さやえんどう ゆで 方。 さやえんどう(絹さや)の保存方法!冷凍も!レンジで茹でるには?|健康♡料理♡美容♡恋愛

スナップえんどう、茹でるコツと茹で時間! 下ごしらえの基本も紹介

さやえんどう ゆで 方

さやえんどう 絹さや の冷蔵保存方法 さやえんどうは、様々な料理の飾り付けとしても利用されていますし、サラダや炒めものなど、様々な料理に利用されています。 そんなさやえんどうは、保存温度が低いので、野菜室ではなく、冷蔵室で保存するようにします。 冷蔵保存の方法としては、 さやえんどうは乾燥に弱いために、パックや袋から取り出し、そのあと、キッチンペーパー等でつつみ、ビニール袋にいれて軽く口を閉じて保存します。 もしくは、濡らしたキッチンペーパーを保存容器の底に敷いて、そのあとにさやえんどうをいれて保存します。 いずれにしろ乾燥対策をする必要があります。 さやえんどう・冷蔵保存の賞味期限 さやえんどうを上記のように保存した場合の賞味期限は、 1週間となります。 あまり日持ちせず、悪くなると、黒ずんできて、かたく筋っぽくなってきます。 なるべく早く消費するか、使い切れない場合は、冷凍保存するようにします。 さやえんどう 絹さや の冷凍保存方法! 絹さやは冷凍保存も可能です。 彩としてもよく使用されるさやえんどうは、冷凍保存しておいて、使いたいときに使えるように、冷凍保存しておくと便利です。 また、冷蔵保存よりも冷凍保存の方が長持ちするので、使い切れない場合は、冷凍してしまった方が便利です。 まずさやえんどうの筋、へたの部分を取り除きます。 続いて鍋にお湯をわかし、固めに塩ゆで 10秒ほど します。 粗熱をとったあと、キッチンペーパー等を利用して、水気を取ります。 そのままジップつきの保存袋にいれて、冷凍庫で保存するようにします。 くっついてしまうと、ところどころ折れてしまうことがあります。 冷凍したさやえんどうは、加熱調理にする場合凍ったまま使用できます。 また和え物などに利用する場合でも、電子レンジで加熱するか、もしくは熱湯をさっとかけるだけでも使えるので、便利です。 さやえんどう・冷凍保存の賞味期限 上記のような方法で保存した場合、賞味期限は 1か月となります。 冷蔵保存よりも冷凍保存の方が日持ちしやすくなります。 冷凍したあとでも、様々な料理に使えます。 絹さやのレンジで茹でる方法 絹さやは、基本的に茹でて食べますが、いちいち鍋で茹でるのは面倒という場合、レンジで加熱することもできます。 レンジで加熱する場合は、以下のようにします。 筋の取り方についてはこちらをどうぞ• まずは、絹さやの筋やへたの部分を取り除きます。 続いて、絹さやを水でよく洗います。 絹さやは水分をあまり切らずに、お皿などの耐熱容器にいれて、ラップを上から軽くかけます。 そのまま電子レンジで加熱します。 500wで 2分程度です。 2分程度加熱することで、茹でたときのように柔らかくなります。 レンジで加熱すると、少し、しわっぽくなってしまいます。 ちなみに1分加熱すると、このように見た目は良いのですが、少し硬いです。 1分半程度加熱すると、少し硬さは残りますが、シャキシャキした食感です。 加熱時間はお好みでどうぞ。 加熱時間が短いと、そのまま冷凍保存もできます。 レンジで加熱した場合でも、色味をよくするために冷水につけるか、ザルにあげて水気を切るようにします。 さやえんどうの茹で方に関してはこちらの記事もどうぞ そのままマヨネーズをつけるだけでも美味しくいただけます。 さやえんどう 絹さや 保存方法まとめ さやえんどうの保存方法やレンジでの茹で方をテーマにしてまとめました。 さやえんどうは、冷蔵保存もできますが、長持ちさせるために、冷凍保存もできます。 さやえんどうを冷凍して保存しておくと、様々な料理に活用できて便利です。

次の

さやえんどう(絹さや)の下処理・下ごしらえ!茹で方・茹で時間は?|健康♡料理♡美容♡恋愛

さやえんどう ゆで 方

さやえんどうのスジ取り4• さやえんどうを洗い、ヘタのない部位をスジのある側に折ります。 絹さや 写真左 は豆のある側、スナップエンドウ 写真右 は弧の内側方面です。 上部に向かって一気に引き上げます。 絹さやはヘタを折り取ります。 スナップエンドウはヘタのある部分を外側に折ると逆側のスジがついてきます。 スナップエンドウは、続けて下部に向かって一気に引き下げます。 大事なのは勢いです。 スッーと一気に引っ張ることで切れることなく取り除くことができます。 切れたり、うまくできないこともあると思いますが、その場合は切れた途中の部分からまたやり直せばOKです。 さやえんどうの下ごしらえは莢ごと茹でる さやえんどうは切らないで 莢ごと塩茹でしましょう。 切ると仕上がりが水っぽくなってしまい、味が薄くなってしまいます。 炒め物にする場合、絹さやは薄いので下茹でが不要ですが、スナップエンドウの場合は軽く下茹でしてから炒めると短時間で火入れが可能になります。 エンドウを切る• 絹さやは30~45秒、スナップエンドウは1分半~2分が目安です。 大きいものや古いものは時間がかかります。 色止めと余熱で柔らかくなるのを防ぐため、冷水につけて熱を取ってから、ざるにあけて水切りします。 水気はクッキングペーパーなどで拭きとります。 特にスナップエンドウは空洞の中に水が入るので、出してあげましょう。 茹でたものは、料理に合わせて切ったり、莢を開いたりしてあげましょう。 下の写真の左が冷水で色止めしたもの、右がそのままざる上で冷ましたものです。 ざる上で冷ましたものは、若干シワができています。

次の

さやえんどう(絹さや)の保存方法!冷凍も!レンジで茹でるには?|健康♡料理♡美容♡恋愛

さやえんどう ゆで 方

薄くてもぐにゃぐにゃ曲がるものは鮮度が落ちています。 収穫された時の切り口を見て、茶色くしぼんでしまっている物は時間が立っているものなので避けましょう。 豆がふくらんでいるものはもう硬くなっていると考えて良いでしょう。 さやがみずみずしい緑色をしているものを選びましょう スナップエンドウの場合は豆が成長して大きくなっても美味しい品種なので、豆がきちんと端から端まで詰まっているもの、緑色が澄んでいるもの、表面に傷や茶色く変色した部分などが無い物を選んでください。 乾燥しないようにビニールかポリの袋などに入れ、野菜庫に入れておきます。 下茹でした物は密封容器などに入れ冷蔵庫かチルドに入れておきましょう。 この時、よく水気をきり、それぞれが重ならないように広げて冷凍し、凍ってから密封袋などに入れて冷凍しておくと使いたい時に必要な分だけを取り出しやすくなります。 使う時は流水にさらすかレンジで解凍します。 炒め物の場合は凍ったままでも出来なくはないですが、他の材料などの温度が一気に下がるのであまりお勧めはしません。 まず先の方の端をつまみ、反っている内側に向けて枝に付いていた方に向かって引っ張るようにちぎると筋が付いてくるように取れます。 次に枝に付いていた方の端をつまみ、指先でちぎるようにして反対側の反っている外側に向かって先の方まで引っ張ると筋が付いてくるように取れます。 柔らかいものだと、内側しか筋が取れないものもありますが、念の為両方の筋を取るようにしてください。 食べた時に筋が口に残るのはいただけません。 でも、熱が取れたらそのままま浸けっぱなしにせずすぐにあげて水気を切ってください。 炒め物など、更に加熱調理する料理に使う場合は、30秒程度で大丈夫です。 要するに、加熱しすぎると大切な食感が一気に落ちてしまうので、加減が大切と言う事です。 煮物はどうしても茶色っぽいものが多くなりがちですね。 そこに綺麗なグリーンのサヤエンドウが加わると一気に華やかになります。 炒め物の場合は生のまま炒めることもできるが、下茹でしたものを仕上げにさっと加える方が美味しく作りやすいです。 下茹ではしたものでもいいですが、しなくても大丈夫です。 さっと洗ったら粉をまぶし、数枚ずつまとめて衣の液を絡めて揚げます。 参考にされると良いでしょう。

次の