生理中体温が高い。 生理中に熱が出るのはなぜ?生理と熱の関係を知ろう!

生理中に体温が上昇するケース

生理中体温が高い

産婦人科専門医。 長門クリニック勤務。 女性特有の月経や更年期にまつわる悩みの助けとなること、また、妊娠出産期を安心安全に過ごすお手伝いすること、を念頭に置いて日々診療しています。 女性の基礎体温は、生理周期によって変化します。 生理中は、基礎体温が下がるのが一般的です。 そのはずなのに、「生理前から微熱が続く」「生理中に体温が上がる」ということがあると、不安になりますよね。 そこで今回は、生理中の体温はどう変化するのかや、生理中に微熱が続くときの原因などをご説明します。 生理中は体温が下がるの? 女性の基礎体温は生理周期にあわせて変化しており、排卵をはさんで、大きく2つの時期にわけられます。 生理開始から排卵日までは、基礎体温が低い「低温期」で、排卵後から次の生理開始までは、基礎体温が高い「高温期」です。 つまり通常、生理が始まると、基礎体温は下がります。 一般的に、低温期と高温期の体温の差は、約0. 3~0. 低温期と高温期の差が0. 関連記事 生理中に体温が上がって微熱が続くこともある? 先にもご説明したとおり、生理が始まると基礎体温は下がります。 生理中に基礎体温が上がることは、基本的にはありません。 そうはいっても、体温は寝不足や体調不良など、体の状態によって左右されやすいものです。 体調がすぐれないときは、生理中でも体温が上がることがあるかもしれません。 生理中に体温が上がるのが1~2日ほどでおさまり、そのあと低温期に入るようであれば、それほど心配する必要はないでしょう。 しかし、生理中ずっと体温が上がり続けるときや、毎月の生理のたびに熱が出るようなときは、「子宮内膜症」が疑われます。 子宮内膜症とは、通常子宮のなかだけにあるはずの子宮内膜が、子宮以外の場所にできてしまう病気のことです。 子宮内膜症になると、生理中の発熱の他に、強い生理痛や排便痛、排尿痛などがみられることがあります。 生理中に体温が上がるだけでなく、このような症状がみられるときは、子宮内膜症を疑って、病院を受診することをおすすめします。 病院で検査をし、子宮内膜症であることがわかったら、薬の服用や手術などで治療を行います。 早めに治療を行うことが大切です。 関連記事 生理中に微熱が続くときは妊娠の可能性も? 生理が始まっても生理前からの高温期が続き、微熱っぽいときは、妊娠している可能性もあります。 そもそも生理周期に合わせて基礎体温が変化するのは、排卵後から生理前にかけて分泌される「プロゲステロン」というう女性ホルモンの影響によるものです。 プロゲステロンが分泌されている間は、高温期が続きます。 通常、プロゲステロンなどのホルモンの分泌が減少することで生理が来るので、生理が始まると基礎体温が下がるのです。 しかし妊娠すると、プロゲステロンの分泌が続き、高温期の基礎体温が維持されます。 妊娠初期症状として、微熱っぽさを感じる人もいます。 妊娠すると通常、生理は起こりませんが、生理だと思っていた出血が、着床出血である可能性もあります。 着床出血とは、受精卵が子宮内膜に着床したときに起こる、微量の出血のことです。 出血量や期間は人それぞれなので、生理との見分けがつけにくく、自分ではなかなか判断できないこともあります。 生理中なのに高温期が続き、妊娠が思い当たる場合は、一度妊娠検査薬で検査をしてみることをおすすめします。 陽性の結果が出たら、産婦人科を受診しましょう。

次の

基礎体温と生理のしくみ

生理中体温が高い

同じ女性でも体格も性格もちがいます。 生理も人それぞれ、個人差があります。 でも病気が隠れている場合もあるので異常の目安を知り、不安を感じるようなら婦人科に相談に行きましょう。 正常な生理のめやす 周期は25~38日間。 ずれても予定日の前後2~5日程度なら正常です。 精神的なストレスで1週間ぐらいずれることもあります。 生理の期間は3~7日間。 量は20~140mL。 生理痛はいつもの日常生活が送れ、市販の鎮痛薬でやわらぐ程度なら心配はありません。 異常な生理のめやす 頻発月経 1カ月に2回、3回と生理がある状態。 まず基礎体温をつけ排卵があるかを調べましょう。 いずれもホルモン治療が必要ですが、頻発月経はホルモンバランスのくずれる更年期に近い女性に多く、生理ではなく不正出血の場合もあります。 早めに婦人科を受診しましょう。 排卵がない 無排卵性頻発月経• 排卵はあるが卵胞期 低温期 が短く、生理から排卵までの期間が短い 卵胞期短縮頻発月経• 排卵後から次の生理開始までの高温期が短い 黄体機能不全型頻発月経 希発月経 成熟期の女性で周期が39日以上と長過ぎる生理。 排卵があればそれほど問題はありませんが、ない場合は不妊症や無月経の原因にもなることがあり、ホルモン療法の必要があります。 過多月経 生理の期間が8日間以上続いたり、眠るのが怖いほどの量やレバー状の大きなかたまりが出たりします。 ホルモンバランスの崩れや子宮筋腫、子宮腺筋症などの可能性もあります。 過少月経 出血して3日以内で月経が終わったり、2日目でナプキンの交換が必要ないほどの少量の場合、無月経の前兆症状の場合もあります。 ホルモン療法の必要があるかもしれないので、身体に不調がなくても婦人科を受診しましょう。 関連ページ•

次の

生理期間が始まると基礎体温はどう変化しますか?

生理中体温が高い

生理周期によって熱が少し高い時期がある 女性のカラダは、ホルモンによって体温が周期的に変化しています。 まずは正常な基礎体温の変化について知っておきましょう。 これは、この時期に多く分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)によって、基礎体温が上がるためです。 プロゲステロンは、排卵直後に分泌量が増えますが、分泌する前、つまり排卵前の低温期と比べると、 0. 3~ 0. 6度ほど上昇します。 高温のまま続くようなら、妊娠の可能性があります。 生理中の発熱の場合、月経困難症のことも こうした正常な基礎体温の変化とは別に、生理中に平熱が高くなり、発熱することがあります。 通常、生理中は基礎体温が低い状態になるため、異常に気付きやすいでしょう。 生理中の発熱として考えられるのが、特に生理が重い日の 1~ 2日目に下腹部痛や頭痛を伴う月経困難症です。 その他、汗を異常にかく、めまいや吐き気、下痢や便秘の症状を伴うこともあります。 それぞれ原因が異なります。 ・機能性月経困難症 生理中は、子宮内膜から「プロスタグランジン」という物質が分泌されます。 機能性月経困難症は、プロスタグランジンの量が増えすぎることが原因です。 プロスタグランジンは出産の際、陣痛を起こすために分泌されるものです。 赤ちゃんを産むために、子宮を収縮させるものですが、分泌され過ぎると、筋肉や血管、胃腸なども収縮することによって症状が起こります。 ・器質性月経困難症 いわゆる子宮の病気や異常によるものです。 子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫が主なものです。 これらの病気の症状の一つに、発熱があります。 生理中に熱が出ている場合の対策 生理中に熱が出たら、まずは原因を探ることが大切です。 そして原因に応じて、それぞれの対策を取りましょう。 同時に下腹部痛や頭痛などが強く出ている場合は、鎮痛剤で痛みをやわらげます。 場合によっては漢方による治療もされます。 血流を改善することで冷えをとり、症状緩和を目指します。 子宮内膜症と子宮腺筋症については、エストロゲンの働きを抑える飲み薬や注射での治療や、手術による治療がされます。 子宮筋腫については、日常生活に差し支えなければ様子を見ますが、症状を取り除くための鎮痛剤や止血剤、偽閉経状態にする薬、漢方薬を使うことがあります。 筋腫が大きかったり重い症状が出ていたりする場合は、手術を行います。 生理中に解熱剤を飲んでも良いの? 生理中、発熱があった場合、市販の解熱鎮痛剤を飲んで様子を見るのも一つの方法です。 ただし、飲んでも熱が引かない場合や、強い痛みを伴う症状が続く場合には、すぐに婦人科を受診しましょう。 また、症状が軽度の場合は、腰を回して骨盤周りの血流を良くしたり、軽いウォーキングや体操などで全身の血流を良くしたりすることも症状をやわらげるのにいいといわれています。 薬に頼らず、まずは軽く動いてみましょう。 生活習慣を正し、早めに寝てしっかり休養することも大切です。 生理の終わりかけに熱が出る原因と対策 これまで、生理中に熱が出る場合の原因と対策を見てきました。 しかし、場合によっては生理の終わりかけ頃に熱が出ることがあります。 その原因と対策を見ていきましょう。 そして、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫などの病気の可能性も、生理中同様に考えられます。 この他、生理の終わりかけの特徴として、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が高まり始める時期という点が挙げられます。 よって、女性ホルモンの分泌に変化が起こることで、バランスが乱れたり、体調が変化したりして、発熱している可能性が考えられます。 エストロゲンの影響で体調も徐々に良くなってくるはずです。 もし生理が終わっても発熱が続く場合には、病気の可能性が考えられます。 その場合には医療機関をすぐに受診しましょう。 まとめ 生理前と生理中に熱が出る原因は、それぞれ異なります。 また、それぞれの期間の発熱にも、原因は複数あります。 月経前症候群( PMS)、月経困難症、婦人科系疾患、ホルモンバランスの乱れなど、それぞれの原因に応じて適した対策を行いましょう。 高熱が出て心配な場合は、すぐに病院を受診するのをオススメします。

次の