岡村 隆史 問題 発言。 【岡村隆史】岡村隆史の人格なき下半身 “コロナ後に風俗”発言で大炎上|日刊ゲンダイDIGITAL

岡村隆史の問題発言内容とは。『チコちゃん』降板の危機まで。橋本大臣も遺憾

岡村 隆史 問題 発言

何がいけなかったのか理解していなさそう? ナインティナイン・岡村隆史が4月23日に放送された『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にて、コロナ終息後の風俗業界について発言し、「女性蔑視」だと批判の的となっている。 以前から「風俗好き」であることを公言している岡村。 この日の放送では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、風俗通いを自粛していることを明かした。 さらに「コロナが終息したら、もう絶対面白いことあるんです」と切り出し、「終息したら、なかなかの可愛い人が短期間ですけれども、お嬢(風俗嬢)やります」「短期間でお金を稼がないと苦しいですから。 3カ月の間、集中的に可愛い子がそういうところでパッと働いてパッと辞めます」と新型コロナウイルスの影響で仕事がなくなった女性が、終息後に短期間ながらも風俗店で勤務するのではと予測していた。 この発言がニュースとして取り上げられた途端、ネットでは「かなり引く」「ゾッとする」「貧困に直面した女性が性風俗店で働き始めるのが楽しみなんて、許される発言ではない」「女性だけでなく、コロナによって貧困に陥った人全てをバカにする発言」と批判が噴出している。 「岡村は過去に『男尊女卑ではないか』と批判を浴びたこともありました。 以前、俳優・東出昌大の不倫騒動の際に『お金持ってて男前ならかなりの数の人が不倫している』と不倫肯定発言をしていた一方で、元モーニング娘。 の後藤真希の不倫行為については『許したらアカン』と徹底批判。 ネット上では、岡村の持論は『男の不倫はOKだけど女は絶対ダメ』というものだとして、『ナチュラルに男尊女卑な人』と批判が飛び交っていました。 過去にこうした炎上騒動を起こしておきながら、なおこうした発言をしているところをみるに、岡村は自身の考えの何が問題なのかすら、理解できていないのかもしれませんね」(芸能ライター) 今回の岡村の発言については「もう岡村では笑えない」という声も上がっており、イメージダウンは計り知れない。 岡村の今後やいかに……。

次の

岡村発言「一番の問題点」は何か|BIGLOBEニュース

岡村 隆史 問題 発言

きれいごととか論点が違うだろ。 岡村の発言の問題点はコロナで経済的に困った女性が風俗に堕ちてくるのが楽しみと言った点。 人の不幸を楽しみだとか品性下劣な発言以外の何物でもない。 岡村の品性を疑う発言だった事• 男だったら仲間うちの飲み会でこの位のことは言うかもしれない。 でも深夜とはいえラジオのような公の場で話す話題じゃない。 コロナでお金に困った人が、本来やりたくない風俗で働く事を楽しみにしようっていうのが問題なんだね。 女性蔑視とか職業差別とかじゃなく。 人の不幸で自分が得するからラッキーって。 そんな事より、駄菓子屋のおばあさんの店や飲食店の男の人の店に嫌がらせな張り紙を張り付けた根暗な奴らを問題にしろよ。 これは完全に犯罪行為だろ!警察は何故動かない?• 世の中の闇をきれいごとで片付けようとしたアホなネット民がウザイだけだ 仕方なく仕事している人を職業差別しているのは岡村の発言に文句を言ってる奴ら 客に奉仕する仕事を選んだ人を馬鹿にしてることに気付け•

次の

岡村隆史さん「コロナと風俗嬢」発言、ニッポン放送謝罪 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

岡村 隆史 問題 発言

4月23日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』でのこと。 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「今後しばらくは風俗に行けない」といったリスナーのメールを受けると、自身も風俗好きを公言している岡村は、 「(コロナ)明けたら、なかなかのかわいい人が短期間ですけれども、美人さんがお嬢(風俗店に勤務する女性)やります」 「短時間でお金を稼がないと苦しいですから。 (中略)3か月の間、集中的にかわいい子がそういうところでパッと働いてパッとやめます」 と、新型コロナウイルスの影響で仕事をなくした女性が風俗店で短期間、勤務するのではないかとの私見を述べた。 そして、 「僕はそれを信じて今頑張っています」と結んだのだ。 大手ニュースサイトでも大きく取り上げられることになった。 ニッポン放送は27日に公式サイトで《女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました》と謝罪文を掲載することに。 「ラジオは言い逃げできますから」 「 コロナ禍の影響もあって、日本中がさまざまな面で困窮するなかでのこの発言はあまりにも迂闊すぎた。 』の放送終了以降、しばらく低調にみえた彼が、再び息を吹き返したのがNHKの『チコちゃんに叱られる!』でした。 「以前から下ネタなど、深夜ラジオだからこそのぶっちゃけ発言も人気の秘密だった同ラジオ番組。 しかし、当時は『吉本印天然素材』のグループとしても活動し、アイドル的な人気も強かったため、ファンレターのようなメールしか届かなかったとか。 そんな現状を変えようと番組スタート早々に、芸能人の悪口や下ネタなどを押し出していくなど、 意識的に改革を行なっていったそうです」 結果的にそれが功を奏し、ハガキ職人から番組の構成作家が生まれたり、聴取率トップの人気番組になるなど、岡村の願いが叶う方向へと進んでいった。 「 気づけば、圧倒的に男性リスナーが多い番組になっていったんです。 テレビでは絶対に放送できない下ネタ全開のコーナーもありましたね。 《ラジオは言い逃げできますから(笑) 今みたいに、ラジオの発言がきっかけで、テレビのワイドショーで謝罪させられるなんてこと、昔はなかった。 言いたいこと、思ったことを言うのがラジオじゃないんですかと。 〈取材・文 野口侑弥〉.

次の