豆腐 ハンバーグ 鶏肉。 鶏肉でふわふわヘルシーなハンバーグ!お財布にも優しい絶品レシピ12選

シェフとつくる‘おいしいレシピ‘「鶏肉と豆腐のハンバーグ」

豆腐 ハンバーグ 鶏肉

ハンバーグに混ぜる挽き肉を調査 ハンバーーグに使う挽き肉は合い挽きじゃないとダメなの? まず私自身が真っ先に思いついたのがこの疑問です。 ハンバーグは「牛肉100%」だって「豚肉100%」だっていいんじゃないのか? という根本的な問題です。 牛肉100%のハンバーグだってありますよね。 某ハンバーガーチェーン店のハンバーグは「牛肉100%」を謳い文句にしているくらいですし。 「豚肉100%」のハンバーグだってあるはずです。 また、世間には「チキンハンバーグ」なるものが存在している通り、「鶏肉100%」のハンバーグだってあるわけですしね。 従って、言える事は、ハンバーグは何が何でも合い挽き肉でつくらなければいけないものではないんだ、となります。 なぜ世間一般は合い挽きを使ったハンバーグが主流なの? と、ハンバーグに使う肉が何でもいいのであれば、次にこういった疑問がわいてくるわけです。 世間では豚肉よりも牛肉が好まれる傾向がありますから、同じハンバーグを作るのであれば、牛肉100%のハンバーグが主流になっていてもおかしくないわけです。 これを調査していくと、どうやらその理由は、ハンバーグが普及した過程にあるようです。 ハンバーグは元々質のよくない安い肉を使った肉料理という形で広く日本中に普及していった事実があります。 この「安い」というのがキーワードですね。 牛肉は高価なもので、頻繁に食卓に登場するものでもありませんし、牛肉を食べるのであれば、ハンバーグに加工する必要はそれほどなかったわけです。 しかしながら、 鶏肉や豚肉は安価で入手できますから、気軽に使える食材です。 そのため、日本では豚肉や鶏肉を使ったハンバーグが主流でした。 その後、ハンバーグに牛肉を混ぜる手法が徐々に取り入れられ、合い挽き肉を使う形で一般化したのだと考えられるわけです。 牛と豚の合い挽きはわかったけど、その中になぜ鶏肉が入らない? るなんて話は聞いたことありません。 しかし、 昔のハンバーグには豚と鶏の合い挽きがよく使われていました。 これが近年使われなくなったのは、恐らく単純に味の問題ではないかと思われます。 ハンバーグに鶏肉を混ぜていたのは、ただ単に価格と肉の質の問題だったわけで、その問題がクリアされればよりおいしくなるものを、と考えるのが普通です。 従って、 ハンバーグに加工したときに食べやすく感じられる牛と豚の合い挽き肉が使われるようになり、鶏はほとんど使われなくなったのでしょう。 ちなみに、鶏肉100%のチキンハンバーグは、我々がイメージしているハンバーグとはちょっと違ったハンバーグです。 まあ、それもハンバーグの一種なので、好きな人は好きですけどね。 じゃあ牛と豚の割合はどれくらいがいいの? と、最後に出てくる疑問がこれです。 事ここに至ってしまうと、「個人の好みで選びなさい」となります。 一般的に使われている合い挽きは「牛7豚3」もしくは「牛6豚4」が多く、どちらのハンバーグも「これが一番おいしい」と主張されています。 この辺はもうその人の好き嫌いとしか言えないでしょう。 実際に自分で食べ比べてみて、この肉を使ったハンバーグが一番おいしいと思ったらそれを使えばいいと思います。 勿論、牛肉100%のハンバーグが一番おいしいと思えばそうすればいいのです。 スポンサーリンク ハンバーグに混ぜる野菜を調査 ハンバーグに混ぜる材料は、挽き肉以外に刻んだ野菜が入れられるのが一般的です。 しかし、ハンバーグに混ぜる野菜も場所場所によっていろいろなものが使われているのです。 調べてみましょう。 ハンバーグにたまねぎを混ぜる 基本中の基本ですね。 一般的なハンバーグにはまず間違いなく刻んだたまねぎが入っています。 基本的なハンバーグのレシピでも紹介しましたね。 たまねぎは熱を加えていためると甘みが出ますから、ハンバーグをよりおいしくいただくことのできる役割を担っています。 ハンバーグににんじんを混ぜる たまねぎについで一般的に使われていると思われる野菜です。 お子さんの中にはなぜかにんじんが嫌いな子が多いですよね。 私はにんじん大好きですけど。 そういうお子さんに対し、ハンバーグの中ににんじんを混ぜることによってにんじんを食べさせようというわけです。 何か肉詰めピーマンみたいですね。 ハンバーグは肉の味やソースの味がメインになって、にんじんの味がかなり薄れてしまいますから、何とかしてお子さんににんじんを食べさせようと思われる方が好んでハンバーグに混ぜているようですね。 勿論、にんじんの味が100%消されるわけではないですから、にんじんの香りを付けたい人が好んで入れることもありますしね。 ハンバーグにしいたけを混ぜる しいたけは野菜ではありませんが、野菜と同様にしてハンバーグの中に混ぜている人もいるので、ここで紹介します。 これもたまねぎやにんじんと同様、刻んでハンバーグの中に混ぜていただきます。 ハンバーグとしいたけの相性はよく、しいたけを入れることによってハンバーグの風味が増すと言われており、一部の人の間では好んで取り入れられています。 ハンバーグに混ぜる挽き肉・野菜以外の材料を調査 ハンバーグは、挽き肉を使って作るのが一般的ですが、世の中には挽き肉以外のものを入れる場合もあります。 挽き肉以外のハンバーグの材料のことを一般的には副材料と呼んでいるようですね。 え? だって中学校の家庭科の教科書にそう書いてあるみたいですよ。 まあ、それはさておき、ハンバーグに挽き肉の変わりに入れるといったら一体何を入れるのでしょうか? ハンバーグに豆腐を混ぜて豆腐ハンバーグに 近年、健康によいという触れ込みにより、一般的に食べられるようになったハンバーグです。 ただ単にハンバーグに豆腐を混ぜるとだけ言いましたが、この豆腐の割合も場所によって変わっており、肉の半分の量を豆腐にしたものや、3割程度を豆腐にしたもの、さらに最も極端なものは肉を全て豆腐にしてしまうものすらあります。 豆腐ハンバーグの作り方は非常に簡単で、 水切りをした豆腐を細かく砕き、挽き肉と卵、お好みの野菜などを混ぜ合わせて焼くだけというものです。 豆腐ハンバーグは、肉の量が少なくなってハンバーグの味自体が若干薄くなってしまうので、豆腐の量が多い場合はひじきやにんじん・しいたけなどを多めに入れる人もいるようです。 この辺りも、個人の好みで好きなものを入れればいいと思います。 ハンバーグにおからを混ぜておからハンバーグに おからといえば豆腐を作るときに出るしぼりかすですが、これをハンバーグに混ぜるおからハンバーグも人気があります。 これも作り方は至ってシンプルで、挽き肉の変わりにおからを入れ、卵、野菜でよく混ぜ合わせて焼くだけといったものです。 おからの原材料が豆腐と同じ大豆ですので、豆腐ハンバーグと同様ヘルシーなハンバーグとして注目されています。 以上の2つは結構有名なハンバーグなので、実際に作ったことのある方も結構いると思いますが、世の中には猛者がたくさんおり、これ以外にも様々な材料を混ぜたハンバーグにチャレンジされています。 お好み焼きにとろろを入れるとふっくらするらしいからハンバーグにとろろを混ぜてとろろハンバーグを作ってみようとか、レンコンのすりおろしをハンバーグに入れてレンコンハンバーグを作ってみようとか、実に多くの食材を使ったハンバーグが作られています。 こうなってくると、ハンバーグという料理は、よっぽどおいしくない組み合わせでなければ何を入れても問題ない料理と考えられるのではないでしょうか。 皆さんも、ここで取り上げたもの以外のオリジナルの食材を見つけたら、ハンバーグに混ぜる食材として使ってみてはどうでしょうか。 たまねぎは炒める?炒めない? 基本レシピのページでは、たまねぎは炒めて作ってますが、普段うちでは炒めないで作ることが多いです。 レシピやテレビの料理番組など色々見てみても、たまねぎを炒めるレシピ・炒めないレシピが出てくるのでどっちが正解という事はないと思います。 なので、炒める派・炒めない派に聞いてみた意見を並べてみたいと思います。 炒める派.

次の

豆腐ハンバーグのレシピ・作り方一覧(8件)

豆腐 ハンバーグ 鶏肉

所要時間: 20分 カテゴリー:、 豆腐ハンバーグのレシピ! 崩れるのを防ぎ、ふわふわに作る3つのコツ 豆腐ハンバーグを作るとき、お肉と豆腐の配分はどれくらいにしていますか? 豆腐の割合を増やすと、焼き崩れてしまうことがありますよね。 ここでは豆腐と鶏ひき肉で作る、失敗しないふわふわ豆腐ハンバーグの作り方を紹介します。 ポイントは大きく分けて3つです。 作りたての国産大豆を使った豆腐は、大豆の風味が生きており特におすすめです。 ペーパータオルを敷いたお皿に豆腐をのせ、重しをして1時間ほど水切りしてください。 それでも水分を全部出しきれるわけではないので、タネにはつなぎを入れて水分を吸わせるようにします。 できれば乾燥タイプのおからを使うといいのですが、パン粉でもOKです。 なめらかになるまですり鉢で潰すといいでしょう。 フライパンはテフロンなどコーティングされているものを使いましょう。 鉄製だと、上手くはがれなくなってしまう場合があります。 豆腐ハンバーグの材料( 2人分).

次の

鶏肉ミンチと豆腐で作る豆腐ハンバーグのカロリーと栄養価、ダイエットにおすすめな理由

豆腐 ハンバーグ 鶏肉

木綿豆腐 1丁• 鶏ひき肉 300g• 玉ねぎ 半分~1個• 卵 1個(なくても良い)• 塩コショウ• 大根 適量• ポン酢 適量 豆腐は木綿を使います。 味付けは、さっぱり和風に、大根おろしとポン酢のシンプルな組み合わせで。 1 木綿豆腐の水分を抜く まずは、 木綿豆腐の水分を抜きます。 キッチンペーパーで豆腐を包み、その上に重りを乗せておきます。 豆腐の水分を抜いておかないと、後で鶏ひき肉と混ぜ合わせた時に、 余分な水が出て、粘りを出すことが出来ません。 2 玉ねぎをみじん切りにする 続いて、玉ねぎ半分をみじん切りにします。 3 豆腐・鶏ひき肉・玉ねぎを混ぜ合わせる ハンバーグのたねを作ります。 ボールに、水分を抜いた木綿豆腐、みじん切りにした玉ねぎ、鶏ひき肉300gを入れ、 軽く塩コショウをして、手でこねながら混ぜ合わせます。 卵を入れるかは、お好みで。 入れなくても、豆腐の水分を抜いておけば、ちゃんとつながります。 卵を入れた場合は、ハンバーグがよりふんわりと仕上がります。 ハンバーグのたねに粘りが出るまで、しっかりこねて下さい。 これで準備はOK。 フライパンで焼いていきます。 4 片面を中火で2分焼く 熱したフライパンにサラダ油をしき、豆腐ハンバーグを焼きます。 中火で2分程、表面に焦げ目が付くくらいが目安です。 5 裏返して、蓋をし弱火で5~6分焼く 表面に焦げ目がついたら、フライ返しでひっくり返します。 美味しそうな焦げ目です! フライパンに蓋をし、 弱火にして5~6分蒸し焼きにします。 6 大根おろしを作る ハンバーグを焼いている間に、大根をすって、大根おろしを作ります。 量はお好みで! 豆腐ハンバーグが焼けたら、お皿に盛り付け、 大根おろしを乗せてポン酢をかければ完成です! 【豆腐と鶏ひき肉の和風ハンバーグ】簡単レシピ まとめ 木綿豆腐と鶏ひき肉のヘルシー和風ハンバーグが完成! 付け合せには、菜の花のゴマ和えを添えてみました。 普通の牛豚合挽きハンバーグに比べて、とってもヘルシー! 豆腐のライトな感じに加え、鶏肉のジューシー感も味わえるので、 いくらでも食べられちゃうくらい、食が進みますよ! 大根おろしの下に、シソの葉を敷いても美味しいです! 大根おろしとポン酢でさっぱりと。 カロリーも控えめなので、ダイエット中のママさんや、小さなお子さんにもぴったり。 お弁当のおかずにもイケますね。 では、作るポイントをおさらい。

次の