スマホ wiki。 【スマホ】PUBGモバイル攻略まとめWiki【PUPG/パブジー】

オートチェス(スマホ版)(Dota Auto Chess)攻略まとめ|ゲシピ

スマホ wiki

(2019年) 製造者 、その他企業 キャッチコピー DoWhatYouCant 販売台数 スマートフォン: 20億台以上 2019年初頭時点、累計 世界シェア1位 日本シェア2位 スマートウォッチ: 世界シェア2位 日本シェア5位 タブレット: 世界シェア2位 ワイヤレスイヤホン: 世界シェア3位 フォームファクタ• 、 Galaxy S Galaxy Note Galaxy Fold Galaxy Z Galaxy Aなど• Galaxy Tab Galaxy Note Tab Galaxy View• Galaxy Watch Galaxy Watch Active Galaxy Fit• Galaxy Budsなど• Galaxy Book• Galaxy Home• Galaxy Gear 360• 製品 Galaxy Gear VR• Galaxy Camera• 5mmイヤホンジャック、、など 端末によって異なる ウェブサイト 目次• S Super Smart、スーパースマート -。 最新技術の採用や最先端のを搭載するなど、世界的に見ても最高クラスの性能を誇る。 Note - 大型のディスプレイと内蔵式のペンを搭載し、ペン入力に対応したモデル。 性能面はSとほぼ同等で、Sシリーズと並ぶもう一つのモデルとなっている。 (大画面スマートフォン)という分野を確立させた。 8~10インチのタブレット端末にもNoteを名乗るモデルがあったが、内蔵ペン以外に共通点は少ない。 サブディスプレイと折りたためる2つのディスプレイを搭載している。 初代モデルは、 2019で発表された。 また、Galaxy Noteシリーズ以来、約10年ぶりに誕生したシリーズである。 A - メインシリーズ。 近年は新興国のみならず、ほとんどの国で展開。 ミッドレンジシリーズは複数存在したが、頃からは主にAが各国で展開されており、モデルのラインナップもAシリーズに統一・整理する動きがある。 JシリーズやOnシリーズ、Feelシリーズなどが廃止され、多くの国でAシリーズを直接展開するようになった。 また、2018年頃からシリーズよりも先にGalaxy Aに最新技術が採用されることもあり、世界初のクアッドカメラを搭載したGalaxy A9(2018年)、ポップアップ回転式カメラを搭載し、完全全画面を実現したGalaxy A80(2019年)などがある。 M - シリーズ。 主になどで展開。 Tab - タブレット端末。 性能面はSとほぼ同等のもの(Tab S)もあれば普及価格帯でペンを搭載しないもの(Tab Aなど)もある。 Tab S3以降はSペンが付属するようになり、ペン入力にも対応した。 Feel - 〜まで日本向けに展開していたミッドレンジモデル。 2019年は新製品の発表はなく、Galaxy Jなどと同様に事実上Galaxy Aへ統合された。 W - 中国限定のモデル。 とGalaxyの提携事業による「心系天下」ブランドで展開する。 を搭載した型端末や、の心系天下版であるなどがある。 J - モデル。 もともとは日本向けシリーズとして始まり、日本においては、等日本市場向けの意味で使われていた。 日本での展開がなくなってからも、ミッドレンジモデルとして様々なで広く展開していたが、2019年にAシリーズに統合された。 新興国などで展開。 Cは主に向け。 両方ともすでに廃止となっている。 Folder - テンキー搭載の二つ折りモデル。 オプション [ ]• または既存モデルの改良機種(例:Galaxy S2 Plus, Galaxy J3 Pro)。 e - 廉価版モデル。 S10eなど。 s - 基本性能をブラッシュアップしたもの。 A10sなど。 Lite - ディスプレイ品質などはモデルよりも低いが、カメラ性能などは底上げされている。 S10 Liteなど。 現時点では、SシリーズとNoteシリーズのオプションモデルとしてリリースされているが、発売国が限られており、性能面でもとの間のような位置付けとなっている。 edge - 曲面ディスプレイ搭載モデル。 Neo - 既存モデル(主にモデル)の本体サイズやデザインはそのままに、若干スペックダウンさせ、その分価格を抑えたモデル(例:Galaxy Note 3 Neo)。 Active - 既存モデルに性能と(MIL-STD-810G)準拠の耐衝撃性能などを備えたモデル(例:Galaxy S5 Active)。 Galaxy Wearable [ ] Galaxy Wearable(ギャラクシーウェアラブル)は、Galaxyののシリーズである。 主な製品は、、ワイヤレスイヤホンなど。 2018年8月9日に開催された「Galaxy UNPACKED 2018」でGearブランドではなく、携帯電話端末と同じGalaxyブランドで展開することが正式に発表された。 ウェアラブル製品カテゴリ [ ]• Watch - Galaxyのシリーズ。 などがあり、旧Gearシリーズではなどが同様のものに該当する。 Watch Active - Galaxyのスマートウォッチシリーズとして存在するが、の機能が強化されている。 旧Gearシリーズではなどが同様のものに該当する。 Fit - Galaxyの。 廉価版モデルとして「Fit e」も存在する。 旧Gearシリーズではなどが同様のものに該当する。 Buds - Galaxyのワイヤレス。 旧Gearシリーズではなどが同様のものに該当する。 機能・仕様 [ ] 主な機能 [ ] ディスプレイ [ ] によって外部入力装置 や、スタイラスペンなど を用いなくてもを使用することで操作できる。 主な操作はタップ(指で軽くたたく操作)、フリック(指ではじく操作)、ピンチ(指で軽くつまむような操作)の3つである。 Galaxyシリーズのスマートフォンは初代からのディスプレイを採用しており、ハイエンドモデルで一度もを使用したことがない数少ないシリーズである。 画面輝度やへの対処など代を重ねるごとに進化してきている。 その他、シリーズからは「Infinity Display」と付名された全画面ディスプレイを採用しており、年々進化している。 シリーズでは「Infinity O Display」というディスプレイの右上にサブカメラがくり抜かれた(パンチホールカメラ)デザインとなっている。 他にも、ディスプレイ上に切り欠き(ノッチ)がある「Infinity U Display」と「Infinity V Display」や、ポップアップ回転式カメラなどを使用することで完全全画面を実現した「New Infinity Display」がGalaxy Aシリーズなどで採用されている。 また、では折りたためるディスプレイ「Infinity Flex Display」が採用されている。 無線接続 [ ] ()、(、など)、()などが利用できる。 等を利用した電子決済なども使用可能である。 有線接続 [ ] シリーズからすべてのシリーズとほとんどのシリーズにおいてが採用された。 これにより高速な接続や端子の表裏がなく、シームレスに接続できるという利点が生まれた。 また、やなど主要なスマートフォンがを廃止する動きがある中でもシリーズではのシリーズまでは搭載し続けたが、で廃止された。 音声と、連絡先 [ ] 基本的な音声電話とビデオ通話は純正アプリの「ダイヤル」などから行える。 「ダイヤル」では基本的な機能として連絡先管理とキーパッドを利用した発信ができる。 また、スポット機能を利用すると付近の店舗などとすぐに連絡を取り合うことができる。 また、「ダイヤル」以外に「連絡先」という純正アプリも存在する。 こちらはより連絡先管理に特化したものである。 その他、サービスの利用にはのサービスの契約を行っている必要がある。 また、通話やビデオ通話は通話や、などのサードパーティー製アプリ・サービスを使用することもできる。 (ショートメッセージサービス) [ ] の送受信にはGalaxy純正の「メッセージ」アプリまたはプリインストールされている3社が合同で提供する「」などが使える。 ) また、が提供する「メッセージ」などサードパーティー製アプリを使用することも可能。 インターネット [ ] 標準搭載となっているGalaxy純正アプリである「」はをベースとしたインターネットブラウザであり、2015年からはストアでのインストールができるようになり、最近ではOSを搭載するGalaxyのでも使用可能になった。 ナイトモードや広告ブロック機能などが使える。 また、他社製スマートフォンと同じように製のもプリインストールされている。 その他サードパーティー製ブラウザアプリの利用も可能。 [ ] 国内版でプリインストールされているのは製のメールアプリとである。 その他Galaxy純正の「Eメール」アプリで複数のを一括管理できる。 モードの数は機種によって異なるが、約10個程度用意されている。 One UIの導入に際し、横にスライドしてモードの切り替えるになった。 保存先には内部ストレージのほかに外部を選択することができる。 撮影はアプリ上に配置された撮影ボタンや音量調節キーのほか、フローティング撮影ボタンを使用したり自分の声(音声)やのひらを向けることで撮影したりする機能もある。 また、プロモードを使用すると、感度、、などの細部の調整が可能になる。 最近の機種ではデュアルアパチャー(可変絞りレンズ)を用いた写真撮影、動画の撮影や(ハイダイナミックレンジ)の最新規格やスーパー手ブレ補正機能、スーパースローモーション機能などを利用した動画撮影、ライブフォーカス機能を使用した背景ボケ写真の撮影、や超広角画角などでの写真撮影、ナイトモードやナイトハイパーラプス撮影などが可能である。 その他、インカメラ、アウトカメラ両方でAR Emojiが利用でき、自分の顔に似たアバターやキャラクターのアバターを使用して写真や動画を撮影したり、スタンプにしてとしてSNSなどに投稿したりできる。 編集機能が使用できるほか、 Visionを利用して画像内の検索を行うことができる。 また、写真の自動解析によって写真を用いたストーリーやコラージュの自動作成ができる機能もある。 動画は「ビデオ」アプリでの管理も可能。 編集機能を使用すると、の変更やサイズ変更、なげなわ機能を使用した切り取りやエフェクトの実装、スタンプやテキストの挿入、様々なペンを使用したイラストの挿入、さまざまなタイプのモザイクの追加、明るさや露出、、彩度、色合い、の調整などができる。 編集アプリは導入前は「フォトエディタープロ」や「ムービーメーカー」など別に純正で用意されていたが、One UI導入後は統合及び廃止されている。 シリーズでは、簡単に画像クロップができるQuick Cropや、自分で好きなフィルターを作れるCustom Filterなどの機能が追加された。 地図 [ ] プリインストールされているを使用するのが一般的であるが、サードパーティー製アプリの使用ももちろん可能である。 音楽・音響 [ ] プリインストールされているGalaxy純正の音楽管理アプリ「」では端末内の音楽データの管理ができ、アーティストやアルバム別のタブがある。 また、機能を使って音質などを好みに変更することができる。 ほかにも、との連携もできる。 その他、シリーズ以降のハイエンドモデルはに対応している。 なお、ハイエンドモデルではシリーズまでがあり、対応したを使用することができる。 シリーズの製品に付属する有線イヤホンは、からチューニングのものとなっている。 その他、ワイヤレスイヤホンであるGalaxy BudsもAKGチューニングとなっている。 録音 [ ] プリインストールされているGalaxy純正の録音アプリ「ボイスレコーダー」では、標準、インタビュー、音声-テキスト変換の3つのモードから録音ができる。 録音品質は256kbps・48kHzまでに対応する。 バッテリー [ ] Galaxyスマートフォンのバッテリー容量はの高機能化に伴い、年々増加している。 Galaxy純正の「デバイスケア」アプリでバッテリーの使用量や使用状況、パワーモードの変更などが行える。 また、シリーズでは「ワイヤレスパワーシェア」機能が搭載され、他の対応デバイスに給電することができる。 ヘルスケア・健康管理 [ ] プリインストールされている健康管理アプリはGalaxy純正の「」である。 歩数、心拍数などの計測や記録のほか、食事や体重、各スポーツに合わせたトレーニングの記録などもできる。 Galaxyのスマートデバイス、サードパーティー製アプリや他社製の健康デバイスとも連携する。 電子決済 [ ] に対応しており、を用いたクレジットカード決済が利用できる。 、、、、、、、、、、など様々な国で利用できる。 日本向けモデルは、に対応しているものが多く、様々なや交通系、などと提携しているなどが使用可能である。 ただし、2019年現在、Samsung Payには非対応である。 文字入力 [ ] 純正のGalaxyキーボードが標準搭載であるが、製のものも、もちろん利用可能である。 また、Galaxyスマートフォンでは、の取り扱いが国やによって異なり、Samsung製の絵文字が標準となっている国と、Google製の絵文字が標準となっている国がある。 日本向けの端末では、基本的にはGoogle製の絵文字を利用するが、が製作した絵文字がGoogle製絵文字に混じって表示される場合もある。 ホーム画面 [ ] はホーム画面及びアプリ画面に表示される。 ホーム画面は壁紙、グリッドの変更などが可能。 また、の貼り付けも可能。 ホーム画面の壁紙は自分の写真を利用するか、専用のものをダウンロードして使用する。 (ロック画面では、15秒以内の動画も設定可能である。 )専用の壁紙・テーマのダウンロード元として一般的なのは純正テーマストアの「」でのダウンロードである。 壁紙以外にも端末全体のテーマやアプリアイコンなどが購入・ダウンロードできる。 製ホームアプリももちろん利用可能。 [ ] Galaxyスマートフォンには主に、センサー、センサー、センサー、センサー、センサー、ホールセンサー、ライトセンサー、ホームボタン感圧センサー、(血圧)センサーなどが搭載されている。 (機種によって搭載していないものもある。 ) セキュリティと生体認証 [ ] 端末はの標準セキュリティシステムとGalaxy独自のシステムによって保護される。 画面ロックにはパスワード、PIN、パターンのほか、生体認証が使用できる。 主にまでのハイエンドシリーズはのみの対応だったが、シリーズから、も使用できるようになった。 シリーズでは虹彩認証を廃止し、顔認証と指紋認証のみとなったが、画面内に式指紋認証センサーを内蔵することによって画面上での指紋認証が可能になった。 アクセシビリティ機能 [ ] Galaxyには複数の機能がある。 音声アシスタント 端末側が音声を提供し、視覚障害のあるユーザーを支援する。 ハイコントラストテーマ 読みやすく、視認性を高めるために、暗い背景に明るい色のコンテンツのテーマを使用することができる。 ハイコントラストフォント 画面上のフォントの色や輪郭を調整し、テキストと背景のを高めることができる。 ハイコントラストキーボード さまざまな高キーボードオプションが利用できる。 これにより、Galaxy標準キーボードのサイズが大きくなり、キーの色が変更され、テキストと背景のコントラストが高まる。 ボタン形状の表示 テキストだけで表示されるボタンについて、輪郭を表示することで視認性を高めることができる。 ネガポジ反転 画面の色を反転させることで、視認性を高めることができる。 色の調整 画面の色設定を「グレースケール」、「第一色弱 赤緑 」、「第二色弱 緑赤 」、「第三色弱 青黄 」、「カスタマイズカラー」から選択することができる。 彩度の変更も可能。 カラーレンズ 白背景での視認性の低下を改善するため、画面全体に色フィルターをかけることができる。 さまざまな色を選択でき、不透明度も調整できる。 ルーペウィンドウ ONにすると、画面上のコンテンツが簡単に拡大できるようになる。 フォントサイズとスタイル のサイズやスタイルの変更が可能。 スクリーンズーム 画面上のアイテム(要素)の大きさを調整できる。 ルーペのウィジェット ルーペウィジェットでは、デジタルズーム、カラーオプション、カメラを使用したキャプチャなどが利用できる。 音を検出して通知 赤ちゃんの泣き声やドアチャイムの音を検出すると、視覚的なポップアップとバイブレーションで通知する。 すべてのサウンドをミュート ONにすると、スマートフォンのすべての音がミュートになる。 補聴器のサポート を利用して、聞こえにくさや音質を改善する。 左右のサウンドバランス 聴覚の好みに合わせ、左右のサウンドバランスを調整できる。 モノラルオーディオ サウンドをに統合することができる。 単一のイヤホンがより便利な場合や、聴覚の好みに合わせる場合に使用。 音声読みあげ ボイスレコーダーでは、録音した音声をテキストに変換し、読みあげることができる。 ユニバーサルスイッチ 外部スイッチを接続したり、画面をタップしたり、頭の動きと顔のジェスチャーを使用することで、タッチスクリーンを制御・操作することができる。 アシスタントメニュー アプリ、機能、および設定にアクセスするための補助的なショートカットアイコンを表示することができる。 アイコンの補助メニューをタップすると、簡単にスマートフォンを操作することができる。 入力操作制御 自動回転、通知ブロックなどの機能を制御できるほか、画面上の任意の領域を選択してタッチ操作をブロックすることができる。 タップの認識時間 入力操作がタップとして認識されるまでの時間を調整することができる。 これにより、意図しないタップ操作の間違いを減らすことができる。 繰り返しのタッチを無効化 繰り返しのタッチを無効化することで、最初のタッチ後の期間中に繰り返されるタッチを無視する時間を設定することができる。 通話の応答と終了 通話の応答と終了を物理キーで行うことができる。 簡単な画面オン スマートフォン上部に手をかざすことで画面をオンにすることができる。 フラッシュ通知 カメラのフラッシュを利用して、通知を受信した際やアラームがなっているときに点滅して通知することができる。 通知リマインダー 事前に設定した間隔でチェックしていない通知をアラートするようにデバイスを設定することができる。 音声ラベル タグを使用して、ラベルを添付することにより、類似した形状のオブジェクトを区別できる。 音声録音を録音してNFCタグに割り当てることで、スマートフォンをNFCタグの近くに置くと音声録音が再生される。 アクセシビリティ設定をリセット 他の設定に影響なく、アクセシビリティ設定のみをリセットすることができる。 AIアシスタント [ ] プリインストールされているAIアシスタントアプリケーション及びサービスはGalaxy純正の「」と社製の「」の2つである。 主に画面内検索(やを使用)や音声による検索、端末のコントロール、外部機器の操作、雑談などが行える。 外部アプリのインストール [ ] 外部のをダウンロードすることで、機能の拡充などが行える。 設定内で許可すれば提供元不明のアプリケーションも導入できるが、Googleの「」やGalaxy純正ストアの「」を使用するのが一般的である。 移行サービス [ ] Galaxyスマートフォンにおける移行サービスとして純正の「Smart Switch」が用意されている。 他の搭載スマートフォン、搭載の、搭載スマートフォンなどからアプリデータ、写真、音楽、設定など様々な内容を引き継げる。 オペレーティングシステム [ ] Galaxyに採用されているOS [ ] Android [ ] GalaxyスマートフォンやGalaxyタブレットはのを採用し、独自の(UI)を実装している。 アップデートを迅速に行うGoogle主導のプロジェクト「Project Treble」には参加していないが、発売から2年〜3年間ほどのアップデートがなされている。 Tizen [ ] Galaxyのスマートウォッチ製品は、、、が主導するTizenプロジェクトによるOS「」が採用されている。 スマートウォッチの中では、を採用していない希少なシリーズである。 アプリストアは、Galaxy純正の「Galaxy Store」が利用でき、は利用できない。 Windows [ ] Galaxyのパーソナルコンピュータ製品は、のを採用している。 8月には、Microsoftとの直接的な提携が発表され、GalaxyスマートフォンやGalaxyタブレットとWindowsパソコンの連携をより利便性の高いものにしていくことが発表され、Galaxyスマートフォンに「Windowsにリンク」機能が標準実装された。 One UI [ ] はGalaxy向けに開発された(UI)である。 Galaxyの採用製品と採用製品であるスマートフォン、タブレット、スマートウォッチのUIを構築する。 で初めて発表された。 これまでもしくはとしてシステムが構築されてきたが、 9 PieよりOne UIとなった。 One UI One UI 1. 0、1. 1、1. 5 [ ] 2018年に発表され、2019年モデルから新たに導入されたOne UIでは、近年のディスプレイ縦長化に伴って画面下部に操作部分を集約することに最も重きを置いている。 また、角ばったデザインが特徴的であった先代のよりも丸みを帯びたデザインとなっている。 純正アプリアイコンの刷新 純正アプリアイコンはこれまで線をモチーフにしたデザインになっていたが、すべて刷新される。 ナイトモードの実装 コントロールパネルや純正アプリの背景色を白から黒に変更するモードが実装される。 純正アプリのインターフェイス変更 より直感的な操作ができるように、画面を表示領域と操作領域に分けることでスマホの大画面化が進む中でも指を動かす範囲をなるべく少なく済むよう設計されている。 具体的には、主な操作部分やダイアログが下部に表示される。 一部アプリの統合・廃止 One UIの導入に伴い、純正楽曲制作アプリ「サウンドキャンプ」や純正映像編集アプリ「ムービーメーカー」、描画アプリ「アートキャンバス」などの一部純正アプリが統合または廃止された。 One UI 2 [ ] One UI 2は、SDC 2019で正式発表された。 One UI 2では、に準じた追加機能などがあるほか、大幅にUIアニメーションが改良されている。 着信通知や音量バーの最小化 着信時のポップアップ通知や音量バーは最小化され、画面に表示中の内容を阻害しにくいようになった。 音量バーは、操作時のアニメーションも変更された。 (通知の最小化については、設定でオンにする必要がある。 ) アクセシビリティ アクセシビリティに対応したキーボード等の機能を補強。 設定項目も一新された。 ダークモードの改善 ナイトモードから名称が変更されたダークモードはディスプレイ上の画像、テキスト、色の明るさを細かく調整するようになった。 また、に準じてダークモードの対象が製アプリにまで拡大している。 アプリアイコン アプリアイコンや、SmartThingsのアイコンなどに動くエフェクトが追加された。 例1:SmartThingsで、スマートフォンと接続されているロボット掃除機を稼働させると、SmartThingsアプリケーション上で表示されているロボット掃除機のアイコンが動き始める。 例2:ソフトウェアアップデートを行っている最中は、設定アプリケーションのアイコンの歯車が回転する。 また、純正アプリアイコンの色が少しビビットに調整されている。 カメラとギャラリー カメラのUIが大幅変更。 モードをスライドで変更する形式に変わりはないが、一部モードを「モード」項に集約。 これにより、モードの編集が行いやすくなった。 また、インカメラでは、スローモーション、ハイパーラプスなどアウトカメラと同様のモードが使用できるようになっている。 その他、ビデオエディターやAR Doodleといった向けに提供されていた機能が他の端末でも標準で利用可能になる。 スマートロック画面 背景の画像にあわせ、これまでよりも正確に文字の色などを調整するようになった。 また、ダイナミックロックスクリーンを利用すると、起動するごとに別の壁紙が表示される。 デジタルウェルビーイング デジタルウェルビーイングのUIは大幅に改善。 円形状のインターフェースからバー形式に変更された。 また、から導入された「フォーカスモード」も搭載している。 デバイスケア・ワイヤレスパワーシェア デバイスケアのUIは、デジタルウェルビーイングと同じように円形状のインターフェースからバー形式に変更された。 バッテリーの項目からは、直接ワイヤレスパワーシェアにアクセスできるようになり、充電される側のデバイスが所定のパーセンテージに達したときに自動的にワイヤレスパワーシェアがオフになる機能などが追加された。 Galaxy Labs Galaxy Labsを正式サポート。 File Guardian、Battery Tracker、Battery Guardian、App Boosterの4つの機能を備える。 (APKではAndroid 9 Pieからサポート。 ) Daily Bixby HomeがDailyに置き換わり、ニュースやおすすめなどのカードを表示するようになった。 画面録画機能 画面録画機能が標準で搭載。 コントロールパネルからアクセスすることができ、録画しながら画面に描画したり、インカメラの映像を画面録画映像の中に組み込むことができる。 その他• から標準導入された「プライバシー」の設定項目を搭載している。 Edge Lightingのエフェクトの設定画面が一新。 新たなエフェクトも追加されている。 アプリフォルダを開いた際のUIが改善され、Viewing Area(表示領域)とInteraction Area(操作領域)を分けるOne UI特有のデザインを踏襲している。 顔認証の精度などが改善されている。 壁紙を設定する際、One UI 1. xでは直接Galaxy Themesで設定する仕様だったが、One UI 2では壁紙の設定画面が簡素化された。 の権限許可ダイヤログは下部に表示されるようになった。 画面の分割表示、ポップアップ表示の項目が画面下部に表示されるようになった。 バッテリーの使用状況が過去7日間表示されるようになった。 時計のアラーム、世界時計、タイマー、ストップウォッチの設定項目が統合された。 すべてのバックグラウンドアプリをクリアにする項目が自動最適化に追加された。 ホーム画面のフォルダのカラーピッカーが簡素化された。 設定画面の「壁紙とテーマ」項目は「壁紙」と「テーマ」にそれぞれ分けられた。 また、「プライバシー」、「ロケーション」の項目が追加された。 Galaxy標準のカレンダーアプリでスタンプが使えるようになった。 また、年、月、日付、および時間の選択の簡素化が図られた。 マイファイルアプリでファイルを削除しても15日間は保存されるという機能が搭載された。 (オフにすることも可能。 コントロールパネルに「Media」、「Devices」の項目が追加され、接続しているデバイスやメディアデバイスなどに簡単にアクセスできるようになった。 また、コントロールパネルを最大限に広げた際の時計の表示が少し小さくなり、表示できるボタン数が増加している。 純正アプリ内などの検索窓などの丸みの大きさが微調整された。 補足 [ ] ロゴと表記 [ ] 以前はすべてので「GALAXY」と書かれたロゴが使用され、表記も「GALAXY」と「Galaxy」が乱立する状態であったが、3月に発表された以降はロゴがより幾何学的なオリジナルを用いたものに変更され、文字も「Galaxy」となっており、正式な表記も「Galaxy」で統一された。 Galaxyの公式体験施設 [ ] Galaxy Harajuku [ ] 東京都 にあるGalaxyの常設体験型アミューズメント施設。 カフェ、ハンズオンコーナー等がある。 地上6階、地下1階 で構成され、世界最大級の超大型Galaxy体験施設となる。 日本で初めてショップ、サポートコーナーが設けられ、端末の修理、購入が可能。 また、のデザインを、内装デザインはが担当している。 入場、体験は無料でカフェでの飲食、製品の購入のみ有料。 詳細は「」を参照 その他 [ ]• Experience Store 、、、など世界各国で展開。 アメリカでは、、の3箇所にある。 常設の超大型〜大型ストアで、修理なども受け付けている。 837 にある常設の超大型体験施設。 アート、ファッション、テクノロジー、スポーツをかつてない方法で組み合わせた施設、とされており、3階の高さにわたる巨大ディスプレイがメインステージに設置されている。 KX にある常設の超大型体験施設。 」をテーマとし、「DoWhatYouCant」を体験できる場所だとされている。 Digital Plaza やなどで展開する常設の大型〜中型ストア。 モデルからモデルまで多数の取り扱いがある。 d'light 本社の一部を使用した常設の大規模ショールーム。 「d'light Shop」での製品購入も可能。 様々な展示・体験型アトラクションがある。 Galaxyの発表イベント [ ] Galaxy UNPACKED [ ] Galaxy Sシリーズ、Galaxy Noteシリーズ、Galaxy Wearableなどは「冬から春」、「夏から秋」の年2回開催される Galaxy UNPACKEDイベントで発表されることが多い。 会場は年によって異なるが、近年ではでの開催が多くなっている。 また、モデルの発表であるため、業界の大きな注目が集まる。 世界各国から多くのやテック系メディアが招待されるほか、一部地域からは抽選で選ばれた「Galaxy Members」の数名が招待される。 A Galaxy Event [ ] 年に数回行われる A Galaxy EventではメインシリーズであるGalaxy Aシリーズが発表される。 Galaxy Aシリーズを主に展開するで開催されることが多い。 Over the Horizon [ ] Over the HorizonはGalaxyのテーマ曲としての発売年から制作され、その後はほぼ毎年アレンジが加えられ、公開されている。 Over the Horizonは、上にが公開されるほか、Galaxyスマートフォンにも発売年ごとのバージョンのものが収録されている。 各年のテーマは以下の通りである。 制作にあたっては様々なや楽団、また向けの出演者など、多数の人・団体が関与している。 「Over the Horizon 2019」ではミュージックビデオに日本人でダイバーのが出演している。 2011年 - Rock• 2012年 - New Age• 2013年 - Shmphony Rock• 2014年 - Shmphony Rock(2013年と同じ)• 2015年 - Orchestral Pop• 2016年 - Fusion Jazz• 2017年 - Crossover• 2018年 - Nordic Orchestra• 2019年 - Classical Crossover• 2020年 - Digital Wellbeing ブランドスローガン [ ] Galaxyシリーズのブランドスローガンとして DoWhatYouCantが掲げられている。 ブランドムービーや発表イベントなどでも使用されており、「これまでできなかったことに挑戦する」という意志が込められている。 デザイン [ ] 近年、Galaxyスマートフォンはデザインにも力を入れており、専門部門も持っている。 また、デザインに関するストーリーはSamsung Design公式サイトでみることができる。 そして、各国のデザイン賞を受賞することもしばしばである。 日本でも、近年ではを毎年受賞している。 セキュリティ [ ] Galaxyスマートフォン、ウェアラブルデバイスのセキュリティにはまたはの標準セキュリティシステムの他に、Galaxy独自のKnoxシステムが標準で組み込まれている。 このシステムは製造段階から組み込まれているため、ユーザーは端末の初回使用時から利用できるほか、電源がオフになっていても機能する。 Knoxの基本機能 [ ]• ロック解除がなされていない状態では、 データを暗号化し、元のデータは復元不可能にする• 端末へ不正アクセスが行われた場合でもデータを取り出せないよう、すべてのにおいてデータを分離する過程を組み込むことで 二重ロックとして機能• などがに対して不正なアクセスを試みた場合、 ランタイム保護によってリアルタイムでブロック• ハードウェアの信頼のルート、セキュアブートとトラステッドブート、、SE for Android、Knoxコンテナなどの 多層セキュリティ構造による個人データ保護• (30の項目のうち27つでの獲得) また、FIPS 140-2(米国、カナダ)、DISA(アメリカ)、NCSC(英国)、ANSSI(フランス)、CCN(スペイン)、AIVD(オランダ)、NCSA(フィンランド)、ISCCC(中国)、STRK(カザフスタン)といった機関でも認定を受けている。 (政府認証を含む) Knoxのアプリケーションでの活用 [ ] セキュリティフォルダー、、、、などのGalaxy純正でもKnoxによって保護されている。 これは、あらゆる設定をしなくてもすべてのユーザーが利用できる。 法人向けKnox [ ] やIT管理者向けのKnoxとして、Knox Configure、Knox Mobile Enrollment、Knox Platform for Enterprise、Knox E-FOTA、Knox Manageなどが用意されている。 業務用に使用するGalaxyデバイスにおいてのセキュリティを強化したり、詳細な接続設定などができるほか、数千台以上のデバイスのセキュリティ設定を管理することができる。 各業界でのKnoxの活用 [ ]• 教育 教室内外で利用するGalaxyデバイスにおいて、生徒のゲームなどへのアクセスをブロックするほか、を多く含む教育機関における高度なセキュリティを提供する。 金融 顧客の金銭的情報などが多く含まれるGalaxyデバイスを保護するほか、となることで紙を適切に処理する手間を省くことができる。 政府 政府機関において、大量に使用するGalaxyデバイスを一斉に管理したり、強固なセキュリティを使用して各地の投票情報の送信に使用できる。 健康 ジムでの管理や、病院での個人情報保護やデジタルの管理、遠隔地との端末間での連携などに利用できる。 製造業 Knoxでカスタマイズされたセキュリティシステムを搭載したGalaxyを、試乗車などに設置した事例などがある。 また、従業員が業務で使用する1000台以上Galaxyデバイスのセキュリティ設定を一括管理したりできる。 警察、消防、救急 多くの職員が業務で使用するGalaxyデバイスのセキュリティ設定を一括管理したり、データ保護によって機密情報を職員間で共有しやすくすることができる。 スポーツ チームメンバーやチームスタッフ間での情報共有を円滑にしたり、端遠隔地にある端末との連携をスムーズに行える。 交通、運送 ドライバーの業務用デバイスとの連携をスムーズにしたり、大量のデバイスのセキュリティ設定を一括管理することができる。 また、ドライバーが業務用を紛失した際でも、リモートで捜索したり遠隔管理したりできる。 Knox以外のセキュリティシステム [ ]• 標準セキュリティシステム• アクセシビリティ [ ] Galaxyの、などの製品では、「誰でもテクノロジーを活用できるように」を目的にさまざまなが搭載されている。 「」も参照 環境への配慮 [ ] 1992年のSamsung環境宣言により宣言された「Planet First」によりGalaxyでは様々な環境に配慮する取り組みが行われている。 特にの削減に力を入れており、最新の実現策の中で最終的には自社製品のプラスチック包装をすべて撤廃することを目標としている。 外箱・梱包 [ ] 近年のGalaxyスマートフォン・スマートウォッチ製品などの箱・内部の包装などはほぼすべてが紙で構成されており、が一切使用されていないものもある。 また、外箱への印刷は、を使用している。 在庫用の梱包においても、や、、、などの利用を削減している。 グリーンマークの取得 [ ] 近年のGalaxyスマートフォンはの製品基準を満たしている。 国連との提携・SDGs関連 [ ] 2019年、(国連)とのパートナーシップにより、 The Global GOALS、SDGs の達成に向けた専用「Galaxy Global Goals」をリリースしている。 このアプリではグローバル目標の統計や進捗状況をフォローしたり、それぞれの目標ごとに広告視聴による寄付、または直接寄付することができる。 純正充電器 [ ] Galaxy純正充電器は、2012年に消費を20mWに削減することに成功。 その後、順次製品群全体の充電器にこれを適用した。 また、一部に使用済み材料(PCM)を使用して製造。 耐熱に関する問題をクリアし、正式に採用された。 2年以上にわたって計画・開発され、最終的にはペットボトルから作られた糸を従来のケースと異なるプロセスを経て製造するものとなった。 ストア・公式体験施設 [ ] Galaxyの直営体験スペースやストア、一部の外部販売ストア(、ショップなど)で使用されている製品を紹介するプラスチックパネルのビジュアルマーチャンダイジング(VMD)キットは、従来のカスタムマーチャンダイジングキットのように製品ごとに破棄することなく、商品の説明を簡単に交換できるようにしたことで、ゴミの削減に繋げている。 また、これらのモジュラーキットはやから再利用された素材を使用している。 その他、Experience Storeなどの公式体験施設や公式販売スペースなどで使用されているクルーユニフォームは、、、などの化学処理過程を得ずに作られたを使用している。 さらにこの衣服のパッケージについても、破棄されたLDPE()からされた材料から製造されたポリバッグへの変更を進めている。 スマートフォンにおける比吸収率 [ ] Galaxyスマートフォンにおける(人体に吸収される電磁波の量の尺度)は比較的低く抑えられている。 Statistaや各が公表しているデータによると、Galaxyスマートフォンの比吸収率(SAR)は他社製よりも低くなっており、特にの比吸収率は1キログラムあたり0. 17ワットで、最も比吸収率の低いスマートフォンとして知られる。 教育での活用 [ ] 世界の様々な(特に)などでGalaxyスマートフォンが活用されている。 また、日本では、2018年ににGalaxy Gear VRを提供・技術サポートを実施した事例などがある。 また、国によって詳細は異なるが、学生や教育者への割引プログラムも用意されている。 エイプリルフール [ ] Galaxy Mobile Japan公式アカウントは年によって、4月1日のに合わせたジョークを発表している。 2018年 Galaxy Note8 SAKURA EDITIONを発表。 世界の桜スポットと開花状況がわかる機能付きと紹介している。 2019年 Galaxy Note9 令和モデルを発表。 この年ののにより、に代わる新元号「」が4月1日に発表されたのに合わせて発表した。 ホーム画面には、、、と各元号が描かれたアプリが配置されており、その時代の名場面が見られると紹介。 さらに、Sペンは筆の書き心地を実現したとしている。 販売台数は平成の数だけ31台とした。 2020年 による影響で、様々な企業がの自粛を行ったため、その流れに乗る形となった。 市場における状況 [ ] 世界市場 [ ] グローバル市場においては、4~6月期に世界スマホ市場でシェア1位を守り、市場でもから首位を奪還した。 近年ではや、などのメーカーの猛追により徐々にシェアは下落傾向にあるが、いまだ世界1位の座を保持している。 詳細は「」を参照 日本市場 [ ] Galaxyは半ばには日本の市場で10%を超えるシェアを握っていたが、や日本メーカーのスマートフォンに押されは5. 6%、は4. 3%、は3. 4%と下落。 順位も、、、に続く5位にとどまっていたが、米調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)は8月8日、2017年4~6月期に日本のスマホ市場で70万台のGalaxyが販売され、8. 8%のシェアを記録したと伝えた。 また、2017年6月上旬にとから発売された『』シリーズが売れ、アップル、ソニーに続くシェア3位につけた。 2019年には『』シリーズが人気を集め、4〜6月期にアップルに次ぐ2位となる9. 各国のGalaxyスマートフォンのシェア [ ]• 🇯🇵 9. 10)• 🇺🇸 26. 🇮🇳 22. 10)• 🇫🇷 39. 10)• 🇮🇹 35. 10)• 🇬🇧 29. 10)• 🇨🇦 29. 10)• 🇩🇪 42. 10)• 🇦🇺 25. 10)• 🇪🇸 28. 10)• 🇷🇺 22. 10)• 🇰🇷 64. 10)• 🇸🇬 30. 10)• 🇭🇰 24. 10) 展開体制や市場への姿勢 [ ] 日本におけるスマートフォンの展開体制 [ ] 日本おいては主に向けにモデルを投入しており、2010年にが国内初のGalaxyとなるを発売し 、2012年にはもを発売している。 2019年にはでもの投入が発表され、2019年12月にはSIMフリー版のも発売された。 そのほか近年では、であるやにもミッドレンジモデルを投入している。 その他、一部のやなどでは、わずかに海外版が流通している。 日本におけるタブレットの展開体制 [ ] 近年、日本では数年前まで販売していた端末の展開を正規販売は行っておらず、一部のやなどでわずかに海外版が流通する程度であったが、2019年、からGalaxy Tab Aが発売されたことで日本におけるタブレット端末の公式販売が約2年ぶりに行われた。 しかし、依然Galaxy Tab Sシリーズ等ハイエンドのタブレット端末の販売は行われていない。 日本におけるウェアラブルデバイスの展開体制 [ ] 近年では、や、ワイヤレスチャージャー、純正アクセサリーなどをや、主要などで公式販売している。 日本における音響機器の展開体制 [ ] 日本においては、2017年にサムスン電子の傘下となったが持つブランドの製品販売を2019年7月29日からGalaxyブランドのもとでや主要の公式オンラインストアで行っている。 日本のSIMフリー市場に対する姿勢 [ ] までは日本において端末は出していなかった。 CEO(当時)の堤浩幸は、のインタビューに対して、「きちんとしたタイミング、ニーズが高いタイミングで、しかるべきアクションは取っていきたいと思っています。 お客さまの要求にマッチして、SIMフリーによって新しいサービス形態が出てくるなら、喜んで出していきたい。 やらないのではなくて、きちんと見極めて、ベストなタイミングで考えていきます」と語っている。 の12月には、が初めてシリーズのモデルとして、を発売した。 端末上のロゴ [ ] 3月に発表して日本国内において販売されている 以降のモデルには『SAMSUNG』のロゴがなく、 日本における、などあらゆる面で会社名の表記はほとんどなく、日本ではブランド名である『Galaxy』を全面に出し、『SAMSUNG』という名称の露出を控えている。 のインタビューにおいて、メーカー名ではなくGalaxyというブランド名を使う理由はなぜかと問われた際、サムスン電子の副社長であるイ・ヨンヒ氏は、「Galaxyというブランドはグローバルでもポジティブ、革新的、無限の可能性を引き出してくれる、というイメージを持っています。 サムスンは数多くの製品を展開していますが、そのメーカー名でスマートフォンの先進性をアピールしようとすると、どうしてもぼやけた印象を与えてしまうため、現在はGalaxyブランドを大々的に展開することに決めたのです」と答えている。 なお、初期の頃は「Galaxy」と「GALAXY」という2つの表記が混在していたが、この項での表記はすべて現在の「Galaxy」で統一する。 スマートフォン [ ] Galaxy S シリーズ [ ] Galaxy S Super Smart シリーズは、全世界の市場全体において最高クラスの性能をもつGalaxyシリーズのメインシリーズである。 冬から春のイベントで発表される。 2010• [6月] 2011• [1月]• [2月]• [5月] 2012• [1月]• [4月]• [5月]• [9月]• [11月]• [11月]• [11月]• [12月] 2013• [2月]• [4月]• [6月]• [7月]• [7月]• [6月]• [12月] 2014• [3月]• [4月]• [4月]• [5月]• [7月]• [8月]• [11月] 2015• [4月]• [4月]• [7月]• [7月]• [8月] 2016• [2月]• [2月]• [6月] 2017• [4月]• [4月]• [8月] 2018• [3月]• [3月]• [6月] 2019• [2月]• [2月]• [2月]• [2月] 2020• [1月]• [3月]• [3月]• [3月] Galaxy Note シリーズ [ ] シリーズは、絵の描画やメモ、写真撮影などがスタイラスペン(Sペン)によって行える 、Galaxyのシリーズである。 また、(大画面スマートフォン)の分野を開拓し、成功をおさめたスマートフォンとしても知られる。 夏から秋のイベントで発表される。 2011• [10月] 2012• [9月] 2013• [9月] 2014• [2月]• [10月]• [11月] 2015• [8月] 2016• [8月] 2017• [7月]• [8月] 2018• [8月] 2019• [8月]• [8月]• [8月]• [8月] 2020• 初代モデルの発表は2019年2月。 2019• [9月] 2020• [2月] Galaxy A シリーズ [ ] Galaxy A Alpha シリーズはGalaxyのメインスマートフォンシリーズである。 近年では、Sシリーズよりも先に最先端技術を採用することもある。 多くのミッドレンジシリーズが展開されてきたが、Aシリーズに統一・整理する動きがある。 年に何度か開催されるイベントや公式などで発表される。 2014• [9月]• [12月]• [12月] 2015• [2月]• [8月]• [12月]• [12月]• [12月] 2016• [1月]• [3月]• [10月] 2017• [1月]• [1月]• [1月] 2018• [1月]• [1月]• [5月]• [5月]• [6月]• [9月]• [10月]• [10月]• [12月] 2019• [1月]• [2月]• [2月]• [2月]• [3月]• [3月]• [3月]• [4月]• [4月]• [4月]• [4月]• [4月]• [8月]• [8月]• [8月]• [8月]• [8月]• [9月]• [9月]• [12月]• [12月]• [12月] 2020• [3月]• [3月]• [4月]• [4月]• [5月]• [5月]• [5月]• [6月]• [7月]• [7月] Galaxy M シリーズ [ ] Galaxy M Millenial シリーズは主に、などに投入されているシリーズである。 2019• [2月]• [2月]• [3月]• [6月]• [9月]• [9月] 2020• [2月]• [3月]• [4月]• [6月]• [7月] Galaxy W シリーズ [ ] Galaxy W シリーズは限定で投入されているシリーズである。 とGalaxyの提携事業による「心系天下(xinxitianxia)」ブランドによって展開されている。 中国国内でのイベントにて発表。 2008• [12月] 2009• [12月] 2010• [12月] 2011• [12月] 2012• [11月] 2013• [11月] 2014• [11月] 2015• [11月] 2016• [11月] 2017• [12月] 2018• [11月] 2019• [11月] Galaxy J シリーズ [ ] Galaxy J Joy、Junior、Journey、Jewel シリーズはGalaxyのシリーズである。 日本向けシリーズとして始まり、近年、日本での展開がなくなってからも多くの国で長年販売されたが、2019年に廃止され、Aシリーズに統合された。 2013• [12月] 2015• [1月]• [6月]• [6月]• [9月]• [9月] 2016• [1月]• [2月]• [3月]• [4月]• [6月]• [6月]• [7月]• [7月]• [7月]• [8月]• [9月]• [9月]• [11月]• [11月] 2017• [1月]• [3月]• [4月]• [6月]• [6月]• [6月]• [6月]• [6月]• [7月]• [7月]• [7月]• [9月]• [10月] 2018• [1月]• [3月]• [4月]• [5月]• [5月]• [6月]• [6月]• [7月]• [8月]• [10月]• [10月]• [11月] 2020• [4月] Galaxy Feel シリーズ [ ] Galaxy Feelシリーズは日本向けに展開していたシリーズである。 2019年にAシリーズに統合された。 2017• [6月] 2018• [11月] Galaxy On シリーズ [ ] Galaxy OnシリーズはGalaxyのシリーズである。 2019年にAシリーズ、Mシリーズに統合。 2015• [10月]• [11月] 2016• [7月]• [8月]• [9月]• [10月]• [10月]• [10月] 2017• [7月] 2018• [1月]• [7月]• [8月] Galaxy C シリーズ [ ] Galaxy Cシリーズは、主に市場向けに展開していたGalaxyのミッドレンジシリーズである。 現在の公式販売はなく、廃止されている。 2016• [6月]• [6月]• [11月]• [11月] 2017• [2月]• [3月]• [10月] Galaxy E シリーズ [ ] Galaxy E Elegant シリーズは、Galaxyのシリーズである。 このシリーズの端末はほとんどリリースされず、すぐにA、Cシリーズに統合された。 2015• [1月]• このシリーズは主に2015年からJシリーズに統合された。 2013• [1月]• [6月]• [11月]• [12月] 2014• [1月]• [7月]• [9月] 2015• [1月]• [6月] 2016• [12月] 2018• [1月] 発売年不明• Galaxy Mega シリーズ [ ] Galaxy MegaシリーズはGalaxyの大画面シリーズである。 現在は廃止されている。 2013• [5月]• [6月] 2014• [9月] Galaxy Mini シリーズ [ ] Galaxy MiniシリーズはGalaxyの小型スマートフォンシリーズである。 現在は廃止されている。 2011• [2月] 2012• [2月] Galaxy Trend シリーズ [ ] Galaxy Trendシリーズは短期間展開されたシリーズである。 位置づけ不明。 現在は廃止。 2013• [9月]• [10月]• [12月] Galaxy Ace シリーズ [ ] Galaxy Aceシリーズは比較的限定的に展開されたシリーズである。 位置づけ不明。 現在は廃止。 2011• [2月] 2012• [2月]• [2月] 2013• [6月] 2014• [7月]• [10月] Galaxy R シリーズ [ ] Galaxy R Royal シリーズは主に市場向けにリリースされたミッドレンジシリーズである。 現在は廃止。 [2011]• [2012] Galaxy Y シリーズ [ ] Galaxy YシリーズはGalaxyの位置づけ不明のシリーズである。 後にYoungシリーズとなる。 現在は廃止。 [2011]• [2012]• [2013]• [2014] Galaxy Pocket シリーズ [ ] Galaxy Pocketは小型で低価格帯のミッドレンジシリーズである。 現在は廃止。 [2011]• [2011]• [2012]• [2012]• [2014] その他 [ ]• Original [2009]• [2009]• [2010]• [2010]• [2010]• [2010]• [2011]• [2011]• [2011]• [2011]• [2011]• [2011]• [2011]• [2011]• [2011]• [2012]• [2012]• [2012]• [2012]• [2012]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2014]• [2014]• [2014]• [2014]• [2014]• [2015]• [2015]• [2017]• [発売年不明]• [発売年不明]• [発売年不明]• [発売年不明]• [2019]• [2019. 10]• [2020. 1] タブレット [ ] Galaxy Tab Sシリーズ [ ]• () Galaxy Tab Aシリーズ [ ]• [2015. [2015. [2015. [2015. [2015. [2016. [2016. [2016. [2016. [2016. [2017. [2018. [2019. [2019. [2019. [2019. 10]• [2020. () Galaxy Viewシリーズ [ ]• Galaxy Tab Activeシリーズ [ ]• Galaxy Tab Eシリーズ [ ]• Galaxy Noteシリーズ(タブレット) [ ]• () スマートスピーカー [ ]• スマートウォッチ [ ]• ワイヤレスイヤホン [ ]• ハンディカメラ [ ]• VR製品 [ ]• スマートネックバンド [ ]• プロジェクター機能付きスマートフォン [ ]• メディアプレイヤー [ ]• ノートパソコン [ ]• デジタルカメラ [ ]• - A. - Galaxy Cameraの後続モデル。 - A. 日本向けモデル [ ] 日本ではが取り扱うモデルの「S」「Note」、モデルの「A」が主力で、他は端末がわずかに流通する程度である。 auからは「S」に細かな変更がなされたモデルが発売されていたが、auでもNote3以降の端末はの仕様をほぼ踏襲している。 日本向けとして初めて投入された機種は向けのGalaxy S で、しばらくの間はドコモ向けに独占投入されてきたが、2012年には・連合 各 向けにGalaxy S2 WiMAX が投入、2014年にはGalaxy Tab S 8. 5のWi-Fiモデルが発売、向けにが投入された。 2019年にはの、向けにが投入され、向けとなる、、が投入された。 xはAndroidのバージョン。 は製品番号およびauの製造型番。 スマートフォン [ ] オリジナルブランド [ ] オリジナルブランドので展開されたモデルは現時点で1機種のみ。 機種名 型番 発売日 ディスプレイ 通信方式 CPU ストレージ メインカメラ サブカメラ 初期搭載OS トピック SM-F700J 2020年5月15日 カバー側:Super AMOLED独自マトリックス 1. 1インチ 内側:Dynamic AMOLED独自マトリックス Infinity Flex Display 6. シルバーの下地にトリコロールの模様が入っている。 NTTドコモ [ ] 全機種がドコモのフラッグシップモデルという性格上、最後までの機種が発売される事はなかった。 日本向けに特化しているの「」シリーズとは肩を並べていた。 機種名 型番 発売日 ディスプレイ 通信方式 CPU ストレージ メインカメラ サブカメラ 初期搭載OS トピック 第1期 SGH-N013 2010年10月28日 メタリックブラック 2011年3月2日 セラミックホワイト ペンタイル 4インチ WVGA相当 W-CDMA GSM IEEE 802. 0MP - A. 3インチ W-CDMA GSM IEEE 802. 2GHz RAM:1GB ROM:16GB 8. 1MP 2. 0MP A. 3 、エリアメール GALAXYシリーズ初のワンセグチューナー搭載。 docomo NEXT series GALAXY S II LTE SGH-N034 2011年11月24日 Dark Gray 2012年1月21日 Ceramic White SUPER AMOLED Plus 4. 5インチ WVGA LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:1GB ROM:16GB 8. 1MP 2. 0MP A. 3 、エリアメール GALAXY S IIのLTE対応版。 SGH-N044 2011年12月2日 SUPER AMOLED 4. 7インチ HD W-CDMA GSM IEEE 802. 2GHz RAM:1GB ROM:16GB 5. 1MP 1. 3MP A. 0 NFC、エリアメール 世界初 当時 のAndroid 4. 0搭載スマートフォン。 シリーズにも属する。 SGH-N054 2012年4月6日 SUPER AMOLED 5. 3インチ WXGA LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:1GB ROM:16GB 8. 1MP 1. 9MP A. 3 NFC、ワンセグ、 エリアメール、Sペン GALAXYシリーズ初のmicroSIM専用。 ドコモ最後のA. 3端末。 SGH-N064 2012年6月28日 SUPER AMOLEDペンタイル 4. 8インチ HD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:2GB ROM:32GB 8. 1MP 1. 9MP A. 0 、ワンセグ、 エリアメール GALAXYシリーズ初の対応。 SGH-N025 2012年11月16日 SUPER AMOLED 5. 5インチ HD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 6GHz RAM:2GB ROM:32GB 8. 1MP 1. 9MP A. 1 FeliCa、ワンセグ、 エリアメール、Sペン Noteシリーズ初のおサイフケータイ対応。 ドコモ最初のA. 1端末。 8インチ HD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 6GHz RAM:2GB ROM:32GB 8. 1MP 1. 9MP A. 1 FeliCa、ワンセグ、 エリアメール SC-06Dのマイナーチェンジ版。 第2期ドコモ スマートフォン SGH-N045 2013年5月23日 Black Mist・White Frost 2013年6月16日 Blue Arctic SUPER AMOLED 5. 0インチ FHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 9GHz RAM:2GB ROM:32GB 13. 2MP 2. 1MP A. Blue Arcticはドコモ限定カラー。 SM-N900D 2013年10月17日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 7インチ FHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 3GHz RAM:3GB ROM:32GB 13. 2MP 2. 1MP A. 0インチ FHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 3GHz RAM:3GB ROM:32GB 13. 2MP 2. 1MP A. SM-G900D 2014年5月15日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 1インチ FHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:2GB ROM:32GB 16. 0MP 2. 1MP A. Sweet Pinkはドコモ限定カラー。 SM-G870D 2014年10月23日 Charcoal Black 2014年11月13日 Frost White SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 6インチ WQHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 7GHz RAM:3GB ROM:32GB 16. 0MP 3. 7MP A. シリーズ初のフルセグ対応モデル。 GALAXY S5 Active SM-N915D 2014年10月4日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 1インチ FHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:2GB ROM:16GB 16. 0MP 2. 1MP A. SM-G925D 2015年4月23日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 1インチ QHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:3GB ROM:64GB 16. 0MP 5. 0MP A. SM-G920D RAM:3GB ROM:32GB SC-04Gの曲面ディスプレイ非搭載モデル。 Galaxy Active neo SM-G388D 2015年11月12日 TFT液晶 4. 5インチ WVGA LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 2GHz RAM:2GB ROM:16GB 8. 0MP 2. 0MP A. 5インチ QHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 6GHz RAM:4GB ROM:32GB 12. 2MP 5. 0MP A. 9GHz RAM:4GB ROM:64GB 12. 2MP 8. 0MP A. 7インチ HD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 6GHz RAM:3GB ROM:32GB 16. 0MP 5. 0MP A. 9GHz RAM:6GB ROM:64GB 12. 2MP 望遠カメラ・光学2倍ズーム 8. 0MP A. 7GHz RAM:4GB ROM:64GB 12. 2MP 8. 0MP A. 2MP 望遠カメラ・光学2倍ズーム Galaxy S9の機能に加え、以下の機能も備える。 デュアルカメラ、ライブフォーカス 静止画 Galaxy Note9 SM-N960D 2018年10月25日 SUPER AMOLED独自マトリックス Infinity Display 6. 7GHz RAM:6GB ROM:128GB 12. 2MP 望遠カメラ・光学2倍ズーム 8. 0MP A. 6GHz RAM:4GB ROM:32GB 16. 0MP 16. 0MP A. 東京オリンピックロゴ入りのGalaxy Buds ホワイト が同梱。 ドコモオンラインショップで10,000台限定で販売される。 2019年11月1日からドコモショップや量販店でも取扱うようになった。 SM-N975D 2019年10月18日 Dynamic AMOLED独自マトリックス Infinity-O Display 6. の公開を記念するモデルで、世界約14カ国で発売された。 端末には限定のテーマやアイコン、アニメーション、壁紙が搭載されている。 日本では2000台限定でドコモオンラインショップとで発売される。 Galaxy A20 SM-A205D 2019年11月1日 TFT Infinity-V Display 5. 3GHz RAM:3GB ROM:32GB 8. 0MP 5. 0MP A. カラーはオリンピック選手に配布予定のモデルと同じマットゴールドを採用。 Galaxy A41 SM-A415D 2020年6月以降予定 Super AMOLED Infinity-U Display 6. Note 3以降のモデルはグローバル版に最低限のローカライズが施されたモデルであり、ドコモ版とも大きな違いは無い。 機種名 型番 発売日 ディスプレイ 通信方式 CPU ストレージ メインカメラ サブカメラ 初期搭載OS トピック GALAXY S II WiMAX CDMA SCI11 SCH-J001 2012年1月20日 SUPER AMOLEDペンタイル 4. 7インチ HD WiMAX CDMA2000 IEEE 802. 4GHz RAM:1GB ROM:16GB 8. 0MP 2. 0MP A. 3 NFC 決済対応 、、 シリーズ GALAXY S III Progre CDMA SCL21 SCH-J021 2012年11月2日 SUPER AMOLEDペンタイル 4. 8インチ HD LTE CDMA2000 W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:2GB ROM:32GB 8. 0MP 1. 9MP A. 0 FeliCa、ワンセグ、 緊急速報メール GALAXY Note 3 SM-N900J 2013年10月17日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 7インチ FHD LTE CDMA2000 W-CDMA GSM IEEE 802. 3GHz RAM:3GB ROM:32GB 13. 2MP 2. 1MP A. GALAXY S5 SM-G900J 2014年5月15日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 1インチ FHD LTE CDMA2000 W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:2GB ROM:32GB 16. 0MP 2. 1MP A. GALAXY Note Edge SM-N915J 2014年10月23日 Charcoal Black 2014年11月13日 Frost White SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 6インチ WQHD LTE CDMA2000 W-CDMA GSM IEEE 802. 7GHz RAM:3GB ROM:32GB 16. 0MP 3. 7MP A. シリーズ初のフルセグ対応モデル。 au版は曲面ディスプレイにEメール ezweb. jp ・SMSの本文表示、着信アニメの表示が可能。 Galaxy S6 edge SM-G925J 2015年4月23日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 0MP 5. 0MP A. au版はストレージ容量の選択が可能。 Galaxy A8 SM-A800J 2015年12月18日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 3GHz RAM:2GB ROM:32GB 16. 0MP 5. 0MP A. 6GHz RAM:4GB ROM:32GB 12. 2MP 5. 0MP A. Galaxy S7 edge Injustice Edition 2016年7月4日 バットマンとのコラボレーションモデル。 Galaxy S7 edge Olympic Games Edition 2016年7月19日 とのコラボレーションモデル。 9GHz RAM:4GB ROM:64GB 12. 2MP 8. 0MP A. 9GHz RAM:6GB ROM:64GB 12. 2MP 望遠カメラ・光学2倍ズーム 8. 0MP A. 7GHz RAM:4GB ROM:64GB 12. 2MP 8. 0MP A. 2MP 望遠カメラ・光学2倍ズーム Galaxy S9の機能に加え、以下の機能も備える。 デュアルカメラ、ライブフォーカス 静止画 Galaxy Note9 SM-N960J 2018年10月25日 SUPER AMOLED独自マトリックス Infinity Display 6. 7GHz RAM:6GB ROM:128GB 12. 2MP 望遠カメラ・光学2倍ズーム 8. 0MP A. デュアルインカメラ Galaxy A30 SM-A305J 2019年6月6日 SUPER AMOLED独自マトリックス Infinity-U Display 6. 0MP A. 3GHz RAM:3GB ROM:32GB 8. 0MP 5. 0MP A. 1インチ 内側:Dynamic AMOLED独自マトリックス Infinity Flex Display 6.

次の

オートチェス(スマホ版)(Dota Auto Chess)攻略まとめ|ゲシピ

スマホ wiki

(2019年) 製造者 、その他企業 キャッチコピー DoWhatYouCant 販売台数 スマートフォン: 20億台以上 2019年初頭時点、累計 世界シェア1位 日本シェア2位 スマートウォッチ: 世界シェア2位 日本シェア5位 タブレット: 世界シェア2位 ワイヤレスイヤホン: 世界シェア3位 フォームファクタ• 、 Galaxy S Galaxy Note Galaxy Fold Galaxy Z Galaxy Aなど• Galaxy Tab Galaxy Note Tab Galaxy View• Galaxy Watch Galaxy Watch Active Galaxy Fit• Galaxy Budsなど• Galaxy Book• Galaxy Home• Galaxy Gear 360• 製品 Galaxy Gear VR• Galaxy Camera• 5mmイヤホンジャック、、など 端末によって異なる ウェブサイト 目次• S Super Smart、スーパースマート -。 最新技術の採用や最先端のを搭載するなど、世界的に見ても最高クラスの性能を誇る。 Note - 大型のディスプレイと内蔵式のペンを搭載し、ペン入力に対応したモデル。 性能面はSとほぼ同等で、Sシリーズと並ぶもう一つのモデルとなっている。 (大画面スマートフォン)という分野を確立させた。 8~10インチのタブレット端末にもNoteを名乗るモデルがあったが、内蔵ペン以外に共通点は少ない。 サブディスプレイと折りたためる2つのディスプレイを搭載している。 初代モデルは、 2019で発表された。 また、Galaxy Noteシリーズ以来、約10年ぶりに誕生したシリーズである。 A - メインシリーズ。 近年は新興国のみならず、ほとんどの国で展開。 ミッドレンジシリーズは複数存在したが、頃からは主にAが各国で展開されており、モデルのラインナップもAシリーズに統一・整理する動きがある。 JシリーズやOnシリーズ、Feelシリーズなどが廃止され、多くの国でAシリーズを直接展開するようになった。 また、2018年頃からシリーズよりも先にGalaxy Aに最新技術が採用されることもあり、世界初のクアッドカメラを搭載したGalaxy A9(2018年)、ポップアップ回転式カメラを搭載し、完全全画面を実現したGalaxy A80(2019年)などがある。 M - シリーズ。 主になどで展開。 Tab - タブレット端末。 性能面はSとほぼ同等のもの(Tab S)もあれば普及価格帯でペンを搭載しないもの(Tab Aなど)もある。 Tab S3以降はSペンが付属するようになり、ペン入力にも対応した。 Feel - 〜まで日本向けに展開していたミッドレンジモデル。 2019年は新製品の発表はなく、Galaxy Jなどと同様に事実上Galaxy Aへ統合された。 W - 中国限定のモデル。 とGalaxyの提携事業による「心系天下」ブランドで展開する。 を搭載した型端末や、の心系天下版であるなどがある。 J - モデル。 もともとは日本向けシリーズとして始まり、日本においては、等日本市場向けの意味で使われていた。 日本での展開がなくなってからも、ミッドレンジモデルとして様々なで広く展開していたが、2019年にAシリーズに統合された。 新興国などで展開。 Cは主に向け。 両方ともすでに廃止となっている。 Folder - テンキー搭載の二つ折りモデル。 オプション [ ]• または既存モデルの改良機種(例:Galaxy S2 Plus, Galaxy J3 Pro)。 e - 廉価版モデル。 S10eなど。 s - 基本性能をブラッシュアップしたもの。 A10sなど。 Lite - ディスプレイ品質などはモデルよりも低いが、カメラ性能などは底上げされている。 S10 Liteなど。 現時点では、SシリーズとNoteシリーズのオプションモデルとしてリリースされているが、発売国が限られており、性能面でもとの間のような位置付けとなっている。 edge - 曲面ディスプレイ搭載モデル。 Neo - 既存モデル(主にモデル)の本体サイズやデザインはそのままに、若干スペックダウンさせ、その分価格を抑えたモデル(例:Galaxy Note 3 Neo)。 Active - 既存モデルに性能と(MIL-STD-810G)準拠の耐衝撃性能などを備えたモデル(例:Galaxy S5 Active)。 Galaxy Wearable [ ] Galaxy Wearable(ギャラクシーウェアラブル)は、Galaxyののシリーズである。 主な製品は、、ワイヤレスイヤホンなど。 2018年8月9日に開催された「Galaxy UNPACKED 2018」でGearブランドではなく、携帯電話端末と同じGalaxyブランドで展開することが正式に発表された。 ウェアラブル製品カテゴリ [ ]• Watch - Galaxyのシリーズ。 などがあり、旧Gearシリーズではなどが同様のものに該当する。 Watch Active - Galaxyのスマートウォッチシリーズとして存在するが、の機能が強化されている。 旧Gearシリーズではなどが同様のものに該当する。 Fit - Galaxyの。 廉価版モデルとして「Fit e」も存在する。 旧Gearシリーズではなどが同様のものに該当する。 Buds - Galaxyのワイヤレス。 旧Gearシリーズではなどが同様のものに該当する。 機能・仕様 [ ] 主な機能 [ ] ディスプレイ [ ] によって外部入力装置 や、スタイラスペンなど を用いなくてもを使用することで操作できる。 主な操作はタップ(指で軽くたたく操作)、フリック(指ではじく操作)、ピンチ(指で軽くつまむような操作)の3つである。 Galaxyシリーズのスマートフォンは初代からのディスプレイを採用しており、ハイエンドモデルで一度もを使用したことがない数少ないシリーズである。 画面輝度やへの対処など代を重ねるごとに進化してきている。 その他、シリーズからは「Infinity Display」と付名された全画面ディスプレイを採用しており、年々進化している。 シリーズでは「Infinity O Display」というディスプレイの右上にサブカメラがくり抜かれた(パンチホールカメラ)デザインとなっている。 他にも、ディスプレイ上に切り欠き(ノッチ)がある「Infinity U Display」と「Infinity V Display」や、ポップアップ回転式カメラなどを使用することで完全全画面を実現した「New Infinity Display」がGalaxy Aシリーズなどで採用されている。 また、では折りたためるディスプレイ「Infinity Flex Display」が採用されている。 無線接続 [ ] ()、(、など)、()などが利用できる。 等を利用した電子決済なども使用可能である。 有線接続 [ ] シリーズからすべてのシリーズとほとんどのシリーズにおいてが採用された。 これにより高速な接続や端子の表裏がなく、シームレスに接続できるという利点が生まれた。 また、やなど主要なスマートフォンがを廃止する動きがある中でもシリーズではのシリーズまでは搭載し続けたが、で廃止された。 音声と、連絡先 [ ] 基本的な音声電話とビデオ通話は純正アプリの「ダイヤル」などから行える。 「ダイヤル」では基本的な機能として連絡先管理とキーパッドを利用した発信ができる。 また、スポット機能を利用すると付近の店舗などとすぐに連絡を取り合うことができる。 また、「ダイヤル」以外に「連絡先」という純正アプリも存在する。 こちらはより連絡先管理に特化したものである。 その他、サービスの利用にはのサービスの契約を行っている必要がある。 また、通話やビデオ通話は通話や、などのサードパーティー製アプリ・サービスを使用することもできる。 (ショートメッセージサービス) [ ] の送受信にはGalaxy純正の「メッセージ」アプリまたはプリインストールされている3社が合同で提供する「」などが使える。 ) また、が提供する「メッセージ」などサードパーティー製アプリを使用することも可能。 インターネット [ ] 標準搭載となっているGalaxy純正アプリである「」はをベースとしたインターネットブラウザであり、2015年からはストアでのインストールができるようになり、最近ではOSを搭載するGalaxyのでも使用可能になった。 ナイトモードや広告ブロック機能などが使える。 また、他社製スマートフォンと同じように製のもプリインストールされている。 その他サードパーティー製ブラウザアプリの利用も可能。 [ ] 国内版でプリインストールされているのは製のメールアプリとである。 その他Galaxy純正の「Eメール」アプリで複数のを一括管理できる。 モードの数は機種によって異なるが、約10個程度用意されている。 One UIの導入に際し、横にスライドしてモードの切り替えるになった。 保存先には内部ストレージのほかに外部を選択することができる。 撮影はアプリ上に配置された撮影ボタンや音量調節キーのほか、フローティング撮影ボタンを使用したり自分の声(音声)やのひらを向けることで撮影したりする機能もある。 また、プロモードを使用すると、感度、、などの細部の調整が可能になる。 最近の機種ではデュアルアパチャー(可変絞りレンズ)を用いた写真撮影、動画の撮影や(ハイダイナミックレンジ)の最新規格やスーパー手ブレ補正機能、スーパースローモーション機能などを利用した動画撮影、ライブフォーカス機能を使用した背景ボケ写真の撮影、や超広角画角などでの写真撮影、ナイトモードやナイトハイパーラプス撮影などが可能である。 その他、インカメラ、アウトカメラ両方でAR Emojiが利用でき、自分の顔に似たアバターやキャラクターのアバターを使用して写真や動画を撮影したり、スタンプにしてとしてSNSなどに投稿したりできる。 編集機能が使用できるほか、 Visionを利用して画像内の検索を行うことができる。 また、写真の自動解析によって写真を用いたストーリーやコラージュの自動作成ができる機能もある。 動画は「ビデオ」アプリでの管理も可能。 編集機能を使用すると、の変更やサイズ変更、なげなわ機能を使用した切り取りやエフェクトの実装、スタンプやテキストの挿入、様々なペンを使用したイラストの挿入、さまざまなタイプのモザイクの追加、明るさや露出、、彩度、色合い、の調整などができる。 編集アプリは導入前は「フォトエディタープロ」や「ムービーメーカー」など別に純正で用意されていたが、One UI導入後は統合及び廃止されている。 シリーズでは、簡単に画像クロップができるQuick Cropや、自分で好きなフィルターを作れるCustom Filterなどの機能が追加された。 地図 [ ] プリインストールされているを使用するのが一般的であるが、サードパーティー製アプリの使用ももちろん可能である。 音楽・音響 [ ] プリインストールされているGalaxy純正の音楽管理アプリ「」では端末内の音楽データの管理ができ、アーティストやアルバム別のタブがある。 また、機能を使って音質などを好みに変更することができる。 ほかにも、との連携もできる。 その他、シリーズ以降のハイエンドモデルはに対応している。 なお、ハイエンドモデルではシリーズまでがあり、対応したを使用することができる。 シリーズの製品に付属する有線イヤホンは、からチューニングのものとなっている。 その他、ワイヤレスイヤホンであるGalaxy BudsもAKGチューニングとなっている。 録音 [ ] プリインストールされているGalaxy純正の録音アプリ「ボイスレコーダー」では、標準、インタビュー、音声-テキスト変換の3つのモードから録音ができる。 録音品質は256kbps・48kHzまでに対応する。 バッテリー [ ] Galaxyスマートフォンのバッテリー容量はの高機能化に伴い、年々増加している。 Galaxy純正の「デバイスケア」アプリでバッテリーの使用量や使用状況、パワーモードの変更などが行える。 また、シリーズでは「ワイヤレスパワーシェア」機能が搭載され、他の対応デバイスに給電することができる。 ヘルスケア・健康管理 [ ] プリインストールされている健康管理アプリはGalaxy純正の「」である。 歩数、心拍数などの計測や記録のほか、食事や体重、各スポーツに合わせたトレーニングの記録などもできる。 Galaxyのスマートデバイス、サードパーティー製アプリや他社製の健康デバイスとも連携する。 電子決済 [ ] に対応しており、を用いたクレジットカード決済が利用できる。 、、、、、、、、、、など様々な国で利用できる。 日本向けモデルは、に対応しているものが多く、様々なや交通系、などと提携しているなどが使用可能である。 ただし、2019年現在、Samsung Payには非対応である。 文字入力 [ ] 純正のGalaxyキーボードが標準搭載であるが、製のものも、もちろん利用可能である。 また、Galaxyスマートフォンでは、の取り扱いが国やによって異なり、Samsung製の絵文字が標準となっている国と、Google製の絵文字が標準となっている国がある。 日本向けの端末では、基本的にはGoogle製の絵文字を利用するが、が製作した絵文字がGoogle製絵文字に混じって表示される場合もある。 ホーム画面 [ ] はホーム画面及びアプリ画面に表示される。 ホーム画面は壁紙、グリッドの変更などが可能。 また、の貼り付けも可能。 ホーム画面の壁紙は自分の写真を利用するか、専用のものをダウンロードして使用する。 (ロック画面では、15秒以内の動画も設定可能である。 )専用の壁紙・テーマのダウンロード元として一般的なのは純正テーマストアの「」でのダウンロードである。 壁紙以外にも端末全体のテーマやアプリアイコンなどが購入・ダウンロードできる。 製ホームアプリももちろん利用可能。 [ ] Galaxyスマートフォンには主に、センサー、センサー、センサー、センサー、センサー、ホールセンサー、ライトセンサー、ホームボタン感圧センサー、(血圧)センサーなどが搭載されている。 (機種によって搭載していないものもある。 ) セキュリティと生体認証 [ ] 端末はの標準セキュリティシステムとGalaxy独自のシステムによって保護される。 画面ロックにはパスワード、PIN、パターンのほか、生体認証が使用できる。 主にまでのハイエンドシリーズはのみの対応だったが、シリーズから、も使用できるようになった。 シリーズでは虹彩認証を廃止し、顔認証と指紋認証のみとなったが、画面内に式指紋認証センサーを内蔵することによって画面上での指紋認証が可能になった。 アクセシビリティ機能 [ ] Galaxyには複数の機能がある。 音声アシスタント 端末側が音声を提供し、視覚障害のあるユーザーを支援する。 ハイコントラストテーマ 読みやすく、視認性を高めるために、暗い背景に明るい色のコンテンツのテーマを使用することができる。 ハイコントラストフォント 画面上のフォントの色や輪郭を調整し、テキストと背景のを高めることができる。 ハイコントラストキーボード さまざまな高キーボードオプションが利用できる。 これにより、Galaxy標準キーボードのサイズが大きくなり、キーの色が変更され、テキストと背景のコントラストが高まる。 ボタン形状の表示 テキストだけで表示されるボタンについて、輪郭を表示することで視認性を高めることができる。 ネガポジ反転 画面の色を反転させることで、視認性を高めることができる。 色の調整 画面の色設定を「グレースケール」、「第一色弱 赤緑 」、「第二色弱 緑赤 」、「第三色弱 青黄 」、「カスタマイズカラー」から選択することができる。 彩度の変更も可能。 カラーレンズ 白背景での視認性の低下を改善するため、画面全体に色フィルターをかけることができる。 さまざまな色を選択でき、不透明度も調整できる。 ルーペウィンドウ ONにすると、画面上のコンテンツが簡単に拡大できるようになる。 フォントサイズとスタイル のサイズやスタイルの変更が可能。 スクリーンズーム 画面上のアイテム(要素)の大きさを調整できる。 ルーペのウィジェット ルーペウィジェットでは、デジタルズーム、カラーオプション、カメラを使用したキャプチャなどが利用できる。 音を検出して通知 赤ちゃんの泣き声やドアチャイムの音を検出すると、視覚的なポップアップとバイブレーションで通知する。 すべてのサウンドをミュート ONにすると、スマートフォンのすべての音がミュートになる。 補聴器のサポート を利用して、聞こえにくさや音質を改善する。 左右のサウンドバランス 聴覚の好みに合わせ、左右のサウンドバランスを調整できる。 モノラルオーディオ サウンドをに統合することができる。 単一のイヤホンがより便利な場合や、聴覚の好みに合わせる場合に使用。 音声読みあげ ボイスレコーダーでは、録音した音声をテキストに変換し、読みあげることができる。 ユニバーサルスイッチ 外部スイッチを接続したり、画面をタップしたり、頭の動きと顔のジェスチャーを使用することで、タッチスクリーンを制御・操作することができる。 アシスタントメニュー アプリ、機能、および設定にアクセスするための補助的なショートカットアイコンを表示することができる。 アイコンの補助メニューをタップすると、簡単にスマートフォンを操作することができる。 入力操作制御 自動回転、通知ブロックなどの機能を制御できるほか、画面上の任意の領域を選択してタッチ操作をブロックすることができる。 タップの認識時間 入力操作がタップとして認識されるまでの時間を調整することができる。 これにより、意図しないタップ操作の間違いを減らすことができる。 繰り返しのタッチを無効化 繰り返しのタッチを無効化することで、最初のタッチ後の期間中に繰り返されるタッチを無視する時間を設定することができる。 通話の応答と終了 通話の応答と終了を物理キーで行うことができる。 簡単な画面オン スマートフォン上部に手をかざすことで画面をオンにすることができる。 フラッシュ通知 カメラのフラッシュを利用して、通知を受信した際やアラームがなっているときに点滅して通知することができる。 通知リマインダー 事前に設定した間隔でチェックしていない通知をアラートするようにデバイスを設定することができる。 音声ラベル タグを使用して、ラベルを添付することにより、類似した形状のオブジェクトを区別できる。 音声録音を録音してNFCタグに割り当てることで、スマートフォンをNFCタグの近くに置くと音声録音が再生される。 アクセシビリティ設定をリセット 他の設定に影響なく、アクセシビリティ設定のみをリセットすることができる。 AIアシスタント [ ] プリインストールされているAIアシスタントアプリケーション及びサービスはGalaxy純正の「」と社製の「」の2つである。 主に画面内検索(やを使用)や音声による検索、端末のコントロール、外部機器の操作、雑談などが行える。 外部アプリのインストール [ ] 外部のをダウンロードすることで、機能の拡充などが行える。 設定内で許可すれば提供元不明のアプリケーションも導入できるが、Googleの「」やGalaxy純正ストアの「」を使用するのが一般的である。 移行サービス [ ] Galaxyスマートフォンにおける移行サービスとして純正の「Smart Switch」が用意されている。 他の搭載スマートフォン、搭載の、搭載スマートフォンなどからアプリデータ、写真、音楽、設定など様々な内容を引き継げる。 オペレーティングシステム [ ] Galaxyに採用されているOS [ ] Android [ ] GalaxyスマートフォンやGalaxyタブレットはのを採用し、独自の(UI)を実装している。 アップデートを迅速に行うGoogle主導のプロジェクト「Project Treble」には参加していないが、発売から2年〜3年間ほどのアップデートがなされている。 Tizen [ ] Galaxyのスマートウォッチ製品は、、、が主導するTizenプロジェクトによるOS「」が採用されている。 スマートウォッチの中では、を採用していない希少なシリーズである。 アプリストアは、Galaxy純正の「Galaxy Store」が利用でき、は利用できない。 Windows [ ] Galaxyのパーソナルコンピュータ製品は、のを採用している。 8月には、Microsoftとの直接的な提携が発表され、GalaxyスマートフォンやGalaxyタブレットとWindowsパソコンの連携をより利便性の高いものにしていくことが発表され、Galaxyスマートフォンに「Windowsにリンク」機能が標準実装された。 One UI [ ] はGalaxy向けに開発された(UI)である。 Galaxyの採用製品と採用製品であるスマートフォン、タブレット、スマートウォッチのUIを構築する。 で初めて発表された。 これまでもしくはとしてシステムが構築されてきたが、 9 PieよりOne UIとなった。 One UI One UI 1. 0、1. 1、1. 5 [ ] 2018年に発表され、2019年モデルから新たに導入されたOne UIでは、近年のディスプレイ縦長化に伴って画面下部に操作部分を集約することに最も重きを置いている。 また、角ばったデザインが特徴的であった先代のよりも丸みを帯びたデザインとなっている。 純正アプリアイコンの刷新 純正アプリアイコンはこれまで線をモチーフにしたデザインになっていたが、すべて刷新される。 ナイトモードの実装 コントロールパネルや純正アプリの背景色を白から黒に変更するモードが実装される。 純正アプリのインターフェイス変更 より直感的な操作ができるように、画面を表示領域と操作領域に分けることでスマホの大画面化が進む中でも指を動かす範囲をなるべく少なく済むよう設計されている。 具体的には、主な操作部分やダイアログが下部に表示される。 一部アプリの統合・廃止 One UIの導入に伴い、純正楽曲制作アプリ「サウンドキャンプ」や純正映像編集アプリ「ムービーメーカー」、描画アプリ「アートキャンバス」などの一部純正アプリが統合または廃止された。 One UI 2 [ ] One UI 2は、SDC 2019で正式発表された。 One UI 2では、に準じた追加機能などがあるほか、大幅にUIアニメーションが改良されている。 着信通知や音量バーの最小化 着信時のポップアップ通知や音量バーは最小化され、画面に表示中の内容を阻害しにくいようになった。 音量バーは、操作時のアニメーションも変更された。 (通知の最小化については、設定でオンにする必要がある。 ) アクセシビリティ アクセシビリティに対応したキーボード等の機能を補強。 設定項目も一新された。 ダークモードの改善 ナイトモードから名称が変更されたダークモードはディスプレイ上の画像、テキスト、色の明るさを細かく調整するようになった。 また、に準じてダークモードの対象が製アプリにまで拡大している。 アプリアイコン アプリアイコンや、SmartThingsのアイコンなどに動くエフェクトが追加された。 例1:SmartThingsで、スマートフォンと接続されているロボット掃除機を稼働させると、SmartThingsアプリケーション上で表示されているロボット掃除機のアイコンが動き始める。 例2:ソフトウェアアップデートを行っている最中は、設定アプリケーションのアイコンの歯車が回転する。 また、純正アプリアイコンの色が少しビビットに調整されている。 カメラとギャラリー カメラのUIが大幅変更。 モードをスライドで変更する形式に変わりはないが、一部モードを「モード」項に集約。 これにより、モードの編集が行いやすくなった。 また、インカメラでは、スローモーション、ハイパーラプスなどアウトカメラと同様のモードが使用できるようになっている。 その他、ビデオエディターやAR Doodleといった向けに提供されていた機能が他の端末でも標準で利用可能になる。 スマートロック画面 背景の画像にあわせ、これまでよりも正確に文字の色などを調整するようになった。 また、ダイナミックロックスクリーンを利用すると、起動するごとに別の壁紙が表示される。 デジタルウェルビーイング デジタルウェルビーイングのUIは大幅に改善。 円形状のインターフェースからバー形式に変更された。 また、から導入された「フォーカスモード」も搭載している。 デバイスケア・ワイヤレスパワーシェア デバイスケアのUIは、デジタルウェルビーイングと同じように円形状のインターフェースからバー形式に変更された。 バッテリーの項目からは、直接ワイヤレスパワーシェアにアクセスできるようになり、充電される側のデバイスが所定のパーセンテージに達したときに自動的にワイヤレスパワーシェアがオフになる機能などが追加された。 Galaxy Labs Galaxy Labsを正式サポート。 File Guardian、Battery Tracker、Battery Guardian、App Boosterの4つの機能を備える。 (APKではAndroid 9 Pieからサポート。 ) Daily Bixby HomeがDailyに置き換わり、ニュースやおすすめなどのカードを表示するようになった。 画面録画機能 画面録画機能が標準で搭載。 コントロールパネルからアクセスすることができ、録画しながら画面に描画したり、インカメラの映像を画面録画映像の中に組み込むことができる。 その他• から標準導入された「プライバシー」の設定項目を搭載している。 Edge Lightingのエフェクトの設定画面が一新。 新たなエフェクトも追加されている。 アプリフォルダを開いた際のUIが改善され、Viewing Area(表示領域)とInteraction Area(操作領域)を分けるOne UI特有のデザインを踏襲している。 顔認証の精度などが改善されている。 壁紙を設定する際、One UI 1. xでは直接Galaxy Themesで設定する仕様だったが、One UI 2では壁紙の設定画面が簡素化された。 の権限許可ダイヤログは下部に表示されるようになった。 画面の分割表示、ポップアップ表示の項目が画面下部に表示されるようになった。 バッテリーの使用状況が過去7日間表示されるようになった。 時計のアラーム、世界時計、タイマー、ストップウォッチの設定項目が統合された。 すべてのバックグラウンドアプリをクリアにする項目が自動最適化に追加された。 ホーム画面のフォルダのカラーピッカーが簡素化された。 設定画面の「壁紙とテーマ」項目は「壁紙」と「テーマ」にそれぞれ分けられた。 また、「プライバシー」、「ロケーション」の項目が追加された。 Galaxy標準のカレンダーアプリでスタンプが使えるようになった。 また、年、月、日付、および時間の選択の簡素化が図られた。 マイファイルアプリでファイルを削除しても15日間は保存されるという機能が搭載された。 (オフにすることも可能。 コントロールパネルに「Media」、「Devices」の項目が追加され、接続しているデバイスやメディアデバイスなどに簡単にアクセスできるようになった。 また、コントロールパネルを最大限に広げた際の時計の表示が少し小さくなり、表示できるボタン数が増加している。 純正アプリ内などの検索窓などの丸みの大きさが微調整された。 補足 [ ] ロゴと表記 [ ] 以前はすべてので「GALAXY」と書かれたロゴが使用され、表記も「GALAXY」と「Galaxy」が乱立する状態であったが、3月に発表された以降はロゴがより幾何学的なオリジナルを用いたものに変更され、文字も「Galaxy」となっており、正式な表記も「Galaxy」で統一された。 Galaxyの公式体験施設 [ ] Galaxy Harajuku [ ] 東京都 にあるGalaxyの常設体験型アミューズメント施設。 カフェ、ハンズオンコーナー等がある。 地上6階、地下1階 で構成され、世界最大級の超大型Galaxy体験施設となる。 日本で初めてショップ、サポートコーナーが設けられ、端末の修理、購入が可能。 また、のデザインを、内装デザインはが担当している。 入場、体験は無料でカフェでの飲食、製品の購入のみ有料。 詳細は「」を参照 その他 [ ]• Experience Store 、、、など世界各国で展開。 アメリカでは、、の3箇所にある。 常設の超大型〜大型ストアで、修理なども受け付けている。 837 にある常設の超大型体験施設。 アート、ファッション、テクノロジー、スポーツをかつてない方法で組み合わせた施設、とされており、3階の高さにわたる巨大ディスプレイがメインステージに設置されている。 KX にある常設の超大型体験施設。 」をテーマとし、「DoWhatYouCant」を体験できる場所だとされている。 Digital Plaza やなどで展開する常設の大型〜中型ストア。 モデルからモデルまで多数の取り扱いがある。 d'light 本社の一部を使用した常設の大規模ショールーム。 「d'light Shop」での製品購入も可能。 様々な展示・体験型アトラクションがある。 Galaxyの発表イベント [ ] Galaxy UNPACKED [ ] Galaxy Sシリーズ、Galaxy Noteシリーズ、Galaxy Wearableなどは「冬から春」、「夏から秋」の年2回開催される Galaxy UNPACKEDイベントで発表されることが多い。 会場は年によって異なるが、近年ではでの開催が多くなっている。 また、モデルの発表であるため、業界の大きな注目が集まる。 世界各国から多くのやテック系メディアが招待されるほか、一部地域からは抽選で選ばれた「Galaxy Members」の数名が招待される。 A Galaxy Event [ ] 年に数回行われる A Galaxy EventではメインシリーズであるGalaxy Aシリーズが発表される。 Galaxy Aシリーズを主に展開するで開催されることが多い。 Over the Horizon [ ] Over the HorizonはGalaxyのテーマ曲としての発売年から制作され、その後はほぼ毎年アレンジが加えられ、公開されている。 Over the Horizonは、上にが公開されるほか、Galaxyスマートフォンにも発売年ごとのバージョンのものが収録されている。 各年のテーマは以下の通りである。 制作にあたっては様々なや楽団、また向けの出演者など、多数の人・団体が関与している。 「Over the Horizon 2019」ではミュージックビデオに日本人でダイバーのが出演している。 2011年 - Rock• 2012年 - New Age• 2013年 - Shmphony Rock• 2014年 - Shmphony Rock(2013年と同じ)• 2015年 - Orchestral Pop• 2016年 - Fusion Jazz• 2017年 - Crossover• 2018年 - Nordic Orchestra• 2019年 - Classical Crossover• 2020年 - Digital Wellbeing ブランドスローガン [ ] Galaxyシリーズのブランドスローガンとして DoWhatYouCantが掲げられている。 ブランドムービーや発表イベントなどでも使用されており、「これまでできなかったことに挑戦する」という意志が込められている。 デザイン [ ] 近年、Galaxyスマートフォンはデザインにも力を入れており、専門部門も持っている。 また、デザインに関するストーリーはSamsung Design公式サイトでみることができる。 そして、各国のデザイン賞を受賞することもしばしばである。 日本でも、近年ではを毎年受賞している。 セキュリティ [ ] Galaxyスマートフォン、ウェアラブルデバイスのセキュリティにはまたはの標準セキュリティシステムの他に、Galaxy独自のKnoxシステムが標準で組み込まれている。 このシステムは製造段階から組み込まれているため、ユーザーは端末の初回使用時から利用できるほか、電源がオフになっていても機能する。 Knoxの基本機能 [ ]• ロック解除がなされていない状態では、 データを暗号化し、元のデータは復元不可能にする• 端末へ不正アクセスが行われた場合でもデータを取り出せないよう、すべてのにおいてデータを分離する過程を組み込むことで 二重ロックとして機能• などがに対して不正なアクセスを試みた場合、 ランタイム保護によってリアルタイムでブロック• ハードウェアの信頼のルート、セキュアブートとトラステッドブート、、SE for Android、Knoxコンテナなどの 多層セキュリティ構造による個人データ保護• (30の項目のうち27つでの獲得) また、FIPS 140-2(米国、カナダ)、DISA(アメリカ)、NCSC(英国)、ANSSI(フランス)、CCN(スペイン)、AIVD(オランダ)、NCSA(フィンランド)、ISCCC(中国)、STRK(カザフスタン)といった機関でも認定を受けている。 (政府認証を含む) Knoxのアプリケーションでの活用 [ ] セキュリティフォルダー、、、、などのGalaxy純正でもKnoxによって保護されている。 これは、あらゆる設定をしなくてもすべてのユーザーが利用できる。 法人向けKnox [ ] やIT管理者向けのKnoxとして、Knox Configure、Knox Mobile Enrollment、Knox Platform for Enterprise、Knox E-FOTA、Knox Manageなどが用意されている。 業務用に使用するGalaxyデバイスにおいてのセキュリティを強化したり、詳細な接続設定などができるほか、数千台以上のデバイスのセキュリティ設定を管理することができる。 各業界でのKnoxの活用 [ ]• 教育 教室内外で利用するGalaxyデバイスにおいて、生徒のゲームなどへのアクセスをブロックするほか、を多く含む教育機関における高度なセキュリティを提供する。 金融 顧客の金銭的情報などが多く含まれるGalaxyデバイスを保護するほか、となることで紙を適切に処理する手間を省くことができる。 政府 政府機関において、大量に使用するGalaxyデバイスを一斉に管理したり、強固なセキュリティを使用して各地の投票情報の送信に使用できる。 健康 ジムでの管理や、病院での個人情報保護やデジタルの管理、遠隔地との端末間での連携などに利用できる。 製造業 Knoxでカスタマイズされたセキュリティシステムを搭載したGalaxyを、試乗車などに設置した事例などがある。 また、従業員が業務で使用する1000台以上Galaxyデバイスのセキュリティ設定を一括管理したりできる。 警察、消防、救急 多くの職員が業務で使用するGalaxyデバイスのセキュリティ設定を一括管理したり、データ保護によって機密情報を職員間で共有しやすくすることができる。 スポーツ チームメンバーやチームスタッフ間での情報共有を円滑にしたり、端遠隔地にある端末との連携をスムーズに行える。 交通、運送 ドライバーの業務用デバイスとの連携をスムーズにしたり、大量のデバイスのセキュリティ設定を一括管理することができる。 また、ドライバーが業務用を紛失した際でも、リモートで捜索したり遠隔管理したりできる。 Knox以外のセキュリティシステム [ ]• 標準セキュリティシステム• アクセシビリティ [ ] Galaxyの、などの製品では、「誰でもテクノロジーを活用できるように」を目的にさまざまなが搭載されている。 「」も参照 環境への配慮 [ ] 1992年のSamsung環境宣言により宣言された「Planet First」によりGalaxyでは様々な環境に配慮する取り組みが行われている。 特にの削減に力を入れており、最新の実現策の中で最終的には自社製品のプラスチック包装をすべて撤廃することを目標としている。 外箱・梱包 [ ] 近年のGalaxyスマートフォン・スマートウォッチ製品などの箱・内部の包装などはほぼすべてが紙で構成されており、が一切使用されていないものもある。 また、外箱への印刷は、を使用している。 在庫用の梱包においても、や、、、などの利用を削減している。 グリーンマークの取得 [ ] 近年のGalaxyスマートフォンはの製品基準を満たしている。 国連との提携・SDGs関連 [ ] 2019年、(国連)とのパートナーシップにより、 The Global GOALS、SDGs の達成に向けた専用「Galaxy Global Goals」をリリースしている。 このアプリではグローバル目標の統計や進捗状況をフォローしたり、それぞれの目標ごとに広告視聴による寄付、または直接寄付することができる。 純正充電器 [ ] Galaxy純正充電器は、2012年に消費を20mWに削減することに成功。 その後、順次製品群全体の充電器にこれを適用した。 また、一部に使用済み材料(PCM)を使用して製造。 耐熱に関する問題をクリアし、正式に採用された。 2年以上にわたって計画・開発され、最終的にはペットボトルから作られた糸を従来のケースと異なるプロセスを経て製造するものとなった。 ストア・公式体験施設 [ ] Galaxyの直営体験スペースやストア、一部の外部販売ストア(、ショップなど)で使用されている製品を紹介するプラスチックパネルのビジュアルマーチャンダイジング(VMD)キットは、従来のカスタムマーチャンダイジングキットのように製品ごとに破棄することなく、商品の説明を簡単に交換できるようにしたことで、ゴミの削減に繋げている。 また、これらのモジュラーキットはやから再利用された素材を使用している。 その他、Experience Storeなどの公式体験施設や公式販売スペースなどで使用されているクルーユニフォームは、、、などの化学処理過程を得ずに作られたを使用している。 さらにこの衣服のパッケージについても、破棄されたLDPE()からされた材料から製造されたポリバッグへの変更を進めている。 スマートフォンにおける比吸収率 [ ] Galaxyスマートフォンにおける(人体に吸収される電磁波の量の尺度)は比較的低く抑えられている。 Statistaや各が公表しているデータによると、Galaxyスマートフォンの比吸収率(SAR)は他社製よりも低くなっており、特にの比吸収率は1キログラムあたり0. 17ワットで、最も比吸収率の低いスマートフォンとして知られる。 教育での活用 [ ] 世界の様々な(特に)などでGalaxyスマートフォンが活用されている。 また、日本では、2018年ににGalaxy Gear VRを提供・技術サポートを実施した事例などがある。 また、国によって詳細は異なるが、学生や教育者への割引プログラムも用意されている。 エイプリルフール [ ] Galaxy Mobile Japan公式アカウントは年によって、4月1日のに合わせたジョークを発表している。 2018年 Galaxy Note8 SAKURA EDITIONを発表。 世界の桜スポットと開花状況がわかる機能付きと紹介している。 2019年 Galaxy Note9 令和モデルを発表。 この年ののにより、に代わる新元号「」が4月1日に発表されたのに合わせて発表した。 ホーム画面には、、、と各元号が描かれたアプリが配置されており、その時代の名場面が見られると紹介。 さらに、Sペンは筆の書き心地を実現したとしている。 販売台数は平成の数だけ31台とした。 2020年 による影響で、様々な企業がの自粛を行ったため、その流れに乗る形となった。 市場における状況 [ ] 世界市場 [ ] グローバル市場においては、4~6月期に世界スマホ市場でシェア1位を守り、市場でもから首位を奪還した。 近年ではや、などのメーカーの猛追により徐々にシェアは下落傾向にあるが、いまだ世界1位の座を保持している。 詳細は「」を参照 日本市場 [ ] Galaxyは半ばには日本の市場で10%を超えるシェアを握っていたが、や日本メーカーのスマートフォンに押されは5. 6%、は4. 3%、は3. 4%と下落。 順位も、、、に続く5位にとどまっていたが、米調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)は8月8日、2017年4~6月期に日本のスマホ市場で70万台のGalaxyが販売され、8. 8%のシェアを記録したと伝えた。 また、2017年6月上旬にとから発売された『』シリーズが売れ、アップル、ソニーに続くシェア3位につけた。 2019年には『』シリーズが人気を集め、4〜6月期にアップルに次ぐ2位となる9. 各国のGalaxyスマートフォンのシェア [ ]• 🇯🇵 9. 10)• 🇺🇸 26. 🇮🇳 22. 10)• 🇫🇷 39. 10)• 🇮🇹 35. 10)• 🇬🇧 29. 10)• 🇨🇦 29. 10)• 🇩🇪 42. 10)• 🇦🇺 25. 10)• 🇪🇸 28. 10)• 🇷🇺 22. 10)• 🇰🇷 64. 10)• 🇸🇬 30. 10)• 🇭🇰 24. 10) 展開体制や市場への姿勢 [ ] 日本におけるスマートフォンの展開体制 [ ] 日本おいては主に向けにモデルを投入しており、2010年にが国内初のGalaxyとなるを発売し 、2012年にはもを発売している。 2019年にはでもの投入が発表され、2019年12月にはSIMフリー版のも発売された。 そのほか近年では、であるやにもミッドレンジモデルを投入している。 その他、一部のやなどでは、わずかに海外版が流通している。 日本におけるタブレットの展開体制 [ ] 近年、日本では数年前まで販売していた端末の展開を正規販売は行っておらず、一部のやなどでわずかに海外版が流通する程度であったが、2019年、からGalaxy Tab Aが発売されたことで日本におけるタブレット端末の公式販売が約2年ぶりに行われた。 しかし、依然Galaxy Tab Sシリーズ等ハイエンドのタブレット端末の販売は行われていない。 日本におけるウェアラブルデバイスの展開体制 [ ] 近年では、や、ワイヤレスチャージャー、純正アクセサリーなどをや、主要などで公式販売している。 日本における音響機器の展開体制 [ ] 日本においては、2017年にサムスン電子の傘下となったが持つブランドの製品販売を2019年7月29日からGalaxyブランドのもとでや主要の公式オンラインストアで行っている。 日本のSIMフリー市場に対する姿勢 [ ] までは日本において端末は出していなかった。 CEO(当時)の堤浩幸は、のインタビューに対して、「きちんとしたタイミング、ニーズが高いタイミングで、しかるべきアクションは取っていきたいと思っています。 お客さまの要求にマッチして、SIMフリーによって新しいサービス形態が出てくるなら、喜んで出していきたい。 やらないのではなくて、きちんと見極めて、ベストなタイミングで考えていきます」と語っている。 の12月には、が初めてシリーズのモデルとして、を発売した。 端末上のロゴ [ ] 3月に発表して日本国内において販売されている 以降のモデルには『SAMSUNG』のロゴがなく、 日本における、などあらゆる面で会社名の表記はほとんどなく、日本ではブランド名である『Galaxy』を全面に出し、『SAMSUNG』という名称の露出を控えている。 のインタビューにおいて、メーカー名ではなくGalaxyというブランド名を使う理由はなぜかと問われた際、サムスン電子の副社長であるイ・ヨンヒ氏は、「Galaxyというブランドはグローバルでもポジティブ、革新的、無限の可能性を引き出してくれる、というイメージを持っています。 サムスンは数多くの製品を展開していますが、そのメーカー名でスマートフォンの先進性をアピールしようとすると、どうしてもぼやけた印象を与えてしまうため、現在はGalaxyブランドを大々的に展開することに決めたのです」と答えている。 なお、初期の頃は「Galaxy」と「GALAXY」という2つの表記が混在していたが、この項での表記はすべて現在の「Galaxy」で統一する。 スマートフォン [ ] Galaxy S シリーズ [ ] Galaxy S Super Smart シリーズは、全世界の市場全体において最高クラスの性能をもつGalaxyシリーズのメインシリーズである。 冬から春のイベントで発表される。 2010• [6月] 2011• [1月]• [2月]• [5月] 2012• [1月]• [4月]• [5月]• [9月]• [11月]• [11月]• [11月]• [12月] 2013• [2月]• [4月]• [6月]• [7月]• [7月]• [6月]• [12月] 2014• [3月]• [4月]• [4月]• [5月]• [7月]• [8月]• [11月] 2015• [4月]• [4月]• [7月]• [7月]• [8月] 2016• [2月]• [2月]• [6月] 2017• [4月]• [4月]• [8月] 2018• [3月]• [3月]• [6月] 2019• [2月]• [2月]• [2月]• [2月] 2020• [1月]• [3月]• [3月]• [3月] Galaxy Note シリーズ [ ] シリーズは、絵の描画やメモ、写真撮影などがスタイラスペン(Sペン)によって行える 、Galaxyのシリーズである。 また、(大画面スマートフォン)の分野を開拓し、成功をおさめたスマートフォンとしても知られる。 夏から秋のイベントで発表される。 2011• [10月] 2012• [9月] 2013• [9月] 2014• [2月]• [10月]• [11月] 2015• [8月] 2016• [8月] 2017• [7月]• [8月] 2018• [8月] 2019• [8月]• [8月]• [8月]• [8月] 2020• 初代モデルの発表は2019年2月。 2019• [9月] 2020• [2月] Galaxy A シリーズ [ ] Galaxy A Alpha シリーズはGalaxyのメインスマートフォンシリーズである。 近年では、Sシリーズよりも先に最先端技術を採用することもある。 多くのミッドレンジシリーズが展開されてきたが、Aシリーズに統一・整理する動きがある。 年に何度か開催されるイベントや公式などで発表される。 2014• [9月]• [12月]• [12月] 2015• [2月]• [8月]• [12月]• [12月]• [12月] 2016• [1月]• [3月]• [10月] 2017• [1月]• [1月]• [1月] 2018• [1月]• [1月]• [5月]• [5月]• [6月]• [9月]• [10月]• [10月]• [12月] 2019• [1月]• [2月]• [2月]• [2月]• [3月]• [3月]• [3月]• [4月]• [4月]• [4月]• [4月]• [4月]• [8月]• [8月]• [8月]• [8月]• [8月]• [9月]• [9月]• [12月]• [12月]• [12月] 2020• [3月]• [3月]• [4月]• [4月]• [5月]• [5月]• [5月]• [6月]• Galaxy M シリーズ [ ] Galaxy M Millenial シリーズは主に、などに投入されているシリーズである。 2019• [2月]• [2月]• [3月]• [6月]• [9月]• [9月] 2020• [2月]• [3月]• [4月]• [6月] Galaxy W シリーズ [ ] Galaxy W シリーズは限定で投入されているシリーズである。 とGalaxyの提携事業による「心系天下(xinxitianxia)」ブランドによって展開されている。 中国国内でのイベントにて発表。 2008• [12月] 2009• [12月] 2010• [12月] 2011• [12月] 2012• [11月] 2013• [11月] 2014• [11月] 2015• [11月] 2016• [11月] 2017• [12月] 2018• [11月] 2019• [11月] Galaxy J シリーズ [ ] Galaxy J Joy、Junior、Journey、Jewel シリーズはGalaxyのシリーズである。 日本向けシリーズとして始まり、近年、日本での展開がなくなってからも多くの国で長年販売されたが、2019年に廃止され、Aシリーズに統合された。 2013• [12月] 2015• [1月]• [6月]• [6月]• [9月]• [9月] 2016• [1月]• [2月]• [3月]• [4月]• [6月]• [6月]• [7月]• [7月]• [7月]• [8月]• [9月]• [9月]• [11月]• [11月] 2017• [1月]• [3月]• [4月]• [6月]• [6月]• [6月]• [6月]• [6月]• [7月]• [7月]• [7月]• [9月]• [10月] 2018• [1月]• [3月]• [4月]• [5月]• [5月]• [6月]• [6月]• [7月]• [8月]• [10月]• [10月]• [11月] 2020• [4月] Galaxy Feel シリーズ [ ] Galaxy Feelシリーズは日本向けに展開していたシリーズである。 2019年にAシリーズに統合された。 2017• [6月] 2018• [11月] Galaxy On シリーズ [ ] Galaxy OnシリーズはGalaxyのシリーズである。 2019年にAシリーズ、Mシリーズに統合。 2015• [10月]• [11月] 2016• [7月]• [8月]• [9月]• [10月]• [10月]• [10月] 2017• [7月] 2018• [1月]• [7月]• [8月] Galaxy C シリーズ [ ] Galaxy Cシリーズは、主に市場向けに展開していたGalaxyのミッドレンジシリーズである。 現在の公式販売はなく、廃止されている。 2016• [6月]• [6月]• [11月]• [11月] 2017• [2月]• [3月]• [10月] Galaxy E シリーズ [ ] Galaxy E Elegant シリーズは、Galaxyのシリーズである。 このシリーズの端末はほとんどリリースされず、すぐにA、Cシリーズに統合された。 2015• [1月]• このシリーズは主に2015年からJシリーズに統合された。 2013• [1月]• [6月]• [11月]• [12月] 2014• [1月]• [7月]• [9月] 2015• [1月]• [6月] 2016• [12月] 2018• [1月] 発売年不明• Galaxy Mega シリーズ [ ] Galaxy MegaシリーズはGalaxyの大画面シリーズである。 現在は廃止されている。 2013• [5月]• [6月] 2014• [9月] Galaxy Mini シリーズ [ ] Galaxy MiniシリーズはGalaxyの小型スマートフォンシリーズである。 現在は廃止されている。 2011• [2月] 2012• [2月] Galaxy Trend シリーズ [ ] Galaxy Trendシリーズは短期間展開されたシリーズである。 位置づけ不明。 現在は廃止。 2013• [9月]• [10月]• [12月] Galaxy Ace シリーズ [ ] Galaxy Aceシリーズは比較的限定的に展開されたシリーズである。 位置づけ不明。 現在は廃止。 2011• [2月] 2012• [2月]• [2月] 2013• [6月] 2014• [7月]• [10月] Galaxy R シリーズ [ ] Galaxy R Royal シリーズは主に市場向けにリリースされたミッドレンジシリーズである。 現在は廃止。 [2011]• [2012] Galaxy Y シリーズ [ ] Galaxy YシリーズはGalaxyの位置づけ不明のシリーズである。 後にYoungシリーズとなる。 現在は廃止。 [2011]• [2012]• [2013]• [2014] Galaxy Pocket シリーズ [ ] Galaxy Pocketは小型で低価格帯のミッドレンジシリーズである。 現在は廃止。 [2011]• [2011]• [2012]• [2012]• [2014] その他 [ ]• Original [2009]• [2009]• [2010]• [2010]• [2010]• [2010]• [2011]• [2011]• [2011]• [2011]• [2011]• [2011]• [2011]• [2011]• [2011]• [2012]• [2012]• [2012]• [2012]• [2012]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2013]• [2014]• [2014]• [2014]• [2014]• [2014]• [2015]• [2015]• [2017]• [発売年不明]• [発売年不明]• [発売年不明]• [発売年不明]• [2019]• [2019. 10]• [2020. 1] タブレット [ ] Galaxy Tab Sシリーズ [ ]• () Galaxy Tab Aシリーズ [ ]• [2015. [2015. [2015. [2015. [2015. [2016. [2016. [2016. [2016. [2016. [2017. [2018. [2019. [2019. [2019. [2019. 10]• [2020. () Galaxy Viewシリーズ [ ]• Galaxy Tab Activeシリーズ [ ]• Galaxy Tab Eシリーズ [ ]• Galaxy Noteシリーズ(タブレット) [ ]• () スマートスピーカー [ ]• スマートウォッチ [ ]• ワイヤレスイヤホン [ ]• ハンディカメラ [ ]• VR製品 [ ]• スマートネックバンド [ ]• プロジェクター機能付きスマートフォン [ ]• メディアプレイヤー [ ]• ノートパソコン [ ]• デジタルカメラ [ ]• - A. - Galaxy Cameraの後続モデル。 - A. 日本向けモデル [ ] 日本ではが取り扱うモデルの「S」「Note」、モデルの「A」が主力で、他は端末がわずかに流通する程度である。 auからは「S」に細かな変更がなされたモデルが発売されていたが、auでもNote3以降の端末はの仕様をほぼ踏襲している。 日本向けとして初めて投入された機種は向けのGalaxy S で、しばらくの間はドコモ向けに独占投入されてきたが、2012年には・連合 各 向けにGalaxy S2 WiMAX が投入、2014年にはGalaxy Tab S 8. 5のWi-Fiモデルが発売、向けにが投入された。 2019年にはの、向けにが投入され、向けとなる、、が投入された。 xはAndroidのバージョン。 は製品番号およびauの製造型番。 スマートフォン [ ] オリジナルブランド [ ] オリジナルブランドので展開されたモデルは現時点で1機種のみ。 機種名 型番 発売日 ディスプレイ 通信方式 CPU ストレージ メインカメラ サブカメラ 初期搭載OS トピック SM-F700J 2020年5月15日 カバー側:Super AMOLED独自マトリックス 1. 1インチ 内側:Dynamic AMOLED独自マトリックス Infinity Flex Display 6. シルバーの下地にトリコロールの模様が入っている。 NTTドコモ [ ] 全機種がドコモのフラッグシップモデルという性格上、最後までの機種が発売される事はなかった。 日本向けに特化しているの「」シリーズとは肩を並べていた。 機種名 型番 発売日 ディスプレイ 通信方式 CPU ストレージ メインカメラ サブカメラ 初期搭載OS トピック 第1期 SGH-N013 2010年10月28日 メタリックブラック 2011年3月2日 セラミックホワイト ペンタイル 4インチ WVGA相当 W-CDMA GSM IEEE 802. 0MP - A. 3インチ W-CDMA GSM IEEE 802. 2GHz RAM:1GB ROM:16GB 8. 1MP 2. 0MP A. 3 、エリアメール GALAXYシリーズ初のワンセグチューナー搭載。 docomo NEXT series GALAXY S II LTE SGH-N034 2011年11月24日 Dark Gray 2012年1月21日 Ceramic White SUPER AMOLED Plus 4. 5インチ WVGA LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:1GB ROM:16GB 8. 1MP 2. 0MP A. 3 、エリアメール GALAXY S IIのLTE対応版。 SGH-N044 2011年12月2日 SUPER AMOLED 4. 7インチ HD W-CDMA GSM IEEE 802. 2GHz RAM:1GB ROM:16GB 5. 1MP 1. 3MP A. 0 NFC、エリアメール 世界初 当時 のAndroid 4. 0搭載スマートフォン。 シリーズにも属する。 SGH-N054 2012年4月6日 SUPER AMOLED 5. 3インチ WXGA LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:1GB ROM:16GB 8. 1MP 1. 9MP A. 3 NFC、ワンセグ、 エリアメール、Sペン GALAXYシリーズ初のmicroSIM専用。 ドコモ最後のA. 3端末。 SGH-N064 2012年6月28日 SUPER AMOLEDペンタイル 4. 8インチ HD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:2GB ROM:32GB 8. 1MP 1. 9MP A. 0 、ワンセグ、 エリアメール GALAXYシリーズ初の対応。 SGH-N025 2012年11月16日 SUPER AMOLED 5. 5インチ HD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 6GHz RAM:2GB ROM:32GB 8. 1MP 1. 9MP A. 1 FeliCa、ワンセグ、 エリアメール、Sペン Noteシリーズ初のおサイフケータイ対応。 ドコモ最初のA. 1端末。 8インチ HD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 6GHz RAM:2GB ROM:32GB 8. 1MP 1. 9MP A. 1 FeliCa、ワンセグ、 エリアメール SC-06Dのマイナーチェンジ版。 第2期ドコモ スマートフォン SGH-N045 2013年5月23日 Black Mist・White Frost 2013年6月16日 Blue Arctic SUPER AMOLED 5. 0インチ FHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 9GHz RAM:2GB ROM:32GB 13. 2MP 2. 1MP A. Blue Arcticはドコモ限定カラー。 SM-N900D 2013年10月17日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 7インチ FHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 3GHz RAM:3GB ROM:32GB 13. 2MP 2. 1MP A. 0インチ FHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 3GHz RAM:3GB ROM:32GB 13. 2MP 2. 1MP A. SM-G900D 2014年5月15日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 1インチ FHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:2GB ROM:32GB 16. 0MP 2. 1MP A. Sweet Pinkはドコモ限定カラー。 SM-G870D 2014年10月23日 Charcoal Black 2014年11月13日 Frost White SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 6インチ WQHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 7GHz RAM:3GB ROM:32GB 16. 0MP 3. 7MP A. シリーズ初のフルセグ対応モデル。 GALAXY S5 Active SM-N915D 2014年10月4日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 1インチ FHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:2GB ROM:16GB 16. 0MP 2. 1MP A. SM-G925D 2015年4月23日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 1インチ QHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:3GB ROM:64GB 16. 0MP 5. 0MP A. SM-G920D RAM:3GB ROM:32GB SC-04Gの曲面ディスプレイ非搭載モデル。 Galaxy Active neo SM-G388D 2015年11月12日 TFT液晶 4. 5インチ WVGA LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 2GHz RAM:2GB ROM:16GB 8. 0MP 2. 0MP A. 5インチ QHD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 6GHz RAM:4GB ROM:32GB 12. 2MP 5. 0MP A. 9GHz RAM:4GB ROM:64GB 12. 2MP 8. 0MP A. 7インチ HD LTE W-CDMA GSM IEEE 802. 6GHz RAM:3GB ROM:32GB 16. 0MP 5. 0MP A. 9GHz RAM:6GB ROM:64GB 12. 2MP 望遠カメラ・光学2倍ズーム 8. 0MP A. 7GHz RAM:4GB ROM:64GB 12. 2MP 8. 0MP A. 2MP 望遠カメラ・光学2倍ズーム Galaxy S9の機能に加え、以下の機能も備える。 デュアルカメラ、ライブフォーカス 静止画 Galaxy Note9 SM-N960D 2018年10月25日 SUPER AMOLED独自マトリックス Infinity Display 6. 7GHz RAM:6GB ROM:128GB 12. 2MP 望遠カメラ・光学2倍ズーム 8. 0MP A. 6GHz RAM:4GB ROM:32GB 16. 0MP 16. 0MP A. 東京オリンピックロゴ入りのGalaxy Buds ホワイト が同梱。 ドコモオンラインショップで10,000台限定で販売される。 2019年11月1日からドコモショップや量販店でも取扱うようになった。 SM-N975D 2019年10月18日 Dynamic AMOLED独自マトリックス Infinity-O Display 6. の公開を記念するモデルで、世界約14カ国で発売された。 端末には限定のテーマやアイコン、アニメーション、壁紙が搭載されている。 日本では2000台限定でドコモオンラインショップとで発売される。 Galaxy A20 SM-A205D 2019年11月1日 TFT Infinity-V Display 5. 3GHz RAM:3GB ROM:32GB 8. 0MP 5. 0MP A. カラーはオリンピック選手に配布予定のモデルと同じマットゴールドを採用。 Galaxy A41 SM-A415D 2020年6月以降予定 Super AMOLED Infinity-U Display 6. Note 3以降のモデルはグローバル版に最低限のローカライズが施されたモデルであり、ドコモ版とも大きな違いは無い。 機種名 型番 発売日 ディスプレイ 通信方式 CPU ストレージ メインカメラ サブカメラ 初期搭載OS トピック GALAXY S II WiMAX CDMA SCI11 SCH-J001 2012年1月20日 SUPER AMOLEDペンタイル 4. 7インチ HD WiMAX CDMA2000 IEEE 802. 4GHz RAM:1GB ROM:16GB 8. 0MP 2. 0MP A. 3 NFC 決済対応 、、 シリーズ GALAXY S III Progre CDMA SCL21 SCH-J021 2012年11月2日 SUPER AMOLEDペンタイル 4. 8インチ HD LTE CDMA2000 W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:2GB ROM:32GB 8. 0MP 1. 9MP A. 0 FeliCa、ワンセグ、 緊急速報メール GALAXY Note 3 SM-N900J 2013年10月17日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 7インチ FHD LTE CDMA2000 W-CDMA GSM IEEE 802. 3GHz RAM:3GB ROM:32GB 13. 2MP 2. 1MP A. GALAXY S5 SM-G900J 2014年5月15日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 1インチ FHD LTE CDMA2000 W-CDMA GSM IEEE 802. 5GHz RAM:2GB ROM:32GB 16. 0MP 2. 1MP A. GALAXY Note Edge SM-N915J 2014年10月23日 Charcoal Black 2014年11月13日 Frost White SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 6インチ WQHD LTE CDMA2000 W-CDMA GSM IEEE 802. 7GHz RAM:3GB ROM:32GB 16. 0MP 3. 7MP A. シリーズ初のフルセグ対応モデル。 au版は曲面ディスプレイにEメール ezweb. jp ・SMSの本文表示、着信アニメの表示が可能。 Galaxy S6 edge SM-G925J 2015年4月23日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 0MP 5. 0MP A. au版はストレージ容量の選択が可能。 Galaxy A8 SM-A800J 2015年12月18日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5. 3GHz RAM:2GB ROM:32GB 16. 0MP 5. 0MP A. 6GHz RAM:4GB ROM:32GB 12. 2MP 5. 0MP A. Galaxy S7 edge Injustice Edition 2016年7月4日 バットマンとのコラボレーションモデル。 Galaxy S7 edge Olympic Games Edition 2016年7月19日 とのコラボレーションモデル。 9GHz RAM:4GB ROM:64GB 12. 2MP 8. 0MP A. 9GHz RAM:6GB ROM:64GB 12. 2MP 望遠カメラ・光学2倍ズーム 8. 0MP A. 7GHz RAM:4GB ROM:64GB 12. 2MP 8. 0MP A. 2MP 望遠カメラ・光学2倍ズーム Galaxy S9の機能に加え、以下の機能も備える。 デュアルカメラ、ライブフォーカス 静止画 Galaxy Note9 SM-N960J 2018年10月25日 SUPER AMOLED独自マトリックス Infinity Display 6. 7GHz RAM:6GB ROM:128GB 12. 2MP 望遠カメラ・光学2倍ズーム 8. 0MP A. デュアルインカメラ Galaxy A30 SM-A305J 2019年6月6日 SUPER AMOLED独自マトリックス Infinity-U Display 6. 0MP A. 3GHz RAM:3GB ROM:32GB 8. 0MP 5. 0MP A. 1インチ 内側:Dynamic AMOLED独自マトリックス Infinity Flex Display 6. クアッドカメラ Galaxy A41 SM-A415J 2020年7月以降予定 Super AMOLED Infinity-U Display 6. 機種名 型番 発売日 ディスプレイ 通信方式 CPU ストレージ メインカメラ サブカメラ 初期搭載OS トピック Galaxy S6 edge SM-G925Z 2015年5月29日 SUPER AMOLED独自マトリックス 5.

次の

┼р╡■NECRO SUICIDE MISSION╣╢╬м Wiki

スマホ wiki

この記事の目次• ASUSの会社概要・主な事業 ASUSは設立されてからおよそ30年の老舗企業です。 主な事業内容について、スマホやノートパソコンがここまで一般化する以前までは、パソコンパーツの一つであるマザーボードの生産を行っていました。 マザーボードの生産は今もなお続けており、世界シェアのトップを獲得しています。 ノートパソコンが登場してからはそちらにも注力し、頑丈で信頼のおけるノートパソコンを多数リリースしました。 また、パソコンで行うゲームは高度なスペックを要求されますが、その要求にも応じたゲーミングパソコンをリリースしていることでも有名です。 この他にもASUSはWi-Fiルーターやキーボードやマウス等の周辺機器も多数展開しております。 もちろん、スマホやタブレットでもミドルスペックモデルからハイスペックモデルまであらゆる種類を生産し、 格安スマホ業界でも有名なメーカーです。 「ASUS」という社名の由来は、ギリシャ神話に登場する Pegasus ペガサス の最後の四文字です。 ペガサスが象徴する「強さ」「創造性」「純粋さ」を具体的に実現するという意味が込められています。 以前まで日本においてASUSの呼び方は人によって様々でした。 ですが2012年10月より呼び方は 「エイスース」で統一されました。 ASUSから発売されているスマホ端末 MM総研というリサーチ会社の調べによると、ASUSのスマホ端末は、 2018年度のシェア率 国内のSIMフリー端末に限る において第2位を獲得しています。 第1位は中国のHUAWEI スマートフォンは「ZenFone」というシリーズを展開していて、カメラ性能を重視し写真撮影に特化したモデルやAR・VR機能に特化したモデル等に分けられていて、現在のZenFoneシリーズは全部で9種類です。 ミドルスペックモデルからハイスペックモデルまで幅広くリリースしているため、端末の価格も幅が広く、1万円台で購入できるものから10万円台の高性能なモデルまで取り揃えています。 ZenFoneシリーズが人気 ASUSスマホの人気シリーズであるZenFone5シリーズは「ZenFone 5」「ZenFone 5Z」「ZenFone 5Q」の3種類が展開しており、ZenFone4シリーズは「ZenFone 4」が人気で現在も販売されています。 そして2019年8月23日には、ZenFoneシリーズから「ZenFone 6」が発売されました。 ZenFone 6 ASUSのフラグシップモデルとして発表されたZenFone 6は、大容量バッテリーで高解像度のカメラを搭載したハイスペック機種です。 ZenFone 6には4,800万画素の高解像度メインカメラと、広角撮影用の2種類のカメラが搭載されています。 驚きなのはフリーアングル撮影です。 バッテリーは5,000mAhの超大容量が搭載されているので、長時間の持ち運びも安心です。 連続待受 最大約35日間• 連続通話時間 最大約40時間• Webブラウジング 最大約23時間 更にZenFone 6はリバースチャージが可能で、別途ケーブルがあれば、友達の携帯電話やその他の電子機器にZenFone 6から充電することもできます。 ZenFone 6には8GBの大容量メモリ、256GBの記憶容量が搭載されているので、ゲームやアプリもサクサク動き、大切な写真や動画もたくさん残すことができますよ。 ZenFone 5 ZenFone 5には、AI 人工知能 デュアルカメラシステムが内蔵されていて、人・フード・夜景・海など16シーンタイプから最適な撮影モードを選択し、自動でシーンに合った撮影を行ってくれます。 また、背面カメラには広角カメラが搭載されており、通常の撮影より約2倍の広さで幅広い写真を撮ることができます。 ZenFone 5Z Qualcomm Snapdragon 845を搭載したZenFone5シリーズでもっともハイスペックな機種です。 作業領域のメモリーが6GB RAM 、内部メモリーはZenFone5の倍にあたる128GB ROM あります。 ZenFone 5と同じくノッチ付きディスプレイ採用し画面独占率は90%のベゼルレスとなっています。 ZenFone 5Zの最大の特徴は、スマホ自体にAIが搭載されていることです。 たとえば、ZenFone 5Zのカメラに搭載されたAIには、以下3つの特長があります。 撮影する状況に合わせて16もある撮影タイプから自動選択• 被写体に焦点を当て、それ以外をぼやけさせることで奥行き感を与えるポートレート撮影• 撮影すればするほど撮影者の好みを学習し、好みに合った写真に自動調整 ZenFone 5Zのカメラを使うと、AIが自動的に最適な写真を提供してくれるというわけです。 また、ZenFone 5ZはバッテリーにもAIが搭載されています。 「AI充電」を行うと、バッテリーの急速充電ができるだけでなく過充電防止も可能で、バッテリーの寿命を延ばす手立てとなります。 他にも、スマホにかかってくる着信に対してもAIが活躍します。 「AI着信」を利用すると、周囲の騒音レベルに合わせて自動的に音量が変化します。 ZenFone 5Q ZenFone 5QはDSDS デュアルSIM・デュアルスタンバイ 対応でSIMカード2枚とmicroSD1枚が挿入できるトリプルスロットになっています。 SIMスロットが2枚あると、海外旅行で現地のSIMカードを使うときに国内のSIMカードを取り出しが不要になるので、意外と活用できますよ。 3機種の中でセルフィーの力を入れた機種なので、前面メインカメラに2,000万画素の最高クラスのSONY 製のイメージセンサーを使用しています。 背面カメラも1,600万画素 と高解像度で動画は4K UHD撮影モードに対応しているので、カメラ性能は申し分ありません。 撮影写真や動画の画質が高いわりに内蔵ストレージは64GBと他の機種と比べて少なめですが、microSDが利用できストレージ容量が拡張できるので、ZenFone 5Qはいつも写真や動画を取り過ぎてストレージがいっぱいになる人にオススメです。 ZenFone 4 Pro その中でもZenFone 4 Proはディスプレイに有機ELを採用しているため発色が良く 映像や画像をとても鮮やかに表現してくれます。 スマートフォンの多くが採用している液晶ディスプレイと有機ELの大きな違いは、バックライトの有無です。 液晶ディスプレイの場合はバックライトから光を出し画面全体を照らして液晶によって明るさを調整しカラーフィルターによって色を表現していますが、有機ELの場合バックライトが無く、画素一つひとつが発光してくれるためより細かくハッキリと色を表現できます。 それによって深い黒を表現できるようになるため、鮮やかでキレイな発色が可能になります。 さらに画面全体を照らす必要もないのでバッテリーに掛ける負荷も少なく電池持ちが良くなります。 内蔵容量も128GBを搭載しており現在販売されている他スマートフォンに比べてかなり大容量です。 さらに使用可能なmicroSDカードは2TBまでとなっているため保存容量に困ることはないでしょう。 作業領域であるメインメモリも6GBを実装しているため、かなり高速な処理が可能になります。 高音質なハイレゾ音源にも対応していてSIMカードスロットを2スロット搭載して海外での利便性も高く、できることをすべて詰め込んだようなハイスペックスマホです。 ただし、現在はASUS公式サイトでの取り扱いは終了していて、Amazonでも中古品のみの取り扱いとなっています。 2019年6月の時点での中古品の販売相場は50,000円前後です。 格安SIMで人気なのは「ZenFone Live L1 」 ASUSが販売している格安スマホの中でも特に人気なモデルはZenFone Live(L1)です。 端末価格は10,000円台で、 コストを抑えて必要最低限なスペックを搭載したモデルです。 ただでさえコストパフォーマンスに優れていることで評判の良いZenFoneの中でも最高のスマホという位置づけで、外装は曲線フォルムのため持ちやすくキレイな写真を撮影することも出来るため使い勝手が良いです。 ZenFone Liveシリーズは世界で初めて「美人エフェクトLive」という機能を実装したスマホでもあります。 インカメラを使う機能で、自撮りをした時の肌の色味やキメを自動的に補正してくれ、さらに周りの雑音を検知して自動的に除去してくれるライブ配信機能です。 ライブ配信だけでなく美人エフェクトによって肌のキメやトーンを整えてくれるので、SNS映えする自撮りが出来る人気スマホです。 前モデルのZenFone LiveはASUSのオンラインショップでの取り扱いが終了していますが、 ZenFone Live(L1)は16,800円で販売されています。 SIMフリースマホ「ZenFone Max Pro M2 」 ZenFone Max Pro(M2)もSIMフリースマホとして人気のスマホです。 ディスプレイサイズは6. 3インチで、作業用メモリー(RAM)が4GB、データ保存メモリー(ROM)は64GBです。 ZenFone Max Pro(M2)の最大の特徴はバッテリー容量の大きさです。 バッテリー容量は5,000mAhとASUSスマホの中でも最高レベルの大きさです。 連続通話は最大40時間、Wi-Fi接続でのインターネットは最大23時間まで使用できるほどです 価格が安い「ZenFone Max M2 」 ZenFone Max(M2)の最大の特徴はコストパフォーマンスの高さです。 ASUSオンラインショップでは、なんと本体価格23,500円で販売されています。 「あまりにも価格が安いとスペックがイマイチなのでは?」と思うものですが、性能的にも問題ありません。 スペックをまとめました。 Android 8. 1を搭載• ディスプレイサイズは6. 3インチ iPhone XS MAXとほぼ同じサイズ• 作業メモリは4GBで、内蔵ストレージは32GB• カメラ画質は1300万画素• バッテリー容量は4,000mAh バッテリー容量の大きさに関しては、 連続待受時間がなんと33日間。 これだけのバッテリーがあれば外出先で電池が切れる心配も少なくなるでしょう。 以上のようなスペックを搭載したZenFone Max M2 は、コスパの高いスマホと言えます。 片方の画面でゲームをしながらチャットも可能なので、ゲームの可能性が広がりますね。 ディスプレイサイズも6インチと大型で、ゲーム中の端末の発熱を防ぐ冷却パッドなども搭載されているので、フォートナイトやPUBGといった重いゲームも快適にプレイができるゲーム向けのスマホといえます。 ASUSのスマホはどこで購入できるのか? ASUSのスマホは色んな場所で購入することが出来ます。 ASUS公式サイト ASUS shop から直接購入することができます。 また、格安SIM事業者のWebサイトからSIMカードとセットで購入したり、家電量販店や格安SIM店舗の窓口で購入したりすることも出来ます。 中でも人気の格安SIM事業者はとなっています。 格安SIM事業者によって取り扱っているASUS端末も様々ですので、ASUS公式サイトでスペックや概要を確認してからキャンペーン等を利用して格安SIMとセットで購入するとお得に購入できます。 他にも、 からもSIMフリー端末として購入ができるので、購入後に国内の格安SIMと契約すると良いでしょう。 ASUSのスマホを販売している格安SIM事業者をまとめました。 ASUSのスマホを利用している人の評判・口コミは? 楽天さんASUSのスマホにも早く対応してください…。 あとHTCも。 最初のスマホがHTC Desireだったせいか、台湾系の会社のスマホは使いやすい印象しかない。 本当にDesireは遊び甲斐あった。 初代Zenfoneもバッテリーこそだいぶへたったけど、やっぱり使いやすい。 ZenfoneMaxPlusM1はアラーム遅延が致命傷。 どのZenFoneも洗練されたボディで持ちやすく、性能の高いカメラで写真撮影をする時にも重宝します。 さらに「ZenUI」というASUSオリジナルのユーザーインターフェースを実装することでソフトウェア面での操作性も追求し使いやすく設計されています。 「ZenUIセーフガード」という機能によって、緊急ボタンをタップするだけで緊急連絡先に電話をかけたりSMSで位置情報を送信したりすることが出来るため、安心や安全といった面でも優れています。 それにより使いやすいという評判が自然と多くなります。 スペックは高性能ながら端末の価格が他メーカーよりも安いため購入しやすく、さらに使いやすさを兼ね備えているため他メーカーから乗り換えたという評判も目にします。 新しいスマホ、ASUSのZenFone4が届く。 auからの転出もBIGLOBEとの契約もの全て電話とネットで完結。 ASUSが手がけるZenFoneシリーズは、あらゆる格安SIM事業者の多くが取り扱っています。 そのためオリジナルのキャンペーンを適用してASUSスマホを購入することが出来ることが多いです。 もし取り扱いがない場合であってもASUSの公式サイトからオンラインで購入をすることが出来るため、あまり時間を取れない方でもインターネット環境があればどこからでも手に入れることができます。 まとめ ここまでASUSのスマホ端末について詳しくご紹介してきました。 ASUSスマホの評判を見てみると、他社の端末に比べて安く購入できるうえに、カメラが高性能で使いやすい端末であるということが分かります。 特に今人気の「ZenFone6」、「ZenFone5シリーズ」と「ZenFone4 Pro」は、ASUSが掲げるスローガン「We Love Photo」のもと、 カメラの性能に優れたシリーズとなっており、まるで一眼レフで撮っているかのような画質となっています。 また、ASUSではそれぞれの消費者が抱えるニーズに合わせ、カメラの性能だけでなく、バッテリー持ちが良い端末や格安で購入可能な端末など、幅広いニーズに応えていることも大きな特徴となっています。 ちなみにASUSスマホの購入は、格安SIMサービスの中でも速度に定評がある「LINEモバイル」がおススメです。 \ SNSでシェアしよう! / 熱湯ネット|インターネット回線の〝熱い〟情報を掲載中!の 注目記事を受け取ろう•

次の