雇用 保険 に関する 大切 な お知らせ です。 雇用保険とは?転職する時に必要な雇用保険の内容と手続き|20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20's

雇用保険 追加給付 封筒

雇用 保険 に関する 大切 な お知らせ です

本日公表を行った毎月勤労統計調査において全数調査するとしていたところを一部抽出調査で行っていたことにより、平成16年以降の同調査における賃金額が低めに出ていたことから、同調査の平均給与額の変動を基礎としてスライド率等を算定している雇用保険制度等における給付額に影響が生じております。 つい先日、自宅のポストに「厚生労働省」からの封書が届いていました。 「職業安定局雇用保険課」からの「雇用保険に関する大切なお知らせ」だそうです。 早期リタイア・早期退職後にいただいていた「基本手当(いわゆる失業保険・失業手当)を返せ」とかだったらイヤだなぁ、などとビビりつつ、開封してみました。 仕事帰り、自宅のポストを開けると薄い水色の封筒が入っていました。 差出人は、「厚生労働省 職業安定局雇用保険課」となっています。 この時点で、「あれか~!!」と察しがつきました。 雇用保険課から来る書類なんて「あれ」しか有りません。 この前お買い物から帰ってきたら、雇用保険に関する大切なお知らせですと書かれた水色の封筒が郵便受けに入っていました。 今ひげくろは無職で、石垣島のハローワーク通ってるけど、なんかあったっけ?あれ?以前住んでた愛知の住所からの転送だ。 仕事帰り、自宅のポストを開けると薄い水色の封筒が入っていました。 差出人は、「厚生労働省 職業安定局雇用保険課」となっています。 この時点で、「あれか~!!」と察しがつきました。 雇用保険課から来る書類なんて「あれ」しか有りません。 ・・・そうです。 毎月勤労統計調査に関わる追加給付の書類です。 書類の内容を詳しく見て… 雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い の2通目が、昨日届いていた。 このブログでも書いている通り、 転職回数が多く、ハローワークに何度もお世話になっている。 前回の通知は発送済。 その時のブログは、 ketsuochan. hatenablog… 新型コロナの感染拡大で、世の中が大変なことになっています。 正規雇用、非正規雇用問わず、ものすごい失業率ですよね。 大手企業や公務員以外は、いつどうなるか分からない不安でいっぱいです。 そんな中、気になるのは失業した際の失業保険ではないでしょうか? ・・・すぐにもらえないと生活ができません。 でも、失業保険には、給付制… 本日封書を開けると、「雇用保険制度の各種給付の概要」と「雇用保険追加給付に関する 回答書(本人確認)の書類と、回答書の記入例が書かれた書類や 回答書返信用の封筒が入っていましたが、回答書には雇用保険被保険者番号や 雇用保険? 私が退職したのはもうかれこれ2年半も前のこと。 それから、ハローワークに通いながら、いわゆる「失業手当を受給」してきました。 それも平成30年の2月に終了! 今ごろになって、雇用保険の給付に何か問題があったの? マツです。 必要事項を記入して返送する。 追加給付金が口座に入金される。 という流れになっています。 2 届く郵便には2種類の違いがある と、私のように何の給付だったのか分からない、という方は、ご住所地のハローワークへ問い合わせしましょう。 ここに記載されている雇用保険追加給付相談窓口(フリーダイヤル)では、 個人情報は調べることができないそうで、あっさり断られました。 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,.

次の

14年前にもらった雇用保険のお知らせがなぜ今? 厚労省から送られてきた手紙の正体 (2/2)

雇用 保険 に関する 大切 な お知らせ です

振り込まれる口座を記載する必要がある 毎月勤労統計調査の不備と雇用保険の追加給付にどんな関係があるのか。 担当者によると、給付額は同調査で明らかになった平均給与額を基に算出されている。 調査の不正で平均給与額が低く算出されていたため、多くの人に追加給付が必要になったという。 追加給付の総額は約300億円だ。 記者の場合、新卒で入社した会社を退職後、ハローワークに通って職探しをしていた。 自己都合退職だったため、すぐには雇用保険は給付されなかった。 その後、スムーズに次の職場が見つかったため、再就職手当が給付された。 再就職を早く決めたことへの「お祝い」と「ごほうび」の意味合いがあった。 厚労省の担当者によると、再就職手当の追加給付額の平均は約390円だという。 その他の追加給付額の平均は「特例一時金」(約500円)、「傷病手当」(約650円)、「高齢者雇用継続基本給付金」(約2万2660円)、「介護休業給付」(約360円)といったように幅がある。 詐欺に対する注意も必要だ。 厚労省は「本件に関して、厚生労働省、都道府県労働局、ハローワーク(公共職業安定所)、労働基準監督署、全国健康保険協会又は日本年金機構から直接お電話することはありませんので、これらをかたる電話があった場合はご注意ください」と注意喚起している。 また、「雇用保険追加給付相談窓口」を設置したり、対象者に送られる手紙の中身を同省公式Webサイトで公開したりしているので、疑問があれば確認すべきだろう。 今回、記者には該当しなかったが、雇用保険の追加支払いの対象者かどうかを確認する「回答票(本人確認)」が送られるケースもある。 毎月勤労統計調査の不正は多くのムダな業務を生み出してしまっている。

次の

14年前にもらった雇用保険のお知らせがなぜ今? 厚労省から送られてきた手紙の正体

雇用 保険 に関する 大切 な お知らせ です

会社員人生を15年近く続けているが、雇用保険を給付されたのは過去に一度だけだったと記憶していたからだ。 14年前、新卒で入社した会社を1年弱で退社し、ハローワークに通っていたころにお世話になった。 再就職後は無職の期間はなく、雇用保険を支払い続けてきた。 手紙を開封してみることにした。 すると、返信用の封筒など書類一式が出てきた。 「雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い」と書かれた書類を読んでみると、次のことが分かった。 毎月勤労統計調査をはじめとする厚労省が所管する統計について、2019年に不正が発覚した。 全数調査をしなければならないのに、一部抽出調査が行われていたのだ。 そのため、雇用保険や労災保険などで多くの受給者が支払い不足の状態に陥っていた。 厚労省は対象者に対して支払いをする準備を進めており、ハローワークで保有する氏名・生年月日などをもとに調査。 記者が追加給付の対象であることが分かったという。

次の