中国 ドラマ えい らく あらすじ。 瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~

【瓔珞(エイラク)】あらすじ全話。キャストも総まとめ!

中国 ドラマ えい らく あらすじ

中国ドラマ「瓔珞<エイラク>紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃」の劇中に何度も茶や菓子が登場します。 日本では見た事のない料理に興味が湧きました。 登場人物がおいしそうに頬張るお菓子や、腹を下してしまったお菓子、最低限の食糧として登場した料理などをピックアップしました。 芙蓉糕(ふようこう) 37話で瓔珞(えいらく)が明玉(めいぎょく)の額に練り切りを押し付けて「芙蓉糕(ふようこう)作りよ!」とからかう場面にて登場。 銀耳と蓮の実 36話で純妃(じゅんひ)が乾隆帝に贈った茶菓子。 宮入り前の富察皇后(ふちゃこうごう)が純妃(じゅんひ)に作ってあげるとすすめたのが銀耳。 本当は純妃(じゅんひ)は緑豆糕(りょくとうこう)が好物だった。 緑豆糕(りょくとうこう) 35話で少女時代の純妃(じゅんひ)が富察皇后(ふちゃこうごう)に食べたいと言ったお菓子。 三清茶 23話で登場しました。 乾隆帝が御花園(ぎょかえん)にて弘昼(こうちゅう)ら皇族に出したお茶です。 ブッシュカンや龍井(ロンジン)などを入れた茶です。 金瓜貢茶 22話で登場しました。 富察皇后は雲南の金瓜貢茶が好きでした。 鉄観音 22話に瓔珞(えいらく)が覚えている訪問客の茶として登場しました。 富察傅恒(フチャふこう)は鉄観音が好きす。 皇后は金瓜貢茶が好きでした。 バウルサク 18話で愉貴人(ゆきじん)が故郷の食べ物バウルサクを喜んで食べる場面がありました。 食べ過ぎて皇子に黄疸が出てしまいたいへんな騒ぎになりました。 実は高貴妃(こうきひ)が裏で糸を引いていたのでした。 元宵団子(げんしょうだんご) 4話で高貴妃(こうきひ)が食べていた餅。 瓔珞(えいらく)が好きでも無いのに欲しがる芝居をしました。 粥(かゆ) ドラマの中で「お粥」は繰り返し登場します。 赤ん坊の離乳食や病人食としてたびたび使われていました。 お粥の棗と砂糖を入れたものが永珹(えいせい)皇子に与えられました。 主人公の瓔珞(えいらく)は袁春望(えんしゅんぼう)にお粥を食べさせてもらいました。 また、水害に遭った避難民にも配られました。 饅頭(まんとう) 小麦粉を蒸したものです。 辛者庫(しんじゃこ)の太監や女官の食事として登場したほか、水害に遭った避難民に配られました。 果物 ドラマの中に、茘枝(レイシ)、葡萄、瓜などの果物が登場しました。 乾隆帝は葡萄と水を食べ過ぎて5回も便通があったそうです。 関連記事• 富察傅恒(ふちゃふこう) 富察傅恒(ふちゃふこう)は1722年に生まれ、1770年に没した清王朝の大臣・軍人です。 満州族出身の名門貴族です。 乾隆帝の第一皇后、富察氏の実弟です。 軍機大臣、大學士を務めました。 概要侍衛(しえい)を経て内務府大臣、戸部尚書、軍機大臣、保和殿大学士を務めました。 一等忠勇公を授かりました。 皇太子を補佐する太子太保、太保を務めました。 大金川の戦いで総指揮をとりました。 乾隆帝からは文忠の号を贈られました。 息子は嘉勇郡王に封じられました。 誕生傅恒は満州族の名門、富察族に生まれました。 戦争1747年~1749年 大金川の戦い(現在のアバ・チベット族チャン族自治州)。 1754年~1756年 内乱を鎮圧しました(現在のイリ・カザフ自治州)。 1768年~1769年 軍の最高司令官となりビルマへ侵攻し、戦に敗れて停戦を結びました。 逝去ビルマへの遠征から戻り、北京でマラリアにかかって亡くなりました。 家族父は李栄宝(りえいほう)です。 妻は那拉氏(ならし)です。 姉は乾隆帝の皇后、孝賢純皇后富察氏(こうけんじゅんこうごうふちゃし)です。 甥の明瑞は乾隆帝の義理の息子ですがビルマ征服に失敗し自害しました。 富察傅恒(ふちゃふこう)が登場するドラマ瓔珞(えいらく)紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃富察皇后(ふちゃこうごう)の弟として侍衛(しえい)という皇帝の護衛役で登場します。 乾隆帝の弟、弘昼(こうちゅう)や海蘭察(ハイランチャ)の友人という設定です。 wikipedia. 爾晴(じせい)の姓は喜塔腊(ヒタラ)氏という実在した歴史上の一族です。 爾晴(じせい)を演じる役者さんの美しさに気になった人も多いのではないでしょうか?虚実が入り混じっているドラマですが、つい興味が出ちゃいます。 ここではドラマの重要部分をネタバレしていますのでまだ見ておられない方はご注意ください。 目次 概要喜塔腊氏喜塔腊(ヒタラ)氏は満州族の一族の姓で正白旗といって皇帝を輩出する上三旗のひとつです。 清王朝の時代は舅氏子、老娘家と呼ばれていました。 一族の始祖は昂果都理巴顔です。 昂果都理巴顔は尼雅満山に住んでいて7人の息子がいました。 息子たちの名前は都里金、那奇布、武特嘉、喜特庫、薩璧図、恩都理、叶成額です。 都里金の祖先はヌルハチの生母、宣皇后の父です。 宣皇后、來保、孝淑睿皇后、庫理、裕禄といった人物を輩出しました。 来保(らいほ)爾晴(じせい)の父、來保(らいほ, 1681年~1764年)は歴史上に実在する人物で喜塔腊(ヒタラ)氏の出身です。 来保(らいほ)は内務府に隷属し工部尚書、刑部尚書、礼部尚書、武英殿大学士、吏部尚書(前任者はドラマにも出て来る高斌)、軍機処、、文華殿大学士などを担当し内務府總管になりました。 字は学圃、諡号は文端です。 爾晴(じせい)爾晴(じせい)は架空の人物です。 來保の孫娘という設定で富察皇后(ふちゃこうごう)の奴婢です。 奴婢といっても高貴な身分なので劇中で高貴な貴族との縁談を乾隆帝から賜りました。 蘇青という1989年生まれの女優さんが爾晴(じせい)を演じています。 放送時に何と29歳でした!思ったよりお歳を召していましたね。 ドラマの35話で、乾隆帝は傅恒(ふこう)と身分が釣り合うように爾晴(じせい)の一族を上三旗の包衣(奴隷)から上三旗にして身分を上げたと語る場面がありました。 36話では結婚式の場面がありました。 福晋那拉氏実は、富察傅恒(フチャふこう)の妃は福晋那拉氏(ふくしんならし)という以外、記録に残っていません。 乾隆帝と私通があり福康安を出産したとか、清王朝始まって以来の美女… 瓔珞(えいらく)22話 証拠の帯 目次[][][] あらすじ 瓔珞(えいらく)は富察皇后(ふちゃこうごう)と爾晴(じせい)に今度の企みが高貴妃(こうきひ)の策略によるものであると明かしました。 瓔珞(えいらく)はその場しのぎに女官の遺体に漿花(しょうか)と鳳仙花(ほうせんか)の汁を使い京劇ごっこで楊貴妃に扮したかのような偽装をしたと答えました。 爾晴(じせい)は長春宮で流行った遊びがもとで女官が死んだので事が明らかになれば皇后の責任が問われると呟きました。 明玉(めいぎょく)は高貴妃(こうきひ)がどうして女官の死を予見できたのか不思議に思いました。 瓔珞(えいらく)は先ほどの三人の女官のうち生き残った二人は悲しんでいなかったので計画的にもう一人の女官を突き落としたのだろうと言いました。 富察皇后(ふちゃこうごう)は小細工をした瓔珞(えいらく)と明玉(めいぎょく)を甘やかしすぎたと落胆しました。 瓔珞(えいらく)は間違ったことをした自覚がありませんでした。 儲秀宮(ちょしゅうきゅう)。 皇太后の命令により、高貴妃(こうきひ)の専用舞台が取り壊されました。 皇太后の侍女、劉女官(りゅうにょかん)は部下たちに舞台を全部壊すよう命じていました。 劉女官(りゅうにょかん)は「清の妃嬪(ひひん)は品位を保ち貞淑でなければならぬ。 芝居に興じ君主を惑わすなどもってのほかである。 」と皇太后のお言葉を貴妃に伝えました。 芝蘭(しらん)は衣装を燃やないで欲しいと頼みました。 劉女官(りゅうにょかん)は妃は後宮の手本とならねばならぬという皇太后の命令により、大切な衣装を燃やさせました。 高貴妃(こうきひ)はお気に入りの衣装だけは残して欲しいと頼みました。 しかし劉女官(りゅうにょかん)は「今後芝居に興じた者はこの服と同じように始末されるでしょう」と冷たく言うと衣装を火の中にくべました。 長春宮。 富察皇后(ふちゃこうごう)は食事を拒んで自らを戒めていました。 夜の儲秀宮(ちょしゅうきゅう)。 舒貴人(じょきじん)は目通りを願いましたが芝蘭(しらん)は拒絶しました。 舒貴人(じょきじん)は庭で土下座しました。 長春宮。 瓔珞(えいらく)は皇后の機嫌を直すベク奮闘しました。 富察皇后(ふちゃこうごう)は衣装に扮して舞わせた瓔珞(えいらく)たちに腹を立てていたたのではありませんでした。 「私は嫁いで以来、堅物になっ….

次の

エイラク(瓔珞/中国ドラマ)あらすじネタバレ!相関図,キャストは?

中国 ドラマ えい らく あらすじ

国内最大級の14万本 見放題9万本、レンタル5万本 +電子書籍32万冊のコンテンツ• 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。 日本でも大奥で知られる宮廷内の愛憎と陰謀を描いた中国ドラマ「エイラク」の、あらすじネタバレや出演するキャストと相関図も気になりますよね。 今日は中国ドラマ「エイラク 瓔珞 」のあらすじネタバレや、出演するキャストと相関図も詳しく調べてみましたよ。 後宮に女官として仕えていた姉が突然の死を遂げ、そのことに疑問を持った魏瓔珞は、姉の死の真相を解明するために自身も女官となって後宮に入ることにします。 しかし、自身の低い身分により他の同僚たちから嫌がらせを受けてしまいます。 ですが、持ち前の聡明さと正義感によって数々の試練を乗り越えていきます。 そんなある日、皇后の弟であり侍衛の富察傅恒の持ち物が姉の遺品から見つかります。 密に富察傅恒に対して復讐しようと思っていた時、妃嬪たちの権力争いに首を突っ込んでしまいます。 姉を殺した犯人と死の真相の謎は解明できるのか? 愛憎と陰謀が渦巻く後宮で、魏瓔珞に訪れる数々の苦難と試練を乗り越えられるのか? 実際に歴史上に存在した人物の軌跡を追う壮大なドラマ「エイラク 瓔珞 」は、ドラマファンならば見逃せない一作になっています。 中国ドラマ「エイラク 瓔珞 」のキャストと相関図も詳しく調べてみましたよ。 中国ドラマ「エイラク 瓔珞 」キャストですが、主人公を中心に帝と皇后と主人公と恋仲になる侍衛を相関図もを交えてご紹介していきたいと思います。 パッと見ただけでも分かる綺麗な顔立ち頭の小ささで、これからの作品に期待が持てる女優さんですね! 魏瓔珞と恋仲になる侍衛の富察傅恒を演じるのはシュー・カイさんです。 中国の女性ファンを虜にし、早くも人気俳優の仲間入りを果たしたシュー・カイさんから目が離せませんね! エイラクの舞台である清朝の皇帝・愛親覚羅弘歴 乾隆帝 を演じるのはニエ・ユエンさんです。 他にも、「項羽と劉邦」などヒット作品に多数出演していて時代劇作品には欠かせない俳優さんです。 愛親覚羅弘歴 乾隆帝 の正室 皇后 であり富察傅恒の姉の富察容音を演じるのはチン・ランさんです。

次の

【瓔珞(エイラク)】あらすじ全話。キャストも総まとめ!

中国 ドラマ えい らく あらすじ

Contents• netflix. モンゴルの王子を振り向かせたい、清朝の王子。 その思惑は宮廷をも巻き込む陰謀の序章の始まりでした・・・ 「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」の瓔珞の娘・ 昭華公主が新たなヒロイン。 また、かつて瓔珞と共に皇后に仕え、後に敵となった女官・爾晴(じせい)の息子である富察・福康安。 乾隆帝の弟の娘を軸に、3人の愛憎と宮廷での争いや試練を描いていきます。 あの大ヒットドラマ「瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」の番外編ということで、本国では続編とみられているようですが、 残念ながら中国での配信はまだ決まっていないようなんですね! これはなんということでしょう! ワタシは先日中国に行きましたが、Netflixが見られませんでした。 中国の大ヒットドラマの続編が中国では見られないのです・・・ しかし、瓔珞<エイラク>のファンであれば気になってしょうがないでしょう。 そして撮影は瓔珞<エイラク>と同時に行われていたということですから、最初からこういった流れが決まっていたのでしょう。 金枝玉葉とは?意味は何? そして、気になるのが、 金枝玉葉の意味ではないでしょうか!? これはきんしぎょくようと呼びます。 意味を調べると? 天皇や天子の一族・子孫のたとえ。 また、美しい雲の形容。 その他、花樹の枝葉が黄金や珠玉のように美しく茂る意としても用いられる。 goo. 詳細はこちらからどうぞ! 相関図は!? 本作の相関図の情報は調査したところ、見つからず。 参考までに、 エイラクの相関図をチェックしてください。 終わり方からいって、続きはないですよね・・・? とにかく豪華なセットに驚き! 全編スタジオで収録していないように見えますが、 たぶん紫禁城を模した一大セットで演技をしているんでしょうね。 中国ドラマの潤沢な資金をまざまざと感じました。 また、衣装などもとても綺麗! 目を奪われる鮮やかさでした。 物語としては・・・ 話数が短かったこともあり、少し感情移入しずらいかな?という面がありましたね。 しかしエイラクのファンからすれば、 絶対見たい番外編であることは必須です。 もちろんあの人物も1話から出てきますよ! ネタバレも! ネタバレについてですが・・・ 二人のイケメン男子と、主人公の昭華。 一体、昭華はどちらをとるのか?!というのがかなりの見どころになります。 そして、最後の錯乱状態は演技だったのかどうかも・・・ 錯乱状態の演技についてはぜひご自身の目で確かめてみてください! まとめ ということで、金枝玉葉についてでした! 今後こういったパターンが増えるかもしれませんね。 海外の有名映画の続編をNetflixはよく配信していますから。 こうして、その映画のファンは続編をみるために、Netflixに入るしかないのです苦笑 前作はこちらからチェック!.

次の