トドさんすう 月額。 シンクシンク(Think!Think!)アプリで楽しく子どもの思考力を鍛えよう!

iPadだけでここまでできる!子育て中ワーママの便利な活用方法をご紹介【仕事&生活編】

トドさんすう 月額

実際に子供にタブレット学習をやらせているママの生の声ってどんな感じなのかしら? 子供にタブレット学習をやらせているママの実際の声はこんな感じです。 1ヶ月ほど前から進研ゼミのチャレンジタッチ(タブレット学習教材)始めたんだけど、予め設定した時間になるとチャイムが鳴って、タップしないと延々止まらないからとりあえず止めに行くと「コラショタイムにちゃんと来られてえらい!」って褒められてなんかそのまま学習する流れになるのすごい。 小学生の子供のタブレット学習の5つのメリットとは? 小学生の子供のタブレット学習は以下のようなメリットがあります。 子供が興味を持ちやすい• 教材や付録が溜まらない• 学習の進歩を親が把握できる• 一人ひとりに合った最適な学習にカスタマイズ• 送迎不要など紙の教材と比べたメリット 詳しく説明していきます。 1.子供が興味を持ちやすい 子供のタブレット学習のメリットは 子供が興味を持ちやすいことです。 ゲームに近い感覚で音やアニメーションでキャラクターが説明してくれるからです。 子供の 興味のそそる配色や飽きない仕組みを作っているので 楽しみながら学習することもできます。 同じ問題を繰り返し解くこともできますのでニガテな科目の復習にも効果が期待できそうです。 2.教材や付録が溜まらない 次にお伝えするタブレット学習のメリットは 教材や付録が溜まらないことです。 タブレット一台で毎月の問題はもちろん、過去の問題もストックすることができスペースの省エネになります。 例えば、前の単元を復習したいときに積み重ねられた本の中から自分に必要な単元を探すのさえ、小学生には難しいです。 タブレット学習は 教材や付録が溜まることなく、 復習することができ便利です。 3.学習の進捗を親が把握できる タブレット学習は 親が学習の進捗を把握することができます。 そのため、いちいち本誌を確認する必要もありません。 中にはSNS機能がある教材もあり、ほめてあげることもできます! 親にとっても学習の管理がしやすい点がタブレット学習のメリットと言えるでしょう。 4.間違えをその場ですぐに直せる タブレット学習では 間違えた問題をその場ですぐに直すことができます。 紙教材の場合、間違えが多くなると直すのが嫌で放置してしまってる子はいませんか? その直しに学習の意味があるのに、紙教材だとなかなかハードルが高いことは否めません。 5.送迎不要!短時間で自宅で好きな時間に学習できる! ダブレット学習は 送迎が必要ないので時間に縛られずに学習できます。 保護者の方もメリットは大きいですね。 月額料金で選ぶ• 子供が自由にネット閲覧できるか否かで選ぶ• 子供の学習意欲に応じて選ぶ 1.月額料金で選ぶ 子供のタブレット学習を選ぶ際には、 月額料金をもとに選ぶといいですね。 実際に子供のタブレット学習は 無料のモノもありますし、費用がかかるものもあります。 費用が掛かる場合は、 相場は3,000円~6,000円となっています。 安いものと高いもので 月額3,000円程度違ってきますので家庭の予算にあったものを選びましょう。 専用タブレットか否か 子供のタブレット学習を選ぶ際には、 専用タブレットか否かを考えて選ぶといいです。 月額料金が無料の学習では、タブレット端末は自費で購入する必要があります。 また、月額料金のかかるタイプでも専用タブレットなのか否かで、 子供がインターネットを自由に閲覧できるかどうかが変わってきます。 もし、 自由にネットに閲覧させたくないのであれば専用タブレットのあるものや制限のかけれるタイプのものを選びましょう。 スマイルゼミ• チャレンジタブレット• アプリゼミ(RISU) 詳しく説明していきますね! 迷っている方には!スマイルゼミ まず、タブレット学習を始めてやる子どもさんで、 迷っているならスマイルゼミ一択です。 スマイルゼミは幼児~中学生まで幅広く対応したタブレット学習教材で科目数も断トツ1位です。 これ一台で全ての科目がまかなえます。 しかし、1科目あたりのコストはとても低いのには驚きです! 追加できる英語のコースはイートアワードで受賞していて内容も折り紙付きなのでうが、追加料金は 680円と激安です。 学習内容、書き演習、科目、コストととにかくバランスが良いのがこの教材の特徴です。 毎月、必要な学習が更新されるので気分が変えやすく、やる事が明確で進めやすくいです。 さらにお馴染みのキャラクターも登場し ゲーム性が高いので子供もやる気が出やすいです。 昨今の大学入試改革からも分かるように、今の日本の教育は、答えを導きだす論理的思考力が文系理系問わず必要になる時代への変革を遂げようとしています。 その基礎になるのが 算数という科目です。 このため、RISU算数は算数に特化した随一の教材と言えるでしょう。 ・ 学校の授業はついていける ・ 算数が好き!もっと伸ばしたい! このように考えている方は RISU算数がおすすめです。 迷っているならスマイルゼミ一択!子供にタブレット学習が合うかは実際に試してみては? これまで子供のタブレット学習についてお話してきました。 お子さんにタブレットで勉強させる場合、.

次の

算数嫌いの小学生におすすめのアプリ5選@楽しく飽きずに学べるものを厳選!

トドさんすう 月額

あれ・・・長男の時とは違うぞ・・と感じました 2歳で文字や数字カレンダーへの関心がすごい 家でも外でも色々な物に興味があり、毎日毎日「これなに?」「なんで?」の連続です。 特に文字や数字カレンダーにはとても関心があるようでしつこく聞かれる・・・。 なので、次男用にカレンダーをあげました。 (長男にあげたけど全く使ってなかったやつ。。 今日の日にちの部分に丸シールを貼るようにしました。 これは3ヶ月くらいしたら「あ、理解」とばかりにシールも貼ってくれなくなって、あっけなく終了しました。 (2020年のカレンダーも買ったのに... ) 日にちというものがあることを理解した模様。 毎回こんな感じで、サイクルが思ったより早いのです。 では、現在できること、できないこと、紹介していきます。 数字は100まで読める(読み方を教えれば100以降も分かると思う) 数字はカレンダーから覚えました。 我が家で毎度おなじみの100均のカレンダーです。 カレンダーなので、最大でも31までしかありません。 でも、数の読み方の法則性が分かったらすぐ100まで言えるようになりました。 多分、教えれば1000も分かると思います。 数字はルールが分かれば簡単なようです。 数字は書けるが書き方が曖昧(書き順が分からない) 数字は1〜9まで書けます。 が、書くのが好きではないので、上手く書けません。 上手く書けなくて怒って終わることもしばしば・・・。 書き方を教えるとキレることしばしば・・・。 「今日は何の日なの?」と聞いてくるようになったので、 壁掛けカレンダーに日付を書いてあげたら曜日が分かるようになりました。 (すごい雑な曜日の書き方... ) 「にちげつかーすいもくきんどっ」と呪文のように唱えてました。 こちらとしても「明日は日曜だからお休みだよ」と伝えれば分かるようになったのでとても楽です。 時計を日にちと曜日が分かるタイプのものに変えたら曜日を漢字で読めるようになりました。 数字も大きく読みやすいので、時間も分かるようになりました。 苦手なことは書くことと描くこと こいけがあまりやりたがらないのは「書く」ことと「描く」ことです。 なので、こういうドリルは嫌がります。 多分なのですが、ちゃんと書けないからイライラするんじゃないかなぁと思います。 最初は「やる!」といって始めても思ったように線が引けないからか「もういい」って投げ出します。 あまり書かないから、線が安定してないんですよね。 同じように絵を描くのも好きではなく、保育園から持って帰ってくる紙も絵ではなく数字や文字などが書かれています。 なので、 おえかきボードを書いました。 これだと紙より抵抗なく書いてくれます。 アマゾンで1,800円くらいの商品です。 最初は「書き方が分からない!」と怒っていたので私は 100均で買ったボードを使って隣で教えていました。 絵を描くことに関しては、私はできたら一緒にお絵描きとかしたいのですが、好きじゃないなら仕方ないと思っています。 こいけは特に「自由に描く」のが苦手で、「好きに書いていいよー」と言われると「???」となってしまうみたい。 こればかりは特性なのかな。。。 そのまま見守ってます。 その他に興味のあるもの その他に興味があるものはたくさんあって、気になる!と言われたら何でも応えてあげられるようにと思っています。 そのためにもiPadはよく利用しています。 長男が使っていた古いiPadをこいけ専用にしています。 この間は天気のアプリと番組表のアプリ、それからGoogleMAPを入れました。 シンクシンクおすすめ ワオっち!ランド ワオっち!ランドは幼児向けの知育ゲームがたくさん入ったアプリ。 これは完全無料です。 こいけのくいつきが思ったより良くなく、やるのはひたすら物を積み上げるタワーのみです。。 タワーをわざと失敗して遊んでます。。 後は線路をつなぐゲームをよくやってます。 内容的には文字や数や図形など豊富で良さそうなんですけどね。 トドさんすう トドさんすうは昨日入れたばかり。 ミニゲームをしながらさんすうが楽しく学べるアプリです。 こちらは有料版をおすすめしてきますが、無料でも使えます。 昨日見た感じだと、こいけは適当に数字をポンポン押しているゲームも多かったので(だんだん飽きてくる)どうかなぁと様子見です。 電車のゲームは簡単な物はもうあまり遊ばないので削除しようかなと思っています。 漢字のアプリは何か良いものがないか探しています。 あとは こどもちゃれんじの思考力特化コース。 こどもちゃれんじは私はエデュトイ(付録)は要らないので、エデュトイとDVDがなくてその代わりワークがプラスされたちゃれんじの思考力特化コースを頼んでみました。 1ヶ月だけの入会可能だったのでいいかなーと。 小学生になるとちゃれんじもタブレットになるし・・・。 結果、ちゃれんじの思考力特化コースはこいけにはまって楽しくやっています。 年長さんコースでちょうどよかったみたいでホッとしました。 (年齢の部分で悩みに悩んだので) ワークの内容がとても良かったので(考えさせられる良問が多い)、こちらも継続します。 年齢 月額 0歳 1,850円 1歳〜年長 1,980円 スマイルゼミ 他に気になったのは、 タブレット教材のスマイルゼミ。 タブレットならこいけも楽しくできそうかなって。 (あまり書くのが好きではないので) 何回も反復できるところも良いなーと思いました。 あとは内容が毎月自動配信されるので手間いらずってところがポイント高いですよね。 子ども1人で学習ができるというのはとてもありがたい・・・! ただ、こちらはタブレット代が1万円近くかかるのと、まだ3歳で自分だけで学習させるのは難しいと判断したため見送りました。 年齢 月額 年少〜年長 2,980円.

次の

トドさんすうが幼児向けの知育アプリですごくよかった話

トドさんすう 月額

目次 Contents• 「思考センス」とは? 思考センスとは、限られた情報から、目に見えない部分を想像する力。 「物事を表面を見るのではなく、その背景や本質が何なのかを想像し、自ら解決策を見出す力」との説明がありました。 もう少し簡単に言ってしまうと、「一を聞いて十を知る力」だそうです。 この点の説明は、シンクシンクのをご確認ください。 どんな問題があるの? 目に見えない部分を想像することを鍛えるため、基本的な問題は算数の問題になります。 立体をイメージする力や、図形問題などがメインになり、「空間認識」「平面図形」「試行錯誤」「論理」「数的処理」の5つの力を鍛えるための問題が用意されています。 また、これらの問題は算数オリンピック・世界最大のオンライン算数大会「世界算数」の問題作成を担当し、 花まる学習会 思考力特別講座のカリキュラムを考案した株式会社花まるラボ代表の川島慶さんが監修しており、川島さんを中心とする東大卒精鋭チームが全問題を作成しているそうです。 アプリは無料? このような方々が集まって問題が作成されているので有料アプリかと思いましたが、無料で利用できました。 ちなみに、2017年2月までは提供形式が異なっていたこともあり月額1600円だったようですが、現在は無料で利用できます。 1日10分しか問題が解けない!? シンクシンクですが、1日に利用できる問題数が3問までと決められています。 また、1問あたり3分で終わるように問題が作成されているため1日あたり、10分までしか利用できません。 ここが良い! 実際に娘にやらせてみましたが、良くできていると感心しました! 特に問題を解き終わった後の回答部分が素晴らしいです。 図形などか動くので回答のイメージがしやすいです。 展開図からサイコロができるのか? このブロックだと、この穴を通り抜けることができるのか?  まさに、イメージする力や空間認識力を鍛えられるようになっていると感じました。 大人でも意外とはまることができると思ったほどでした。 実際の画面を紹介! 最初から全ての問題を学習できるのではなく、ある程度進むことで学習できる問題が増えていきます。 問題を選択する画面 問題を選択する画面です。 このように、問題が表示されているので、これから学習する問題を選びます。 ラッキーバルーン 上記のように問題のイメージとステージが表示されます。 (0や1と表示されている部分をタップすると問題が始まります。 ) 画面の下には、自己ベストの点数とランキングということで、同じ年齢の中でのランキングも表示されています。 最後に 子どもが、スマホやタブレットで知育アプリをやることは勉強ではなく、遊びの延長だと思いました。 何よりも自分が操作することで、画面が動き、その画面ではいろいろな効果 展開図からサイコロが組み立てられたり、矢が動いて風船が割れたりなど があり、それらの効果が子どもの好奇心を駆り立てているように感じています。 「トドさんすう」というアプリも娘はやっていますが、同じように画面が動くことに好奇心を持っているようで、遊びの延長線として自ら取り組んでいます。 このように、好奇心をくすぐる要素があるため、自ら取り組んで、考えながら操作しているように感じます。 いかに、勉強しているという感覚を与えずに、遊びの延長として楽しむことができるか? この点、アプリは上手く考えられているなと感じます。 試しにやらせてみることも必要かと思うので、興味があればインストールしてみて下さい。

次の