ケイト。 ケイト・ウィンスレット

ケイトの20年秋コスメ、“色影”仕込みのブラウンアイシャドウ&血色カラーのリップクリームなど

ケイト

は(44)は、もはや「どんなに美味しい食べ物も痩せているという快感にはかなわない」という考えを変えたそうだ。 2009年当時こう発言し議論を巻き起こしたケイトだが、現在はその考えを捨てたという。 「NBC」のメーガン・モリーとのインタビューで、ケイトはこう話した。 「友達が良く言ってたのよ。 ビスケットをかじりながら、『ああ、美味しいものを食べるより、痩せているって方が快感ね』って。 キャッチコピーみたいにね。 今は(ファッション業界も)多様になってきて、良いことだと思う。 体格や人種、身長の違うモデルがたくさんいるわ。 同じ体型のモデルだけで、どうやって多様性を表現するの? だから本当に昔より良くなっていると思うわ」 だがこの発言は当時大きな話題を呼び、同年「セイ・ノー・トゥ・サイズ・ゼロ」キャンペーンを開始したモデルのケイティ・グリーンは、「現在イギリスだけでも110万人もの人が摂食障害に苦しんでいます。 の発言は拒食をあおるようなものです。 拒食症に関するサイトを読めば、この発言のおかしさが分かるでしょう」と非難していた。

次の

アンとケイト

ケイト

生い立ち [ ] で生まれる。 父親のロバート・ブランシェットは人の広告会社の重役であり、ケイトが10歳の時ににより他界している。 母親のジューン・ブランシェットはオーストラリア人の元教師、現会社員。 兄のロバートはコンピュータープログラマー、妹のジェネヴィーヴは所属のセットデザイナー。 で美術史と経済学を学んでいたが中退し、で演劇を学ぶ。 1992年に同演劇学院を卒業、舞台女優としてキャリアを始める。 キャリア [ ] 1993年に『 Kafka Dances』でシドニー劇場批評家協会賞の新人賞を受賞。 と共演した『』で最優秀女優賞を受賞した。 これはシドニー劇場批評家協会賞で史上初のダブル受賞でもあった。 1994年に『 Police Rescue』で映画デビューし、1996年公開の『 Paradise Road』で進出を果たす。 1997年公開のと共演した『』で国際的な評価を得る。 1998年公開の『』でを演じを受賞。 にもノミネートされ、一躍トップ・スターとなる。 翌年の『』誌の「最も美しい50人」のひとりに選出された。 2001年からの『』シリーズではを演じ、演技派・実力派女優としての地位を築く。 2004年公開の『』でアメリカの大女優を演じ、を受賞、2007年公開の『』でを演じ、を受賞した。 2008年1月に夫のアンドリュー・アプトンとともにオーストラリアで最も権威ある劇団(Sydney Theatre Company、STC)の監督に3年の任期で就任することが決定している。 また、同年4月に行われる「オーストラリア2020サミット」の文化芸術会議「Towards a Creative Australia(創造的なオーストラリアを目ざして)」の委員長に任命された。 2008年12月5日にこれまでの功績が称えられ、に名前が刻まれた。 2013年に公開された監督の映画『』において、結婚生活が崩壊したために妹のもとで倹約生活を送らざるを得なくなった女性を演じた。 この演技が彼女のキャリアの中で最も素晴らしい演技だと称賛され 、、を獲得した。 2017年にはオーストラリア勲章第二位「Companion of the Order of Australia(AC)」を受勲。 私生活 [ ] 1997年12月29日にのとで結婚。 2001年12月3日に長男(ダシエル・ジョン)、2004年4月23日に次男(ローマン・ロバート)、2008年4月13日には三男(イグナティウス・マーティン)を出産。 2000年代前半まではイギリスで暮らしていたが、現在は家族と共に・で暮らしている。 「」と「」のグローバル・アンバサダーを務めている。 評価 [ ] は雑誌『』2014年5月号でので、ブランシェットの演技について「常に彼女は素晴らしく、偉大なのです。 "偉大"というのは、自分がづけできないようなのことです。 が上手い、けれどそれをぴょんと飛び越えてしまうような素晴らしい豊かさ。 理解したり、文章でできる範囲を遥かに超えている。 ケイトにはその深さや複雑さがあります」と評した。 主な出演作品 [ ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1994 Police Rescue: The Movie ヴィヴィアン 1996 Parklands ロジー 1997 Oscar and Lucinda ルシンダ 主演女優賞ノミネート Thank God He Met Lizzie リジー 助演女優賞受賞 オーストラリア映画批評家協会賞助演女優賞受賞 Paradise Road スーザン・マッカートニー 1998 Elizabeth ノミネート 受賞 受賞 ノミネート 主演女優賞受賞 主演女優賞受賞 主演女優賞受賞受賞 主演女優賞受賞 主演女優賞受賞 新人賞受賞 主演女優賞受賞 女優賞受賞 クロトゥルーディス賞主演女優賞受賞 オンライン映画&テレビジョン協会賞主演女優賞受賞 1999 Bangers ジュリー=アン The Talented Mr. 脚注 [ ]• 1983• 1984• 1986• 1987• 1991• 1992• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 1966• 1967• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018.

次の

ケイト・スペード 2020年夏コレクション

ケイト

略歴 [ ] ウィルヘイムはで生まれた。 彼女の作品は , , , , , , , , , そして など多くの媒体で発表された。 二人目の夫と共に多くの作家を助け、やの設立にも貢献した。 2002年にデーモン・ナイトが亡くなってからもワークショップは続け、また他のイベントでも同様に指導を続けている。 晩年はに住んでいた。 2018年3月8日、において、死去したことが息子リチャードによって告知された。 89歳没。 受賞歴 [ ]• アンナへの手紙 Forever Yours, Anna, 1987 - 1987年• The Girl Who Fell into the Sky 1986 - 1986年• 杜松の時 Juniper Time, 1979 - 1981年受賞• Where Late the Sweet Birds Sang, 1976 - 1977年、• 計画する人 The Planners, 1968 - 1968年 作品 [ ] Barbara Hollowayシリーズ [ ] Barbara Hollowayはに住む弁護士。 彼女は聡明かつ勇敢で、思いやりに溢れる人物である。 周囲には父である引退寸前の判事Frank Hollowayなどのサポートを借り、彼女は正義のため真相を暴く。 探偵物と法廷ドラマを含んだミステリーシリーズ。 Cold Case 2008• A Wrongful Death 2007• Sleight Of Hand 2006• The Unbidden Truth 2004• Clear and Convincing Proof 2003• Desperate Measures 2001• No Defense 2000• Defense for the Devil 1999• For the Defense also named Malice Prepense in hardbound editions 1996• The Best Defense 1994• Death Qualified: A Mystery of Chaos 1991 チャーリー・ミクルジョン&コンスタンス・リードル [ ]• The Casebook of Constance and Charlie Volumes 1 and 2 1999• A Flush of Shadows 1995• Seven Kinds of Death 1992• Sweet, Sweet Poison 1990• Smart House 1989• The Dark Door 1988• 炎の記憶 The Hamlet Trap, 1987 その他長編と短編集 [ ]• Skeletons: A Novel of Suspense 2002• The Deepest Water 2000• The Good Children 1998• Justice for Some 1993• 『ゴースト・レイクの秘密』竹内和世訳、福武書店ミステリ・ペイパーバックス、1994年• Naming the Flowers 1992• And the Angels Sing 1992• Cambio Bay 1990• Children of the Wind 1989• Crazy Time 1988• Huysman's Pets 1985• Welcome, Chaos 1983• Oh, Susannah! 1982• The Winter Beach 1981• A Sense of Shadow 1981• Listen, Listen 1981• Juniper Time 1979• 『杜松の時』友枝康子訳、、1981年• Fault Lines 1977• Where Late the Sweet Birds Sang 1976• 『』酒匂真理子訳、、2020年(ケイト・ウィルヘルム表記)• 『』酒匂真理子訳、、1982年• The Clewiston Test 1976• 『クルーイストン実験』友枝康子訳、、1980年• The Infinity Box 1975• City of Cain 1974• 『カインの市』日夏響訳、、1978年• Margaret and I 1971• The Year of the Cloud 1970 - と共著• Let the Fire Fall 1969• The Killer Thing 1967• The Nevermore Affair 1966• Andover and the Android 1966• The Clone 1965 - シオドア・L・トーマスと共著• The Mile-Long Spaceship 1963• More Bitter Than Death 1962 脚注 [ ] [].

次の