦)という表現で登場し、父と叔父のやり取りを見ていたのび太が「これこそ現代人の生き方」と評している。 公共交通機関を利用する事もない(第2巻第13話「地下鉄をつくっちゃえ」で夕方のラッシュに巻き込まれて辟易するシーンが一度出て来るのみ)。 また、ドラえもんでは、作品中においてその年代について言及される場面が何度かある。 「りっぱなパパになるぞ! 」(第16巻収録)では、のび太としずかが結婚してマンションに住み、息子のノビスケがのび太くらいの年齢となった近未来がとされている。 「白ゆりのような女の子」(第3巻収録)では、のび太の父親であるのび助についての戦時中におけるの話がある(当時10歳前後であるとすると)。 しかし、テレビアニメ第2作第1期「タイムマシンでお正月 」では、生まれという設定となっている。 また、「ハリーのしっぽ」(第33巻収録)ではハレー彗星接近の前年で、現在はとなっているが、やといった現在首都圏内でよく見られる高層ビル街はほとんど描かれない。 「ママのダイヤを盗み出せ」(第7巻収録)では、母親である玉子の少女時代は1948年とされている。 しかし、テレビアニメ第2作第2期「ママのダイヤを盗み出せ 」では、玉子の7歳の時代が松田聖子がデビューして間もない初めになっている。 ドラえもんの道具にも時代の変化がみられる。 藤子・F・不二雄自身の中にある設定について、『ドラえもん』の数年前として『』 、ほぼ同時期の設定として『』『』『 』など、数十年後として『 』などがある。 のち、藤子・F・不二雄名義に。 本来のサイエンスフィクションのSFではない• 本の上部、左右端やのど(中央折り目)付近の、縦に細長いエリア。 ヘッダー。 単行本1巻分程度のボリューム• 『小三』と同時掲載• 『小五』と同時掲載• 絶筆作品である『大長編ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記』も含めている• 1978年発行『コロコロコミックデラックス ドラえもん・藤子不二雄の世界』初出(藤子・F・不二雄大全集『ドラえもん』第20巻、てんとう虫コミックス『ドラえもん』第0巻収録)。 映画『』の原案の一部にもなっている。 読みは「 トラエモン」(韓国語は語頭の [d] が [t] に変化するため)。 この枕詞は日本で発行している『SHOGAKUKAN ENGLISH COMICS Doraemon』のタイトルにも使われている。 月見台、あるいは大字田無。 詳細はを参照。 なお、川崎市による「ドラえもん特別住民票」では、「神奈川県川崎市多摩区長尾2丁目8番1号」と記載されている。 「ぼくの生まれた日」の雑誌での初出(『小学四年生』1972年8月号掲載)では、生年は1962年とされており、てんとう虫コミックスで単行本化される際に「1964年」に変更された。 藤子不二雄ランドの単行本では「10年前」とされ、藤子・F・不二雄自選集でもその設定は引き継がれた。 漫画では4年生(雑誌掲載時は雑誌ごとに学年が異なっていた)、アニメ版では5年生。 作者は1989年の講演( ドラえもんチャンネル)にて、「(この作品の)副主人公」と語っている。 アニメ版ではキャスト紹介でドラえもんが1番目、のび太は2番目であり、字幕もドラえもんが主人公を表す黄色で、のび太は準主人公を表す水色。 ただし学童疎開体験については時代設定の関係上父親ののび助の体験として描いている。 この土管は何度か破壊されたこともある。 テレビアニメ第2作第2期「夢まくらのおじいさん」(2010年6月11日放送)では、敷地の奥にある倉庫には「石田材木」の看板が見える。 テレビアニメ第2作第1期においても、空き地の奥に倉庫を配置することがしばしばあった。 「ゆめの町、のび太ランド」の回では、空き地が資材置き場として使われており、子供たちが遊べないという設定になっている。 『のび太の日本誕生』ではこの空き地の地主(声 - 田口昂)が登場し、不動産会社が3億円で買い取ろうとしていた。 藤子・F・不二雄大全集第1巻収録「未来から来たドラえもん」(『小学二年生』1970年1月号)では、ドラえもんが「百十一年あとのせかい」から来たと発言している。 また、連載初期の話の初出時は「21世紀」をドラえもんが来た未来とするセリフがいくつか散見され、単行本収録時にも初期の版では「21世紀」のままになっている話(第1巻収録「古道具きょう争」「走れ! ウマタケ」、第2巻収録「オオカミ一家」、第7巻収録「好きでたまらニャい」「ネズミとばくだん」「エスパーぼうし」)がある。 後の版で全て「22世紀」に変更された。 1980年1月1日放送• 日本初の高層ビル・ができたのが、西新宿での第1号・ができたのが。 2007年8月17日放送• 第19巻収録「影とりプロジェクター」でそれを示唆する記述があり、第24巻「めだちライトで人気者」で明確となる。 ただし、原作では「ジャイアンがのび太を殴る」「ジャイアンがスネ夫の持ち物を脅し取る」「スネ夫がのび太に対し陰湿極まりないいじめを行う」「のび太がしずかの入浴シーンを」などの反社会的な行為が描かれている。 後者の場合、「こじき」「ノータリン」「狂う(「狂ったように」などの類義語も含む)」などのセリフ、ホームレス・人食い人種・黒人・キャラクターが頭の横で指を回し「頭がおかしい」と表現する・気絶したキャラクターの口から噴き出る泡といった描写など差別等につながる不適切な表現は特に一掃されている。 そのため、「狂時機」のようにひみつ道具の名称変更や28巻「なぜか劇がメチャクチャに」のようにストーリーの大幅な書き換えを強いられたケースも少なくない。 書き換えに関しては、34巻「水たまりの大ピラルク」(後述)など作者の意向で書き換えられたケースもある。 その一方で5巻「ドラえもんだらけ」などのように「殺してやる」などといった過激な発言はそのままになっていることが多い(当然、アニメでは言い換えられている)。 「動物キャンディー」「しょうげき波ピストル」。 また「ヨット大冒険」は、同誌以外では、ぼくドラえもんの付録のみの収載であった。 「人間あやつり機」「のび太の恐竜」(短編)「ドンブラ粉」「宝さがしごっこセット」「悪の道を進め!」「あらかじめ日記はおそろしい」「おかしなおかしなかさ」「サンタえんとつ」「忘れものおくりとどけ機」「いたずらオモチャ化機」の計10作品は同誌に掲載されなかった。 ただし、小学館学年雑誌収載時とコミックス収録時に大幅に内容が書き換えられた作品もあり、書き換え前の話は未収録。 代表的な例としててんとう虫コミックス34巻収録「水たまりの大ピラルク」があり、話の展開が全く異なっている。 『ドラえもん プラス』スペシャルパックは〈小学館プラスワン・コミックス〉。 増版時に藤子・F・不二雄に変更されている。 自選集全10巻のうち7巻までが「ドラえもん」• 大全集としての通巻巻数も同じ。 内はFFランドの通巻巻数。

次の

ドラえもん募金: フォトログ☆もうぞ

ドラえもん 募金 の ウェブ ページ

フジテレビ企業広報室は、「今回起きた台湾地震に関して、サザエさん募金は実施しておりません」とした上で、FAX文書で以下のように回答した。 「過去に実施したサザエさん募金で、全国の皆様からご寄付いただいた貴重な募金は、全額を日本赤十字社や公益財団法人日本ユニセフ協会などに寄付しております」 「本募金は、全国のフジテレビ系列各局のテレビネットワークであるFNSが運営しており、銀行口座などへの振り込みを通じて受け付けていますが、実施の判断基準につきましては、回答を控えさせていただきます」 なお、今回のツイートに対する対応については「ご指摘のツイートについて、現段階では何らかの対応を取る予定はございません」と答えた。 世界に34あるユニセフ協会(国内委員会)の一つだ。 ユニセフ本部との間では「毎年、最低でも募金収入額の75%を拠出する」と定めたを交わしており、も公開している。 によると、2016年度(1月~12月)は集まった募金(総額176億3107万6839円)のうち144億円をユニセフに拠出。 これは2016年の募金収入の81. 7%にのぼる(2017年度の収支報告は4月発表予定)。 さらに、アグネス・チャンさんに関する記述も、「事実ではございません」と否定する アグネスさんは、1998年に「日本ユニセフ協会大使」に就任。 これはユニセフ公認の「親善大使」のうち「国内大使(National Ambassador)」にあたる。 「国内大使」は、各国のユニセフ国内委員会が任命し、ユニセフ本部が承認するユニセフ公認の地位。 には、アグネス・チャンさんとプロサッカー選手の長谷部誠さんの名前が「国内大使」として記されている。 同サイトでは黒柳徹子さんも「国際大使(International Ambassador)」の欄で。 同広報室は 「ユニセフ親善大使は全くの無報酬。 世界の子どもたちが直面する問題を訴え、子どもたちへの支援を呼びかけるため、ユニセフの活動に協力くださっています」と答えた。 今回のツイートについて、同広報室は「現時点で具体的な対応を依頼する予定はありません」としたが、今後も誤った情報が拡散された場合は公式サイトやTwitterで随時説明していく方針だという。 なお、台湾地震への募金については「当協会として、台湾地震の募金活動をする予定はございません。 ユニセフ本部からもそうした要請は届いておりません」と回答した。 PWJによると、同団体は北朝鮮の食糧危機が深刻化した1998年6月、同国にコメ60トンの食糧支援を実施。 しかし、「最も支援を必要としている人たちへ届いているかどうかを確認するのが難しくなった」として、同年内中に撤退。 その後、北朝鮮に対しては「全く支援をしていない」としており、も公開している。 今回の台湾地震ではレスキューチームのメンバーを現地に。 現地の消防団などと連携し、救助作業などに従事している。 担当者は「災害時のこうしたデマは、本当に残念なことだと思います」「こうしたデマが6万以上もリツイートされているのは怖いことです」とした上で、 「すでに顧問弁護士に相談しており、法的措置をとる方針です」と明かした。 このツイートは、1万7000回以上もリツイートされ、熊本市動植物園には問い合わせなどの電話が100件を超えたという。

次の