ブルートゥースイヤホンおすすめ。 【コスパ重視】便利で安いおすすめのブルートゥースイヤホン

【価格帯別】マニアが厳選!おすすめの高音質イヤホンランキング

ブルートゥースイヤホンおすすめ

年間100万円以上オーディオに注ぎ込む愛好家のです。 今回のテーマはたくさんのイヤフォンを使ってきたからこそわかる失敗しないイヤフォン選び! 価格帯ごとに『これを選べば間違いない』といえる、高音質で高コスパなイヤフォンを厳選して紹介します。 きっと満足の行く1品が見つかると思います。 Bluetoothイヤホンのおすすめ品については別記事でまとめ直しました。 iPhone使いの方やワイヤレス派の方は是非チェックしてみてください。 インナーイヤーは音漏れと耳からすぐに落ちてしまう欠点が致命的。 高価なBA型は小型で複数ドライバー搭載しやすい長所も。 良いイヤホンになるほどドライバーの欠点を補う傾向にある。 音の傾向を表す用語 意味 ドンシャリ 低音と高音を強調 かまぼこ 中音を強調 フラット 低音~高音まで均一 1万円以下でおすすめのイヤホンランキング:ベスト6 一昔前は2000円~3000円クラスのイヤホンが激戦区でしたが、高音質ブームが到来。 最近では少し値段はするけど本格的な音質が楽しめる、3000円~5000円台が人気になっていているようです。 そんな激戦区である5000円前後を中心にこれは凄い!と思った高音質イヤホンを5つ紹介します。 特に1位のイヤホンは3000円台ですが本当にすごいです、数万円レベルのイヤフォンに負けない素晴らしいパフォーマンス! 【1位】コスパNo1!茶楽音人:Co-Donguri-Brass• ダイナミック型• ハイレゾ対応 新製品が出るとわざわざ海外から日本に買いに来るファンが大勢いるほどマニア受けの良い国内メーカー『音茶楽』(おちゃらく)。 そんな音茶楽の独自技術を詰め込んだブランドが『茶楽音人』(さらうんど)です。 絶大な人気を誇った茶楽音人のを更に進化させたCodonguri-Brass。 基本部分はほぼ変わらず値段を下げてさらにコスパUP。 さらにイヤーピースにFinal Eタイプを付属。 買うと1000円弱します これにより低音の質が強化されました。 まず、このイヤホンの特徴はなんといっても中高音の艶感! 非常に綺麗にボーカルが際立つイヤホンです。 低音の量は並ですが、引き締まった低音でアタック効いて躍動感が素晴らしい。 全体的なバランスが秀逸で、聴いていて本当に楽しくなります。 どんぐりを思わせるイヤホンの造りも非常に良く出来ています。 イヤホンのL側に突起があり、目視せずとも触るだけで左右が判断可能。 手触り感抜群のコード。 ノーマルなコードはすぐに絡まったりするものですが、スベスベしていてスッと取り出し可能。 音良し・使い勝手良しのCo-Donguri。 作品としてのこだわりを感じる名イヤホンです。 値段を考えたら嘘でしょ?と思うような凄い出来だと思います。 是非試してみてください! (イヤホンケースは付属していません) 旧Co-donguriのレビューはでチェックできます。 【2位】上品で上質な音!Final E2000・E3000 左:E2000・右:E3000• ダイナミック型• ハイレゾ対応 大人が使えるシックなデザインが特徴のFinal・Eシリーズ。 Co-Donguriと並んで最近の5000円前後のイヤホンのレベルを一気に押し上げた話題の銘機です。 E2000・E3000どちらも刺さることのない滑らかな音と解像度の高い澄んだ高音が魅力。 特に音の滑らかさという点で同価格帯の他のイヤホンとは一線を画すものがあり、聴き疲れしない上質な音を出します。 僕自身もそうですが、何万円もするイヤホンを持っていてもこのE2000・E3000にはコレにしかない良さがありサブ機として所持している方が多くいるほどファンの多いイヤホンです。 どちらのイヤホンも素晴らしいのですが、この2つには明確に音の傾向に違いがあります。 E2000のほうは低音がそこそこあり、ボーカルも近くてどんな曲もある程度万能にこなす扱いやすいイヤホンです。 一方、E3000はホールで聴いているような音作りを目指して作られたイヤホン。 フラット傾向な音で繊細な音を楽しめますが、低音好きには大人しくて地味にうつることでしょう。 自分の音の好みをしっかり把握できている上級者向けといった印象。 デザインコンセプトとマッチした大人向けで上質な音のE2000・E3000。 1万円以下でこういった音作りのイヤホンはあまり、というか無いので非常に価値のあるオススメの一品です。 ポーチの他イヤーフック・イヤーピース5サイズが付属と豪華。 E2000・E3000ともに共通 【3位】重低音No1!SONY:MDR-XB75• ダイナミック型 1万円以内でもっとも低音が楽しめるイヤホンといえばSONYのEXTRA BASSシリーズ・XB75で間違いないでしょう。 同価格帯のオーディオテクニカのSOLID BASSシリーズなんかは重低音を謳っている割にそれほど低音が大した事ないものですが、こちらは本物。 重低音が凄まじく、ライブやクラブで音楽を楽しんでいるかのような迫力を味わえます。 EXTRA BASSシリーズには最上位モデルのが存在しますが、低音の迫力は後発であるXB70のほうが上です。 ベースブースターと呼ばれる独特の形状。 5000円程で迫力の低音が手に入るというのは本当に素晴らしいことです。 メインで別のイヤホンを使っている方の重低音用サブ機としても大アリ! 低音最重視で1万円以内のイヤホンをお探し方はシリーズ最高の低音とコスパを誇るXB75を選べば間違いないでしょう。 【4位】複数ドライバー使い!ZERO AUDIO:DUOZA• デュアルダイナミック型• ハイレゾ対応 出すイヤホンがどれも高コスパ品ばかりのヒットメーカーZERO AUDIO産。 ドライバーの数は多ければ多いほどいいってものでもなく、バランスが命です。 ZERO AUDIOのデュアルドライバーはそのバランス感覚が秀逸。 見事なバランスにより2つのドライバーのパワーを余すこと無く発揮。 低音から中高音まで無理なくカバーしていて、音量を絞っても細かい楽器の音までしっかり聞こえてきます。 弱ドンシャリで音場も広く、かなりの万能選手です。 左右色違いのカッコイイデザイン。 実際に使ってみるとたいしたことないようで結構便利なものです。 インナーイヤー型ヘッドホン 1万~3万の部門 でVGP2016を受賞。 上位の価格で賞を取っているイヤホンですが、実売価格は1万円を切っていてお買い得です。 2019年10月現在8000円弱 他の紹介イヤホンが軒並み5000円前後なのでコスパを考慮して順位はこの位置にしましたが、実力は間違いありません。 素晴らしい逸品! DUOZAはソフトケースが付属します。 【5位】遮音性重視ならコレ!SHURE:SE112• ダイナミック型 SHUREのイヤホンといえば遮音性の高さが有名です。 そんな遮音性に優れたSHUREホンのエントリーモデルがこのSE112。 1万円以下で買える物の中では断トツの遮音性。 さらに中低音が心地良く響き、遮音性の高さ故外音を気にせず音楽に集中できるため、上位機に当たるSE215と並んで超人気作です。 満員電車などでのハード使用にも負けない極太コード。 ただ取り回しはあんまり良くないです。 電車での使用はもちろん、音楽への没入感・遮音性を重視する方におすすめです。 定番の人気イヤホンです! SE112のイヤホンケース。 結構小さくて収まりが悪いです。 パンパンになります。 2万円以下でおすすめのイヤホンランキング:ベスト5 【1位】永く使える相棒候補No1!RHA:MA750• ダイナミック型 英国ブランドRHAの代表作MA750。 ハンドメイドでひとつずつ作られたハウジング等、こだわりをもって作られたイヤホン。 堅牢な作り+保証期間3年で永く使えるイヤホンとして有名です。 さらに音質・装着感・遮音性、全てが高次元でまとまった奇跡の逸品。 深みのある低音にキレのある中高音。 全ての音を満遍なくクリアに鳴らし、どんな音楽もこなします。 断線の心配もほぼ無く、タッチノイズも無いので本当にストレス無く音楽を楽しめます。 2万円以内でオールラウンドに全てを1つでこなす物をお求めならMA750で決まりです。 【2位】ロック好きなら無理をしてでもGE Tしたい!Sennheiser:IE60• ダイナミック型 ヘッドホン界では絶対的存在であるドイツの老舗ブランド、Sennheiser産。 日本人好みのドンシャリ傾向なノリの良い音を鳴らし、2万円以下ながら 『ロックを聴く最適解のイヤホン』とする方も多い中毒性抜群の名機です。 もちろんロック以外のどんなジャンルも楽しめる万能選手で、Sennheiser特有の聴き疲れしない上質な音もポイント。 2万円以下で遮音性や耐久性も含めた総合力No1はMA750ですが、音楽を聴くこと1点に関してはIE60が万能度No1と言えるでしょう。 兄弟機のIE80も素晴らしい名機で、全てにおいてIE60を一回り上回る名品。 コスパ重視ならIE60を、お金に余裕が有る方や音楽が好きでたまらない方は是非IE80を試してみてください。 【3位】音場の広さが秀逸!AKG:N20• ダイナミック型 オーストリア・ウィーンの老舗ブランドAKG産。 いわゆるドンシャリホンなN20ですが、ヘッドホン感覚で楽しめる音場の広さと質感の良い低音は音楽のみならず映画やゲームにも最適。 ヘッドホン感覚で使えるイヤホンといえば名機やが有名です。 いずれも3万オーバーの高級品ですが、1万円で買える物がこれだけの音場の広さと音の抜けの良さを実現しているのは驚きです。 正直AKGがあまり好きではない僕でもこれはスゴイと思いました。 発売からまだ1年しか経っていない比較的新しい商品なので、今後さらに注目を集めるのではないかと思っています。 笑 このままこの値段で固定されるのかわかりませんが、お買い得だと思います! 追々記 N20のワイヤレスタイプ、N200が登場しました。 デュアルBA型• ハイレゾ対応 コスパの良い良質なイヤホンを次から次へと世に送り出すzero audio製のDOPPIO。 インナーイヤー型ヘッドホン 1万円以上3万円未満の部門 VGP2014年・2015年・2016年の3年連続受賞作品。 デュアルBA機という高級機仕様ながら、1万円を若干超える程度の低価格で買えるコスパの良さが特徴です。 音の傾向はかまぼこ型で、BA特有の伸びのある高音域をより明瞭かつ繊細にした感じ。 女性ボーカルが映える綺麗でクリアな音+そのノリの良い音からアニソンなどを好む人には特に注目の一品です。

次の

【コスパ重視】便利で安いおすすめのブルートゥースイヤホン

ブルートゥースイヤホンおすすめ

オーディオ愛好家であり、ジョギング歴も長いです。 今回のテーマはスポーツに適したBluetoothイヤホン! スポーツタイプを謳っているイヤホンはたくさんありますが、普通のBluetoothイヤホン以上に外れが非常に多いジャンルです。 主な原因は防滴のはずなのに汗ですぐ壊れたりBluetooth接続が甘かったりですね。 僕自身、色々と試す中で結構散々な目に合ってきましたが、そんな中でもコレは使える、おすすめ!というものをいくつか厳選して紹介していきたいと思います!• ジョギングなどのスポーツで使うイヤホンに必須の条件 防滴・防水性能 防滴・防水性能のない普通のイヤホンを使用すると汗でイヤホンがやられてしまうためこの性能は必須です。 スポーツイヤホンを謳っているタイプのものは大抵防滴・防水仕様になっているはずですが、その性能は様々。 使用用途に応じて保護性能の強いものを選びましょう。 中には安定性に欠け耳からすぐ外れてしまうもの・Bluetoothがブツブツ途切れて使い物にならないものを結構あります。 この記事では 僕自身が実際に使って良かったものだけを厳選して紹介します。 用途に合ったスポーツ用イヤホンの選び方 スポーツタイプのBluetoothイヤホンは主に三種類 1. Bluetoothイヤホンに防水性能を付けたもの これはそのままですね。 汗などに強く、スポーツで使っても大丈夫ですよという物。 遮音性が高く通勤・通学といった普段使いにも使えます。 逆に沿道など車の通りがある場所でのジョギングで使うには周りに音が聞こえず危ない場合も。 公園やジムなど使う場所を選ぶ必要があります。 また、スポーツタイプを謳っているものは装着感の良いものが多いです。 外音が取り込めるジョギングに特化したイヤホン こちらは沿道など車の通りのある場所でも使えるタイプのイヤホン。 耳穴を完全には塞がないので周囲の音を聞き取りながら音楽を楽しめます。 どんな場所でのスポーツにも対応。 一方で音漏れがあるので普段使いには支障有り。 満員電車などでの使用は周囲の迷惑になるのでやめましょう。 また、イヤホンが耳穴に入らない分低音が弱いというデメリットも。 外音取り込み機能 ヒアスルー を搭載したイヤホン 集音マイクを搭載しているイヤホン。 高級機に多い機能です。 運動時は外音取り込みモードをオンにして周囲の音を聞き、普段使いではオフにして普通に使う万能のイヤホン。 レジなどでもヒアスルーすることでイヤホンを外す必要がなくなるなど、普段使いでも実用性の高い機能で人気の種類です。 初心者・コスパ重視の方におすすめのスポーツイヤホン2選 使える格安スポーツ対応Bluetoothイヤホン• IP66防水対応Bluetoothイヤホン• 連続再生時間8時間• 首からぶら下げられるマグネット式• 高い人気と充実のサポート 個人的イチオシはSoundPEATSのQ30です。 そのコスパの良さからAmazonの売上・レビューで圧倒的な人気を誇ったの後継機にあたります。 Q12は【スポーツにも使えるよ】といった感じのおまけ程度の防水性能でしたが、Q30は完全にスポーツ使用を想定した進化を遂げました。 防水性能はIPX6に進化、耳につけたときのフィット感や未使用時首からぶら下げておけるマグネット機能の強さも従来よりアップ。 安定したBluetooth接続• クリアな音質• スポーツに合った力強い低音 と基本性能の部分も非常に優れていて普段遣いにも全然使えてしまいます。 値段も3000円ちょっとと安いですし、実力の程は間違いありません。 Amazonなどでは値段だけでみればもっと安い防水Bluetoothイヤホンもあります。 しかし、耐久性に難がありすぐに壊れてしまうものが多すぎます。 その点、Q30は非常に丈夫ですしSoundPEATSのサポートも手厚いのがおすすめしやすいポイントでもあります。 万が一の時も返品・交換に柔軟に対応してくれます。 余りお金をかけずにスポーツ中に音楽を楽しみたい方やスポーツイヤホンの入門用として非常におすすめです。 使える格安完全ワイヤレススポーツ対応イヤホン• IPX5防水対応完全ワイヤレスイヤホン• 連続再生時間3. 5時間 ケース込み12時間• 高い利便性とフィット感• 信頼のAnkerブランド AnkerのオーディオブランドZoloからリリースされている完全ワイヤレスイヤホンです。 低価格帯の完全ワイヤレスイヤホンはBluetooth安定性に問題のあるものが非常に多く、レビューもステマだらけで要注意の地雷原になってしまってします。 ですが、このLiberty Liteはお値段6000円弱ながら安定したBluetooth性能と輪郭のくっきりとした低音の『使える』完全ワイヤレスイヤホンなのです。 個人的に30個以上の完全ワイヤレスイヤホンを所有していますが、低価格帯では総合的な使い勝手No1イヤホンだと思っています。 コードなしのイヤホンは快適そのもの、それはスポーツとなればなおさらです。 ただし、連続再生時間が3. 5時間と短めなので休日にまとまった時間スポーツしようと考えている方には不向きです。 IPX7防水対応Bluetoothイヤホン• 連続再生時間14時間• コードの存在感を感じないプロ仕様• しっかりした装着感と柔らかい付け心地を両立したシリコンイヤージェルを採用。 回転式のイヤホンで普通の装着以外にスポーツに適したSHURE掛けも可能。 さらにスピードシンチでコードを適度な長さにコントローラーできます。 これによりコードの存在がほぼ0になり、運動中のタッチノイズも全く気になりません。 音質は明瞭なフラットでアプリを使って音の傾向を自由にカスタマイズ可能。 音楽を楽しみながら快適にスポーツをしたい人に最適なプロ仕様イヤホンです。 IP55防水対応完全ワイヤレスイヤホン• 連続再生時間5時間 ケース込み15時間• 通話時の音質も非常にクリア Jabraからリリースされている高機能完全ワイヤレスイヤホン。 AirPodsと同じNFMIを採用しているので接続の安定性が抜群で音も良いことから非常に人気の高いイヤホンです。 グーグルアシスタントやSiri・AmazonAlexaなどの音声アシスタントに対応している他、アプリでのイコライザ機能やヒアスルー機能も搭載。 普段使いで圧倒的な使い勝手を誇るこのイヤホンですが、防水性能があり外音取り込み機能もあることからスポーツでの使い勝手も非常に優れています。 日常もスポーツもスタイリッシュに音楽を楽しみたいという方におすすめです。 なお、Elite 65tよりさらにワンランク防水性能が高いも発売されていますが個人的にはElite 65tで充分だと思います。 IP57防水対応スポーツ特化イヤホン• 連続再生時間7時間• ジョギング用として定番人気の使い勝手• 外音を自然に取り込める開放感 外ジョグ中に音楽を聴く人の間では定番中の定番と言えるBluetoothイヤホンがこのBackBeat Fitです。 安定感抜群のネックバンドは、 耳を塞がない構造になっているので外音を聴きながら音楽を楽しめます。 文字にするとなんだかあっさりですが、これが非常に革新的。 まず、耳の奥にねじ込むタイプではないのでイヤホン特有の閉塞感や耳疲れも無く、スポーツ中の使用感は数あるイヤホンの中でも最高です。 外音取り込み機能とは違い、自然音を普通に耳から取り入れてるだけなので変な違和感も皆無。 音質的な部分はどうしてもBGM的に聴く感じになってしまうスポーツ専用機ですが、定番になるほどの抜群の快適性能です。 ぱっと見堅そうなネックバンドですが、ぐにゃぐにゃに曲げられます 旧バージョンの方がレビューが豊富ですが、新バージョンの購入をおすすめします。 音質重視のスポーツBluetoothイヤホン• 防滴対応スポーツBluetoothイヤホン• 連続再生時間6時間• Boseらしい重厚な低音• 抜群の装着感 オーディオ界では定番ブランドBoseのスポーツタイプイヤホンです。 このイヤホンの良さは 抜群の装着感とスポーツイヤホンとは思えない高音質を実現しているところ! ぱっと見ではすぐに外れてしまいそうな見た目ですが、非常に安定感があり長時間付けいても苦になりません。 Boseイヤホンではお馴染みの付け心地抜群イヤーフック 何より音質が良いのでリスニング用に普段使いも余裕でいけます。 音質にもこだわりたい人、Boseの低音ファンという方にとっては最高のスポーツイヤホンとなるでしょう。 値段はちょっとお高めですが、それ以上の価値があるイヤホンだと思います! 販売当初、初期不良があったのですぐ壊れたなどのレビューがあります。 今現在販売されているものは改良されて再販されたものなので問題ありません。 スマホ不要でプールでも使えるメモリ内蔵の超防水イヤホン• スマホなどのDAP不要で使える一体型ウォークマン• 連続再生時間12時間• 優秀な外音取り込み機能で場所を選ばず使える• プールでも使える圧倒的防水性能 Bluetoothイヤホンは便利ですが、音楽を再生するにはどうしてもスマホなどのオーディオ再生機器が必要になります。 自分はジムやラニングコースではなく自宅近くで走るときはこのウォークマンだけを耳にかけて走りに行きます。 スマホなんかがあってもそれほど邪魔になるわけではないんですが、無いとやっぱり身軽で良いんですよね。 音質的な部分は最近の高性能な通常ウォークマンと比べるとどうしても見劣りしますが、ジョギング用としては必要十分。 さらにこのウォークマンには高性能でコントロール可能な外音取り込み機能が搭載されています。 内部に外音を取り込むマイクが内蔵 音楽に集中したいときは外音取り込み機能をOFF、周りの音を聴きたいときは外音取り込み機能ON(三段階調整可)といった具合に使い分けられるのです。 プール使用可能で丸洗いもOKな高い防水性能もあり、非常に使い勝手の良い一体型イヤホンです。 更にスタイリッシュで使いやすくなりました。 ただ値段もだいぶあがったのでそのへんは予算と相談になりそうです。 普段遣いとの兼用を考えている方はQ30・Liberty・TARAH PRO・Elite 65t・SoundSport wireless headphonesの中から選ぶと良いでしょう! 本格的にジョギングする方はコスパなど考えずに1万円以上の外音取り込みができるタイプ Elite65・BackBeat Fit・WF-SP900 をおすすめします。 周囲の音が聞こえるのとそうでないのとでは安心感がまるで違うのです。 また新しく『これはすごい!』というものが出てきたら追記する形で紹介したいと思います。 今回は以上です! catpaper.

次の

水泳用bluetoothイヤホン人気おすすめ10選!とにかく水泳に合うイヤホンはこれだ!!

ブルートゥースイヤホンおすすめ

オーディオ愛好家であり、ジョギング歴も長いです。 今回のテーマはスポーツに適したBluetoothイヤホン! スポーツタイプを謳っているイヤホンはたくさんありますが、普通のBluetoothイヤホン以上に外れが非常に多いジャンルです。 主な原因は防滴のはずなのに汗ですぐ壊れたりBluetooth接続が甘かったりですね。 僕自身、色々と試す中で結構散々な目に合ってきましたが、そんな中でもコレは使える、おすすめ!というものをいくつか厳選して紹介していきたいと思います!• ジョギングなどのスポーツで使うイヤホンに必須の条件 防滴・防水性能 防滴・防水性能のない普通のイヤホンを使用すると汗でイヤホンがやられてしまうためこの性能は必須です。 スポーツイヤホンを謳っているタイプのものは大抵防滴・防水仕様になっているはずですが、その性能は様々。 使用用途に応じて保護性能の強いものを選びましょう。 中には安定性に欠け耳からすぐ外れてしまうもの・Bluetoothがブツブツ途切れて使い物にならないものを結構あります。 この記事では 僕自身が実際に使って良かったものだけを厳選して紹介します。 用途に合ったスポーツ用イヤホンの選び方 スポーツタイプのBluetoothイヤホンは主に三種類 1. Bluetoothイヤホンに防水性能を付けたもの これはそのままですね。 汗などに強く、スポーツで使っても大丈夫ですよという物。 遮音性が高く通勤・通学といった普段使いにも使えます。 逆に沿道など車の通りがある場所でのジョギングで使うには周りに音が聞こえず危ない場合も。 公園やジムなど使う場所を選ぶ必要があります。 また、スポーツタイプを謳っているものは装着感の良いものが多いです。 外音が取り込めるジョギングに特化したイヤホン こちらは沿道など車の通りのある場所でも使えるタイプのイヤホン。 耳穴を完全には塞がないので周囲の音を聞き取りながら音楽を楽しめます。 どんな場所でのスポーツにも対応。 一方で音漏れがあるので普段使いには支障有り。 満員電車などでの使用は周囲の迷惑になるのでやめましょう。 また、イヤホンが耳穴に入らない分低音が弱いというデメリットも。 外音取り込み機能 ヒアスルー を搭載したイヤホン 集音マイクを搭載しているイヤホン。 高級機に多い機能です。 運動時は外音取り込みモードをオンにして周囲の音を聞き、普段使いではオフにして普通に使う万能のイヤホン。 レジなどでもヒアスルーすることでイヤホンを外す必要がなくなるなど、普段使いでも実用性の高い機能で人気の種類です。 初心者・コスパ重視の方におすすめのスポーツイヤホン2選 使える格安スポーツ対応Bluetoothイヤホン• IP66防水対応Bluetoothイヤホン• 連続再生時間8時間• 首からぶら下げられるマグネット式• 高い人気と充実のサポート 個人的イチオシはSoundPEATSのQ30です。 そのコスパの良さからAmazonの売上・レビューで圧倒的な人気を誇ったの後継機にあたります。 Q12は【スポーツにも使えるよ】といった感じのおまけ程度の防水性能でしたが、Q30は完全にスポーツ使用を想定した進化を遂げました。 防水性能はIPX6に進化、耳につけたときのフィット感や未使用時首からぶら下げておけるマグネット機能の強さも従来よりアップ。 安定したBluetooth接続• クリアな音質• スポーツに合った力強い低音 と基本性能の部分も非常に優れていて普段遣いにも全然使えてしまいます。 値段も3000円ちょっとと安いですし、実力の程は間違いありません。 Amazonなどでは値段だけでみればもっと安い防水Bluetoothイヤホンもあります。 しかし、耐久性に難がありすぐに壊れてしまうものが多すぎます。 その点、Q30は非常に丈夫ですしSoundPEATSのサポートも手厚いのがおすすめしやすいポイントでもあります。 万が一の時も返品・交換に柔軟に対応してくれます。 余りお金をかけずにスポーツ中に音楽を楽しみたい方やスポーツイヤホンの入門用として非常におすすめです。 使える格安完全ワイヤレススポーツ対応イヤホン• IPX5防水対応完全ワイヤレスイヤホン• 連続再生時間3. 5時間 ケース込み12時間• 高い利便性とフィット感• 信頼のAnkerブランド AnkerのオーディオブランドZoloからリリースされている完全ワイヤレスイヤホンです。 低価格帯の完全ワイヤレスイヤホンはBluetooth安定性に問題のあるものが非常に多く、レビューもステマだらけで要注意の地雷原になってしまってします。 ですが、このLiberty Liteはお値段6000円弱ながら安定したBluetooth性能と輪郭のくっきりとした低音の『使える』完全ワイヤレスイヤホンなのです。 個人的に30個以上の完全ワイヤレスイヤホンを所有していますが、低価格帯では総合的な使い勝手No1イヤホンだと思っています。 コードなしのイヤホンは快適そのもの、それはスポーツとなればなおさらです。 ただし、連続再生時間が3. 5時間と短めなので休日にまとまった時間スポーツしようと考えている方には不向きです。 IPX7防水対応Bluetoothイヤホン• 連続再生時間14時間• コードの存在感を感じないプロ仕様• しっかりした装着感と柔らかい付け心地を両立したシリコンイヤージェルを採用。 回転式のイヤホンで普通の装着以外にスポーツに適したSHURE掛けも可能。 さらにスピードシンチでコードを適度な長さにコントローラーできます。 これによりコードの存在がほぼ0になり、運動中のタッチノイズも全く気になりません。 音質は明瞭なフラットでアプリを使って音の傾向を自由にカスタマイズ可能。 音楽を楽しみながら快適にスポーツをしたい人に最適なプロ仕様イヤホンです。 IP55防水対応完全ワイヤレスイヤホン• 連続再生時間5時間 ケース込み15時間• 通話時の音質も非常にクリア Jabraからリリースされている高機能完全ワイヤレスイヤホン。 AirPodsと同じNFMIを採用しているので接続の安定性が抜群で音も良いことから非常に人気の高いイヤホンです。 グーグルアシスタントやSiri・AmazonAlexaなどの音声アシスタントに対応している他、アプリでのイコライザ機能やヒアスルー機能も搭載。 普段使いで圧倒的な使い勝手を誇るこのイヤホンですが、防水性能があり外音取り込み機能もあることからスポーツでの使い勝手も非常に優れています。 日常もスポーツもスタイリッシュに音楽を楽しみたいという方におすすめです。 なお、Elite 65tよりさらにワンランク防水性能が高いも発売されていますが個人的にはElite 65tで充分だと思います。 IP57防水対応スポーツ特化イヤホン• 連続再生時間7時間• ジョギング用として定番人気の使い勝手• 外音を自然に取り込める開放感 外ジョグ中に音楽を聴く人の間では定番中の定番と言えるBluetoothイヤホンがこのBackBeat Fitです。 安定感抜群のネックバンドは、 耳を塞がない構造になっているので外音を聴きながら音楽を楽しめます。 文字にするとなんだかあっさりですが、これが非常に革新的。 まず、耳の奥にねじ込むタイプではないのでイヤホン特有の閉塞感や耳疲れも無く、スポーツ中の使用感は数あるイヤホンの中でも最高です。 外音取り込み機能とは違い、自然音を普通に耳から取り入れてるだけなので変な違和感も皆無。 音質的な部分はどうしてもBGM的に聴く感じになってしまうスポーツ専用機ですが、定番になるほどの抜群の快適性能です。 ぱっと見堅そうなネックバンドですが、ぐにゃぐにゃに曲げられます 旧バージョンの方がレビューが豊富ですが、新バージョンの購入をおすすめします。 音質重視のスポーツBluetoothイヤホン• 防滴対応スポーツBluetoothイヤホン• 連続再生時間6時間• Boseらしい重厚な低音• 抜群の装着感 オーディオ界では定番ブランドBoseのスポーツタイプイヤホンです。 このイヤホンの良さは 抜群の装着感とスポーツイヤホンとは思えない高音質を実現しているところ! ぱっと見ではすぐに外れてしまいそうな見た目ですが、非常に安定感があり長時間付けいても苦になりません。 Boseイヤホンではお馴染みの付け心地抜群イヤーフック 何より音質が良いのでリスニング用に普段使いも余裕でいけます。 音質にもこだわりたい人、Boseの低音ファンという方にとっては最高のスポーツイヤホンとなるでしょう。 値段はちょっとお高めですが、それ以上の価値があるイヤホンだと思います! 販売当初、初期不良があったのですぐ壊れたなどのレビューがあります。 今現在販売されているものは改良されて再販されたものなので問題ありません。 スマホ不要でプールでも使えるメモリ内蔵の超防水イヤホン• スマホなどのDAP不要で使える一体型ウォークマン• 連続再生時間12時間• 優秀な外音取り込み機能で場所を選ばず使える• プールでも使える圧倒的防水性能 Bluetoothイヤホンは便利ですが、音楽を再生するにはどうしてもスマホなどのオーディオ再生機器が必要になります。 自分はジムやラニングコースではなく自宅近くで走るときはこのウォークマンだけを耳にかけて走りに行きます。 スマホなんかがあってもそれほど邪魔になるわけではないんですが、無いとやっぱり身軽で良いんですよね。 音質的な部分は最近の高性能な通常ウォークマンと比べるとどうしても見劣りしますが、ジョギング用としては必要十分。 さらにこのウォークマンには高性能でコントロール可能な外音取り込み機能が搭載されています。 内部に外音を取り込むマイクが内蔵 音楽に集中したいときは外音取り込み機能をOFF、周りの音を聴きたいときは外音取り込み機能ON(三段階調整可)といった具合に使い分けられるのです。 プール使用可能で丸洗いもOKな高い防水性能もあり、非常に使い勝手の良い一体型イヤホンです。 更にスタイリッシュで使いやすくなりました。 ただ値段もだいぶあがったのでそのへんは予算と相談になりそうです。 普段遣いとの兼用を考えている方はQ30・Liberty・TARAH PRO・Elite 65t・SoundSport wireless headphonesの中から選ぶと良いでしょう! 本格的にジョギングする方はコスパなど考えずに1万円以上の外音取り込みができるタイプ Elite65・BackBeat Fit・WF-SP900 をおすすめします。 周囲の音が聞こえるのとそうでないのとでは安心感がまるで違うのです。 また新しく『これはすごい!』というものが出てきたら追記する形で紹介したいと思います。 今回は以上です! catpaper.

次の