男子 高校生 の 日常 漫画。 男子高校生の日常

男子高校生の日常がクセになる! 漫画『夢中さ、きみに。』の魅力

男子 高校生 の 日常 漫画

一風変わった高校生たちが織りなす可笑しみのある日常がクセになる。 新人離れした画力と、文学性さえ感じるストーリーのオリジナリティで読者を魅了。 和山やまさんの『夢中さ、きみに。 』は、8つの読み切りとあとがきからなる。 前半の4話は林、後半の4話は二階堂明という男子高校生を軸に話が進む。 「林の場合、『何を考えているかわからない奴』を描こうと思ったように記憶しています。 腹の底が見えないキャラクターは、現実にいると気になって魅力的に見えるものです。 二階堂も同じですね。 自分が考えたキャラといえども他人ですから、知らない面もたくさんあります。 程よい距離感を保ちつつ、『こういう一面もあるのか』と発見しながら描いていきました」 物語はあまり大きく動かず、登場人物たちの思いだけがぐるぐるする。 「キャラクターやストーリーが頭の中である程度まとまったら、ネームに移る前に『人物の会話』のみを一字一句狂いなく書いていくんですね。 口数は多いか少ないか、露骨に言うタイプか婉曲に言うタイプかなど、言い草や口癖で人間が見えると思うので、話し言葉は慎重に考えます」 絵のタッチには独特のムードが漂う。 「(ホラーマンガ家の)伊藤潤二を感じる」と言われることもある。 「学生時代、新人賞に応募したときの講評でも指摘されました。 伊藤潤二先生の絵の魅力は何といっても、人物の横顔の美しさだと思っていて、影響は受けていると思います」 描かれている人物の表情や教室風景などはシリアスで、ときに不穏な雰囲気さえあるのに、林が絵のキャンバスを干しいも作りの道具にしていたり、上のカットのように、目つきやバックの色だけで二階堂が別人のように見えたりと、突如現れるコメディ演出が、名状しがたい面白さを醸し出す。 「ギャグはいちばん自信がない部分で、感覚で描いているとしか言えないんですが、自分の性格上、テンション高めにギャグを放つことにはたとえマンガであっても気恥ずかしさを感じます。 しかしギャグは描きたい…。 葛藤は常にあるんです。 なので、その狭間をさらにうまくモノにできたらいいなと思っています」 和山やま『夢中さ、きみに。 』 Webで発表していた作品を大幅に加筆修正、描き下ろしも加えて刊行。 標題は、和山さんが好きなバンド「チューリップ」の楽曲がヒントに。 KADOKAWA 700円。 本書で商業デビュー。 現在も同人誌即売会などで精力的に作品を発表。 古谷実、伊藤潤二、釋英勝、御茶漬海苔らを敬愛。

次の

絶対におすすめの面白い『日常系のギャグ・コメディ』漫画ランキング!爆笑できるような日常系の漫画です。

男子 高校生 の 日常 漫画

男子高校生の日常 泰延 出版社 掲載 掲載期間 - 巻数 全7巻 放送期間 - 話数 全12話 『フレッシュ』()での切り掲載の後に、よりまで同社の『』にて毎週に配信された。 単行本は全7巻。 にはもされ、でも配信された(後述)。 にはが放映された。 県立()に通う3人による、笑いありのを描いた作品。 ちなみに、1巻の4話である「と」はを始めとした上でとなっている。 登場人物 真田北高等学校 : 演: 一応。 妙に冷めた性格で役が多い。 から直々にとても動からいと言われてしまっており、出番も順調に減りつつある。 それを自分で心配するも披露した。 が似合う。 : 演: のを覆す。 が良くも読める性格で、ルックスも悪くないためか、実質と言えるほどの活躍を見せる。 との絡みも多く、数々のを立ててはへし折っていくため、乱立兼とも言われる。 : 演: で。 が少々汚れ役寄り。 を始めとしたとの絡みが多く、との縁が薄い。 : 演:東迎昂史郎 ナな性格のイジられ。 役も兼ねている。 同じような役回りのの出番を間接的に奪ってしまっている。 生徒会 : の。 と勢いで突っ走る。 他の面々がなせいか、自分の存在意義に疑問を持つ一面も。 : 演:広 顔は怖いけど的。 見た通りの。 実質の中心人物。 : だけどの一員。 根は面で、よくにイジられる。 : 演:太賀 の一員。 眼つきは悪いが、できる男。 やン達とは壮絶なの因縁がある。 真田東高等学校 : 演:理 二大の一人。 あだ名の由来はほっぺ。 にに対抗心を燃やし、怒るとすぐ手が出るおな。 真田西高等学校 : 演:久 この作品を代表する二大の一人。 癖があり、のにを付き合わせるのが好き。 本名は今のところ不明だが、知り合いからは「」と呼ばれている。 の : 「ミノ」と呼ばれているが、本名は不明。 をよくいじっている。 : の。 その他 の : 演:高良 作中随一のの持ち。 自分のをにされている苦労人。 実のよりを信頼している。 の : 乱暴でをつくため、には嫌われている。 : がする屋の。 の相談に乗ってあげる面倒見の良い。 面に映った姿が。 出番は少ないがながある。 のでは何故か面姿と別。 : の。 背が高い。 にモテるらしい。 女子高生は異常 元々は単行本に掲載されていた描き下ろし。 はで掲載中。 「は何をしてもいい」をにもへったくれもないなを繰り広げる。 掲載期間の関係か、よりもにを入れており、短編ながらも勢いのあるなどから、「こっちが」などと言われてしまう事も。 では3話のED後より開始。 登場人物 ン : 演: 中央在学。 眼悪い。 が得意。 非常に行動的かつ的な性格で、実質3人組の格。 の因縁から何かとにつっかかるが、少々気があるような素振りも見せる。 生 : 演:透子 東在学中。 が得意。 見たはが性格は悪い。 ンにいろいろされているが、気にも留めていない打たれ強さを持つ。 : 演:純 在学。 一見そうだが昔はっ子で、「 」と呼ばれていた。 今では更正しているが、たまに昔の片鱗を見せる。 ンの : をン達によく教えているが、どこか間違っている。 ン以上に強気な性格。 名護 : ンのでに視されている。 なお、当の本人はンを知らない。 ののとの関係は不明。

次の

男子高校生の日常 コミック 全7巻 完結セット (ガンガンコミックスONLINE)

男子 高校生 の 日常 漫画

世界一バカな人種といえば、「男子高校生」。 有り余る体力やエネルギーと時間は、訳のわからない方向へと向かっていく。 そんな、おバカな男子高校生たちの学校生活や放課後を描いたギャグ漫画がこの『男子高校生の日常』である。 男子校に通う男子高校生たちが、全力ではしゃいで騒ぎまくる。 どうしようもない行動の数々を見て、お腹を抱えて笑いまくれる漫画となっている。 全7巻で完結済み。 出典:『男子高校生の日常』 「男子高校生の日常」のここが面白い 男子高校生の戯れ この漫画では、主に男子高校生たちの戯れが描かれている。 友達たちと暇な時間に、一発芸を見せ合ったり、魔王ごっこをしたり、妹の制服を勝手に着てみたりとしながら遊んでいる。 さらに、そのことが妹にばれてみたりと恥ずかしい思いをする。 こんな彼らのなんの役にも立たない悪ふざけが見ていてとにかく笑えて面白い。 出典:『男子高校生の日常』 男子高校生の悩み 青春には悩みが付き物。 男子校に通う彼らは、とにかく他校の女子と関わりを持ちたかったり、彼女が欲しかったりとして悶えている。 さらには、 親にエロ本が見つかったことで悩んでいたりもする。 側から見たらどうでもいいような悩みを真剣し考えている姿もまた、愉快に笑えるように描かれている。 出典:『男子高校生の日常』 女子高生は異常 男性高校生だけではなく、女子高校生たちの日常もまた描かれている。 彼女らも、男性高校生たちに負けないくらいにはっちゃけている。 男性高校生たちは妹の制服を勝手に着ていたが、女子高生たちは兄の制服を着て大騒ぎ。 それがばれたりしてとする、とんでもない日常を過ごしている。 こちらもまた、愉快に笑うことができる。 出典:『男子高校生の日常』 終わりに というわけで、『男子高校生の日常』を紹介した。 男子高校生たちと、ときどき女子高生たちが大騒ぎをするギャグ漫画。 一度読み出すと止まらなくなる中毒性のある作品で、彼らのバカな日々がとにかく笑えて面白い。 全7巻で完結済み。 どうしようもない日々を見ながらとにかく笑いたい人にはおすすめの漫画となっている。 出典:『男子高校生の日常』 関連記事•

次の