並木良和 闇。 並木良和さんの警鐘「この時期に揺れていると闇に容易に引っ張られる」だからこそ本質の自分に戻るチャンスにしたい話

並木良和さんの警鐘「この時期に揺れていると闇に容易に引っ張られる」だからこそ本質の自分に戻るチャンスにしたい話

並木良和 闇

個人的には、保江邦夫さんは、 ユニークな人だと思っていますが、 浅川嘉富さんは、人にも自分にも、 厳し過ぎる所があるかなぁと思っています。 しかし、それは、サラリーマン時代に 鬼の淺川と呼ばれていた事もあり、 浅川嘉富さんの守護霊が金龍で、 とても厳しい存在と言う事でもあるようです。 それだけ、過酷な人生を歩まれている方でもあります。 龍にも色々あるようですが、 一説では、地球に人類が住めるようにと、 土地などを整えてくれたのが、 龍の存在であったようです。 まったく別の所の情報ですが、 自分の現実のすべては、自分のエネルギーの結果。 浅川嘉富さんが厳しいエネルギーを放っているから、 そのような現実を自ら創っているとも言えるかもしれません。 だけど、魂の抹消と言う事がある。 ゆるふわスピリチュアルの危険もある。 だからこそ、厳しい情報を伝えている。 そんな浅川嘉富さんの話に耳を傾けてみる必要も あるかもしれないなぁと思いました。 命を投げ出すような経験をしている所は、 保江邦夫さんも、浅川嘉富さんに負けていない所があります。 生まれ出る前に決めてきた事もあるのでしょう。 何らかのお役目がある人は、命の危機に直面しても、 必ず守られるようになっているようです。 富士山の噴火の話に関しては、 日月神示の江戸は火の海ぞ と言う箇所と共通する内容だったと思います。 (それもパラレルの一つだとも思いますが。。。 ) 本来であれば、もう既に富士山が噴火していも おかしくない状態であるそうですが、 富士山の噴火を抑えているのも、 龍の力によるものだそうです。 もしも、実際に富士山の噴火が起きれば、 関東より上は、住めるような状態ではなくなるらしい。 富士山も五合目より上がなくなるそうです。 そして、日本の首都が岡山に移動する。 沖縄に第二の富士山ができる。 日月神示に「大掃除して残った三分の一になる」 と言うような事が言われていましたが、 富士山の噴火が起きれば、人口も日本列島も 三分の一になる可能性は、ありますよね。 コロナウィルスで色んな人が大変な思いをしたように、 必ずしも明るい未来ばかりが待っているわけでもなさそうです。 だけど、それが二極化やら 三極化などの話とも繋がって、 一旦、リセットされて、 素晴らしい世界へ行く人と三次元世界にに留まる人。 魂が抹消される人などに別れていくようです。 私の個人的な見解では、大きく分けて、 破滅に向かっている地球。 破滅するように見せかけて軌道修正する地球。 破滅するような事は、何も起こらずに次元上昇する地球。 集合無意識なども絡んでいると思うので、 個人だけの事ではないと思いますが、 自分がどの世界に見合う波動状態になっているか? その波動に見合ったままの世界へ移動する と言う事でもあるような気がします。 浅川嘉富さんは、言います。 富士山の最大の使命は、噴火する事だと。 富士山の噴火は、大変な事であると同時に、 最大の浄化でもあるのですね。 話は、変わりますが、 以前、保江邦夫さんがアシュタールから 並木良和さんを無視しろと情報を貰った事も 書かれてありましたが、保江邦夫さんは、 その情報を貰う前から並木良和さんの事は、 あまり好きになれなかったそうです。 (実際にお会いされた事はないようです。 ) しかし、並木良和さんの傍にいる、 矢作直樹さんと保江邦夫さんは、仲良し。 はせくらみゆきさんやシャンタンさんとも、 交流があるようです。 だから、個人的な好き嫌いの感情も 多少なりとも入っているのではないか?とも思いました。 並木良和さんがDr. ドルフィン先生に 力を吸い込まれてしまったと言う所も、 私としては、う~んと言う感じでした。 と言うのも、以前、保江邦夫さんと Dr. ドルフィン先生は、結構親しい関係と言う事も、 何処かでご自身で言っていたような気がしたからです。 それはさておき、はせくらみゆきさんが、 人の潜在意識をさらっと読み取る事が出来ると言うのも凄いですね。 今、一人一人の人間に急務なのは、徳積みだと言うこと。 私は、この本に書かれている事がすべて正しいとは、 思っていませんが、パラレルの世界などを含めて、 そのような事は、やっぱりあるだろうなと思っています。 本を読み終えて、全体的には、良かったと思いますが、 私は、個人的に厳しい話が少し苦手なのですね。 だけど、厳しい話が苦手なのは、 私が厳しさから逃げていたからかもしれません。 楽しい。 美しい。 素晴らしい。 そればかりのスピリチュアルな話も多いですし、 スピリチュアルな世界に、 のめり込む故の危険もありますから、 たまには、このような厳しめの内容の本も 自分がおかしな方向へ行かない為の戒めにもなると思います。

次の

スピリチュアル・カウンセラー並木良和先生と共に聖ヨハネ騎士団の足跡を巡る旅

並木良和 闇

2019年11月8日、18時18分に茨城で起きた地震が「震度4」で済んだのは幸いです。 令和記念で始めた「リアル酵素カフェ」ではなぜか、 茨城からの方が多く、初回では「鹿島石油の近くに住んでます・・」という方もいました。 鹿島石油って最初の就職先で。。 記事にもしてますが、 入社1日目、石油コンビナートで爆発事故が起きまして・・今思うと、フリエネ時代への移行を示唆する・・象徴的な出来事だったのかもしれません。 com 「青い鳥」の原画が11月11日まで展示されているというので、 表参道の「HASUNA」という会場を目指したのですが、 方向音痴なので、案の定、迷いまして・・「HASUNA」に電話して聞いたら、親切に教えていただき、そして生駒さんが迎えに来てくれまして・・ご多忙な方なのに大変恐縮です。 生駒さんのご案内で、原画を拝見出来て大満足、ホントにありがとうございました〜 そして「HASUNA」という会場自体が素敵な「白い空間」で、 「シリウス」にピッタリ・・な雰囲気です。 で、「HASUNA」って、生駒さんの「美しき絆のビジネス」でも紹介されてる、 エシカル(倫理的な)なジュエリーのお店でした〜 「ethical エシカル)とは、「倫理的な」という意味の英語。 すなわちHASUNAでは、環境や社会に配慮しながら、ジュエリーを制作している。 近年、有機野菜やオーガニックのコットン製品については、すっかり日本のマーケットに定着を果たし、フェアトレードのコーヒー豆や動物実験を行わない化粧品類なども、もはや珍しいものではなくなった。 しかしながら、「ジュエリーにおける社会的配慮とは」との問いかけに、正しく答えられる日本人は、いったいどのくらい存在するだろうか。 ・・ HASUNAを立ち上げた白木さんは、ジュエリーがまとうそんな「闇」に対して否を突きつけ、自ら解決に向けて本腰を上げた日本で初めての人物と言える。 店内ではエンゲージリングをお求め風のカップルがいらしてて、 無事「指輪」をお決めになったのか、幸福モード一杯でお店を出て行かれました。 確かに、いくら高価なダイヤモンドでも、その背後が「闇」っぽいとイヤですよね〜 それに、お値段もそんなに高くなく、デパートなどで購入するのと同じ価格帯です。 ちなみに自分はジュエリーってほとんど「付けない」人だったのですが、 Mちゃんが教えてくれた桜井識子さんの「名前&星座占い」で、 自分は 「おおいぬ座シリウス、何か一つで輝くダイアモンドタイプ」だったので、 最近、時々付けるようになった唯一のダイアモンドはというメーカーで・・一応、保証者付き、デパートで購入しましたが、英国王室御用達って・・大丈夫でしょうか? 当然、使い方次第で「浄化」は可能だと思いますが、もしも、もう一度エンゲージリングを購入する機会があるならば、HASUNAでお願いしたな〜って、心から思いました! また、最近ではパワーストーンが流行ってますが、ペルーラムさんいわく「加工してない天然石は慎重に・・」とのことで、それは先ほどの流通過程での「闇」という意味ではなく、波動的に「ヤバイ」石が稀にあるからです。 人の手で加工された石・ジュエリーなら、そいういう面では問題ないとのことで、人の手が加わる・・というのは波動的に大きいのですね。 というわけで、思いがけず素敵なジュエリーまで見させていただいき、「たまには都会もいいな〜」と、帰り道は渋谷駅まで歩いたら、 10年ほど前まで「レジリオンス」を開催していた東京ウィメンズプラザがあり、 懐かしいのでちょっと覗いてみました〜 相変わらず「催し物」満載ですネ! 団体登録して、月1回開催してたのですが、今思うと、ネットも使わず口コミだけで、よくやってましたね〜 あー、東京オリンピックか・・もうすぐですがホントに出来るのかな・・ なーんて思いながら渋谷に着くと、子どもの頃から見ていた「ハチ公」が、 ちゃーんと健在で、 凛々しく「火の用心」してました〜 なんでも渋谷の「ハチ公」と上野の西郷さんが連れてるワンコは、 東京を守ってる「狛犬」というコメント情報を頂いたことがありますが、狛犬さんってシリウスって感じですよネ。 それはともかく、つい最近、明らかにシリウス系なお二人の方から同時に「並木良和」というチャネラーさんの情報をいただいたので、youtubeで見てみたら、 並木良和さん、シリウスについて、こんなことを言ってました。 人類の「闇」具合があまりにひどいので、つい「介入」してしまったことがシリウスやプレアデスの方々のカルマになってしまったとのことで、 だから今回、彼らは非常に慎重に「干渉しないように」フォーローしてくれているとのことで、ナルホドです。 いやはや、またまた「日本を知るために」読んでおきたい本が登場ですね〜 さて、渋谷から戻ったらすぐに清里に向かいまして・・夜10時頃に着いたらナント、外気温5度でした! 10月9日土曜日、清里はすっかり紅葉の見頃〜終わりの時期で、 今日は久々に、旦那さんと一緒に散歩しました。 やはり家族も、お互い無駄な干渉はしない・・が平和なコツで、 清里でも基本、お互い好きなことをして過ごしていますが、 並木さんいわく、これからますます動乱の時期になるとのことで、 世界の平和は「家庭の平和」からでもあり、たまには一緒に「赤トンボ」を干渉・・じゃなくて鑑賞するのもイイですね〜.

次の

令和弐年天命会談を読んでみました。

並木良和 闇

沢山の皆様に支えられてこの一年無事に運営出来たことに心から感謝いたします。 ありがとうございます! そして、記念すべき一周年を迎えるこの時期にスペシャルイベントのご案内が出来ることを大変嬉しく思います。 本協会の設立を決めた時からの目標だった海外リトリートを沢山の仲間と沢山のガイド達からサポートを受け開催させて頂く運びとなりました。 恩師であるスピリチュアル・カウンセラー 並木良和先生と一緒に巡る極上の旅。 今回のリトリートは当協会理事の嶋村江里子さんにプロデュースしていただき、内容もスペシャルなものをご用意しました。 豊かさを体現していただきながら聖ヨハネ騎士団の足跡を巡る旅~ご一緒出来たら嬉しいです。 とても贅沢な旅になるとワクワクしていますが、今回のリトリートに惹かれる方達は、もれなく聖ヨハネ騎士団の過去世 または聖ヨハネ騎士団に関わっていた過去世を持っている方たちでしょう。 僕たちは 輪廻転生を重ねる中、過去世のエネルギーを その地に「置いて」来ることがあります。 つまり そこで過ごした時間の中で その土地にエネルギーの足跡を残して来ている訳です。 妙に惹かれたり、行かなければならないとか導かれているなどと感じたり、ただシンプルに行きたい とワクワクする時、あなたは その地にエネルギーを置いて来ている可能性が高いのです。 僕たちは過去世において、心残りや後悔や 様々な どちらかと言うとネガティブな体験も重ねて来ている訳です。 そうした想い 重い が 土地に染み込む様に残っていて 取り戻されるのを待っていることがあるのです。 これらを取り戻す為には、ただ その土地を訪れるだけで良く、そうして自身に統合される時、自分のエネルギーが大きく増すだけではなく 過去世当時の才能や資質も開花し始めることになります。 その為 旅行から帰って来ると「何かは分からないけど、何かが変わった」と感じることが多い訳です。 実際 あなたの波動は変化し、ものの見方や捉え方が変わり、行動が変わることで 現実も変化して行くんですね! つまり あなたが思っている以上に その土地に足を運ぶことが大きな意味を持っているのです。 ですので 先ず 今回の旅は あなたの過去に置いてきている何らかのエネルギーを取り戻しに行くのが一つの目的になります。 分離から統合の時代を迎えている今、置き去りにしてきてしまっているエネルギーを統合することで、目醒めのプロセスを加速して行くことが出来るんですね! そうして あなたは自分の人生をレベルアップしていくことになるのです。 また マルタ島・ゴゾ島は「豊かさのエネルギー」が満ちているので、この人生でより繁栄していきたい! 自分の人生により豊かさを見出していきたい! 今まで努力してきたことを実らせていきたい! と豊かさの意識とエネルギーを底上げしたい方は この土地のエネルギーを取り入れることで、それを実現させていくことも可能です。 更に この土地は、自分の魂の本質と繋がるのにも とても適した場所といえます。 聖ヨハネ騎士団が存在していた時期は、やはり争いに満ちた時代であったことに変わりはなく、ここを訪れ ワークすることで 自分の中の争い・闘いのバイブレーション 分離の最たるもの を手放し終わりにるすことで、自分の中の分離を終え 一つに統合していくチャンスを得ることも出来るのです。 地球は 突き詰めていえば、戦いの歴史そのものでしたので、この機会に それを手放し・癒し・完了させることで どれだけ僕たちの霊的な進化が加速するかは想像に難くありませんね! こうして この2018年という「神聖なる自分軸と繋がって生きる」ことをスタートさせることが何よりも大切なタイミングを活かして、それを妨げているものを解消し「本当の自分の人生を生きる」こと「自身の持つ あらゆる可能性を発揮して、輝かしいレベルで生きる」ことを魂レベルで決めている方たちがこのリトリートに参加されることになります。 なぜなら もう縮こまって、いつも自信がなく、本当は こんなはずじゃないのに・・・と 愚痴を言ったり 嘆いたりする人生に飽き飽きしているからです。 無難な変化のない人生に甘んじ、本当に望む人生に踏み出せない自分に、在りたい自分で存在できないジレンマに嫌気がさしているからです。 最後に 今回のリトリートでは ヴァチカンにも参りますが、これからは 宗教の世界も大きく変わっていくことになります。 長い間、深いレベルにはびこっていた支配的なエネルギーから抜け出し、「真実の信仰=自分自身が神であることを認め尊重し、相手の中にも 同様に神を見出だし敬意を表する」流れへと移行して行きます。 こうした流れを受け、今 宗教の世界における聖地としてのヴァチカンも、そのエネルギーを大きく変えています。 そして 真実を明るみする、というエネルギーに満ちています。 真実が明るみに出る、浮き彫りになるというエネルギー、それが自分の中の闇を照らし出し、自分が何を解消するべきか、何を手放し完了していくべきか、といくテーマに深く気づかせてくれるのです。 取り組んでいかない限り、自身の闇を払拭し 本来の光を見出だすことは出来ない為、真実に繋がることが出来ない・・・つまり 覚醒がままならなくなってしまうのです。 また 現在のヴァチカンには、何千という天使達が降りてくるような、今までとは違うエネルギーに満ちていますので、その高い波動に触れることによって僕たちの波動も共鳴して 一緒に引き上がっていくことになるでしょう。 これまでのエネルギーとは違った 軽やかなヴァチカンを感じて頂けたらと思っています。 なお、今回は リトリート中に 高次の存在たちから お一人お一人に、これからの指針に関するメッセージをお伝えすることになると思いますので、それも ご自身の意識を変えていく機会にして頂けたらと思っています。 1名様:860,000円 税込 (2名1室利用)•

次の