退職 最後 の 挨拶。 退職の挨拶9パターン!感動スピーチ例文(朝礼,転職,寿など)

退職の挨拶における3つの基本マナーとスピーチ例文集【ケース別】

退職 最後 の 挨拶

会社を退職する際、最終出社日には退職者から『退職の挨拶』をするのが一般的です。 ただ、スピーチが苦手な方に限らず、退職挨拶をするのはほとんどの人が初めての経験なので、「どのように話せばいいのかよく分からない」ということも多いと思います。 もちろん、絶対にこうあるべきというルールはありませんが、何も考えずに話してしまうと、まとまりのない話になってしまったり、時間が長くなりすぎて聞いている人が飽きてしまったりして、後味の悪いスピーチになることも少なくありません。 そのような失敗をしないためにも、今回の記事では、 退職当日に挨拶スピーチをするときの『注意するポイント』『話しの流れ』『例文』をご紹介します。 最終日はあなたにとって特別な1日となるので、退職挨拶で失敗して後悔しないように、しっかりとポイントを押さえて臨んでください。 退職挨拶での『話し方のポイント』 まずは、退職挨拶でスピーチをする時の『話し方のポイント』を紹介します。 お世話になった方々の顔を見ながら話す 退職時の挨拶は、自分がお世話になった部署の方々の前に出てスピーチするのが一般的です。 緊張すると下を向いたり上を見たりしてしまいがちですが、 目の前にいるお世話になった方々にしっかりと感謝の気持ちを伝えるために、一人ひとりの顔を見ながら挨拶することを心がけましょう。 顔を見て話すことで、あなたの感謝の気持ちがより相手に伝わるようになります。 ネガティブな発言をしない 退職挨拶の場では、会社への不平不満を話さないようにしましょう。 スピーチを聞いてくれる方々はこれからもその会社で働いていく人たちですので、会社への批判を聞くのは不快に感じる人もいるでしょう。 また、同僚や後輩など、残された人たちへの影響もあるかもしれません。 会社への不平不満をどうしても伝えたい場合には、上司や部長と1対1の時に直接伝えるようにして、スピーチの場ではマイナスな発言は慎むようにしてください。 スピーチ時間は短めにする(目安:1-2分) スピーチの時間は長くなりすぎないように、1~2分で話し終わるようにしましょう。 あなたと親しい人であればあなたの話をしっかりと聞いてくれますが、会社ではそのような人たちばかりではありません。 スピーチが朝礼の時であれば従業員は「早く仕事を始めたい」と思いますし、スピーチが終業時刻間際であれば「早く帰りたい」「残りの仕事を早く片付けたい」と思う人もいます。 最終出社日は、退職者にとっては特別な一日で色々な思い出を語りたいという気持ちも分かりますが、長くなりすぎると聞いている方もイライラしてしまい、後味の悪い最後となってしまいます。 色んなエピソードを入れ込むのではなく、エピソードを1つに絞り、スピーチ時間は長くても2分で終えた方がよいでしょう。 暗記せずに、話す内容だけ整理しておく 退職挨拶は試験でも面接でもなく、話す相手は社内であなたがお世話になった方々です。 暗記した言葉をそのまま喋るよりも、その時にあなたの口から出た言葉で話す方がより相手に感謝の気持ちが伝わります。 スラスラと話すことが重要ではなく、感謝の気持ちが伝えられるかが大切です。 多少話がつまってしまうこともあるでしょうが気にする必要はないので、あなたからその時出てきた言葉で伝えるようにしましょう。 ただ、「何について話すのか」ということだけは事前に決めておきましょう。 何も考えずにスピーチをしてしまうと、まとまりのない挨拶になってしまったり、当たり障りがなく中身のない挨拶になってしまうことがあります。 最低限「このエピソードを話そう」などと決めておくようにしてください。 退職挨拶の『スピーチ内容』 退職挨拶のスピーチの流れ 退職挨拶のスピーチの流れは、下のような内容が一般的です。 <文例>• 一身上の都合で、本日退職することとなりました。 〇月〇日付で退職することとなり、本日が最終出社日となります。 退職理由については、定年や結婚が理由であればそのままの理由でOKですが、転職や病気の場合は詳しく伝える必要はないので「一身上の都合のため」とするのが一般的です。 退職理由に触れたくない場合は無理に付け加える必要はありません。 また、最終出社日と退職日が異なる場合は「〇月〇日付で退職」と言うように、正式な退職日を伝えるようにしましょう。 下の例文のように、「〇年間、ありがとうございました」というのが一般的です。 <『お礼の言葉』の例文>• 入社して5年間、開発部の皆さまから多くのことを学ばせて頂き、本当にありがとうございました。 そして、感謝の言葉の後には、あなたの『具体的なエピソード』を付け加えましょう。 この具体的なエピソード部分が、あなたらしさが最も表れる部分であり、あなたの気持ちが相手に伝わるポイントとなります。 具体的な内容であれば、聞いている方も「あの時大変だったよなあ」「そんなことあったんだ」とあなたの言葉に耳を傾けてくれるようになります。 具体的なエピソードをする時のコツは、『失敗談を盛り込む』ことです。 下の例文の赤字部分が失敗談に当たります。 <『具体的なエピソード』の例文>• 仕事に自信のなかった私が、今では大きなブランドの商品開発にも携わることができるようになったのは、時に厳しく、時に優しく支えてくださった皆さんのおかげです。 私のミスでスケジュールを1週間間違えてしまいチーム総出で作業することになるなど、先輩方にはたくさんのご迷惑をおかけしてしまいましたが、それでも今日まで温かく見守って下さったことに感謝の気持ちでいっぱいです。 また、やってはいけないことは『エピソードを盛り込むすぎてしまう』ことです。 ついつい会社で経験した苦労話など色々なエピソードを盛り込みすぎてしまい、話が長くなるのはNGです。 エピソードは、自分が最も伝えたいもの1つに絞るようにしましょう。 <『今後の抱負』の例文>• 最後になりますが、皆さまの益々のご活躍とご健康をお祈りしています。 今日までありがとうございました。 退職挨拶の『例文』 最後に、退職挨拶の『例文』を紹介します。 最終出社日はあなたにとって記憶に残る特別な日なので、退職挨拶で失敗して後悔することがないように、今回の内容を参考にして気持よく退職日当日を乗り切ってください。 また、退職日当日は、「退職挨拶」以外にも、「挨拶回り」「デスク・ロッカーの清掃」や「会社の備品の返却」、「必要書類の受け取り」などがあり、とても忙しい一日になります。 最終出社日の過ごし方については、下の記事でまとめているので、参考にしてみてください。 check.

次の

退職の挨拶はこれで決まり!万人受けするメール・スピーチの例文集

退職 最後 の 挨拶

【このページのまとめ】• ・退職の挨拶をメールで送るのは一般的であり、失礼ではない ・送るタイミングは直属の上司と相談の上、引き継ぎの時期も考慮して社外には早めに、社内には最終出勤日に送ろう ・メールに含める内容は、退職の日付、お礼と感謝、退職後の連絡先など ・円満退職でなかった場合も、職場への不平・不満などネガティブな内容は伝えない ・一斉メールの場合は宛先をBccにする、特にお世話になった方にはエピソードも交えて個別メールを送るなど配慮しよう ・メール以外の挨拶の方法には、電話、書面、スピーチなどがあり、いずれもお礼と感謝の気持ちが伝わるシンプルな内容が好印象 退職が決まると、業務の引き継ぎや取引先への挨拶回り、必要書類の提出や保険の手続きなどやることがたくさんあるため、何かと慌ただしくなりがちですが、「退職の挨拶」にもしっかり気を配りたいものです。 退職時は、直接挨拶する以外に、メールで挨拶と感謝の気持ちを伝えるという方法も。 挨拶メールにはどんなことを書けば良いのでしょうか。 また、送るのに適したタイミングについても併せて考えてみましょう。 コンテンツ目次• 特にお世話になった方や、顔を合わせる機会のある相手には、直接会って口頭でお礼と挨拶を伝えるのがベストですが、タイミングや距離などの関係で、なかなか会いに行けない人もいるでしょう。 そのような場合は、メールツールを活用して、これまでの感謝と別れの挨拶を伝えましょう。 メールを送るタイミングは直属の上司と相談し、退職を周囲に伝えても良い時期を見計らいます。 担当者の引き継ぎなどがあるため、取引先など社外への連絡は早めに。 迷惑がかからないよう、少なくとも退職の2~3週間前には連絡できる手はずを整えましょう。 社内への連絡は、最終出勤日にするのが一般的ですが、会社によっては規定や慣習があるため、それに従いましょう。 メールを送るタイミングは、業務に支障が出ないよう定時を過ぎてから退社するまでの時間が無難です。 職場でなんらかのトラブルがあったなど、円満退社でない場合でも、愚痴や不満のような内容にならないように注意してください。 最後の場面でネガティブな発言をすることで、いい気持ちのする人はいませんし、将来、もしかしたら元の職場が仕事の取引先となるかもしれない可能性を考えると、わざわざ自分の悪評を買うようなことをする必要はないでしょう。 これは社内の人たちだけでなく取引先なども同様で、いつかまた一緒に仕事をする機会があるかもしれない相手には、なるべく好印象を残したいところです。 メールの文章は長くなりすぎないように、シンプルを心がけましょう。 内容は以下の通りです。 【件名】 件名はひと目で「退職の挨拶」だとわかるものにし、自分の名前も付けると明瞭です。 【退職する日付】 業務連絡の可否を知らせる意味合いからも、退職する日付も必ず伝えます。 【退職する理由】 退職理由や転職先を具体的に書く必要はありません。 ほとんどの場合、「一身上の都合」で十分です。 【お礼と感謝】 職場や仕事での経験が自分にどのような影響を与えたかということを簡潔にまとめ、謝意を伝えます。 【相手の活躍や繁栄を祈る言葉】 最後に、お世話になった方や会社の今後の活躍、繁栄を願う一文を添えましょう。 【退職後の連絡先】 社内向けのメールの場合、今後も関係を維持していきたい場合は、連絡先を書いても構いません。 一方、取引先など社外に送るメールには、私用の連絡先や転職先の情報などは含めないのがマナーです。 一斉メールで送信する場合は、宛先をBccにするなど配慮しましょう。 また特にお世話になった方に対しては、その方とのエピソードも交え、個別のメールを送った方が好印象です。 至らぬ点も多々あったかと思いますが、いつも暖かく励ましの言葉をかけていただき、心より感謝申し上げます。 常に前向きに仕事に取り組むことができたのは、皆様のお力添えがあったからこそでした。 ここでの経験を、今後も活かしてがんばっていきたいと思っております。 今後の連絡先は下記になりますので、何かありましたらこちらにご連絡いただければ幸いです。 hatarkuxxx xxxxx 090-xxx-xxx 最後になりましたが、皆様のさらなるご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。 これまで本当にありがとうございました。 本来であれば直接ご挨拶に伺うべきところ、メールでのご連絡となり大変申し訳なく存じます。 ここに重ねて感謝申し上げます。 【電話】 メールではなく、できれば直接会って挨拶したいが叶わない場合などは、声を通じてより気持ちの伝わりやすい電話が良いでしょう。 その際は相手が多忙かもしれないことに配慮して必要以上に会話を長引かせず、お礼と挨拶を伝えたら数分程度で通話を終わらせるように心がけましょう。 またメール同様、通話の最初に「直接会って挨拶したかったが、電話での連絡となり失礼します」というひと言を添え、「今後の活躍と繁栄を祈る言葉」で結びます。 【書面】 転勤や転職をした方、すでに第一線を退いた方など、 かつてお世話になった方ですぐに会えない相手の場合は、挨拶状という形で退職の報告をすることもできます。 目上の方に向けて送るケースが多いため、「背景」「敬具」「時候の挨拶」など、フォーマルな手紙の形式で書きましょう。 「私のことですが…」という意味合いの「私儀」を用いる場合は、へりくだって行末から書き始めます。 退職日、感謝の言葉、書面での報告となったことに対するお詫び、相手の幸せを祈る言葉を文章でつづります。 【スピーチ】 最終出勤日の朝礼や送別会など、職場の人たちに挨拶をする機会がある場合は、口頭でしっかり感謝の気持ちを伝えましょう。 人前で話すのは緊張するので苦手な人もいるかもしれませんが、なるべくはっきりゆっくりと、聞き取りやすい声量で話すようにしましょう。 姿勢を正して目線をまっすぐ上げ、にこやかな表情で話すことがポイント。 メール同様、ネガティブな内容は言わず、会社と職場の人たちに感謝の気持ちを言い表した上で、今後の抱負などを伝えるのも良いでしょう。 感慨深くなり、長々と話し込んでしまわないように気をつけ、2~3分程度の簡潔なスピーチを心がけてください。 今回は退職の挨拶の内容について、例文と共にご紹介しました。 例文をベースにオリジナリティのある内容を添えると、よりいっそう気持ちがこもったメッセージとして伝わるでしょう。 手続きや挨拶などで忙しくなりがちな退職や転職をスムーズに進めたい方には、転職エージェントの活用がおすすめです。 ハタラクティブでは、仕事探しや自己分析のやり直し、書類・面接対策などはもちろん、志望先企業とのやり取りや面接日のスケジュール設定など、一人では難しい働きながらの転職活動を転職のプロがしっかりサポート。 これから転職を考えている人、円満退職を目指している人は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

次の

【例文コピペOK】退職挨拶メール(社長・上司・社内・社外)の書き方

退職 最後 の 挨拶

「本日はお忙しい中、このような会を開いていただきましてありがとうございます。 」 「ここまでやってこられたのは皆様のおかげです。 みなさまに出会えたことは私の宝物です。 」 「この度は、私のわがままで何も会社に恩返しをできぬまま退職することになってしまい本当に申し訳ございません。 最後にみなさまの健康と益々のご活躍、そして会社のさらなる発展を心よりお祈りいたします。 短い間でしたが本当にお世話になりありがとうございました。 在籍中はひとかたならぬお世話になりありがとうございました。 本来であれば、お伺いし、ご挨拶すべきところではありますが、 取り急ぎ、メールでのご報告での失礼をお許しください。 このアドレスは本日を持ちまして使えなくなります。 いろいろとありがとうございました。

次の