プロカリテ 縮 毛 矯正。 【自宅で縮毛矯正】正しいやり方や温度・おすすめのメーカーは?

市販の縮毛矯正のやり方と効果!自宅でもできるおすすめは?

プロカリテ 縮 毛 矯正

ストレートパーマはその名の通り、髪をストレートのヘアスタイルにするパーマです。 ストレートパーマの使い方は、一度パーマをかけたヘアスタイルをもう一度、もとのストレートのヘアスタイルに戻したい人向けです。 もともとがストレートヘアーの人向けですので、くせ毛の人にはおすすめできないそうです。 縮毛矯正と違って、アイロンを使う工程がないのが特徴です。 また、自宅ですることも可能です。 縮毛矯正は、その名の通り髪のクセを矯正してくれます。 縮毛矯正は、1剤と2剤という2種類の薬剤を塗布します。 また、1剤と2剤の間で、熱を加えることでストレート感を強くします。 1剤とは、髪を結合を緩める役目があります。 なので、1剤を洗い流した後は髪がかなりぶよぶよに伸びてしまっていてダメージを受けやすくなっています。 2剤とは、1剤で結合を緩めた髪の結合をもう一度くっつける役割があります。 なので、1剤で結合を断ち切って、熱で髪の結合を伸ばして、2剤でその伸びた髪の結合をくっつける。 というのが、一連の流れとなります。 ストレートパーマよりも値段は高めなのですが、通常ならどんなくせ毛も伸ばすことができると言われています。 縮毛矯正はストレートパーマと違って、アイロンを使う工程があるのが特徴です。 また、自宅ですることも可能です。 一般的に「ベネゼル」や「プロカリテ」といった商品が有名です。 でないと、効果を実感することができません。 こうすることで肌に薬剤がついてしまうのを防ぎます。 塗る順番は根元から毛先へ向かって塗ります。 くせが強い所はよく念入りに塗るか、重ね塗りをすることで効果が期待できます。 効果を期待するあまり放置しすぎないようにして下さい。 この時手を離したときに髪が巻き付いたままなら成功です。 解けるようであればもう少し放置しましょう。 また、アイロンで伸ばす時は根元からしっかりと伸ばしましょう。 これも1剤と同じで、根元から毛先の方向で塗ります。 説明書通りの時間放置します。 市販で売られている縮毛矯正剤で自宅でできる、一番おすすめしたいのはこのアズスタイルリファイン ストレートです。 40gずつ入っているため、部分的に縮毛矯正をしたい人にもおすすめできます。 また、取り外したフタはキャップとしても使うことができるので残りは取っておくことができます。 仕上がりは、自然な仕上がりで不自然な真っ直ぐになりません。 また、部分的に縮毛矯正をした場合、他の縮毛矯正をしていない部分とも良くなじみます。 ベネゼルやプロカリテよりも少し強めの薬剤ですので、髪の傷んでる部分にはあまり使わない方がいいかもしれません。 失敗の原因となります。 また、最大限に効果を発揮しようと思ったら、前処理剤、後処理剤というものを使うやり方がおすすめです。 ビビり毛を治すやり方をご紹介します。 実はこのビビり毛、髪の毛への過度な負担で傷んでいる場内なんです。 なので、普段からよくカラーやパーマをしていたり、アイロンによる熱を日頃から加えている人にも起きる場合があります。 ビビり毛を治すやり方としては、ビビり毛の部分を切ってしまうというやり方。 もう一つは、薬剤の弱い縮毛矯正と、かなり濃度の高い修復剤で固定するやり方があります。 しかし、すでにダメージを受けている髪へ負担をかけるため、負担がより高くなるのは間に見えてわかります。 この方法はとにかく今すぐにでも、ストレートヘアの状態にしたい場合におすすめの方法です。 ただ、確実に髪を痛めることは免れません。 縮毛矯正に気づいたのが大事な予定の前日だったり、明日から仕事なのに・・・。 という場合はどうでしょうか。 美容室の予約を取れればいいのですが、急となると予約が取れなかったり、そもそもいけないこともあります。 そんな時には、スタイリングによって応急処置のできるやり方があります。 このやり方でも髪は少しずつですがダメージを受けていることを忘れないでください。 自分に合いそうな縮毛矯正剤はありましたか? 自宅で気軽にできる市販の縮毛矯正ですが、美容室で使われている薬剤をご紹介した通り、実は美容室で使っているものと薬剤は何ら変わりありません。 なので、美容室で施術してもらっても、自宅で自分でやっても、失敗する可能性はあります。 それは、技術や知識不足だからです。 ご自分で縮毛矯正をされる場合は、そこを踏まえたうえでの施術をお願いします。 今現在、何度も縮毛矯正をしていて失敗がない場合でも、次に縮毛矯正をかけた時にビビり毛になってしまう可能性だってあるのです。 その後に、美容室に駆け込んでも取り合ってもらえるとは限りません。 自宅でするということは、自己責任となりますので慎重にすることをおすすめし、美容室へ行く時間があったり、お金に余裕があるのであれば施術してもらうことをおすすめしたいです。

次の

プロカリテの縮毛矯正します市販が駄目で市販の物は痛むだけというのは十分分かった...

プロカリテ 縮 毛 矯正

blog. fc2. html 髪の毛にダメージがある状態で縮毛矯正をすると、 ダメージがかかりすぎてビビり毛(髪の毛がダメージで縮れること)になる可能性が非常に高くなります。 少し髪を引っ張っただけで切れてしまったり、水で濡らした状態で髪を引っ張ると簡単に伸びて切れてしまうようであれば、 縮毛矯正してもビビり毛になる可能性が最も高いので、 しっかりと地毛が生え揃ってからにしましょう。 セルフ縮毛矯正に必要な道具 自分で縮毛矯正をする場合、 塗り残しや肌荒れがなどが起こらないように、 美容室と同じ道具や準備が必要となります。 自分でやる場合も準備を疎かにすると失敗する可能性が高くなるので、 きちんと準備することが大切です。 薬剤を塗る際に、塗る場所に分けてヘアクリップで止めます。 前後剤を使用する際、この時に使用しましょう。 根元から毛先に向かって、薬剤を塗っていきます。 薬剤をたっぷり塗らないと、うまく薬剤が浸透しないので、 何度も重ね塗りをすることをお勧めします。 1剤を塗る際は根元に注意しながら塗りましょう 1剤を特に前髪塗る際に、根元から塗ってしまうとボリュームが出なくなり、 髪が折れてしまったりする場合がありますので、 根元から1cmは離して塗るようにしましょう。 他の場所にも根元へ塗る場合、地肌から1cmはあけましょう。 猫毛・軟毛の場合、1. 5〜3cm程度は地肌からあけておいた方が、 ボリュームも失われずにまっすぐになりやすいです。 1剤を塗って決まった時間まで放置 1剤を塗ったら2〜30分ほど時間まで放置します。 サランラップを髪の毛全体に巻いておきます。 放置した後に、指に髪の毛を巻いて薬剤の浸透を確かめます。 指にくるんと巻き付くようなら次のステップに進みましょう。 もし巻きつきが鈍いようであれば、10分程度放置して、 再度髪の毛を指に巻きつけて確認します。 お湯のみで洗い流して完全にドライヤーで乾かす 1剤をしっかり洗い流します。 この時にシャンプーは使用せずにお湯のみで洗い流します。 その後、ドライヤーで完全に水気がなくなるように乾かします。 ヘアアイロンでストレートに癖づけ ヘアアイロンを使用して髪の毛にストレートの癖をつけていきます。 ヘアアイロンをする際も、ヘアクリップで必ず髪を分けて、 少量ずつ髪の毛をストレートにしていきましょう。 ヘアアイロンでまっすぐする際に、自然なストレートにすれば、 ピンと張ったようなまっすぐにはならないので、 ヘアアイロンの使用方法などを覚えておきましょう。 2剤を塗る手順・やり方・コツ・注意点 ヘアアイロンで髪の毛をまっすぐにした後、 2剤を塗って髪の毛の癖を固定させます。 2剤に関しては根元から使用しても大丈夫なので、 1剤と同じ手順で2剤も散布していきましょう。 その後、ラップを巻いて10分程度放置します。 お湯のみで洗い流す 2剤もお湯のみでしっかりと洗い流します。 洗い残しのないようにしっかりと洗いましょう。 前後処理剤を使用する場合は、このタイミングでタオルドライして前後剤を散布します。 トリートメントを使用して乾かして完成 しっかり洗い流したら、トリートメントをして再度髪を洗い、 洗い流したら髪の毛を乾かします。 乾かした時に、綺麗にストレートになっていれば完成です。 もし失敗した場合 もし失敗した場合は、美容院に行って施術してもらうことをおすすめします。 ビビり毛の場合は、素人の場合治すことは難しいので、 必ずプロに依頼しましょう。 変な癖がついた場合は、 裏技として完成直後にシャンプーで洗い流すと髪の毛の癖が少し取れますので、 シャンプーをしてみるのも手ではあります。 縮毛矯正でまっすぐにできたら似合うスタイリングも 縮毛矯正でまっすぐにできたなら、 ストレートでも似合う髪型のスタイリングもやってみましょう。

次の

市販の縮毛矯正剤人気おすすめランキングTOP8!使い方や使用上の注意もあわせて解説

プロカリテ 縮 毛 矯正

1.ストレートパーマと縮毛矯正の違いとは? 最初に、縮毛矯正とストレートパーマの違いについてご紹介します。 最近の美容室では、のことを『ストレートパーマ』、ストレートパーマのことを『パーマ戻し』などと呼ばれることもあり、分かりにくくなっていると思います。 そのため、まずは本来の縮毛矯正・ストレートパーマの違いを確認し、理解したうえで美容師さんに施術をお願いすることをおすすめします。 ストレートパーマとは髪にカールをつけるパーマをした方が、そのパーマを落としてストレートに戻したい時にかけるものです。 一方縮毛矯正は地毛にクセがあって、そのクセをストレートにしたい時にかけるものです。 髪をストレートにするという面では同じことですが、パーマヘアをストレートにするか、をストレートにするかという目的の違いが、ストレートパーマと縮毛矯正の違いのひとつです。 2種類のパーマ液でストレートに仕上げるストレートパーマに対し、縮毛矯正は1液と2液の間に、ストレートアイロンを使って、髪をまっすぐに矯正します。 縮毛矯正はストレートアイロンの熱を利用するため、クセが強い髪でもストレートになりますが、髪への負担が大きくなります。 一方ストレートパーマは、縮毛矯正に比べて髪に負担がかかりにくいですが、もともと地毛にクセが少ない方でないと、まっすぐになりにくいです。 ストレートパーマはカールをつけるパーマと同じように、約3か月前後で取れてきてしまいます。 一方縮毛矯正は髪をストレートに矯正するので、縮毛矯正をかけた部分の髪は、半永久的にストレートヘアが保たれると言われています。 しかし、施術後に伸びてきた根元部分の髪には縮毛矯正がかかっていないので、半年~1年程たつと、根元のクセが目立ってきてしまうことがあります。 また縮毛矯正に比べて髪への負担が少なく、さらに低価格で施術を受けられるので、気軽に試してみることもできるでしょう。 縮毛矯正は髪をしっかりとストレートに矯正されるので、髪を巻いてもすぐに取れてしまいますが、ストレートパーマなら巻き髪も楽しめるというのも、嬉しいポイントのひとつでしょう。 3.ストレートパーマと縮毛矯正後の髪のお手入れポイント では続いて、ストレートパーマや縮毛矯正をした後の、髪のお手入れポイントをご紹介します。 パーマ液によって負担のかかっている髪には、丁寧な髪のお手入れが必要です。 施術後、美容室を出るときにはキレイなストレートヘアに固定されているように見えますが、実はまだ髪にパーマ液が定着していません。 パーマ液が髪になじみ、しっかりと定着するまでに、24時間程度かかると言われています。 そのため、24時間以内にシャンプーをしてしまうと、汚れと一緒にパーマ液が流れてしまう可能性があるのです。 しかし美容室によっては、24時間以内にシャンプーして良いと言われることも、48時間以上シャンプーしないでくださいと言われることもあります。 いつからシャンプーをして良いのかは、担当の美容師さんに確認しておくようにしましょう。 濡れた髪はキューティクルが開いていて、そのキューティクルの隙間から髪の水分がどんどん蒸発してしまいます。 またキューティクルが開いている状態で髪同士に摩擦が起きると、キューティクルが剥がれてしまう可能性もあります。 ストレートパーマや縮毛矯正によって傷んでいる髪にこれらの負担を与えてしまうと、せっかくのストレートヘアが、パサついたりツヤを感じられなくなったりするかもしれません。 そのため、濡れた髪はできるだけ早く乾かすように意識しましょう。 施術によって傷んでいる髪には、ブラッシングによる摩擦が負担となってしまいます。 朝のスタイリングや、シャンプーの前に髪の絡まりを解くときなど、必要な時以外は手ぐしで整える程度にして、ブラッシングをしすぎないように心がけましょう。 4.まとめ 今回はストレートパーマと縮毛矯正の違いについてご紹介しましたが、いかがでしたか? サラサラなストレートヘアは、女性ならみんな一度は憧れるものなのではないでしょうか。

次の